1066005 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その22(10話)

211
【博士と助手6】


「博士、あけましておめでとうございます」

「お、山田君か。謹賀、謹賀」

「さっそくですが、今回の発明は何ですか?」

「じゃじゃーん。常識が身につく薬じゃ」

「そ、それはすごい!」

「名づけて、秘薬 “マトモーン” じゃ」

「いつもながらグッドなネーミングですね」

「そうじゃろそうじゃろ」

「服用実験者は、またわたくしですか?」

「それは今回省略しよう。

 じつはな、もうロートル製薬と契約済みじゃ。近日発売じゃよ」

       ◇

「博士、すごい売れ行きですね」

「ハッハッハ。田園調布に家が建つ! 古っ!」

       ◇

「博士、たいへんです。マトモーンを服用した人々が

 次々に自殺してます」

「ハッハッハ。やはりそうか。

 常識が身につき、おのれのこれまでの所業が恥ずかしくなり、

 耐えられなくなったのだろう」

「そ、そんな……」

「ごくまともな成り行きじゃよ」

「元旦から縁起でもないですねえ」

「筆者がひねくれているのだろう。ハッハッハ」


---------------------------------------------------


212
【あの世~悦子の場合】


認知症の悦子が、嫁にさんざん世話になって

最後の眠りにつくと──



「無念じゃあ」

化けて出た。

「きゃああ。か、義母さん」

「このままじゃ成仏できん」

「こ、こないで。あっちいって」

「言い忘れたことがある」

「な、なによ」

「ありがとう」


---------------------------------------------------


213
【ニッポン人の定義24】


“食っちゃ寝”の正月気分が大晦日まで抜けない人種。

(え、そんなやついないって。じゃ、わたしだけか?)


---------------------------------------------------


214
【来世~洗顔器の場合】


超音波洗顔器が、宣伝ほど効果がないのがばれて

放置されると──



金魚鉢になっていた。

古っ!

ついでに、

ぶら下がり健康器具はハンガー掛けに、

磁気ネックレスは子供のおもちゃになっていた。

スタイリーは行方不明だ。


---------------------------------------------------


215
【ニッポン人の定義25】


人付き合いのために健康を害する人種。


---------------------------------------------------


216
【わがままのゆくえ】


一人はさびしい。

二人はうっとうしい。

三人はわずらわしい。

おおぜいは騒々しい。

どうすりゃいいんだ。

そうだ、0人になろう。

うっ……

マイナスおおぜいは騒々しい。

マイナス三人はわずらわしい。

マイナス二人はうっとうしい。

マイナス一人はさびしい。

どうすりゃいいんだ。

そうだ、0人になろう。

うっ……

オギャア~。


---------------------------------------------------


217
【影衣紋(かげえもん)】


掘りごたつに入り、パソコンにむかっている。

ふと目をあげると、正面の障子に洗濯物の影が映っている。

左から股(もも)引き、丸首のアンダーシャツ、ワイシャツ。

それぞれハンガーによって組立て式の物干し竿にぶら下がっている。

ハンガーのフック部には二股洗濯ばさみの影がある。

風でしずかにゆれている。

丸首シャツがワイシャツの肩をたたいた。

──いい天気ですねえ。

──うん、そうだなあ。

──おまけに乾燥していて、風もある。きょうはすぐ乾きそうですね。

──ハッ、ハッ、ハックショイ。はやく取り込んでもらいたいよ。

──わあああああ……

風が強くなり、股引きがくるくる回り出した。

──た、たすけてくれえ。目が回るぅ……

ハンガーのフック部がきゅるきゅる鳴ってる。

次の瞬間、障子が陰り、部屋が暗くなった。

すぐ明るくなり、また障子に影ができる。

するとどうだろう。

股引きが真ん中になっていて、丸首シャツとワイシャツが

ささえていた。


---------------------------------------------------


218
【来世~金雄の場合】


元事務次官の田丸金雄が、

8回目の自分の送別会の宴会場で、

泥酔したまま永久(とわ)の眠りにつくと──



カモメになっていた。

‘渡り’ができてうれしそう。


---------------------------------------------------


219
【昼の月】


じいちゃんが死んだ。

ぼくはかなしい。

ぼくはじいちゃんっ子だった。

パパは外国に出張してばっかだったから。

じいちゃんはよくあそんでくれた。

じいちゃんが死んで半年たった。

ぼくはいまでも、やさしかったじいちゃんをおもいだして泣く。

あさの登校のときにも、あるきながらよく泣く。

──おーい、ゆう太。

あれ、声がしたぞ。

どこだ?

──ここだあ。空だあ。

え、どこどこ?

──こっちだ、こっち。

あ。西の空。

白い三日月が……半月になったぞ。

わあ、切れ長の目がでた。

きょろきょろしてから、こっちをみた。

──いつまでも泣いてちゃダメだぞ。

じいちゃんだ。しらが頭のじいちゃんだ。

ぼくはあふれる涙をこすった。

そしてもういちど空をみた。

あれれ……ブハッ!

じいちゃん、そ、それ、反則だよ。

お尻だすなんて。

ウワッハハハハハハハハ……


---------------------------------------------------


220
【起源?~宇宙の法則3】


某テロ国家Kが、苦心の末開発した超メガトン級核爆弾を

やけになって爆発させた。

それから137億年後、再び発生した人類が、

それをビッグバンと名付けた。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.