2729311 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

草莽の記    杉田謙一

PR

Profile


seimei杉田

Comments

拈華微笑@ Re:大西郷の靖国神社合祀を望む(09/24) 南洲について 産経新聞 令和元年9月6日 …
seimei杉田@ Re[1]:リコール開始まで一週間か(08/20) いつも素晴らしきご活躍ありがとうござい…
seimei杉田@ Re:宮家復活の筋道を(08/29) 時間がつく限り走り回っています。 リコー…
seimei杉田@ Re:もう倍返しでは済まない(09/03) 以前は大村氏を必死に擁護していたことが…

Calendar

Favorite Blog

日本大好き、好きで… 茶畑 元35さん
だって好きなんです… nyago1945さん
余多歩き くれどさん
北国からのこだま 山男7388さん
文春新書『英語学習… Izumi Yukioさん

Freepage List

2020.07.11
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

あさ起きてすぐに昨日切り出した竹の切りそろえをなしさらに今まで未処理だった竹の枝の処理を進める。
さらに垣根の剪定作業。なんと大きな蜂の巣を発見駆除した。
市のクリーンセンターの開くのを待って処分に行く。
帰りにさらに竹の切り出しに国道一号線を下って本宿に行く。
所有者のご夫婦が待っていてくださり、頼みごとを受ける。

もっと山奥のササ林の処理。以前は田として使っていたが、10年ほど前から放置しているので「一面、背丈以上のササ林である。

これは大変。ご主人が20時間かけてササを切り倒された現場を見たが、まだほんの1パーセントほどなのだそうな。整備といってもこれは大変。まずはすべての笹原のササを取り除くのが大作業。そのあと根を取り除かねばならない。稲刈のレベルではない。一度検討させていただくことにし、今日は保留。

そのま切り出しの山に行き竹を2本切り出してくる。雨中での作用であったため、作用服もしっかりぬれていた。しかしそのまま三ヶ根に行こうと向かったが本降りも本降り。これでは悲しすぎるから自宅に戻り着替えて竹切作業に入る。

名古屋のリコール事務局に行こうと電話するが今日は休みで高玉出勤されている方のみ。よって月曜に変更。

 

空があかるくなったため、切った竹を積み込み三ヶ根に走る。

しかし天候はしとしと雨。
竹を並べて2つの花壇を作成。

一番北の端の菊の位置に久しぶりにもどると、なんとあれほど元気に咲いて居た菊がほぼ全滅。
葉がほとんど枯れているではないか。
のみならずコスモスもひまわりも倒れて悲惨な状態。土がこれだけ流され根が表れてしまえば致し方ない。雨風がひどい為、数日て入れ出来なかっただけでこれか。落胆したがすこし積み込んでいた支柱用の竹をつかい少しは起こして茎を縛っては見た。

 

他の場所も境界用の竹が流され、通路の土さえ運ばれてしまっている。立派な樹木の太い枝すら折れて垂れさがっている。大ピンチである。

とはいえ今日も仕事が。5時には三ヶ根を出て急いで職場にたどり着く。

 

 今日ご案内の方は5人ほど。うれしかったのはべトナムからの青年をおつれになった地元の企業の社長さん。植民地支配を受けていたベトナムの話や、その解放のため我が国の兵隊さんが戦って来られたことを説明になられていたこと。国を興すのは皆の責任だよと語って見える。ありがたかった。

 

 明日は午前は人と会うため午後から三ヶ根行きの予定。割れた樹木の切り倒しや倒れたひまわりや背の高いコスモスの修復。

 

これら作業に入るためにも土を流されないようにする作業を急がねば。

 

 

 

 







Last updated  2020.07.11 23:05:42
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.