1065096 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その16(10話)

151
【ニッポン人の定義7】


豪雨や台風の被害予測よりも

桜の開花や紅葉の時期予測に関心のある人種。


---------------------------------------------------


152
【来世~芭蕉の場合】


松尾芭蕉が、

旅に病んで夢は枯野をかけめぐる

と、一句ひねった3日後に、眠るように息を引き取ると──



風になっていた。

そこは枯野というより荒野で、

動くものといえばしぶとく生き残ったゴキブリだけ。


---------------------------------------------------


153
【あの世~三島由紀夫の場合】


昭和四十五年十一月二十五日午前十一時ごろ、

三島由紀夫が陸上自衛隊東部方面総監室にて

割腹して果てると──



「おみごと!」「ん~、いまいち」「痛かったでござるか」

「刺したら横に引かなきゃ」「介錯の手際が悪い」……

先輩格の赤穂浪士に囲まれていた。

……「おぬしの美学ってなに?」「あんた男色家やろ?」

「まゆ毛濃いな」「胸毛がそそるぞ」「金閣寺って難解やな」

「お、素チンだな」「武士の魂が聞いてあきれる」……

ほぼイジメだ。

三島の目に涙。


---------------------------------------------------


154
【ニッポン人の定義8】


汚染米を食わされていたと分かっても無反応だが、

ひいきの韓流スターが婚約すると

落ち込んで飯がノドを通らなくなる人種。


---------------------------------------------------


155
【あの世~一郎さんの場合】


田中一郎さんが老衰で天界に召されると──



精神病院にいた。

みんないた。

あの世イコール精神病院だった。


---------------------------------------------------


156
【ニッポン人の定義9】


善悪より利害を行動基準にしている人種。


---------------------------------------------------


157
【あの世~太郎さんの場合】


鈴木太郎さんが単身赴任先で過労死すると──



累々たる屍の山の頂にいた。

全部自分の死体だった。

自分が殺してきた自分だった。


---------------------------------------------------


158
【神】


時は室町。

ひでりが100日続いた。

枯れた野っ原でひとりの陰陽師が雨乞いをはじめた。

へんにゃらほぉ、らんにゃらほぉ。

むらむらめろりん、もらもろはろりん。

がりまりもぉおおおおお! がぁああああああああ!

村人が集まってきて、半信半疑で陰陽師をみつめた。

半時ほどして、ぽつりぽつりと雨粒が落ちてきた。

やがてそれは大粒となって地面をたたきつけた。

おお、降ってきたぞおお。雨じゃ雨じゃああ。うひゃああ。

人々はひざまづき、陰陽師を伏し拝んだ。

ずぶぬれになりながら、陰陽師は調子付いてきた。

神よー、ありがたやありがたや。

願わくは、そのお姿を我らの前に現したまええ。

いくら拝んでも神は姿を見せなかった。

せめて、せめてその存在をお示しください。

ズドガァアアアーーーン!

空からおそろしくでっかいジョウロが落ちてきて、

陰陽師と村人たちを押しつぶした。


---------------------------------------------------


159
【ニッポン人の定義10】


●組織内でとりあえず自分がクビにならない程度に

 他人に協力しない人種。


---------------------------------------------------


160
【ストレス保存の法則】


説明:宇宙に存在するストレスの和は一定である。

    言い換えるなら、

    誰かが発散したストレスは別の誰かが蓄積する。


例:・カラオケ店内の客と店員のストレス。

  ・空手道場内の有象無象と近隣住民のストレス。

   など。






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.