000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飲む撃つ食う

PR

X

全1134件 (1134件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2010.09.17
XML
カテゴリ:料理
ふな3.jpg (写真)が、3日間泥を吐かせ、火を弱めず、「びっくり酒」を注しながら、鍋を揺らしたり箸でつついたりしないで30分間煮たフナ。赤いのは途中、半ば思いつきで入れたタカノツメ。びっくりしたのは、生きてた時と同じような金色の鱗の輝きが残ってること。見るからにうまそうでしょ。私にはちょっと甘かったけど(びっくり酒をみりんで割ったためだと思われる)、一流料亭も顔負け(行ったことない、爆)の上品な味。別の言い方をすると、フナってこんなにうまいのってことです。口の中でかみ締めた時の独特のほろ苦さで熱燗が進む進む(笑。
 で、フナのグループのメンバーから夕べ(16日)電話があり、私も2キロいただけることに。そこで、うちではコイのうま煮の得意な母にこの作り方で作ってほしいというと、さすが、「コイのうま煮は農協より私の方がうまい」と言ってるだけあって飲み込みが早く、いとも簡単に作ってしまいました。だてに死んだじいさんに仕込まれてないないあと感心しました。あ、そのじいさんというのは、大水が出ると投網を打って川魚を取り、自宅の生け簀で飼い、盆や正月に自分の子どもが帰省すると自分で料理して食わせてた人です。私は子どものころからそういう時、コイ料理の手伝いをさせられていたので、門前の小僧じゃありませんが、小さい時から台所に立つのが好きでした。投網こそしませんが釣りや狩猟、ダッヂオーブンクッキングなどの趣味は、いわゆる隔世遺伝かもしれません。そうそう、酒好きも(爆。
 






最終更新日  2010.09.17 09:28:14
コメント(25) | コメントを書く


2010.09.16
カテゴリ:料理
ふな2.jpg (写真)は煮立ったフナの鍋に酒を足し、沸騰を抑えてるとこ。塩で洗ったふなは汁(醤油カップ2、日本酒カップ1、砂糖大匙2、みりん大匙1など)が煮立ったとこへ生きたまま、何回かに分けて入れます。煮始めて完成までのおよそ30分間、噴きこぼれそうになるたびに酒を継ぎ足して煮続けます。この間、レンジの火は中強火から強火。弱火でトロトロっていうことはしません。継ぎ足す酒の代わりに水や湯でもいいようですが、早く味をしっかり付けるためには酒の方がいいみたいです。酒をみりんで割ったものを使うと、仕上がりの照りが違うとか。使ったフナは2キロ。
 で、この継ぎ足しの酒、まるでそばをゆでる時の「びっくり水」みたいです。継ぎ足した途端、泡が鎮まり、中の魚の様子が見えます。魚は見るだけ。つい鍋をゆすったり、菜ばしでつついたりしたくなりますよね。でもじっと我慢。フナは小さいので、余計な振動を与えるとすぐ煮崩れてしまい、台無しになっちゃうとか。でも、骨だけはしっかり硬いので、身を崩さずに骨まで軟らかく煮るのに最もよい方法がこの方法だとか。あ、蓋はしません。
 さて、なんども「びっくり酒」を注してると、泡が飴状で粘りのあるものに変わってきます。この辺りが火を止めるころあいだそうです。火を止めたら鍋が落ち着くのを待ちます。フナすぐに食えますが、しばらく置くと味が馴染むようです。煮てる時、好みでタカノツメなんかを入れてもいいそうです。そして、ここから弱火にしてさらに煮込むと甘露煮になるんだそうです。






