1063703 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その9(10話)

81
【強打者】


ピッチャー星山、振りかぶってえ、第一球投げたあ。

バッター右門、フルスイング。

カッキーン!

打ったあ。わあああ、大きい。大きい大きい。

あっというまにセンターの頭を超え、場外ホームラン。

バッターは観客に手を振りながらゆっくりとダイヤモンドを周っています。

あっ、バックネット上空に白い物体!

ああ、ボールのようです。

あっあっあああああ、セカンドを周ったバッターの頭に当たったあ。

守備妨害でバッターアウト!

記録は二塁打……かな?


------------------------------------


82
【プロ野球中継】


実況アナ:「さあ、七回表、ツーアウト満塁、カウントはツースリー。

  ピッチャー星山、振りかぶってえ──あっ、主審が右手を突き出し、

  タイムをかけました。ボークでしょうか。

  主審の大谷さん、バックネットにむかって駆けていきます。

  どうやら、場内マイクでただいまのプレーを説明するもようです」

主審:「わあああ、オシッコもれちゃう。八分間、中断!」


------------------------------------


83
【あの世~香奈枝の場合】


香奈枝がゲートボールの最中に冥土に旅立つと──


ジェットコースターに乗っていた。

……ゴトン。

「わっ!」

止まる時、ちょっとおどろいた。

「はーい、おつかれさまでした~。出口はあちらでーす」

もう一度乗りたいが、すごい行列だ。


------------------------------------


84
【痴漢】


おれ、痴漢。満員電車専門のおさわり常習者。

でへへ。さあ、きょうもやったるでー!

お、このネエちゃん、いいケツしてる。

ジーパンの割れ目がなんともいえねえ。

そそるぜ。なでなでしちゃおう。

すりすりすり……、もみもみもみ……。

でへ、でへへ。

あ、ネエちゃんがよこむいた。おや、ノドぼとけが膨らんでる。

オェ~、男だあ!

うわあ、な、なんだなんだあ。

なでていたお尻から煙が──、頭上で人のかたちになったぞ。

「はいはいさあ! ご主人様ぁ!」

魔王だあ。

「私、“アラジンのランプ”ならぬ“あらチンの臀部”の精です。

 なんなりとお申し付けを」


------------------------------------


85
【バードウォッチング】


傷心の旅に出たバツいちオトコ。湖のほとりで。

「あっ、オシドリのつがいだ。いいなあ、仲がよくて」

「あっ、人間の男だ。いいなあ、ひとりで」

「あなたぁ! そこどいて! じゃま、じゃまぁ!

 まったく、もう、子供ができたっていうのに

 役立たずのダメオちゃんなんだから。

 巣の修理ぐらい、やってちょーだい」


筆者注:「鴛鴦(えんおう)の契り」とは仲のよい夫婦の例えに用いるが、

  実際には繁殖後、卵やひなの世話はメスだけがおこなう。

  「野鳥(永岡書店)」より。


------------------------------------


86
【あの世~数子の場合】


太木数子がフグの毒にあたって地獄に堕ちると──


「よっ! 同志!」

道鏡がいた。

「これ、うちの会則。よく読んどいて。

 あっ、それから、もうすぐ麻原や江原、大川、池田らがくるから、

 そん時は指導にあたってくれ」


------------------------------------


87
【ある日】


空が轟き、全てが終わった。

ビッグバン以来膨張し続けていた宇宙が破裂したのだ。


------------------------------------


88
【競争】


彼らは、おなじ部屋に配属された。

「オレのほうが速いぞー」

「いや、ボクのほうこそ速いぞー」

競争心むき出しで働いた。

   ◇

「あれれ。両方ともおそろしく進むなあ」

ポイッ!

2つの時計は、捨てられた。

どんな組織にもいるでしょう、本末転倒なやつら。


------------------------------------


89
【あの世~西さんの場合】


うちのむかいの原色ババア(*注)が、

いつものように真っ赤なエプロンをして、

頭のてっぺんから黄色い声を発しながら

近所を徘徊している最中に、

脳内の血管がブチ切れて息絶えると──



「ほにゃにゃちは~の、へにゃにゃちは~!

 1+1 は~ 6ですよ~!

 鼻クソ食べたら、こめ食ってチュウ、チュウチュウチュウ。

 くしゃみをしたら~ きょうのおかずは何にしようかしら~。

 コマネチッ! だよね~! 畳屋さんの………」

死んでも治らないようだ。


(*注)原色ババア……西さん。筆者宅の向かいの奇人。

           せいやんワールドの貴重なキャラクター。


------------------------------------


90
【夏の虫】

「ったく、うるさいセミだなあ」

「おれたちは必死に働いてるっていうのによお」

芝杉の下で、アリたちがぼやいています。

「あっ、しずかになった」

「あいつ、どうやらメスといちゃついてるようだぜ」

ジジィ~。

ぼたっ!

「あっ、落ちてきたぞ!」

「アリさんアリさん。今までうるさくしてごめんよ。

 さあ、ぼくを食べなよ」

「な、なに言ってんだよ」

「ぼくは、せいいっぱい生きたから、もう、いいんだ」

「セミく~ん」

「さ、よ、な、ら」ジジジジッ!




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.