1066753 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その10(10話)

91
【あの世~城太郎の場合】


城太郎が借金苦に耐え切れずに服毒死すると──


『うぉおおおおおお……』

四角いジャングル──リング上にいた。

観客の喚声がすごい。

直後、もうひとり男が出現し、レフェリーはそいつの

右腕をつかんで上げた。

喚声がより激しくなる。

どうやら城太郎は、タッチの差で負けたようだ。

リング四隅のポールには、競技名の『ザ・ガマン』。


------------------------------------


92
【飼い犬】


玄関を出ると小犬がいた。

ときどきやってくるやつだ。

ころころしていてかわいい。

「おいでおいで~」

呼ぶと、

「ワン! ワンワン!」

と元気よく吠えたあと、

シッポをふってやってくる。

「よーし、よしよし」

あたまをなでてやる。

人に慣れている。

誰かに飼われていて、逃げてきたのか、

それとも捨てられたのか。

うちで飼ってやりたいけど、ここは社宅だ。

犬猫の飼育は社則で禁止されている。

「お! 田中くん!」

あっ、専務!

あわてて立ち上がる。

「はい! はいはい!」

「返事は一回でよろしい」

「ワン! ……あれ」


------------------------------------


93
【手帳】


夜道を歩いていると手帳が落ちていた。

よくある、黒くて細長い手帳。

拾って、街灯の下にいってめくってみる。

薄いエンピツで書かれた細かい字。

なになに──


******************

………

7月14日(土):アリ6、クモ1、ゲジゲジ1、ミミズ1

7月15日(日):アリ13、ネコ1、毛虫6、ミミズ3

7月16日(月):アリ8、ゴキブリ1、ガ1、トカゲ1

………

8月11日(土):アリ28、ナナホシテントウ2、カマキリ1、蚊3

8月12日(日):アリ17、アゲハチョウ1、M1、コオロギ2

………

******************


なんだこりゃ?

昆虫や動物のよこに数字か……

「Mってなんだ?」 おもわずつぶやくと、

「MはMan──」 耳元で男の声。

びっくりしてふりむく。

「──つまり人間ってこと」

「ううっ!」

わき腹に激痛。


------------------------------------

94
【人間対ロボット1】


22世紀。

少子化による労働人口の減少その他諸々の理由により、

地球上至る所、人間とロボットが共生していた。

そして互いに競争心を燃やしていた。



<荒野の決闘>

ジャペニカ合衆国は西部の荒野。

向き合って立つガンマン。

共にガンベルトを腰に巻き、同型のガンをぶらさげている。

片や人間ジュリアン、片やロボットライザー。

背格好は同じくらい。

ちょっと見にはどちらが人間かわからない。

立会人の合図で両者回れ右し、10歩あるいて、振り向き──

と、そのとき、ライザーの脳裏に

敵方ジュリアンの家族の顔が浮かび上がる。

『パパァ! がんばってきてね!』

『あなた、しっかり。信じてるわ』

ライザーが腰のサックからガンを抜いたときには、

もうジュリアンは引き金を引いていた。

眉間から煙を発して仰向けに倒れていくライザー。

一瞬のちゅうちょ、一片の人情が勝敗を決した。


------------------------------------


95
【人間対ロボット2】


<名人決定戦>

銀閣寺一階の畳の間。

棋界のアイドル「林葉リンコ女流名人」と、

高性能ゲームロボット「キャリきゅら子」が、

将棋盤を挟んで対峙している。

対戦を前に、林葉リンコがタバコのヤニでまっ茶色になった

歯をむき出しにし、キャリきゅら子に喰ってかかった。

「あんた、あいさつもなしにナマやってんなっつーの~!

 つーか、なにげにむかつくぅ~! ゲロやべぇ~!

 うぜぇんだよ、しょべぇんだよ、つーか、さりげにしょべりばぁ~!

 げらみに、さらばいて、はざまりかぁ~ってかんじぃ~!

 ぞいぞいばばって、ちょっころまいて、けすたみたろかぁ~!

 それとも、けつかっちんで、ぱいもぎさらして、へすかすぞぉ~!

