1880673 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

エタ-ナル・アイズ

2020.05.31
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

****************


「え?」

「何を今更…ブレーヌ、シェイカ、テーノティ…」

 答えかけたもう1人が詰まる。

「他には?」

「いや、他には知らん」

 畳み掛けられて男は首を振った。他の者も顔を見合わせる。戦死者はと尋ねた男が、

「俺も他には知らん……ということは、今行方不明とされている者には、同じような命を受けていて密かに各々の野営地に戻って身を潜めている者もいるのではないか?」

「ならば、潰されて散ったのではなく、無事な兵力が残っていると?」

「ラズーンは……崩されて…いない……?」

 わけがわからぬ顔で互いを見やる面々に、ジットーは持ち帰った指令書を眺めた。

 もし今の話が本当ならば、ラズーンは『敗退』したのではなく、個々の隊に与えられた命令によって散り散りに『退却』しただけということになる。

「ジットー…どういうことだ」

「…俺もまだ詳細はわからない。だが、この指令書をアシャ様直々に預かってきた」

「指令書? アギャン公にか?」

「いや…」

 ジットーは負傷者用の天幕(カサン)に顔を向けた。ゆっくりと歩き出す。

「ジットー?」「お、おい」

 答えぬジットーに不審がりながら、兵達はぞろぞろと後について行った。

 ジットーは天幕(カサン)の戸口の幕を開け、きょとんとした顔で迎える負傷者達を見ていったが、一番奥の垂れ幕の陰、緋色の布をかけられた塊を見つけると、まっすぐに近寄って行った。

 それは『羽根』でさえない見習い兵士、戦線で病に倒れ、戦うことも叶わぬまま病状が悪化し、明日をも知れぬ命とされた男だった。アギャン公が時折見回る程度の、1人寂しい死を迎えていく男だと誰もが聞かされ、憐れみは覚えたものの、前線においては一々気にかけてもいられず、それとなく放置されていたはずだ。

「ジットー?」

「何をする気だ? そいつはもう…」

 周囲の問いに、ジットーは男を見下ろし、ゆっくりと側に膝を突いた。頭を下げて深く一礼し、指令書の宛名をもう一度見直す。近くに居た男が小さく声を上げ、指令書と緋色の布の男と見比べる。

 ジットーは息を吸い込み、一気に吐き出した。

「長シャイラ、アシャ様よりの御指令です」

「長?!」「シャイラ?!」「まさか!」「そんなことが!」

 ざわめきの中、緋の布がごそりと動いた。起き上がる、布の下には薄汚れた包帯、それがするすると解かれていく。全身に巻かれていた包帯が幻のように男の体から剥がれ落ちていく、布をぱさりと背後へ払い落とした男の肩にさらりと髪がなだれ落ちる。

「ご苦労、ジットー」

「シャイラ様!」「長!!」

 ざわめきは怒濤のような歓声に変わった。

「静まれ!」

 一声響かせて立ち上がったシャイラは、静まり返った天幕(カサン)の中で鋭い視線を和らげもせず、指令書を一読するや否や命じた。

「ガリオン! プルシド! ケト・ニクラル! ジットー!」

「はっ」「はいっ!」「ここに!」

 呼ばれた男達が居住まいを正す。

「すぐに隊を率いて続け。反撃に移る!」

「お、おう!!」

 誇らしげに笑顔になったジットーが、真っ先に走り出して行った。

****************

 今までの話はこちら

 






Last updated  2020.05.31 00:00:14
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.