946756 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

生命保険を見直したい人のために。

2004/05/29
XML
 昨前まで、「収入減少に効く幸福メール」という有料メルマガを発行していたのですが、もはや無料にしようと思って廃刊にしました。最近、生命保険がらみの仕事が急増している事もあり、その有料メルマガの1つを転載します。かつて何度も書いた事ですが、改めてご参照いただければと思います。

       無駄な出費を削減する方法(1)

 今回、次回の2回に分けて、かなり具体的に、家計からの無駄な
出費を削減する方法についての話をしましょう。
 FPとして多くの家計を拝見させていただいた経験からの、効果
的な話です。

 さて、家計における出費項目で最も大きいものは何でしょう?
「住居費」と答える方も多いでしょうが、それは「家は最も大きな
買い物」ということであって「最大の出費項目」ではありません。
 もちろん平均の数字について述べているわけですから、全員に当
てはまるわけではありません。しかし、余程の豪邸を購入したので
なければ‥‥つまり我々大多数の庶民レベルにおいては、住居費は
最大の出費項目とはならないのです。
 正解は「生活費」。
 ここで言う生活費とは、生活の基本である「衣・食・住」の内の
「住」を除いた部分。つまり「食べ物と着る物」に費やすお金です。
これが出費項目の第1位となります。

 家計からの出費を見直す場合、大きな項目を見直せば効果も大き
いのは当然です。
 しかし「衣・食・住」はなくてはならない項目ですから、見直す
と言っても容易ではありません。
 もちろん無駄な食品購入や、ストレス解消のための買い物、分不
相応なブランドショッピングなどが家計を苦しくする原因なのは当
然ですが、とは言え、多少の無駄遣いぐらいなくては、生活して行
く上での潤いすらも無くなってしまいます。
 ですからこの2つの項目は、見直しがなかなか難しいものになる
のです。

 そこで上記の「生活費」「住居費」に続く大きな出費項目を見て
みましょう。
 上記2つに次いで大きな出費項目とは一体何でしょうか?
 ここでも「教育費」と答える方が多いようですが、これも不正解。
何故なら、子供の人数によって教育費は大きな差があるからです。
夫婦2人だけの家庭においては、子供の教育費は掛かりません。ま
してや少子化の時代なのですから。
 上記2つに次ぐ大きな出費項目、それは「生命保険料」。
 これが今回のテーマです。

 衣食住に掛かる出費は削減が非常に難しい。
 子供の教育に掛けるお金は削減したくない。
 しかし、生命保険料などという出費は、どこの家庭でも、出来れ
ば払いたくないお金であるに違いない。
 とすれば、まず真っ先に見直すべき項目となるでしょう。

 そこで、どれほど無駄な保険料を多くの家庭が払っているかを見
てみましょう。
 一世帯あたりの生命保険料の累計‥‥つまり生命保険会社に払う
金額の合計(=生命保険という商品の“値札”)が、一体いくらに
なるか、皆さんご存知でしょうか。
 なんと、一世帯平均で約2000万円。
 子供1人あたりの教育費が約1000万円と言われていますから、
子供2人分の教育費に相当する金額です。現在の日本では、一世帯
あたりの子供の人数は2人を割っている状況ですから、生命保険料
の方が大きな出費になると言うのも頷けることでしょう。

 ところがこんな大きな出費(=生命保険という“買い物”)にも
関わらず、ほとんどの家庭が、自分がいくらの買い物をしたのか‥
‥つまり、契約している生命保険の“値札”すら確かめずに買って
しまっている。
 2000万円もの商品を、値札も見ずに買ってしまう‥‥これで
損をしない方が不思議ですよね。
 言われてみれば、誰でもそう思うはずでしょう。

