000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その11(10話)

101
【白昼に】


寝入りばな、チャイムが鳴った。

誰だ、貴重な昼寝のじゃまをするやつは。

茶の間に行き、インターフォンのボタンを押す。

「はい。どちら様でしょうか?」

「新潟県直送のずわい蟹はいかがですか?」

「間に合ってます!」

まったくもう。もうすこしで眠れそうだったのに。

寝室に戻ると女がいた。

「うわっ! びっくりしたあ!」

うぐいす色の着物姿。楚々とした雰囲気。

ベッドのよこにからだを投げ出し、背中をむけ、うつむいている。

目の錯覚だろうか、輪郭がぼやけている。

「だ、誰だ、あんた」

口にそえている手がふるえている。泣いているようだ。

「わたくしは、あなた様がさきほど見るはずだった、

 夢の中の女でございます」

「なんだって!」

女の姿はしだいに薄れていく。

「おい、待て! 待ってくれえ!」

女は顔も上げぬまま、消えた。香木のかすかな残り香。

どんな夢だったのだろう。


------------------------------------


102
【スピード狂】


「あんのやろう。 負けてたまるかあ!」

「き、機長ぉー! なにやってんですかあ?!」

「見りゃあ、わかんだろ。

 横のハイウェーを並走してるスポーツカーと競争してんだよ」

「は、はやく離陸してください!

 滑走路のむこうは海ですぅわあああああああああああ」


------------------------------------


103
【推定無罪】


「ピッチャー、ふりかぶってえ、投げたあ。

 バッターニチロー、フルスイング!

 おっと、ボテボテのショートゴロ。

 ニチロー、全力疾走。

 あっ、ニチロー、お尻のポケットからなにやら取り出したあ。

 どうやらトンカチのよう。

 あああああ!

 一塁を駆け抜けざま、そいつで塁審のあたまをかち割ったあ!」



一塁審判ハワードは即死。

州警察での取調べの際、ニチローは計画的犯行であることを自供。

『妻と浮気をしているハワードに制裁を加えた。

 殺す気はなかった』とのこと。

プレイ中の犯行のため、野球ルールが適用され、ニチローは無罪放免。

『審判は石ころ扱い』なのだ。


------------------------------------


104
【決闘】


リモコンでテレビを点けた。

一瞬、画面が鏡になったかとおもった。が、違った。

画面におれが映っていた。

リモコンをこちらに突き出している。

『5つ数える』

画面のおれが言った。

『数え終わったら、撃て』

はぁ?

『5,4,3,2,1』

画面のおれの親指がうごいたように見えた。

直後、こちら側のおれは消えた。

えっ、消えたのにどうやってこの文章書いてんだ?って。

そうくるとおもったぜ。

いいかい。

この文章を書いているのは画面のおれだ。

どうせ人生なんてテレビドラマみたいなものだろ。

ぽわ~んとしててさ。そこまで言わせんな、こら!


------------------------------------


105
【ポ】


いろいろな人への配慮を欠いた発言をしてしまおう。

祖母や両親の介護をしてきて、つくづく、死ぬときはポックリ

いきたいなあと思う。

人の死に様など人智の及ぶところではないが、

できることなら、誰にも迷惑をかけず、

自分自身も気づかないうちに、ポ


------------------------------------


106
【じょしを反乱】


朝刊に見て、驚いた。

「てにをは」でめちゃくちゃなのだ。

やがて、テレビがテロップ、本内も文字、ブログに文字などを

変なのに分った。

川端康成に『雪国』が冒頭をこんな感じ。

──国境が長いトンネルに抜けるも、雪国だった。

夕方、助詞で代表に声明は出した。

『我々助詞をまともに使えない本が世にあふれかえっている。

 それらを本屋の棚から駆逐し、アホな作家を追放しろ。

 そうすれば、我々は反乱をやめ、元にもどってやる』

ともこと。

出版社をこれの抵抗した。

「てにをは」へ多少おかしくてに、ケータイ小説やブログ小説に

売レセン(ドル箱)なのだ。

直木賞や芥川賞候補でだってなっている。

ほどなくして、小説家や記者たちで助詞で使わなくなったのに

当然を帰結だ。

それらは文章を例で、ここでを記さない。

ブログがちょっと覗けば、分かるでしょう。


------------------------------------


107
【あの世~善之助の場合】


善之助が温泉の脱衣場でころりと逝くと──


「逮捕する!」

刑事がいた。

「わっ! な、なんだなんだあ?」

「あんたは殺人鬼だ。

 ここにくるまでに、数え切れないほど、

 自分自身を殺してきたろう」

ほどなく裁判にかけられ、くだった処罰は、

‘死刑’ならぬ‘生刑’だった。



------------------------------------


108
【あの世~一郎の場合】


代議士小沢一郎がしゃっくりをしたショックで

絶命すると──


「だめだめえ! そんなに持ってきちゃあ」

アパート管理人のあばちゃんがいた。

「それでよく墓場を通過できたわねえ。

 手荷物はトランク3個まで!」


------------------------------------


109
【来世~意次の場合】


天明8年(1788年)、

69年の生涯を閉じた田沼意次の魂は、3つに分れ、

百数十年後に生まれ変わった。

すなわち、

田中角栄、金丸信、額賀福志郎。

いやはや、本性は変わらなかったようだ。


------------------------------------


110
【あの世~健之介の場合】


健之介が親族に見守られながら静かに息を引き取ると──

「ふぅ~。極楽、極楽」

湯船につかっていた。

「はぁ~。生き返るなあ」

湯から出てヒノキのいすにすわると、

「旦那ァ。お背中流しやしょう」

うしろに背中流しのにいさんがいた。

「お。たのむよ」

「へいっ。おや、だいぶ肩が凝ってるようですぜえ」

「そうかい」

「さんざん踊らされやしたね」







Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.