255333 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Semence DIARY

PR

2008年12月07日
XML
カテゴリ:イベントレポ
気づいたら12月も1週間が過ぎ…ということで、1週間以上あいてしまってすみませんっ
SEED的NEWSとしては、12月から、SEED SCOREがパワーアップしてスタート!ということで、実は初日から毎日通ってやっていたりしたので(1時間ずつとかですけど)、色々と書きたいことはあるのですが、まとまった時間がとれず…(涙)
この土日も、色々やったり出かけたりしていたため、全然そういった作業が出来ませんでした。
まぁ、SEED SCOREに関しては、もう少し情報集めてからがっつりレポしたいと思っています!
とりあえず、想像以上に色々とバージョンアップしていました!(内容的には変わらないのですけど)
そして、既にコンプしたものもあったりします

で、ですね。
全然ここで触れていなかったのですが、本日は、
花宵ロマネスクのイベントに行って来ましたっ!!!
基本的にイベントは、作品が好きだから…という理由で行くのですが(まぁ、それ以外の理由もありますが;)、今回のイベントは、完全に保志さん目当てで行ってしまいました
これまで、沢山イベントには行っていますが、特定キャスト目当てでイベントに行くのは初だったりします。
そもそもゲームやらない私が、花宵ファン…というのは無理がありますからね。
花宵は、ともゑ関連のキャラソンを持っているくらいで、他はノータッチだったので、内容もほとんど分からなかったのですが、いくらキャストさん目当てとはいえ、その作品のイベントに参加するからには、
「作品もしっかり知っていないと!その作品あってこそのイベントなのだから」
というのが、私のイベント参加時のモットーだったりするので(当たり前の事ですけど)、参加決定した後、発売されていた小説を買って読みました(さすがにゲームは出来ないので;)
恋愛シミュレーションゲームということで、少女漫画よりもベタベタなストーリー展開を想像していたのですが、ベタではありつつも、ただそれだけではなくて、普通に楽しく読むことが出来、また想像以上にともゑにハマってしまったりして、すっかり花宵好きとなってのイベント参加となりました

今回のイベントは、昼・夜の2回公演だったのですが、どちらもチケット入手出来たので、両方参加しました
基本的にフリートークが違うくらいで、内容的にはほぼ同じ感じなのかな~なんて思っていたのですが、構成は同じながらも、その内容が結構違っていて、昼・夜どちらもとっても楽しめました!
ということで、昼・夜の内容を合わせながら、感想と軽いレポを書きたいと思います。

まずはイベント概要です↓
■日時
2008.12.07
さざんかの昼:14:30開演
柊の夜   :18:30開演

■場所
厚生年金会館(新宿)

■出演者(敬称略)
緑川光、鈴村健一、保志総一朗、諏訪部順一、遊佐浩二

ということで、昼・夜とも、どちらも時間ぴったりに始まって(素晴らしいです)、2時間くらいの公演でした(夜の方が10分くらい長かったくらいです)
場所は厚生年金会館ということで、私的には、今年の1月に行われたGフェスで、既に来たことがあった会場でしたし、場所も土地勘バッチリな新宿だったので、迷う心配もないですから、開演時間に合わせてゆっくり家を出ました。

で、いつもだと、コーナーごとに区切ってレポを書いていくのですが、そうするとまた長々と書いてしまうので、今回は出演者ごとに感想を書いてみたいと思います。


■保志さん
まずはやっぱり保志さんから!
何と言っても今回のイベント参加のきっかけは、
「イベントでの保志さんが見たいっ!!」
という理由ですからね。
保志さんは、3月の100曲マラソン以来ですが、100曲マラソンは、あの出演者ですし、そもそもテニプリイベント参加が初な保志さんは、テニプリメンツの中に入ってしまったら、フリートークなど回してもらえるはずもないので、トークを聞くことは出来ませんでしたから、そうなると、がっつり保志さんが出演されたイベントというのは、2006年夏のGフェス以来でした。
SEEDシリーズが放送していた頃や、放送終了後も数年は、スペエディなどもあったりして、1年あかないペースくらいでイベントがあったりしたので、こんなに開いてしまうのは、初めてなんですよね。
なので、さすがに2年以上も保志さんの生トークが聞けないとなると、どこかでやっぱり補充したくなり、そんなときに、この花宵イベント開催の報が入って来たので、参加決定してしまったんです。

