1017265 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その19(10話)

181
【来世~信長の場合】


本能寺にて、追いつめられた信長が、

「次の世ではぜったい天下取ったるでえええ」

と叫びながら燃え盛る炎に身を投げると──



「ああ暇じゃ」

『特殊法人なんたらかんたら公団』の役員になって

ふんぞりかえっていた。

取ったのは‘取’の字だった。


---------------------------------------------------


182
【ニッポン人の定義15】


CMにでている女優のかわい子ちゃん度で

保険会社を決める人種。

あ、そりゃオレか。


---------------------------------------------------


183
【来世~純三郎の場合】


派遣社員の純三郎が、とつぜんの契約打ち切りに

行き場を失い、公園で寝ていて凍死すると──



ジュース用のオレンジになっていた。

むぎゅうううぅぅぅ……

痛てててててててて……

やがてカスになってポイッ!されると──



油採取用の菜種になっていた。

むぎゅうううぅぅぅ……

痛てててててててて……

カスになってポイッ!

そして──



蜂蜜採取用の蜂の巣 → 染料採取用のベニバナ

→ 油採取用のトウモロコシ → ジュース用のレモン

→ 乳牛のお乳 → ジュース用のはっさく

→ チュウチュウアイスのパピコ → 羊のお乳 →

……



搾取される運命にあるようだ。


---------------------------------------------------

184
【ニッポン人の定義16】


お盆よりクリスマスが好きな人種。


---------------------------------------------------


185
【あの世~直弼の場合】


万延元年(一八六〇年)三月三日、

大老井伊直弼が、桜田門外にて、

水戸浪士らによって暗殺されると──



「ようこそ! 我らが斬首チームへ」

目の前に徳川信康(家康長男)の顔があった。

あごの下に両手をそえている。

お互いおヘソの前で自分の生首をかかえているのだ。

「はて、ここはどこでござるか」

「ボウリング場じゃよ」

跳ねとんだピンの音が場内に響いている。

「きょうは見学しててくれ。

 いま、ギロチンチームと対戦中じゃ」

ゴトン、ゴトゴトガタゴトゴットンゴロゴロ……

となりのレーンをマリー・アントワネットの生首がころがっていった。


---------------------------------------------------


186
【人生とは~浩之助の場合】


「所詮人生なんて習慣さ」とつぶやきながら、

浩之助さんが玄関で靴を履いていると──



「あら、あなたなにやってんの。きのう定年退職したでしょ」

と言いながら、妻は鞄とハンカチを手渡した。


---------------------------------------------------


187
【むかしから母は】


暮れに里帰りをした。

夫は急に仕事が入って来られなかった。

子供のいない私は、母とふたりきり、

差し向かいでこたつに入る。

紅白歌合戦を観ながら、

ふたりでせんべいをばりばり食べる。

いつのまにか、さいごの一枚になった。

まあるいせんべい。

母が取って、両手でパチンと割る。

うまく割れなかった。

大きさの比は7対3くらい。

「お、待ってました! 氷川きよしちゃん」

母はテレビを観ながら、

大きいほうをこちらに差し出す。

しわだらけの手。


---------------------------------------------------


188
【傷】


右手中指第一関節の甲側に

いつのまにか傷があった。

長さ5ミリ、幅1ミリ、深さ1ミリほど。

あかぎれに似ていて、傷口は赤黒い。

ジクジクしている。

痛くはない。

オロナイン軟膏をつけてみるが、なかなか治らない。

時々出血する。

そのたび、口で吸う。

出血は定期的だ。きっちり1ヶ月ごと。

じっとみていたら、別れた妻をおもいだした。

そして、血も出ていないのに、口で吸った。

幾度も幾度も吸った。

吸うことがくせになった。

やがて1ヶ月ごとの出血はなくなった。

その代わりズキンズキンと痛みを感じるようになった。

それとともに傷口の近くが徐々にふくらんできた。

もぞもぞと中で動くような気もする。

どんな子が生まれてくるのか、楽しみだ。


---------------------------------------------------


189
【ニッポン人の定義17】


年金を払うために節約する人種。


---------------------------------------------------


190
【来世~カエルの場合】


軒下のカエルが月をめざしてジャンプしているうちに

力尽きて動かなくなると──



しゃぼん玉になっていた。

「やったあ!」

屋根までとんで、こわれて消えた。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.