032451 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

生活排水の環境家計簿のブログ

PR

コメント新着

baeosldo@ dikhhxrf cheap buy valium [url= <small> <a href=…
qynusduu@ ombwzkak how does ambien work [url= <small> <a h…

お気に入りブログ

21日、火曜日 New! マロの母さん

掃除 New! そうちゃん7さん

今日はお通夜でした。 New! neko天使さん

コンビニスィーツ//… にこ♪にこさん

Adblock Plusが有効… ウルトラブンブクさん

カレンダー

フリーページ

楽天プロフィール

設定されていません

全5件 (5件中 1-5件目)

1

大和川社会実験 Social Exp. Programme

2012.02.21
XML
 ブログの更新を、かなり長い間、さぼっていました。
 今年も、大和川流域の水質改善強化月間(昨年から週から月に変更になりました)は2月に設定され、水質改善に向けての活動が行われているようです。

 自治体や環境NGOでも、水質改善強化月間の案内が行われています。

大和川河川事務所
奈良県1
奈良県2
橿原市
松原市
香芝市
大和川清流復活ネットワーク
大和郡山市

This blog has been left without change for a long time.
The water quality improvement month in the Yamato-gawa River Basin (in Japanese) has been determined to February this year, which is the same as the last year. The duration of water quality improvement activities was changed from a week to a month in 2011.

Yamato-gawa River Office, Ministry of Land, Transportation and Tourism
Nara Prefecture, 1
Nara Prefecture, 2
Kashihara City
Matsubara City
Kashiba City
Yamato-gawa Network for Clean River Rehabilitation (Environmental NGO)
Yamato-Koriyama City






最終更新日  2012.02.21 18:00:09
コメント(0) | コメントを書く

2011.05.27
今年の大和川流域の社会実験(今年は1か月間と昨年までの1週間から期間が延長されましたので、「強化月間」と呼んでいます)の結果概要が発表になりました。要点を抜粋します。

(1) 強化月間への参加人数は約85万人(アンケート調査結果より:参加率39.7%)で、参加率は昨年の社会実験より少し増加。

(2) 水質改善効果は、調査した10地点の内8地点でBOD値が低下。

(3) 大和川本川の最下流ではBOD負荷量(汚れの量)が約14%低下。

 参加率が昨年より微増、最下流のBOD負荷量(大阪湾に流入する有機物の汚れの量と考えていただいて結構だと思います)が、昨年は社会実験により8%削減されたのが、今年は14%削減と、社会実験の効果が増加した。

 流域の皆様、お疲れ様でした。

A brief result of improvement of the Social Experiment Programme, participation rates and river water quality improvement has been released.

The Social Experiment Programme in the Yamato-gawa River basin this year is called 'Implementation Month' because the event period was extended from one week until last year to one month this year. Major results announced in the River Office website were:

(1) Participation rate was 39.7%, slight increase from last year, which means 850 thousands citizens in the river basin have participated in the event this year, 2011.

(2) BOD concentration decreased at eight monitoring points in 10 monitoring points.

(3) BOD load at the nearest monitoring point to the river mouth decreased 14%.

Slight increase of the participation rate and BOD load decrease near the river mouth showed increase the effects of the Social Experiment Programme or Implementation Month.







最終更新日  2011.05.27 14:50:03
コメント(0) | コメントを書く
今年の大和川流域の社会実験(今年は1か月間と昨年までの1週間から期間が延長されましたので、「強化月間」と呼んでいます)の結果概要が発表になりました。要点を抜粋します。

(1) 強化月間への参加人数は約85万人(アンケート調査結果より:参加率39.7%)で、参加率は昨年の社会実験より少し増加。

(2) 水質改善効果は、調査した10地点の内8地点でBOD値が低下。

(3) 大和川本川の最下流ではBOD負荷量(汚れの量)が約14%低下。

 参加率が昨年より微増、最下流のBOD負荷量(大阪湾に流入する有機物の汚れの量と考えていただいて結構だと思います)が、昨年は社会実験により8%削減されたのが、今年は14%削減と、社会実験の効果が増加した。

 流域の皆様、お疲れ様でした。

A brief result of improvement of the Social Experiment Programme, participation rates and river water quality improvement has been released.

The Social Experiment Programme in the Yamato-gawa River basin this year is called 'Implementation Month' because the event period was extended from one week until last year to one month this year. Major results announced in the River Office website were:

(1) Participation rate was 39.7%, slight increase from last year, which means 850 thousands citizens in the river basin have participated in the event this year, 2011.

(2) BOD concentration decreased at eight monitoring points in 10 monitoring points.

(3) BOD load at the nearest monitoring point to the river mouth decreased 14%.

Slight increase of the participation rate and BOD load decrease near the river mouth showed increase the effects of the Social Experiment Programme or Implementation Month.







最終更新日  2011.05.27 14:46:26
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.07
生活排水の環境家計簿のページに置いてあるグラフに直接リンクを張っていましたが、楽天ブログからの直接参照はエラーが出ていましたので、生活排水の環境家計簿のページへのリンクに修正しました。

I have tried to refer the graph in the "EAH books of municipal wastewater website", however, direct link to the graph seems to be forbidden. Therefore, link is modified to the link to the website of EAH books of municipal wastewater.






最終更新日  2011.04.07 20:46:18
コメント(0) | コメントを書く
大和川流域の社会実験は、今年は2月の1か月間でした。昨年までの1週間に比べて、4倍の期間が設定されたのですが、水質改善の効果はどうだったのでしょうか。記者発表はまだのようですので、水質モニタリングデータの簡単な整理を行ってみました。

定期的に行われている水質モニタリングの結果が、大和川河川事務所のホームページで公開されています。最近3年間の12月から2月のBODの測定結果をグラフにしてみました。グラフは、生活排水の環境家計簿のホームページから、2011年4月7日の「BODの最近3年間の12, 1, 2月のデータのグラフ」のリンクを参照してください。月1回の測定結果で、今年の2月は2月の1, 2日に水質測定が行われたようですので、1か月間の測定結果の平均値ではないところに注意が必要です。今年の2月の水質は、多くの地点で昨年、一昨年の水質よりも悪化している点が気にかかります。水質は流量の影響を受けます。河口に最も近い遠里小野橋の流量をグラフに表示してあります。測定日の流量が昨年、一昨年よりも少なかったようですので、今年の2月の水質悪化は流量が少なかった影響かもしれません。

This year, the Social Experiment Programme in the Yamato-gawa River Basin was held in whole February, duration of one-month. This is four times of one week, the duration of the event in the Social Experiment Programme up to last year. How about the water quality improvement in the event of the Social Experiment Programme? Press release of the Social Experiment Programme has not been opened yet. I have conducted simple analysis of the water quality monitoring data.

Periodical water quality monitoring results have been disseminated by the Yamato-gawa River Office, MLIT. I have prepared a graph based on the three-year BOD data from December to February. Please find the graph from the EAH books of municipal wastewater, "a graph of BOD concentration from December to February in these three years" on 7 April 2011. The water quality data are one-time in a month monitoring results. From 1 February to 2 February was the monitoring days in February, 2011. The results are not average values of daily monitoring results.

The BOD graph shows BOD degradation in February 2011 comparing to recent two years and recent two months. The flow rate at Oriono-bashi Bridge, the nearest monitoring point to the river mouth, is included in the graph. The flow rate data shows smaller flow rate in February, 2011, which may affect the larger BOD concentration.






最終更新日  2011.04.07 20:52:22
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.