2727700 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

拈華微笑@ Re:大西郷の靖国神社合祀を望む(09/24) 南洲について 産経新聞 令和元年9月6日 …
seimei杉田@ Re[1]:リコール開始まで一週間か(08/20) いつも素晴らしきご活躍ありがとうござい…
seimei杉田@ Re:宮家復活の筋道を(08/29) 時間がつく限り走り回っています。 リコー…
seimei杉田@ Re:もう倍返しでは済まない(09/03) 以前は大村氏を必死に擁護していたことが…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2020.06.24
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日は沖縄慰霊の日であり終日弔旗を掲揚した。

 

孟宗竹の切断作業を行い、車に詰め込んで三ヶ根に向かったが、どうせ孟宗竹が足りないのでもしかして義兄の家の藪に、まだ切り倒し可能な竹がないかと立ち寄ると、十分ある。よって4本を切り倒して軽トラに乗せて三ヶ根に向かうがあまりの重さに運転は危険。よっていったん家に戻り、切断作業を行うことに。三ヶ根行きを取りやめた。

17歳の天才藤井総太7段が棋聖戦 王位戦の二つに挑戦する快挙を果たした。これは同世代の青年に大きな夢を与えたようである。

高校中退した青年が通信教育で卒業資格を得て、何とか大学に行きたいと夜、9時半過ぎに訪ねてきてくれた。今はバイト生活だが、バイトをやめてひたすら受験生活に入りたいという。どこまで真剣かはまだ把握できてはいないがその決意やよし。本物ならば何とか応援してやりたいものです。きっかけは何でもよい。よりよく生きるためにぎりぎりの努力をすることが大切。とはいえ長丁場。私もどれだけ時間が取れるかわからない。

さて今日は友が三ヶ根に朝、夜明けとともに行って、夕刻まで花壇整備作業をしてくれるといってくれた日。私も朝6時から必死に竹切作業をなし7時から町内の資源ごみ回収作業。町の総代さんの要望で町内の遺跡にまつわる歴史資料や明治以降の長の役職者名簿などを作成。その点検と製本に向けての打ち合わせをなす。石碑や神社寺の写真を入れることなどの修正をなす。

町の長老氏に見てもらって問題なければ総代会として書籍化を図り、老人会や他の団体個人に配布することになろう。新たに転居くださる方にも町の歴史を知っていただき愛郷心を持っていただく手段となるでありましょう。

8時半に終えてから急いで三ヶ根に行く。しかしご本人がみえない。なぜか予定が変わって明日になったと電話確認。ならば、私の三ヶ根での作業を少し行ってのち、急ぎ帰って竹切り作業に入る。藪を持つ知人と連絡が取れ、孟宗竹をいただけることに。次の土曜に知人の山に入り切り出し作業をすることを決めた。あと40本ほどを使えば花壇の土どめも完了の予定。

 

 







Last updated  2020.06.24 19:12:07
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.