2323327 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

背番号のないエース0829@ 日比谷焼き討ち事件 今回こちらのtitleです。 もしよかったらa…
澤田史朗@ Re:豊田市議会傍聴(09/04) 豊田市でも愛知県と同じ趣旨の反日展示会…
seimei杉田@ Re:町内地蔵祭りを開催(08/27) 知事は県民の良識を尊重しなくてはなりま…
日本国民党、柘植まさじ@ 大村愛知県知事糾弾演説会のお願い、 だから、絶対に愛知県民と日本国民は、 …
森下(碧南市)@ Re:国旗掲揚画像・熱田神宮前商店街(01/13) 素晴らしい活動です。 地元の商店街に掲揚…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2018.11.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

三島義挙を迎えて

率直なる気持ちをわが胸に問えば、なんと長く生きてきてしまったことかということであろうか。
とっくに人生を終えていたはずが、今、こうして生きている。当時の自分が今の姿を見れば軽蔑したことであろう。憲法改正に命を懸ける者はいないのか。この問いかけに、他の誰が答えずとも、僕らはこれを実現するのだと決意をしていたはずであった。今命があるのは自分の能力が人一倍劣るものだったから。そう、当時は45歳の後など僕らには残されはしないと思っていた。

岡崎高校時代には三島先生を思う仲間と三島先生の追体験としてボディビルクラブを立ち上げ、岡崎高校(旧制中学)の大先輩尾崎士郎先生の人生劇場をうたい、大学に入って三島思想研究会を成し、名大祭で「天皇」展示を成し、左翼のセクトに対峙。昭和48年の11月25日に初めて三島森田両烈士慰霊祭を開催。名大生中心に100名余のメンバーが募った。名大自治会に3年立候補もして敗北を喫したことも。
愛国陣営の学生の中で分裂した少数派に属したのも憲法改正が責務と思っていたからであった。日教組の集会の阻止行動で警察の御厄介になり留年決定。教師となってからも天皇批判の上司とぶつかり、ついには京大闘争にてともにブントに襲撃を受けた友が自決したのを知り、アウトローに生きる決断をして職を辞し、バイト生活に入る。通信を出しながら日本を日本の真姿に戻すことを目指してきた。

45歳を迎えたとき、友と悔し涙を流した。改憲派未だできずと。

 もうそれから間もなく20年近くもたつのか。

 

 多くの友を得て多くの友と別れる。それぞれに別れざるを得なかった。無念なること山のごとし。

 しかしやはり三島先生の義挙の精神が私の日々の支えとなっている。

義挙の日を前に、今一度、来し方を振り返り、最大の責務、皇室への感謝の道を新たに踏み出したく思う。

御代替わりを契機として国民の清き明き心に呼びかけたいと願う。日本を守り抜こうと。

 

あさ7時前より資源ごみ回収。皆さんのリサイクルに対する意識の高さには感謝するばかりです。しかしまだ勘違いされてプラスチックならばすべて良いと思われて入れて見える方も多く、今日も入れなおして焼却用を2袋作成。

三ヶ根に走る。花を供え殉国7士の御霊に額付く。開墾作業。今日はレンゲの種をまく。

 







Last updated  2018.11.22 22:36:10
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.