1963675 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

村井美弥@ 沖縄知事選 玉城デニー当選確実。左の人が政権をとる…
村井美弥@ 豊橋陸軍墓地清掃奉仕会は7日 いつもありがとうございます。 次回は9日…
村井美弥@ 豊橋陸軍墓地清掃奉仕会は7日 いつもありがとうございます。 豊橋陸軍墓…
たかば@ Re:元号パブリックコメントを急ぎご提出ください(08/29) 早速メールしておきました。 提出先のメ…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2008.06.04
XML
カテゴリ:天皇御皇室
09年11月12日を祝日に 天皇陛下即位20年を祝う議連

 天皇陛下の即位20年を祝う超党派の議員連盟(会長・森喜朗元首相)は3日、国会近くで世話人会を開いた。「即位の礼」から満20年に当たる来年11月12日を祝日とする法案を秋の臨時国会にも提出し、早期成立を目指す方針を決めた。会合には自民党の二階俊博総務会長や民主党の鳩山由紀夫幹事長、無所属の平沼赳夫氏らが出席。小泉純一郎、安倍晋三、羽田孜の各元首相も顧問に名を連ねている。(07:03)
                  日経新聞より引用

陛下のご即位二十年を祝う議員連盟の提案でご即位の式以来二十年の祝いの日を祝日にして国民的奉祝を目指しているとされる。愛知県においても、様々な団体や個人が奉祝運動をされている。その総結集として来年の式典が行なわれることになる。

 陛下が、終戦をお迎えになられたのは学習院初等科六年生、満十二歳の時であった。

 終戦の日、『新日本の建設』と題して作文をお書きになって見えます。

『今は日本のどん底です。それに敵がどんな事を言ってくるか分かりません。これからは苦しいことつらいことが、どのくらいあるか分かりません。

 どんなに苦しくなってもこのどん底からはいあがらなければなりません。それには日本人が国体護持の精神を堅く守って一致して働かなければなりません。日本人一人とアメリカ人一人を比べればどんなテンでも日本人のほうが優れています。ただ団体となると劣るのです。

 それでこれからは団体訓練をし、化学を盛んにして、一生懸命に国民全体が今よりも立派な新日本を建設しなければなりません。それが私たち国民の役目です。

 ことに国が狭くなったのでこれからは農業を一層盛んにしなければなりません。今までは勝ち抜くための勉強、運動をしてきましたが、今度は皇后陛下のお歌のように次の世を背負って新日本建設に進まなければなりません。それもみな私の双肩にかかっているのです。』

 十二歳にして『私の双肩にかかっている』と書かれたご決意に驚きを覚えます。

 ご即位以来早二十年。日本と日本国の象徴として祈りに徹してくださっている陛下に深く感謝申し上げたい。

 祝日化大賛成です。






Last updated  2008.06.05 10:44:44
コメント(0) | コメントを書く
[天皇御皇室] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.