000226 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

春の香り

PR

Calendar

Free Space

2013.11.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日、先輩が病棟勤務最後の日だった。

私はそんなことも知らなかった。
予定では、6月末にいっしょに最後の夜勤があるはずだった。
楽しみにしてたのすっごく。
最後に、いろんなことを伝えたい。
               謝りたい。
               ありがとうございましたっていいたかった。


朝、送りが終わって先輩はかしこまってた。
「・・・・(どうしたんだろう・・・)」


「すいません、いいですか?今日で、勤務が最後になります。
5年間本当にお世話になりました!」

「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」





・・・・・うそ。

ショックで頭が真っ白になるってこんな感じかなって。
固まっちゃって、何もいえなくて。

先輩は休憩室に入っていって、

「・・・な、何か!お礼言わなきゃ!!!!!」

と思い、休憩室に入ったが最後。

「せ・・・・せんぱ・・&%#@・・・・・・ぅわーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!」

もう哀しくて、ショックでなにをいっていいかわかんなかった。

ひっくひっくいいまくって、言葉が出ない。
やっといえた言葉が

「・・・あ、あああありがとうございますたぁぁぁぁ。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん」

したら先輩も号泣してる。

「こちらこそ、初めての教育係りで、うまく教えて上げられなくてごめんね( >Д<;)」

「そ。そそそそそんなことぉぉぉおぉ~~~~~~~えっぐえっぐ」
「ナースはすごくかわいかったよ。1年間本当に感謝してる。ありがとう!!」

「・・・・・・・・・・・・・・・あぁぁぁぁぁああああああああああああん。゚(゚´Д`゚)゚。」




(あぁ。。今思い出しても泣けてくる)

つい数日前に最後に最高のあほをしてしまった私に、
「ありがとう」?

新人の中で一番手を焼いたはず。私の前でも何度もないてた先輩が
「わたしはかわいかった」?


あそこまで迷惑をかけて、成長のない後輩だったのに、どうしてそんなこと言ってくれるんですか・・・






・・・・・・・・・・・先輩は、今の病院を辞めた後、近くにある都立病院にいきます。
有名な東京ERがあるところに。





私は、先輩を追って、ERにいきます。

いつか・・・・・・絶対に!






Last updated  2013.11.28 23:41:04
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.