1017089 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その3(10話)

21
【乙女の祈り】


「あ~。もう、こんな貧乏生活、いや!

 神様、一生のお願いです。どうかわたしを

 どこかの国のお妃にしてください」

神様はあなたを見捨てなかった。

願いは瞬時にかなえられた。

「どっひゃあ~!」

断頭台の前で腰を抜かすあなたは、

フランス王妃マリー・アントワネット。


------------------------------------


22
【三丁目】


気がつくと二丁目に住んでいた。家には俺と弟のふたりだけ

がいた。近所には高校の同級生と他に同年代の青少年、

計五十人ほどがいた。俺たちは徒党を組み、バットや

木刀を持って三丁目に行った。そこにはお年寄りがいた。

俺たちはそいつらを襲って食料や日用品を奪い、二丁目に

帰った。食料は一週間で底をついた。一丁目にはどんな

やつらがいるのだろう。俺たちは再び武器を手にして、

一丁目にむかった。そこには五、六歳の子供がいた。

よく見るとそいつらは俺たちの幼少時に瓜二つだ。

そうか一丁目は過去なのか。すると三丁目は──



------------------------------------


23
【自殺】


さて。人生は、はかない。

男は、自ら命を絶つことにした。

今、強風にさらされながら、岸壁にたたずんでいる。

はるか下は、荒れ狂う海。

ヒョイ。跳んだ。

真っ逆さまに落ちながら、

(確か、飛び降り自殺する人は、落ちてる途中で気を失うんだよなあ)

と思った。

しかし、男は気絶しなかった。

そして、いつまでも落ち続けた。

時間の狭間に迷い込んだのだ。



男は今も、真っ暗な時空間を、落ち続けている。



------------------------------------


24
【探検】


わたしは大学の助手。

考古学者の吉村教授に師事している。

いま、徳川幕府埋蔵金を捜し求めて、

テレビスタッフと洞窟を探検している。

「どうやら、この近くだ」吉村教授がつぶやいた。

教授が手にしている探知機の針は振り切っている。

さすが吉村教授、難なく宝のありかをつきとめた。

「やりましたね、教授」

尊敬する吉村教授。この人に一生ついていくぞ。

「あっ、いっけねえ」あたまをかく吉村教授。

「どうかされましたか、教授」

「ちょっとミスった。

 これ、金属探知機じゃなくて、放射線検知器だった」


------------------------------------


25
【積み木】


部屋に積み木がある。無数にある。

形は四種類──立方体、三角錐、四角錐、そして三角柱。

みんな好き勝手にころがる。

カタン、コトン。ガタゴト、ゴットン。

ゴロガタ、ゴットン。ドタバタ、ガッタン。

跳ねたり、すべったり、まわったり、壁にぶつかったり、

お互いにぶつかり合ったり、止まったままだったりしている。

知らず知らずのうちに角が欠けていく。

どんどん、どんどん、角が欠け、

どんどん、どんどん、丸くなる。

カタン、コトン。ガタゴト、ゴットン。

ゴロガタ、ゴットン。ドタバタ、ガッタン。

よく見ると、床に丸い穴があいている。微妙な大きさだ。

穴に気づくものもいれば、気づかないものもいる。

そのうち、その穴に、

ゴロガタ、ストーーーンと、積み木は落ちる。

床の下は、あの世。


------------------------------------


26
【月曜】


土日は

山奥の畑で野良仕事

俗界のシガラミからのがれ

しばし、土とたわむれる

太陽がほほえみ

大地があくびする



月曜の朝

しぶしぶ下山し

途中で目が覚める

目覚まし時計の音がけたたましい

一番いやな朝


------------------------------------


27
【禁断の恋】


「えへへへへ。いい体してるじゃねえかよ」

「や、やめて。いけないわ」

「気取るなよ。お互いすっ裸じゃねえか」

「ダメ。ダメよ、兄さん」

「『兄さん』だってえ? うれしいこと言ってくれるじゃねえか」

「ああん、いやん。あっ、や、やめて……」

「ホントにやめていいのか?ほれ、ほれほれ。

 ここかあ? ここがいいのかあ?」

「あっ、あっ、あああ……」

「ええかあ、ええのんかあ、サイコーかあ」

「あっ、あっ、い、いいぃぃぃ……」



オギャー、オギャー。

オギャー、オギャー。



「おめでとうございます。無事生まれましたよ。男女の双子です」

「はぁ~、はぁ~……、せ、先生ぇ~、あ、ありが、とう、ござい、ます。

 はぁ~、はぁ~……」

「もうすぐお祖母(ばあ)ちゃんですね。

 娘さんのほうは妊娠しています」


------------------------------------


28
【ちょっとした出来事】


風呂のお湯をおけに汲み、ジャバア~っと頭からかぶる。

ため息をつきながらスポンジにボディーシャンプーをつけ、

ゴシゴシゴシゴシ、体をこすりはじめる。

仕事はうまくいかない。女房は実家に帰った。

ふと、死にたくなる。

胸をこすっていると、かすかに「オギャ~」と声がし、

ぐうぜんできたシャボン玉が、ふぁ~っと舞った。

シャボン玉は天井近くまで行き、やがて落ちてきて、

目の前で「さようなら~」と言って、われた。

生きてみるか、と思った。


------------------------------------


29
【いやし】


屋内でペットを飼っている。十匹以上いる。全部拾ってきた。

どれもかわいい。仕事に疲れたとき、触れていると自然と癒される。

一匹、おびえている。悪ガキにでもいじめられたことがあるのか。

人を恐れているようだ。

どれどれ。ほーら。あごを人差し指でくすぐってやると、

気持ちよさそうに目を細め、鳴いた。

「ニャ~」

オレはたちまち不機嫌になり、そいつの腹を思いっきり蹴り上げた。

「グエッ!」その声に余計あたまにきて、さらに数回蹴り上げる。

「バカヤロウ! てめえ、今週は犬だっつったろう。使っていい言葉は、

 『ワンワン』と『ご主人様』の二つだけだ!」


------------------------------------


30
【パソコンだって】

トイレから戻ってパソコンを見ると、オート・スリープしていた。

確か、どれかキーを押せば復帰するはずだ。

おや? 変な音。おもわず、伸ばした手が止まる。

グーグーって、まるでイビキのよう。

あっ、画面が勝手に立ち上がった。

青い空。左から右にゆっくり流れる雲。

右下から竜のような文字列が現れたぞ。

優雅に大空を舞っている。

わっ、文字が弾け跳び、画面いっぱいに拡がった。

アルファベットや数字、ひらがな、カタカナが不規則に踊っている。

パソコンも夢を見るんだなあ。

あすの朝まで、このままそっとしておこう。

おやすみ!












Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.