 だいたいあんた、げたみがせぜめいて、かもらびさいてんだよぉ。

 ぶいぶいごがっさめいて、なむにに、ばがらぎって……」

キャリきゅら子は、頭部から火を噴き、活動を停止した。

林葉リンコの使用言語を理解しようとしたのが命取りだった。

将棋のほうは、不戦勝で林葉リンコに軍配が上がった。


------------------------------------


96
【人間対ロボット3】


<運動会>

泉が丘自然公園の運動場。

トラックのスタートラインに、なかよし幼稚園の園児たちが

きれいに並んでいる。

一周200メートル。ゴールは4分の1行ったところ。

「よーい、ドン!」

ピストルの音を聞き、元気よく走り出す子供たち。

8人のうち半分は人間、半分は人型ロボットだ。

10メートルほど行ったところで海斗くんがころんだ。

つられるように洋介くんもころんだ。

あっ、勇太くんも純くんもころんだ。

おや、人型ロボットがもどってくるぞ。

4体が4人のあいだに入り、仲良く手をつないで走り出した。

そして、よこ一列になってゴール!

全員一位だあ!

ほほえましい(?)ですねえ。涙が出ますねえ。

父兄に言われたわけでもないのに、

すばらしい気の回し様だぞ、人型ロボット。

春の演劇発表会は、全員桃太郎で名演技だあ。


------------------------------------


97
【どこいった】


「ミケー! 出てきなさーい。ミケー! ミケー!……」

むかいの奥さんが必死に呼んでいる。

ミケって名前か。

オレはくずかごからアイスの棒を拾い、

マジックで『ミケ』と書いて、自宅の庭の隅に刺した。



「まゆみー! 夕飯ですよー。どこいったのー。まゆみー!……」

となりの奥さんが必死に呼んでいる。

オレはくずかごからカマボコの板を拾い……


------------------------------------


98
【ゲーム】


気がつくと体育館にいた。

50脚ほどの椅子が円状に配置され、

その周りに、オレを含む50人ほどが立っている。

なぜオレはここにいるんだ?

そうだ! 確か、NPOとして戦地でボランティアをしていて、

テロ集団に捕まり──

そんなことを考えていると、天井のスピーカーが鳴り出した。

なつかしい曲。

運動会で聞いたことがある、『オクラホマミキサー』だ。

からだが自然に動き、オレたちは左方向に周りだした。

椅子から目を放さず、みんな緊張気味だ。

そして、20秒ほどして、曲が止まった。

オレたちはあわてて椅子に駆け寄った。

どけどけどけ~!

しまった! 座れなかった。

オレは日頃の運動不足をのろった。

くっそ~!

次の瞬間、体育館内に断末魔の絶叫がこだまし、

椅子に座ったやつらから真っ黒い煙が上がった。

「で、電気椅子かあ!」

煙と肉の焦げる臭いにむせながら、オレは胸をなでおろした。

「ヘーイ! ラッキー・ボーイ!」

出入り口に迷彩服の男が現れた。

こちらにやってくる。

オレの前で止まり、腰のサックからリボルバーを抜き、銃口を向けた。

「弾の節約ね」

銃口が火を噴いた。


------------------------------------


99
【検定3話】


「パパぁ、目ぇ血走らせてなにやってんの?

 ねえ、あそんでよ」

「うるさい! あっちいってろ!

 いま、‘子育てパパ検定’の勉強やってんだ!」




「雅子さんや。オムツを取っ替えてちょうだい」

「ちょっと待っててよ、義母さん。

 いま、‘介護検定’の勉強やってんだから」




「おや、けさのお茶、へんな味だねえ」

「ふふふふふ。任せて、義母さん。

 あたし、安楽死検定1級よ」


------------------------------------


100
【あの世~定次郎の場合】


会社ではダメ社員とバカにされ、

家庭ではダメおっと・ダメおやじと蔑まれていた定次郎が、

電車の前に跳び込んで昇天すると──


「それでは、発表します」

なにかの授賞式会場にいた。

「本年度ハカデミー助演男優賞は──」

プレゼンターが2,3秒もったいぶった後、定次郎の名を呼んだ。

スッポットライトが定次郎に当たり、割れんばかりの拍手が会場を満たした。

なんだ、そうだったのか。賞をもらうなんて幼稚園の運動会以来だなあ。

うれしいような、むなしいような思いで、定次郎は舞台に上がった。

プレゼンターである、前年度受賞者の松岡利勝から、

トロフィーが授与される。

「いまのご感想は?」とアシスタント。

「複雑な気持ちです。とにかく、次は主演男優賞をねらいます」

「ええっ!」

‘次’はもう無い。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.