 生命保険料については、さらにこんな“おかしな実情”もあるん
です。
 教育費は、子供がいない家庭ならほぼゼロに近い状況になるのは
当然のことです。
 ところが生命保険料の場合は、子供の人数に関係なく、どの家庭
も平均して多額の保険料を払ってしまっている状況です。
 生命保険は家族の保障の為に契約する物ですから、子供の人数に
よって大きな差が出て当然なのに。
 要するに、ほとんどの家庭が「よく分からないままに」契約して
しまっているんですね。よく分からないままに‥‥も“保障の内容
がよくわからない”なんてレベルではありません。値札さえも見ず
に買ってしまっている‥‥そんなレベルです。
 つまり、この「生命保険料」という項目は、ほとんどの家庭にお
いて見直しが必要だということなのです。

 しかも、一気に無駄な出費が削減できます。
 私の経験から言えば、一般的な生活を営む普通のご家庭の場合、
保険料の累計はどんなに高くても1000万あれば十分。2000
万なんて払いすぎ(=保険会社の儲け過ぎ)なんですよ。
 適正かつ良い内容の保険設計で、せいぜい700~800万円の
出費‥‥といったところが“まとも”な数字になるでしょう。
 保険会社に無駄な保険料を1000万余分に払ってしまうのと、
1000万の貯金が出来ているのと、どっちがイイですか‥‥なん
て、聞く必要もありませんよね。

 ここで衝撃の事実を。
 一世帯あたりの生命保険料の平均累計が約2000万円。
 対して、生命保険に契約していることで「もらえる金額」の平均
がいくらになるかご存知でしょうか?
 最新の資料では164万円だそうです。
 2000万円払って164万円しかもらえない。
 日本の大手生命保険会社は、こんなフザケた商売を過去100年
にわたってやってきているんですね。
 お金を払っている人は、ホント、ただのお人好しと言われても仕
方ない状況なのです。残念ながら。
「生命保険の見直し」が、健全な家計の為には絶対に必要というこ
とがよくおわかりいただけたことでしょう。

 さて、それでは早速見直しを‥‥なんて意気込んでも、方法を誤
ると見直しなんかできません。注意が必要です。

 最悪の方法は、保険会社の担当に電話をして「保険の見直しをし
たいんですけど」と言ってしまうこと。
 間違いなく、もっとひどい商品を売りつけられるだけになります。
 見直しなんて絶対にしてくれませんよ。1円の儲けにもならない
んですから。会社がそんなことさせません。
 それにセールスの99%はただのど素人ですから、専門的な話な
どできはしません。ただ会社から教わった、会社が儲かるためのト
ークを並べるだけです。

「それなら自分で勉強して」と、本や雑誌を買い込む、インターネ
ットの比較サイトを見る‥‥これも非常に多いケースですが、この
方法できちんと見直しできた人を今まで1人も見たことがありませ
ん。そんなに簡単なものではないんです。
 例えばあなたが2000万円の家を買うとしましょう。その時、
細かい設計内容や材質や工法といった専門的な部分を自分で勉強し
て検討できるようになろう‥‥なんて思いますか?
 素人には無理でしょうし、やろうと思ったら莫大な時間が掛かっ
てしまいます。
 素人が検討できる部分は、外観、内装の雰囲気、周辺環境、そし
て価格‥‥といったところでしょう。
 家の場合なら、まだそうした“素人判断が効く部分”もあるでし
ょう。しかし、生命保険の場合は本質の部分しかないんです。外観
も内装も周辺環境もありません。価格さえも言わずにセールスは売
ろうとするんです。
 つまり、素人が勉強して‥‥なんてのは勘違いでしかないんです。
無理です。断言しますよ。
 私だって、FPを仕事にしていますけど、パソコンにソフトが入
っているから見直し業務が出来るんです。パソコンを持たない頃に
も見直しの仕事をしていましたけど、その時だって「レートブック」
という、専門の価格表を持っているから手計算が出来たんです。
 皆さん、そうした物を持っていませんよね。
 ですから、一般の方が自力で保険の見直しをするのは、パソコン
がないのにエクセルを使おうとするのと同じようなものなんですよ。

 それじゃあ、一体、どうすればいいのよ!
 正解はただ1つ。
 信頼できる専門家に、きちんと相談するしか方法はありません。
 その「信頼できる専門家」をどうやって見つけるの?
 方法は2つあります。

