025955 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

がっちり儲けてしっかり納税して遊びましょ!

2007.04.17
XML
カテゴリ:法律・会計・税金
おとといの皐月賞、ギリギリではありましたが、見事な逃げ切りでした。
爆笑問題の田中さんが、あの万馬券を当てたそうです!
同レースでかけた投資額4万3000円に対して、配当金の合計はなんと797万8000円。3連単で200円を90通り、馬連で5000円ずつ5通りで購入し、その結果がこの配当金になった。レース当日は渋谷のWINSの定食屋でレースをみており、その後、まわりのひとと喜んだものの怖くなり、すぐに換金しそそくさとタクシーで家に帰ったという。
 その使い道については、「ホールインワンのようなものなので」とし、事務所のタレントやスタッフ20数人に10万円ずつお小遣いを渡し、番組スタッフなどへの差し入れや食事で使っているという。自身の欲しいものについては「自転車が壊れたからそれを直すくらい」と控えめ。相方の太田にも10万円を渡したところ「ふざけんな、半分(400万円)よこせ!」と詰め寄られたことも漏らした。 その後、税理士に確認したところ、税金で半分近くは持っていかれることがわかり「すでに赤字ですよ」と落胆。

4月17日18時12分配信 オリコン

ん?『税金で半分近くは持っていかれることがわかり』??
ちょっと、この記載にはあやまりがありますね。

競馬の当たり馬券は
一時所得
といって、
収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)
=一時所得の金額
一時所得は、その1/2に相当する金額を給与所得などの他の所得と合計して総所得金額を求め、確定申告によって納める税金を計算

ここで、間違えて行けないのは、
田中さんが797万円と引き換えた馬券が『収入を得るために支出した金額』です。
買った馬券全部ではありません。
株の売買みたいに、内部での通算はできません。
あくまでも、換金に要した馬券のみです。

そうすると、もとの馬券の金額を無視するとすると、
税率をかけるべき所得が半分1/2であり、
田中さんの他の所得と足して最高の税率としても
H19年分の40%をかければ
『税金で半分近くは持っていかれることがわかり』
は誤りであり、『20%ちかくもって』になります。

ちなみにH19年の所得税率はこのように変わります。
H19年所得税の税率







楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2007.04.18 00:14:35
コメント(0) | コメントを書く
[法律・会計・税金] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.