076596 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

EXPERIMENTAL GARDEN

2019.12.28
XML
カテゴリ:ガーデン
P1060583
こんにちは。久ぶり更新となってしまいました。今日は朝方から冷え込み庭全体を霜柱が覆っていました。朝日が庭に差し込んで霜の表面が白く輝いて見えます。冬の間もオーナメンタルグラスやエキナセアなどのシードヘッドはそのまま残してあるのですが、こうして気温が下がってくるとシードヘッド全体も薄く霜に覆われるので、朝方の短い時間ではありますがとても綺麗に見えます。
最低気温はマイナス3度ということで、もしかしたら幾つかの植物には影響があるかもしれません。バーベナ・ボナリエンシスは毎年越冬に失敗する株が多数あります。
雪や霜などが影響しているのではないかと考えていますが、毎年こぼれ種から増えているので、そういう意味ではバランスが取れているのかもしれません。
P1060565
霜の青白い地表面と葉の緑、グラス類の茶色のコントラストがとても美しいです。パニカム・チョコラータは葉の一部が濃い茶色をそのまま残しています。地表付近に生えているのは、エリンジューム・プラナムの株です。

P1060576

ミューレンベルギア・レバコニーの穂も冬の間を通して残すことができます。穂のキメがとても細く、背後にあるパニカム・チョコラータの穂ともよく調和しています。冬の間は緑が少なく庭が退屈になるかもしれませんが、このように自然に近い風景を楽しむのもオススメです。




今回の植物

​​
エリンジューム プラナム


グラス パニカム ‘チョコラータ’


グラス ミューレンベルギア レバコニー





​​​​ ​​​​​EXPERIMENTAL GARDEN​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2019.12.28 14:14:05
コメント(0) | コメントを書く
[ガーデン] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.