732042 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サヨリのたわごと

PR

Rakuten Ranking

Calendar

Headline News

Favorite Blog

セミなあ~ 。。。 New! 悠々愛々さん

--< 街角の石塔群 >-… New! いわどん0193さん

^-^◆【助言の光】支… New! 和活喜さん

カワセミ二番子その4 New! みなみたっちさん

愛酒の日 若山牧水… New! ただのデブ0208さん

Comments

マックス爺@ Re:ひさびさの・・(08/23) New! 今日は~!! いつもコメントをありがとう…
夢穂@ Re:ひさびさの・・(08/23) New! 格安カット料金ですね。カットに 限らずバ…
ただのデブ0208@ Re:ひさびさの・・(08/23) New!  おはようございます。米中貿易摩擦激化…
宮じいさん@ Re:ひさびさの・・(08/23) New! おはようございます。 応援完了。応援感…
いわどん0193@ Re:韓国はどこへ行く(08/22) New! ●8/24 ぽち、完了しました ^^^)/
2019/07/17
XML
カテゴリ:
ここの所、梅雨空で蒸し暑い日々だったけれど・・・
どこかで雨が降っているらしく風が吹くと涼しかった

でも今日はお日様サンサン・・暑いです・・30℃簡単に越えましたわ
熱中症対策をしっかりしないといけませんね・・

令和元年の芥川賞は今村夏子さんの『むらさきのスカートの女』になりました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

むらさきのスカートの女 [ 今村夏子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/7/17時点)



説明
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない“わたし”は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導する。『あひる』、『星の子』が芥川賞候補となった話題の著者による待望の新作中篇。
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
今村夏子(イマムラナツコ)
1980年広島県生まれ。2010年「あたらしい娘」で太宰治賞を受賞。「こちらあみ子」と改題、同作と新作中短編「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』で2011年に三島由紀夫賞受賞。2017年『あひる』で河合隼雄物語賞、『星の子』で野間文芸新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

​去年の芥川賞受賞作は2作品でした
ちょっと読みにくさはありましたが、現代ぽくってよかったです

​​
ニムロッド [ 上田 岳弘 ]
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
それでも君はまだ、人間でい続けることができるのか。あらゆるものが情報化する不穏な社会をどう生きるか。新時代の仮想通貨(ビットコイン)小説!第160回芥川賞受賞!


1R1分34秒 [ 町屋 良平 ]
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当たったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる、21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、現役ボクサーで駆け出しトレーナーの変わり者、ウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていくー。第160回芥川賞受賞作。

直木賞は大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓玉結び』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び [ 大島 真寿美 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2019/7/17時点)



虚実の渦を作り出した、もう一人の近松がいた──
「妹背山婦女庭訓」や「本朝廿四孝」などを生んだ
人形浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描いた比類なき名作!

面白そうなんで読んでみたいです

明日町こんぺいとう商店街 招きうさぎと七軒の物語 (ポプラ文庫) [ 大島真寿美 ]

この本は7人の作家さんで書かれています
それぞれの持ち味だあって面白かったです・・大島さんの作品は此処がお初でした

前回の受賞作は真藤順丈さんの『宝島』でした

宝島 [ 真藤 順丈 ]
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになりー同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!
沖縄の言葉で書かれている部分があってちょっと読みにくかったな・・・

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

朝5時起床・・




ホテルの玄関を出ると頭が少しみえます・・





駅前に来ました・・夜はよくわからなかったけど・・・





通称(日本人橋)で朝焼け鑑賞です





山の頂が赤くなって来ました

















スマホでも撮ってみました






Last updated  2019/07/18 08:34:27 AM
コメント(13) | コメントを書く
[本] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.