3412365 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

光圀の西山荘

PR

Profile


光右衛門0106

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Recent Posts

Archives

Category

カテゴリ未分類

(66)

ラーメンの食べ歩き:高田馬場、早稲田

(381)

ラーメンの食べ歩き:足立区

(64)

ラーメンの食べ歩き:荒川区

(26)

ラーメンの食べ歩き:板橋区

(24)

ラーメンの食べ歩き:江戸川区

(11)

ラーメンの食べ歩き:大田区

(115)

ラーメンの食べ歩き:葛飾区

(246)

ラーメンの食べ歩き:北区

(36)

ラーメンの食べ歩き:江東区

(32)

ラーメンの食べ歩き:渋谷区

(80)

ラーメンの食べ歩き:品川区

(23)

ラーメンの食べ歩き:新宿区

(176)

ラーメンの食べ歩き:杉並区

(46)

ラーメンの食べ歩き:墨田区

(17)

ラーメンの食べ歩き:世田谷区

(20)

ラーメンの食べ歩き:台東区

(111)

ラーメンの食べ歩き:中央区

(104)

ラーメンの食べ歩き:千代田区

(497)

ラーメンの食べ歩き:豊島区

(142)

ラーメンの食べ歩き:中野区

(28)

ラーメンの食べ歩き:練馬区

(9)

ラーメンの食べ歩き:文京区

(874)

ラーメンの食べ歩き:港区

(101)

ラーメンの食べ歩き:目黒区

(19)

ラーメンの食べ歩き:東京23区外

(12)

ラーメンの食べ歩き:千葉県

(694)

ラーメンの食べ歩き:埼玉県

(16)

ラーメンの食べ歩き:神奈川県

(8)

ラーメンの食べ歩き:関東

(6)

ラーメンの食べ歩き:中部、関西

(57)

ラーメンの食べ歩き:中国、四国、九州

(15)

ラーメンの食べ歩き:北海道、東北

(1)

ラーメンの食べ歩き:催事、イベント

(67)

ラーメンの食べ歩き:一条流がんこ

(363)

ラーメンの食べ歩き:自家製中華そば 勢得

(5)

ラーメンの食べ歩き:支那そば きび

(44)

ラーメンの食べ歩き:天神下大喜

(143)

ラーメンの食べ歩き:兎に角

(110)

ラーメンの食べ歩き:バッソ ドリルマン

(18)

ラーメンの食べ歩き:丸長大勝軒系

(65)

ラーメンの食べ歩き:ラーメン二郎

(30)

ラーメンの食べ歩き:横浜家系

(189)

光圀の食べ歩き:そのほか

(58)

光圀の食べ歩き:台湾

(127)

光圀の諸国への旅

(16)

光圀のスポーツ観戦の旅

(84)

光圀の勉強生活

(170)
2013.07.02
XML
 仕事の関係で今日は午後から駒場へ。ただし中途半端の時間なので、少し散歩しよう。というわけで世田谷での小さい散策…。

 その一軒目を、ほぼ六年ぶりの「自家製中華そば 勢得」にした。町屋時代の勢得は、日本全国でもつけめん、とりわけあつもりがおいしいとして知られていたが、佐々木店主が業界から離れてもおかしくない病気になったため閉店。その後東京農大の辺で復活したが、わしが通える場所ではない。そのため、復活した後に一回訪問したことがあるが、それきりだ。

勢得13070201.JPG


 店は小田急線の千歳船橋から歩いて15分程度のところにあるが、わしはバスで行った。バス停は店のすぐ近くににあるからだ。満席で10人ぐらいの行列ができているが、50人以上の行列ができていた勢得に通っていたわしにとって、これぐらいは平気だ。

 15分ぐらい待ったら入店し、得勢釜揚げつけめんの食券を購入。並は330gある。本来ならば大盛(450g)にするはずだが、連食になりそうなので並でよい。佐々木店主一人で切り盛りと接客をしている。

勢得13070202.JPG


勢得13070204.JPG


 まずはつけ汁の提供。動物魚介スープは復活したばかりの時に比べやや薄くなったが、むしろバランスがさらに良くなったように味わえる。

勢得13070203.JPG


 釜揚げつけめんというのは、麺を冷水で締めないものであり、あつもりではなく、釜揚げうどんとして考えてくださいということだ。中太ストレート麺は町屋時代より太くなったし、表面も少しでこぼこした。ただし弾力がすごい。間違いなく、この麺は本当につけ麺の麺らしからず、うどんのような食感と言ってもよい。

 チャーシューとメンマなどのトッピングが入っている。チャーシューは昔のような大判のものでないが、トロトロしながら少し肉の硬さが保っておいしい。味玉は黄身も少し固めのものになったが、白身と黄身が少し半熟しておいしい。最後はスープ割。スープ割はエビ出汁だそうだ。これもおいしい。
 
 あのあつもりはもう食べられないが、自家製麺のラーメン屋さんとして再起不能と言ってもよい病気になったにもかかわらず研究を重ねて復活してくれた佐々木店主のことに尊敬している。しかもこの一杯から勇気もいただいたのだ。ありがとう。






Last updated  2013.07.09 17:19:28
コメント(0) | コメントを書く
[ラーメンの食べ歩き:自家製中華そば 勢得] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.