2717096 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

seimei杉田@ Re[1]:リコール開始まで一週間か(08/20) いつも素晴らしきご活躍ありがとうござい…
seimei杉田@ Re:宮家復活の筋道を(08/29) 時間がつく限り走り回っています。 リコー…
seimei杉田@ Re:もう倍返しでは済まない(09/03) 以前は大村氏を必死に擁護していたことが…
seimei杉田@ Re:教育を考える会幹事会に参加(09/07) NHK教育番組などは終了時の国旗掲揚は…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2020.06.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

ダニエル・イノウエ(USS Daniel Inouye, DDG-118)アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦68番艦。艦名は、第二次世界大戦時の日系人部隊第442連隊戦闘団での戦功で数々の栄誉を受けた元陸軍大尉で、2012に逝去したアメリカ合衆国上院仮議長ダニエル・イノウエに因む。

8隻計画されたフライトIIA「テクノロジー・インサーション」艦の3隻目に当たり、DDG-124以降からの船体設計コンセプトの一部が導入されている。

20185月14メイン州バス鉄工所で起工した。

 

昨年の今日、つまり

2019622日にアメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦68番艦の命名式が開かれた。ダニエル・イノウエ(USS Daniel Inouye, DDG-118)

ダニエル井上氏は第2次大戦の日系人部隊第442連隊戦闘団での戦功で数々の栄誉を受けた元陸軍大尉。2012に逝去したアメリカ合衆国上院仮議長イノウエ議員の未亡人により命名が執り行われた。

本年2020就役。

日系人で組織された442連隊の敢闘ぶりは米国陸軍にて最も多くの感状を得たことでも有名な話であります。

一例をwikiから引用。

テキサス大隊の救出

194410月24、第34師団141連隊第1大隊、通称「テキサス大隊」がドイツ軍に包囲されるという事件が起こった。彼らは救出困難とされ、「失われた大隊」と呼ばれ始めていた1025日には、第442連隊戦闘団にルーズベルト大統領自身からの救出命令が下り、部隊は出動した。休養が十分でないままの第442連隊戦闘団は、ボージュの森で待ち受けていたドイツ軍と激しい戦闘を繰り広げることとなる。

10月30、ついにテキサス大隊を救出することに成功した。しかし、テキサス大隊の211名を救出するために、第442連隊戦闘団の216人が戦死し、600人以上が手足を失うなどの重傷を負った。この戦闘は、後にアメリカ陸軍の十大戦闘に数えられるようになった。

救出直後、442部隊とテキサス大隊は抱き合って喜んだが、大隊のバーンズ少佐が軽い気持ちで「ジャップ部隊なのか」と言ったため、第442部隊の少尉が「俺たちはアメリカ陸軍442部隊だ。言い直せ!」と激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼したという逸話が残されている。

テキサス大隊救出作戦後、第一次世界大戦休戦記念日(11月11)にダールキスト少将が戦闘団を閲兵した際、K中隊に18名、I中隊には8名しかいないのを見とがめ、少将が「部隊全員を整列させろといったはずだ」と不機嫌に言ったのに対し、連隊長代理のミラー中佐が「将軍、K中隊の残りは彼らだけです(That's all of K company left, sir)」と答えたという話が残っている。その報告を聞いたダールキスト少将はショックの余りスピーチさえできなかったという。これは第36師団編入時には約2,800名いた兵員が1,400名ほどに減少していたからである。

引用以上。

手短に言えば,米国内で敵視されていた日系人が米国を祖国にした異常米国民として立派に戦い、偏見を打破するに足る戦いをなした部隊。

しかしそれでも戦後、敵視されたみじめな生活を余儀なくされたと聞く。

今回の黒人の生存権問題・人種差別抗議問題を見るにつけ、比較はできないが、日本人の尊厳を守り抜いた部隊を思えば、差別是正の方法の違いを思わざるを得ない。

 

明日は沖縄戦終結の日。

どの地区の国民よりも祖国愛に燃え犠牲心を発揮くださった県民には感謝あるのみであります。亡くなられた皆さんの慰霊のため、自宅と会社に弔旗を掲げました。

沖縄県民の皆さんの決死の戦いにより祖国は守られたのは明らか。国思う戦いに立たれた将兵や県民の皆様に深く感謝いたします。

苦難の道を歩まれた442部隊と同様な高貴な祖国愛いやそれ以上の尊き祖国愛。それがアンティファのような、ためにする運動家の流れにのらないことも期待したいのです。

 

さて今日は父の7周忌でありました。早いものです。しかし武漢コロナのため家族だけで法要。父の7周忌の親族・縁者の実施は来年としました。

午前7時より孟宗竹の切り取り。10時より岡崎学習会。雨が上がった3時より三ヶ根の剪定に。6時半帰宅。いま仕事を終えたところです。







Last updated  2020.06.22 23:50:29
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.