そんな感じの参加となったワケですが、これはもう、大正解でした
イベント自体もとても素敵で楽しめた上に、想像以上に天然で可愛い保志さんを堪能することが出来て、終始トキメいていました
最近だと、例えばラジオなどでも、出演者の中で保志さんが一番年上だったりなんてことがよくあって、いじられキャラな保志さんなのに、なかなかそれが発揮出来ないことが結構あったりするのですが、今回のイベントは、ほとんど保志さんよりも年上の方ばかりで、唯一年下の鈴村さんも、保志さんいじりが誰よりも大好き!な方ですから、もう余すとこなくいじられていて、また保志さんも、そんな甘えられる雰囲気に浸かって、気張ることなくマイペースな天然発言を連発されていたので、私が見たかった、聞きたかった、保志さんワールド全開!なトークを聞くことが出来て大満足です。

また、今回の保志さんは、ともゑのキャラと同様、もの凄く甘えたな雰囲気で、とても可愛かったですー
一つ一つ挙げていくとキリがないので、特にトキメいたところを挙げると…
今回、緑川さんが、「過激派キャラ」という新たな発見をしたのですが、そんな緑川さんに対して、
「でも、緑川さんは本当はとても優しいです。僕は信じています。」
と、言ったところですね~
しかも、保志さんと緑川さんは隣通りだったので、もの凄く近くで、緑川さんのことをたたきながら、甘えたな感じで言ったんですよ!
あんな風に言われたら、先輩方は可愛がらずにはいられませんよね~(笑)

あと、花宵キャストの方は、犬を飼っている人が多いということで、本日の出演者も、保志さん以外全員犬を飼っていて、保志さんだけ飼っていないことが分かったのですが、それを受けて鈴村さんが、
「保志さんは、保志さん自身が犬みたいだから。誰かに面倒みてもらわなくちゃいけないからね。」
と言ったら、すかさず
「うん。」
と、また甘えたな感じで、面倒見てという感じで言われていたのがめちゃくちゃ可愛かったです。
ちなみにこの時、鈴村さんが
「保志さんは犬顔だよね」
と言ったら、もの凄く得意顔で「そうだよ」と言っていた保志さんも可愛かったです

それから、ロゴスのコーナーで、「ハサミ不要のものでもハサミを使わないと開けられない」というメールがあり、そこから、同じような体験はないかという話になったのですが、鈴村さんが保志さんに、
「保志さんは、全部開けられなさそうだよね」
と振ると、期待通り(?)
「家の扉が開けられない」
と、話す保志さんも可愛かったです。
ちなみに、保志さんの家の扉は、玄関も横開きの扉だそうです。

そして、生アフレコでは、これといって噛まなかったのに、最初と最後の挨拶で噛んでしまったところも、まさに保志さん!(笑)という感じで、トキメキました
で、その最後の最後の挨拶で、
「今、緊張してきた」
という発言は、会場中が大爆笑でした(笑)

とにもかくにも、ともゑなみに、甘えたな可愛い保志さんを堪能することが出来て、終始トキメキっぱなしでした


■鈴村さん
鈴村さんも基本的にSEED系イベントでいつも拝見しているので、お会いするのは2006年のGフェス以来でした。
今回は司会も担当されていたのですが、あれだけ保志さんを堪能できたのは、司会の鈴村さんの振りがあってこそだと思います。
鈴村さんとは、保志さんに対するツボが似ていて、保志さんの発言で
「ここ拾ってもらいたいな~」
とか、話の流れから、
「保志さんにもこの話題振ってもらいたいな~」
なんて思うと、かなりの高確率で拾って振ってもらえるんです。
あと、昔、ゼロサムやラジ種デスといった鈴村さんがパーソナリティーをつとめるラジオを聞いていたので、久々に鈴村さんの仕切っぷりを聞くことができて、懐かしかったです。

鈴村さんは、とにかく保志さんをいじるのが大好きで、その反応を見ていつもとても楽しんでいるのですが、私は、その、保志さんを見て楽しんでいる鈴村さんを見るのが好きなので(マニアックですみません。でも、本当に保志さんがいじられている姿や、保志さんの天然発言を誰よりも楽しんでいるのが分かるので)、SEEDイベントの頃から、良く見ていたのですが、今回もがっつり見させてもらいました
今回の保志さんは、素敵発言連発だったので、鈴村さんもかなり楽しんでいられて、その鈴村さんを見て、私も嬉しかったです。

…と、長くなったので今回はここまでです。
残りのお三方はまた次回書きます。






最終更新日  2008年12月09日 03時35分52秒
コメント(0) | コメントを書く
[イベントレポ] カテゴリの最新記事

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.