最終更新日  2010.09.16 09:17:00
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.15
カテゴリ:料理
ふな1.jpg ハンターが集まるいつもの飲み屋のキッチン。私が顔を出すと、これから「フナの煮つけ作り教室」をやるというんで、お相伴させてもらうことに。(写真)は、収穫後、3日間泥を吐かせたフナを塩で洗ってるとこ。まだ、生きててピチピチ跳ねてます。塩でもまれると余分な鱗が落ちるとかで、フナの身になると、なんかとっても痛そう。
 で、どうしてここでこういうことになってるかっていうと、ハンター仲間の中に2人、フナを飼ってるグループに入っている人がいます。グループは出資し合って当番で親ブナを飼い、子ブナが生まれたら山分けという集まり。私も誘われましたが、フナ当番ができないので辞退。出資金はフナの池のメンテナンスにも充てられますが、年1万円とかいってました。フナを洗ってるのはそのグループの代表の奥さんで、グループでやる前から旦那はフナを飼い、奥さんはフナの煮つけ作りをしてきたのでその道のプロ。ザルの中のフナは小判のように(見たことない、爆)輝き、見るからに美味そうです。
 さて、飲み屋の女将さんもメンバーもフナのおいしい煮つけの作り方を覚えよう夢中です。いわゆる甘露煮とはちょっと違うそうで、洗ってるうちから出来上がりが楽しみです。えーと、きょう(15日)から3回シリーズでフナの煮つけが出来上がるまでを紹介しますが、それにしても、レシピを見ながら作り方を覚えようというおっさんたちの真剣な顔ったら。






最終更新日  2010.09.15 09:41:41
コメント(6) | コメントを書く
2010.09.14
カテゴリ:狩猟
登山靴.jpg きょう(14日)はめっきり秋らしい朝になりました。あれほど電線に群れていたツバメもいつの間にかいなくなり、ススキも重そうに穂をなびかせてます。気が付けば、稲刈りもあちこちで始まってます。残暑もいよいよ年貢の収め時でしょうか。ってなこと言ってると昼間、また、ものすごい暑さがぶり返したりして(笑。
 で、(写真)はいつも山に履いていく登山靴。シューリングに見えるスカルパの刻印は、この靴のメーカー(イタリア)です。靴ひもは2度、靴底(ビブラム)は1度交換してます。これ買ってもう10年以上たちますが、今、登山ショップにもこういう皮製の重登山靴、あまり置いてません。なんでも、人気がないんだとか。それを考えると、当時、高かったですが思い切って買っておいてよかったと思ってます。一生履けるし(笑。先日の山行の汚れを落とし、オイルを浸みこませるために秋の日差しを当ててます。
 さて、狩猟解禁まであと2か月ほど。先日は、1カ月前に行われる猟期前講習の受講種目の申込み用紙がポストに入ってました。講習当日、トラップを撃つか、スキートにするかっていう実技のとりまとめです。今までは当日、射場で行っていたことを今年は事前に行うようです。こういう取り組みはうちの猟友会では初めてで、当日の混乱を避けるのにはいいかもしれません。 






最終更新日  2010.09.14 09:16:27
コメント(6) | コメントを書く
2010.09.13
カテゴリ:銃・射撃
マガジンカットオフ.jpg 「マクロレンズを銃に向けたら」のシリーズ(笑)は、ベレッタ391のマガジンカットオフ機能。(写真)で、丸い方が凹んでその反対側が浮き上がってますが、これがボタンを押し込んだ状態。つまりオン。こういうの付いてる銃、ほかには知りませんが、自動銃は3発装填してて(4発を超えて装填できる銃は、日本では違法)、一発撃つとマガジン(チューブ式)の中にあるカートリッジがチェンバーに送り込まれて、引き金を引くだけで次弾が自動的に撃てるようになってます(レバーやポンプなどで手動装填する必要がないので「自動」)。ですから、3発装填すればとても簡単に3連射ができるってことです。この装置は、次弾が自動的に装填されるのを意図的にストップさせるもの。じゃ、最初から1発だけこめりゃいいじゃんって話にもなるんですが、例えば、1発目にバックショット、2発目にスラッグなどと2発ごめにして使う人が、スラッグを撃つ前にもう1度バッグショットを撃ちたいというような時などに便利です。私は種類の異なる弾を混ぜて使うことはしないし、今はベレッタ、ほとんど鳥撃ち専用銃になってるのでこれでスラッグを撃つことはありません。ま、鳥撃ちでも、9号でスズメを狙うのに、カモが飛ぶかもしれないからとマガジンカットオフをオンにして次の9号が装填されないようにして、実際に飛んだらすかさず3号を込めてマガジンカットオフを解除、カモに矢をかけるということもできないことはないでしょうが、実に気ぜわしくて忙しく虻鉢捕らずになりそうです。






