2723187 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

seimei杉田@ Re[1]:リコール開始まで一週間か(08/20) いつも素晴らしきご活躍ありがとうござい…
seimei杉田@ Re:宮家復活の筋道を(08/29) 時間がつく限り走り回っています。 リコー…
seimei杉田@ Re:もう倍返しでは済まない(09/03) 以前は大村氏を必死に擁護していたことが…
seimei杉田@ Re:教育を考える会幹事会に参加(09/07) NHK教育番組などは終了時の国旗掲揚は…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2020.07.04
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

プーチンの長期政権実現のための憲法改正をロシアはあっという間に成し遂げた。さらにチャイナは現実香港の自治権の取り上げを成し遂げてしまった。同時に巨大な海洋国家としての覇権主義を強引に推し進めてもいる。

北朝鮮の攻勢も自由主義国家が手も脚も出せない現実を見透かしたようにあっという間に進められている。

人権を重んじる諸国政府がコロナウイルスにあえいでいる間に巨大なファシズム国家が樹立されてしまった。しかも一気呵成に。

これに対して西側は防戦一方。政権の不安定さが危惧されている状態。

1929年の世界恐慌後の各国政権の不安定さがもたらした混乱は世界を飲み込み、第2次大戦へとつながってしまったが、その本質は米国のモンロー主義回帰とニューディール、英米のブロック経済に見られた自国優先主義。

日本が遅れたのはアジア解放の国家主張をうたった大東亜会議の発足。此の発足がもっと早ければこれほどまでに日本が世界から誤解をうけなかったのでは。安倍政権はナトー連携やインド・オーストラリア・台湾などとの緊密な連携づくりでありましょう。油断をすれば新ファシスト諸国から取り返しのできぬ被害を被るのは必定。これだけ早い展開は驚きである。くれぐれも躊躇することなく緻密な外交をなしてもらいたい。

 

午前、雨の合間を利用して三ヶ根花壇に。おおよその花壇の位置を確定できたので花壇部分に土を入れ通路を削り境界に切りそろえた竹を置く。まだ200個ほど足りないが何とか形はできた。

しばらくすると「おはようございます」の声が聞こえる。Sさんご夫妻が花植え作業に来てくださった。

昼には雨が激しくなり、現地で竹を切りそろえていた作業をあきらめ家に持ち帰る。

今日のご案内で楽しかったのは刈谷からお見えのご家族。孫の学生さんが海外留学を希望されているとのことで「日本のことを知らずに留学などだめだ」との話を受けて参拝に来てくださった。

刈谷ならばと、維新の決起者天誅組の松本奎堂を語るとさすが刈谷の教育。学校で習ったと聞き大いに感激。占部用水の都築弥幸や西尾小学校の初代校長芝山巌教育の関口長太郎先生等、様々な三河の偉人について祖父母のかたにはお待ちいただき話し込んだ。実に良き学生さんでありました。雨のばらつく中、傘もささずに熱く語り、名刺も求められたのでお渡しもした。こうした学生が育ってくださるのを期待できるのが三ヶ根花壇づくり作業だと改めて思った。

家に帰って竹切作業をしていると、今、殉国7士廟に向かっているとのご夫婦からの電話。場所の問い合わせである。

岡崎の、竹をいただいている家のかたで、初めて7士廟に来てくださった。残念ながら現地では会えなかったが、「こうして竹を使っていただいているのを知り光栄です」との参拝後の電話口の声。花壇の出来栄えに感動してくださったようでありがたい。

 

 

 

 







Last updated  2020.07.04 23:18:24
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.