2721368 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

seimei杉田@ Re[1]:リコール開始まで一週間か(08/20) いつも素晴らしきご活躍ありがとうござい…
seimei杉田@ Re:宮家復活の筋道を(08/29) 時間がつく限り走り回っています。 リコー…
seimei杉田@ Re:もう倍返しでは済まない(09/03) 以前は大村氏を必死に擁護していたことが…
seimei杉田@ Re:教育を考える会幹事会に参加(09/07) NHK教育番組などは終了時の国旗掲揚は…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2020.07.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日は資源ごみ回収が8時半に終了、燃えるゴミのチェックに回り、必死に竹切りを行う。作成は250個ほど。1昨日切り出した竹4本をすべて使って作成。

 

今までの作業でたまった竹のササの処理も雨に打たれながらおこなう。しかしさすがにあの豪雨では三ヶ根には行けなかった。

 

さらに今日資源ごみの回収応援。倒れたひまわりなどを起こす。昼12時にやっと雨が小降りになり三ヶ根に走る。コスモスもひまわりも風雨で大打撃である。

 まだまだ竹不足。本宿の山にて5本をとり出してきた。しかしグロッキー。自衛隊記念日でなければもう動けなかった。
 しかし国事に奔走してくださる自衛官に申し訳なくなんとか運び出した。

 友から草花を植える場所が欲しいと電話があり、まずはそちらの作業をなす。草を刈り、笹の根をこぎ、相当の石を畑地予定場所から取り除く。さすがにグロッキーとなる。

 ほとんど参拝客はいなかったが、岡崎からの青年と話す。なんと私が勤務した中学の生徒で実に親しく語ることになった。なんで先生がここにらっしゃるのかといぶかしそうに聞かれるので状況説明。愛国心をしっかり養ってくれている様子に大満足。リコール運動にも実にビンカン。思いがけずこうした立派な青年が慰霊に来てくれるのは最高のよろこびである。

 三ヶ根の名が聖地の代名詞として愛国者に語り継がれる時がかならずくる。さらに今日71日は自衛隊の設立記念日。体力的には無理を承知で三ヶ根作用に来たがその甲斐があった。

 

東京に住む知人からリコール運動についての激励電話が。高須院長がトップについてくださったことに大絶賛の言辞。

娘さんがかよう小学校の隣の学校で4教諭がコロナ罹患とのこと。すでにコロナは特殊な病ではなく感染者はいたるところにいるとの認識なのだそうな。しかし検査に行こうとする人はほとんどいない。発熱があれば医者に行くだろうし、なければ検査にはいかない。陰性ならばよし、もし罹患が判明すれば職場から排除される。仕事はできず職場に相当の迷惑がかかるから敢えて行く必要性はないというのが会社員の本音という。罹患者差別が消えることはまずないだろうし発症者が出ればその企業のディメリットは計り知れない。倒産に直結するやもしれない。罹患者支援体制が確立しなければ主体的に検査に応じる人は公務員以外にいるだろうかとの指摘。

しかしそれでは拡散は必死。まずは解雇無き公務員の全員検査をすることからデータ収集をすべきであろう。
大変な時代になったことを痛感する。

やはり防衛策は自己防衛しかないようだ。







Last updated  2020.07.01 23:06:04
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.