最終更新日  2010.09.13 11:56:49
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.11
カテゴリ:狩猟
狩猟免許更新.jpg 先日は休んで狩猟免許の更新。(写真)はその講習会場。前にあるのがテキストと壁ってことは、最前列に座ってるってこと(!。
 で、狩猟をするには狩猟免許がないとだめです。その狩猟を銃でしようって人は別に銃の所持許可も必要です。そして、狩猟免許は1種(空気銃を含む装薬銃)と網、わな、2種(空気銃のみ)の4つに分かれてます。私が免許を取った時は網とわなで1つの免許だったんですが、網をやる人が少ないのと、わな免許(簡単に取れて維持経費も安い)の所持者を増やそうと、何年か前に法律が変わり別々の免許になりました。法改正後、わなもやる1種の取得者はほとんど、網の更新をしなくなりました。だって、その分余計にお金がかかりますから。お金がかかるといえば、免許があっても狩猟登録をしないと狩猟はできません。狩猟税や保険料などを免許ごとに払います(なわの保険は1種とは別)。私の場合、網は免許を持ってるけど今期、猟をする予定はないので登録はしません。でも、1回流すとまた初心者として取り直しですから、スズメを大量捕獲して焼き鳥三昧をするのが夢な私は、網免許、手放しませんよ(笑。 
 さて、更新は3年に1度。銃の更新と重ねてみると、アンダーレバーのマーリン410番の更新の年と同じです。今回、私は改正後初の更新となりました。講習の終わりには3枚(1種、網、わな)の免許状をもらいましたが、なんか、前回と比べると安っぽい作りでした。






最終更新日  2010.09.11 11:44:43
コメント(4) | コメントを書く
2010.09.10
カテゴリ:登山
会津・アカトンボ.jpg 歌えば、「とまあっていーるーよーつえのおさーき」ですかね。(写真)はまだまだ引っ張る磐梯山、安達太良山登山シリーズの第4弾(笑。たまたま花を撮るためにマクロレンズがついてたので、休憩中にザックを下ろした同行者が、ザックにつけたストック(登山用の杖)にとまった赤とんぼにフォーカス。「山渓」に応募したらつかってもらえそうな気もするショットになりました(笑。
 で、ストック。今は山でストックを使う人が本当に多いです。それもダブルストック。私もLEKIの木製グリップシングルストックを愛用してますが(もうボロボロ)、20数年前、本格的に登山を始めたころは、山の先輩に最初はストックは使わない方がいいと言われました。理由、ストックに頼りすぎると余計疲れるから。確かに、そうでした。どこへ行くにも必要以上に重い装備の私は、もう、ストックなしには歩けません(笑。猟の時も、モノポッドになるストックを使ってます。そして、ダブルストックを使ってる中高年の初心者らしい登山者にこうしたケースがまま見られます。もう、登りで2本のストックで踏ん張って立ち往生してる人。こういう人は下りでストックを突きそこなうと、場所によっては大怪我、最悪滑落死です。それほど、高山でのストックの使い方には慣れが必要だと思います。実際、ダブルストックが流行し始めたころ、私の地元の山で突き損ないで滑落死した高齢者がいました。2つ目は長さの調整。登りは短く、下りは長く。同じ長さのままで突いていると、疲労も増すし、危険度も増します。






最終更新日  2010.09.10 07:59:18
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.09
カテゴリ:登山
会津・ウメバチソウ.jpg 磐梯山と安達太良山の登山シリーズその3は高山植物。花には詳しくありませんが、高山植物に限っては、同行者がその都度教えてくれるので少しだけ分かります。(写真)はウメバチソウ。高山植物によってはどこそこのコマクサとかなになに山のクロユリなど、そこにしかない花もあるようですが、ウメバチソウ、そんなに珍しくないみたいです。なんでも、名前の由来は、おしべの形が梅の花のそれに似てるからだとか―。
 で、この写真もニコンマクロレンズ105ミリで撮ったもの。本格的な山登りを始めた20年ほど前は、山にもレンズ交換ができる一眼を持っていきました。デジタルになってからも最初はD100を提げていったものですが、やれビールだそれコッヘルだと食ったり飲んだりする材料や道具が増えるに従ってデジカメの性能も良くなり、このところ、ずっとコンパクトでした。でもマクロ105ミリ、せっかく買ったので持参しました。お陰で雨に降られなかったので、ウエストバッグに入れ、随時レンズ交換をしながら風景や花、同行者たちを撮り分けることができました。
 さて、花ですが、時期的に9月の初旬は遅いです。私の好きなイワカガミも、つやのある葉っぱをテカテカ光らせてるだけで、花はとっくに終わってました。地元の登山者も、「これからは紅葉がいいんだよね」と言ってました。たしかに、この登山、毎年のこの時期なんですが、確かに花を楽しむのには向いてないかもしれません。






