1067398 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その18(10話)

171
【あの世~おまえさまの場合】


おまえさまが風呂上りに脳溢血で寂滅すると──



「あんた、なに教?」

目の前にキリストがいた。

「えっ、仏教ですけど……」

「くっそー、また負けたあ」

「よっしゃあ」よこにいた釈迦がガッツポーズ。

「面目ありやせん」

キリストはうしろにいるヤハウェに謝ってから、

「じゃ、ちょっくら降臨して布教してきやす」

煙のように消えた。


---------------------------------------------------


172
【あの世~健吉の場合】


お役所をめでたく定年退職した石田健吉さんが、

散歩中にいつのまにか幽明界(さかい)を異(こと)にすると──



雨が下から降り、ノラ犬がニャンと鳴き、自転車が空を飛び、

木々がジョギングし、人々が全裸で逆立ちしていた。

が、平然と歩き続けた。

疑問を持たない習慣が骨の髄まで染み込んでいたから。


---------------------------------------------------


173
【あの世~だれかさんの場合】


とにかく逝くと──



「休憩おわり」

足かせがはめられた。


---------------------------------------------------


174
【ふたりをすくえ】


「わああ、えらいこっちゃえらいこっちゃあ」

「おい、どうしたんだよ」

「こ、殺されるう」

「え、いったいだれに?」

「作者にだよお」

「はぁ? なんで?」

「このおはなしにオチがつけられそうにないんで、

 書き直そうとしてるんだよ」

「え。ってことは──」

「おはなしとともに登場人物も消されちゃうんだよお」

「なにぃ、うそだろう!」

「うそじゃないよお」

「ここまで書いといてか?」

「そうだよ。きみもはやいとこ逃げたほうがいいよ。じゃあ」

「あ、待てよ、おい。おーい……」

「い、痛いなあ。うでが抜けちゃうだろ、放せよお」

「ま、待てったら。いったいどこに逃げんだよ」

「どこでもいいからとにかく作者から遠ざかるんだよ。ほら放せって」

「なあ、そうあわてるなって。作者もそれほどバカじゃないよ。

 こうしているあいだにも、きっとなにか考えてるよ」

「そんなわけないだろ、あのとんまが。いいから手ぇ放せよお、放せったらあ。

 うううううう、うわあああああ」

「わっわっ、こら、あばれるなって。まあ、おちつけ」

「あ、オチついた!」


---------------------------------------------------


175
【来世~大衆の場合】


大衆が株価の上げ下げに一喜一憂しているさなかに、

ことごとく心臓麻痺で頓死すると──



「へい、いらっしゃい! 安いよ安いよ~」

長ネギになって八百屋の棚に積まれていた。

え、後退したじゃないかって?

いえいえ、これでも進歩しているのだ。

‘十把ひとからげ’が三把ひとからげになったのだから。


---------------------------------------------------


176
【ニッポン人の定義14】


けなしている対象に依存している人種。

例:政府、勤務先、配偶者など。


---------------------------------------------------


177
【超能力】


聡子は占い師をやっている。

最近、失恋した。

(自分の運勢すら占えないなんて……)

電話が鳴った。

「はい、アザミ聡子でございます」

「あ、もすもす。おらだ」

「あ、かあちゃんけ」

「おめえ、いづまでも落ち込んでんじゃねえぞ」

「え?」

「米と野菜おぐっだからよ。それ食って元気だせえ」

「かあちゃん、なんでわたすが落ち込んでんの分がんだ?」

「なに言ってんだ。おら、おめえの母親だんべ。

 それぐれえ分がんねえでどうすんだ」


---------------------------------------------------


178
【あの世~社員たちの場合】


社員たちが永続勤務者慰労会の会場にて

ガス中毒で意識不明になり、気が付くと──


おなじ場所にいた。

なにも変わらなかった。

あの世イコールこの世だった。

もともとゾンビだったから。


---------------------------------------------------


179
【ホコリ高き宇宙】


我々からみて、

とてつもなくゆっくり動く、

とてつもなく大きなおとこが、

てのひらで座布団をたたいて、

高く舞ったホコリを

ふぅーっと吹いたら、

星々が衝突して、

宇宙が滅亡した。


---------------------------------------------------


180
【来世~沢庵和尚の場合】


死の床で悟りを開いた沢庵和尚が、

「所詮この世は仮の……」

と、言葉半ばに寂すと──



ヤドカリになっていた。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.