3339807 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

光圀の西山荘

PR

X

Profile


光右衛門0106

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Recent Posts

Archives

Category

カテゴリ未分類

(65)

ラーメンの食べ歩き:高田馬場、早稲田

(380)

ラーメンの食べ歩き:足立区

(61)

ラーメンの食べ歩き:荒川区

(25)

ラーメンの食べ歩き:板橋区

(23)

ラーメンの食べ歩き:江戸川区

(11)

ラーメンの食べ歩き:大田区

(115)

ラーメンの食べ歩き:葛飾区

(242)

ラーメンの食べ歩き:北区

(35)

ラーメンの食べ歩き:江東区

(32)

ラーメンの食べ歩き:渋谷区

(80)

ラーメンの食べ歩き:品川区

(23)

ラーメンの食べ歩き:新宿区

(176)

ラーメンの食べ歩き:杉並区

(46)

ラーメンの食べ歩き:墨田区

(17)

ラーメンの食べ歩き:世田谷区

(20)

ラーメンの食べ歩き:台東区

(111)

ラーメンの食べ歩き:中央区

(103)

ラーメンの食べ歩き:千代田区

(489)

ラーメンの食べ歩き:豊島区

(143)

ラーメンの食べ歩き:中野区

(28)

ラーメンの食べ歩き:練馬区

(9)

ラーメンの食べ歩き:文京区

(857)

ラーメンの食べ歩き:港区

(100)

ラーメンの食べ歩き:目黒区

(19)

ラーメンの食べ歩き:東京23区外

(12)

ラーメンの食べ歩き:千葉県

(681)

ラーメンの食べ歩き:埼玉県

(16)

ラーメンの食べ歩き:神奈川県

(8)

ラーメンの食べ歩き:関東

(6)

ラーメンの食べ歩き:中部、関西

(57)

ラーメンの食べ歩き:中国、四国、九州

(15)

ラーメンの食べ歩き:北海道、東北

(1)

ラーメンの食べ歩き:催事、イベント

(67)

ラーメンの食べ歩き:一条流がんこ

(363)

ラーメンの食べ歩き:自家製中華そば 勢得

(5)

ラーメンの食べ歩き:支那そば きび

(44)

ラーメンの食べ歩き:天神下大喜

(141)

ラーメンの食べ歩き:兎に角

(109)

ラーメンの食べ歩き:バッソ ドリルマン

(16)

ラーメンの食べ歩き:丸長大勝軒系

(65)

ラーメンの食べ歩き:ラーメン二郎

(30)

ラーメンの食べ歩き:横浜家系

(184)

光圀の食べ歩き:そのほか

(58)

光圀の食べ歩き:台湾

(127)

光圀の諸国への旅

(16)

光圀のスポーツ観戦の旅

(84)

光圀の勉強生活

(170)
2014.03.29
XML
 午後から家族と合流するので、広島市区での独りの散歩も正午までだ。今日は広島城の見学がメインだが、正午に広島駅の北のほうの神社に見学しに行くつもりだ。そのため、ラーメンの食べ歩きも、とりあえず早めに開店するお店を優先にしたいものだ。

國松14032900.JPG


 豚骨醤油ラーメンと辛味の冷やしつけ麺だけでなく、最近広島市の行政は汁なし担々麺も市の代表的なグルメとしてPRしている。今日の一軒目は、そのブームの火付け役として知られるお店の一つである「中華そば 國松」だ。しかも広島城にも近いので、ちょうどよかったのだ。

國松14032901.JPG

 11時10分頃に到着したらほぼ満席だ。しかも後客次々。辛さ2倍の汁なし担々麺、温泉玉子の食券を購入。辛さは4倍まで選べるが、とりあえず今日は2倍。連食のつもりなので、麺の量も並にして、店の勧めの飯も注文しなかった。

國松14032902.JPG


 汁なし担々麺、もしくは汁なしとして汁が多めのほうだ。縮れ細麺は広島の主流かな。個人的にもう少し茹で加減を固めにすればよいかと思う。辛いとはいえ、タレは強く口に残るのでなく、粘度が高いので簡単に麺で絡むのだ。花椒はゴマジャンの酸味とも合うが、痺れの感じがそんなに強いとは言えない。麺を食べ切れた時、汁がかなり残っているが、麺の絡めがよいので、やはり飯と一緒に食べるのがよい、もしくは最初の発想として飯と一緒に食べるかな。

 2倍の辛さなのにそんなに辛くないので、全体として食べやすい汁なし担々麺だと思う。店を出た時、すでに店外では短い行列ができている。繁華街から少し離れたし、周りも広島市の行政機関が多いので、週末で行列ができるとはすごいね。






Last updated  2014.04.09 23:50:28
コメント(0) | コメントを書く
[ラーメンの食べ歩き:中国、四国、九州] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.