1013876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その25(10話)

241
【夢ふうせん】


夢ふうせんって知ってる?

え、知らないって。

希望の息でふくらませたふうせんだよ。

だれでも1つや2つ、もってるはずさ。

きみんちの押入れをあけてごらんよ。

ほら、奥のほうにあったでしょ。

パンパンにふくれたふうせんがさ。

なんだって、しぼんでるって。

そりゃたいへん、ってわけでもないよ。

枕にして使うときが来たってことだよ。

水枕だよ。

あたまをのせてごらん。

ヒンヤリしてさ、きもちいいだろ。

きみが息をひきとると同時に、夢ふうせんは

ぺったんこになって、役目を終えるんだ。

かなえられるといいね、さいごのねがい。


---------------------------------------------------


242
【ニッポン人の定義36】


できない理由を考え出す天才。

あ、わたしでした。


---------------------------------------------------


243
【ゆらりん】


ぶらんこだらけだ。人が乗ってる。2つでワンセット。

整然とならんでる。いつもゆれてる。

雨が降ってもゆれている。風が吹いてもゆれている。

ゆらしながら眠ってる。ゆらしながら食べている。

立ち乗りは厳禁だ。ギコギコに油を刺すのも座ってやる。

大きく振ってぴゅっぴゅっと刺す。

必需品は手渡しだ。タイミングが大切だ。

前後、左右、斜め。アイコンタクトと掛け声。

おでん入り鍋もこぼさず渡す。

年に2、3度鐘が鳴る。鐘が鳴ったらシャッフルだ。

みんな同時に宙にとび、別のぶらんこに移動する。

いす取りゲームかターザンか。

やどかりドミノところてん。

たまに男女が一緒に乗ってる。

むきあってだっこスタイル。同方向にバックスタイル。

まれに一方逆立ちしてる。

愛を確かめ合っている。

きみもおいでよ、ぶらんこの国。

ぶらんこだらけ、ぶらぶらゆらりん。

ゆれてゆらしてゆられてゆらりん。

待っているから、かならずおいで。


---------------------------------------------------


244
【あっちっち~宇宙の法則5】


そのお星様は、若いころ、勉強のし過ぎで近眼になりました。

今はしわしわのおばあちゃんです。

だから、老眼です。

近くのものがぼやけてよく見えません。

手もとを見るとき、むしめがねを使います。

「どれどれ、惑星はどんな具合かの。

 いつもながら興味が湧くせえ」

などと、くるしいダジャレをとばしながら、まわりの星を観察します。

「あ、なんか焦げくさいぞ。惑星だけに、わっ、くせえ。なーんてのう」

じっと見つめている衛星の、ある地点から、煙が上がっています。

「あ、またやっちまったわい」

急いでむしめがねを放り投げます。

太陽さん、だいぶボケてきたみたいです。

はい、これが地球上で起きる山火事や熱波などの自然災害です。

これホント。


---------------------------------------------------


245
【ニッポン人の定義37】


マラソン中に無謀なダッシュやパフォーマンスをする人種。


---------------------------------------------------


246
【あの世の手前~タポ郎の場合】


背が低いのを憂えて、タポ郎が首を吊ると──



身長が8センチ伸びた。

神様の思し召しだ。

ちなみに舌も10センチほど伸びた。


---------------------------------------------------


247
【ニッポン人の定義38】


いつでも簡単に洗脳and扇動されて‘一億火の玉’になり得る人種。


---------------------------------------------------


248
【ニッポン人の定義39】


不正をかばい合っているうちに疑問が持てなくなっていく人種。

(これ、社内報に載せたやつ)。


---------------------------------------------------


249
【田んぼのスズメ~ヤンデルセン童話】


「チュンチュン。こんにちは、案山子さん。チュンチュン」

「プンプン。こんにちは、スズメさん。プンプン。

 って、怖がってくれなきゃ困るよ。プンプン」

「チュンチュン。エヘヘ、もう慣れちゃった。チュンチュン」

「プンプン。そうなのかい。それじゃあ僕、お払い箱だね。プンプン」

       ◇

「チュンチュン。こんにちは、ぴかりんテープさん。チュンチュン」

「きらりん、ぴかりん。こんにちは、スズメさん。きらりん、ぴかりん。

 って、まぶしくないの? きらりん、ぴかりん」

「チュンチュン。ウヘヘ、もう慣れちゃった。チュンチュン」

「きらりん、ぴかりん。そう。じゃあわたし、もう用なしね。きらりん、ぴかりん」

       ◇

「チュンチュン。こんにちは、鳥追い大砲さん。チュンチュン」

「ドッカーン。こんにちは、スズメさん。ドッカーン。

 って、おどろけよ。ドッカーーーーン」

「チュンチュン。ホヘヘ、もう慣れちゃった。チュンチュン」

「ドッカーン。そうかい。んじゃ、おいどん、いらねえな。ドカン」

       ◇

「チュンチュン。あーあ、みんないなくなっちゃった。チュンチュン。

 これでだれにも気兼ねせず、おもう存分お米をついばめるぞ。チュンチュン。

 それにしてもこのごろ、妙な味がするなあ。チュンチュン。

 ブハッ。ペッ! ペッペッ!

 ケッ、もうこんなの食えねえや。チュンチュン」


---------------------------------------------------


250
【公園のうぐいす~さりげない話】


お。きょうも鳴いてるぞ。

けっこう近いなあ。

あ。あそこの枝の先だ。

おもったより小さいんだなあ。

気持ちよさそうに鳴いてるなあ。

毎日すこしずつうまくなっていくなあ。

でもいまいちだなあ。よし、アドバイスしてやろう。

「おーい、うぐいすくーん。もうちょっとビブラートを効かせて、

 シャープ気味に裏声にして、フェルマータ気味に……」

「ホーーー、ホットケー!」






Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.