最終更新日  2010.09.09 08:15:03
コメント(4) | コメントを書く
2010.09.08
カテゴリ:登山
会津・ラーメン.jpg 山に来たらラーメンでしょ。というわけで、普段、里では絶対食わないインスタントラーメンですが、山では必需品。磐梯山山頂でのたった20分の休憩にストーブで湯を沸かしてラーメンを作り、冷やして持ち上げた缶ビールをあおりながらラーメンをすすります。シャラカップなんかを持ってる人で食いたいという人がいればおすそ分け。汗で出つくした塩分の補給にはもってこいだと思ってます。(写真)じゃ見えにくいですが、今回はコーンと乾燥ワケギを入れ、オリジナルの塩ラーメン。これまた、里のラーメン屋でも絶対飲み干さないスープも、全部飲んじゃいます。
 で、ラーメンの効果。山では、温かい飲み物が意外と体力の回復に役立ちます。歩いてる時にあれだけ噴出していた汗も、山頂ではぴたりと止まります。どんなに発汗性のウエアを着ていても、汗の蒸発とともに体温を下げます。山頂でのラーメンは、単に周りの人が食っていないものを食う優越感を満たすだけでなく、安全に下山するための体力維持のための無意識の知恵じゃないかと思ったりします。
 さて、福島でラーメンといえば喜多方。本場の喜多方ラーメンを食ったことのない私は、今回の山行で、たとえ高速のサービスエリアでもいいから食いたい―という願いはかないませんでした。生涯、私にとっての喜「多方ラーメン」は、磐梯山での山頂の一杯ということになるかもしれません。






最終更新日  2010.09.08 09:19:42
コメント(4) | コメントを書く
2010.09.06
カテゴリ:登山
会津・磐梯山.jpg 4、5日は登山。福島県の磐梯山(1819メートル)と安達太良山(1709メートル)に行ってきました。いやあ、遠い。初日の午前4時に出発、高速道路を中心に走って磐梯山の登山口八方台に着いたのが午前10時。それほど高い山ではありませんから、バスに乗ってる時間の方が長いくらいでしたが、誘ってもらいでもしない限り行かない山です。結果、面白かったです。(写真)はその登山口に向うバスの車窓から写した磐梯山。
 で、例年、6月と7月にいつも行ってる開山祭に参加し、足慣らし肩慣らしをしてからこの時期、初めて行く山に登っていたんですが、今年は6月も7月も山に登れず、今回が今年初めての登山。シカの有害などで山歩きをしてるとはいえ、スポーツ登山と狩猟はやっぱり勝手が違います。楽しかったけど疲れました。でも疲れた一番の理由は今年の初登りというより、この残暑の厳しさだったかもしれません。幸いなことに、初日はほとんどが樹林帯の中を歩くようなコース。熱中症になるようなメンバーも出ませんでした。でも、地元の小学生が学年行事とかで150人登って来てましたが、下山途中、救急車のサイレンが聞こえたので確かめてみると、暑さでバテて運ばれた子がいたようです。2日目の安達太良山はあの「智恵子抄」で知られる本物の空が見られる山です。ここは登りの後半、瓦礫の稜線のような場所を歩き、私もかなり日焼けしました。半ズボンはいてたんですが、ソックスとズボンの隙間が見事に日焼け。温泉でしみたしみた(笑






最終更新日  2010.09.06 09:28:36
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1134件 (1134件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.