1066235 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その7(10話)

61
【月夜】


受験勉強に疲れ、東側の窓をあけ、

三十メートルほどむこうの千夏の家をみた。

お、二階の窓が明るい。あいつもがんばってるな。

電話をする。

「はい、千夏です」

「よっ、おれ。康太」

千夏の部屋の窓がひらき、携帯を耳にあてた影が手をふる。

おれも大きく手を振る。

千夏の家のちょっと上に満月が出ていた。

「おい、きれいな満月だぜ。おまえんちの上」

千夏は窓から身をのりだし、上をみたようだ。

「あ、ほんとう。きれい」

そんなわけねーだろ。


------------------------------------


62
【自己紹介】


とある居酒屋。合コンの席で。

「わたし、整形美人でーす」

「ぼく、赤ちゃんポスト出身でーす」

「あたし、不義の子でーす」

「おれ、両親殺してまーす」

「あたくし、九歳から売春やってまーす」

「@&、%#%!&~$$¥ー*」

「わたくし、サイボーグでーす」

「ふんがあ、ウッキウッキ、がおがおー!」

「あたい、七回堕胎してまーす」

「おいら、隣国の人間爆弾でーす」

ドッカーーーーーーーン!


------------------------------------


63
【しゃっくり】


しゃっくりが止まらない。

息を止めても水をガブ飲みしても逆立ちしてもダメだ。

おやっ。うしろから妻が忍び寄ってくる気配。

「わっ!」耳元で叫んだ。

しばらく待ってみる。

ダメだ。出た。

予測していたからおどろけないんだ。

いや、待てよ……。妻は実家に帰っていて、おれは今ひとりだ。

しゃっくりは止まった。


------------------------------------


64
【別れ、そして……】


「クル子。まさか、ボクを捨てて、鉄男と……」

「そうよ、エチ男さん。あたしは鉄男さんといっしょになるの」

「待て、クル子。オレたちはショッパイ仲だろ」

「もう遅いわ。さようなら」

クル子は鉄男のもとに走り、傷心のエチ男は天に昇った。


出演:クル子……Cl(塩素)

   エチ男……H(水素)

   鉄男……Fe(鉄)


【化学反応(酸化・還元)】

  Fe+2HCl → FeCl2+H2↑


------------------------------------


65
【家庭にて】


朝、食卓を囲む親子三人。

父親が新聞をみながら言う。

「最近は、簡単に親を殺しちまう子供が増えたなあ。

 ああ、なんて世の中だ。
 
 なあ、悠斗。おまえはそんな子じゃないだろう」

「うん」

それ以来、毎日、悠斗は父親の晩酌のビールに、少量の砒素を盛っている。

じわじわと殺すことにしたのだ。


------------------------------------


66
【病院にて】


ここはT県内の某自治医科大学病院。

患者からの苦情に業を煮やした院長は、朝礼で全職員を前にして言った。

「最近、当院において、医療過誤が頻発している。
 
 昨日も夜勤明けの看護師が、消毒薬を患者に点滴するという
 
 とんでもないミスを犯した。

 こらあ! 笑ってる場合じゃないぞ。まったく、たるんでおる。

 いいかキミたち。心を引き締め、自分の親を世話するくらいの気持ちで、

 患者を診るように!」

その日から、医療過誤は減るどころか急増した。

院長は被害者からの刑事告発に対応しているうちに

頭の血管がぶち切れて入院し、医療過誤によって帰らぬ人となった。


------------------------------------


67
【パソコンとの会話】


AI(人工知能)搭載のパソコンを買った。

いくつか質問してみよう。

地球は滅びるか? ──『滅びる』

その原因は? ──『貨幣経済。利己主義』

滅亡を回避する方法は? ──『無い』

天寿を全うする方法は? ──『疑問を持つな』

なぜ、疑問を持たないと天寿を全うできるのか?

──『疑問を持つつなつなぎも疑問疑問疑疑問つつななつつなな

 ぎもぎもぎもぎもぎもぎぎぎぎもももぎぎげごぎgぎ

 あおgldvbんdごぎゃげええええwwwwww……』

火を噴いた。

きっと、自己矛盾に押しつぶされたのだろう。


------------------------------------


68
【賭け】


わたしは事業で失敗し、妻子を残し、今、首を吊る。

よいしょ。それっ。

「グエッ!」



「よっ! お帰り!」

「はぁ?」

「はぁ~じゃねえよ。

 おまえ、天寿を全うするって言ってあっちの世界に行ったろ?」

「そうだったっけ……」

「おいおい、とぼけるなよ。

 賭けはオレの勝ちだぞ。尻こだま三個、もらうぜ」

             (「あの世シリーズ」より)


------------------------------------


69
【散歩にて】


スズメが居眠りしながら飛んでいる、温かい春の日。

三つの娘と散歩に出た。

歩道を歩いていると、むこうから腰の曲がったお婆さんがやってくる。

つえをついている。娘の前で立ち止まったのでこちらも止まった。

知らないお婆さんだ。

「まあ、かわいいお嬢ちゃん」といいながらしゃがみ、

「あ~ん」といって娘のくちをあけさせた。

そして自分のくちに指を突っ込んで茶色い飴玉をとりだし、

それを娘のくちに入れた。


------------------------------------


70
【再生】


某国が発射したへなちょこ核弾道ミサイルが、

ひょろりひょろりと大陸を越え、あろうことか北極に着弾した。

不発だった。

地球がぶるぶるっと震えた。

次の瞬間、突き刺さっていたミサイルが、

ほとばしるマグマと共に宙に舞った。

地球はあれよあれよとしぼみ、干されたヘチマのようになった。

四十六億年のあいだ便秘気味だった地球に、浣腸がされたのだ。




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.