 まず1つ目の方法。
 あなたが信頼している人に「私に、自信をもって紹介していただ
ける生命保険の専門家の方はいませんか?」って聞いてみること。
「そんなに都合良く、信頼できる専門家が居るものかな」なんて思
った方、試しに誰か身近な人に聞いてみて下さい。結構、二つ返事
で「いるよ、コイツはいいよ」って返事が返ってくるものですから。
 この方法が一番簡単で確実でしょう。
 ただし、いくつかの注意は必要です。
 あなたが信頼している人自身も、紹介者してくれる専門家の設計
で保険契約をしていること。紹介はするけど自分は関係ない‥‥で
は信頼できません。
 さらに、あなたの信頼する人が金融関連の会社に勤務していない
こと。下手なしがらみや先入観は目を曇らせるだけすから。
 そして「専門家」なる人が大手漢字生保会社のセールスではない
こと。前述した「会社が儲かる保険」しか売ってくれません。
 この3つの条件をクリアすればまず合格と言ってもよいと思いま
す。

 さらに、その「専門家」なる人のコンサルティングを受けてから
もいくつかの注意点があります。専門家だなんて自分で言ってはい
ても、こんな行動を取るような人の場合は、すぐにお付き合いはス
トップするべきでしょう。
 紹介者への義理?‥‥義理で2000万円の買い物をしてしまう
ような大金持ちなら、この文章など必要ないでしょう。
 まず「ウチの商品は‥‥」という言葉を頻繁に口にする人。これ
は単なる“セールス”です。専門家ではありません。
 たくさんの設計書を提示する人。これも同様。売れれば何でもイ
イんです。
 そして、最初に提案を受けたときに、あなたが“感動”しなかっ
た場合。正しいコンサルティングを受けると、皆さん“感動”する
んですよ。「こんなに素直に理解できたのは初めてだ!」「今まで
自分がいかに無駄な保険料を払っていたか、目からウロコだ!」な
んて。ただ説明するだけで何の感動も与えられない‥‥なんてのは
質の低い専門家だと思って下さい。

 そして「信頼できる専門家」を見つける2つ目の方法。
 それは我々にご相談いただくことです。
「会ってもいないのに信頼なんかできるか!」
 しかし、信頼できる専門家にあなたがすでに会っているのなら、
そもそもこんな話は必要ありません。
 “最強”ではないですが“日本最良”を自負する、我らの提携組
織「FP救急隊」が、目からウロコのコンサルティングで感動を与
えて差し上げます。ご用命はお気軽に。

 最後に、生命保険見直しの最大のポイントを申し上げましょう。
 それは「思い立ったらすぐ行動!」。
 これが出来ない人が、苦しい家計への道を歩んで行くことになる
のです。

「何より行動が大切」を肝に銘じて、早速、生命保険を見直して、
無駄な出費をドーンと削減しようではありませんか。


【完全返金保証 ハイクラスの生命保険見直し】

【お金のストレス、さようなら~ 家計応援「FP救急隊」】






最終更新日  2012/12/10 01:09:34 AM
コメント(4) | コメントを書く
[とっても大事な生保の基本のお話] カテゴリの最新記事

PR

カテゴリ

フリーページ

お気に入りブログ

10/13の「いだてん」… ききみみやさん

「シェルブールの雨… hongmingさん

魂の叫びより msk222さん

西新オレンジ通り日記 ドリームランナーさん
あやこの部屋 あやこの部屋さん

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:言いたいことがたくさんあって!(08/29) comprare cialis o viagracontraindicatio…
 http://buycialisky.com/@ Re:嬉しい書き込み(08/07) how to use cialis ultimate pleasuredoes…
 http://buycialisky.com/@ Re:赤毛の私の理想のお店(06/05) cialis generico (tadalafil) 20 mgcialis…
 http://buycialisky.com/@ Re:メルマガ転載(12/18) rxonline cialis softcialis and dosediff…
 http://buycialisky.com/@ Re:街にある保険相談窓口について思う(09/23) order cialis soft 20 tabletscaverta lev…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.