1017966 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その26(10話)

251
【来世~日蓮の場合】


弘安五(一二八二)年、日蓮が、

武蔵国は荏原(えはら)郡池上にて、弟子たちとともに

法華経を読誦(どくじゅ)しながら入寂すると──



池田大作になっていた。


池田:「光栄です」

日蓮:「そんなわけねーだろ。このインチキやろう」

池田:「な、なんじゃとお。おれを愚弄するのかあ。
 
    造花学会トップの、この池田大作様を

    侮辱するのかあ」

日蓮:「黙らっしゃい」

池田:「いいや、黙らん。黙らん黙らん黙らんぞお。

    おれはバカにされるのがいちばんいやなのじゃ。

    おれをバカにするやつは、たとえ教祖でも許さんのじゃあ。

    四つに折って丸めて転がして海に沈めちゃうのだあ」

日蓮:「ぺらぺらぺらぺらようしゃべるのう。

    ま、破戒僧だからしゃーないか」

池田:「わああ、おれ様を破戒僧だとお。ふざけんじゃねえ。

    てめえ、おれ様をだれだとおもってやがるんだ。

    朕はなあ、朕は神じゃ。現人(あらひと)神じゃ。生き神様なのじゃあ。

    えーい、ズがたかい。ひかえおろう」

道鏡:「ったくうるさいなあ。おい、池田。おめえさっきからなに騒いでんだ。

    あたまがずきずきするじゃねえか。

    ちっとは静かにしろい」


というわけで、池田大作の前世は、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)だった。


---------------------------------------------------


252
【ニッポン人の定義40】


砂場で拾った棒磁石に引っ付いてきた砂鉄みたいな人種。


---------------------------------------------------


253
【さんぽいぬ】


「おい、しっぽ」

「なんや、ちんぽはん」

「くすぐったいぞ」

「え、そうでっか。ほな、これでどうや」

「うひゃああ」

「なんや、けつめどはん」

「さむいですう。吹きさらしですよぼく。ハッ、ハッ、ハックショイ!」

「あ、屁ぇこきやがった」

「しゃーないなあ。ほな、さがりまひょ」

「ありがとうございます」

「うへ。くすぐったいっていってるだろ」

「がまんしなはれ。けつめどくんのためやがな」

「ったく。おい、けつめど。おまえなまいきだな」

「すみませんです。おわびに、ぼく、おまんこになります」

「なにバカなこといってんだ。そんなもんになれるわけ──あ!」

「どないしたんや、ちんぽはん。わっ、わっ、わああ」

「いやん。感じちゃいます。しっぽさん。あ、あ、だめええ……」

「ほんとにおまんこになりやがった。おれ、たちまちぼっき」

「わい、しっぽだけに、しっぽりぬれてまう」

「えへへ。冗談ですよ。ものまねしただけですよ」

「ばかあ! ふざけんのもいいかげんにしろ! おれ、たちまちふにゃちん」

「あほお! ぬかよろこびしたやろ。どないするんや、このはなしのオチ」

「尻だけに、しりません。くるしいオチですみませんです。

 でんぶぼくの責任です。これ、ケツろん」


---------------------------------------------------


254
【あの世~名無しの場合】


胎児の名無しが、おとなの事情で水子になると──



たちまち成人した。

しごにじゅう。なーんてな。


---------------------------------------------------


255
【ガラス玉~宇宙の法則6】


完全に密封された球形の水槽ってあるでしょう。

一見すると水晶玉のよう。

なかには、水と水草と1匹の金魚が入っている。

窓辺に置き、1日に2時間ほど日光に当ててやる。

金魚はずっと生きている。

それ自体でバランスが取れているからだ。

地球もこれと同じである。

内側が液晶画面になっている球形のガラス玉のなかに、

地球がぶら下がっている。

とても頑丈なワイヤが北極点から真上に伸びていて、

それによって吊り下げられている。

このワイヤは電線にもなっていて、液晶画面へ電力を供給している。

液晶画面には太陽や星や雲が映しだされる。

プラネタリウムのでっかいやつだ。

この画像を管理しているのが、わたしの所属する宇宙連盟KPKの

地球支部「テラテラス」だ。

ガラスの壁の向こう側がどうなっているかは、一部の人しか知らない。

わたしは知っている。だけど教えない。



最近困った問題がもちあがった。

わがまま国家の北朝鮮が、マジで衛星を打ち上げるらしい。

ガラスを突き破るんじゃないかと心配だ。


---------------------------------------------------


256
【視線~さりげないはなし】


寝床で本をよむ。

右向きになってよむ。

同じ行を繰り返しよんでしまう。

左向きになってよむ。

2、3行とばしてしまう。

視線も重力の影響下にある。


---------------------------------------------------


257
【現代アート】


・本の代わりにケータイを手にしている「二宮尊徳の銅像」。

・てっぺんに衛星放送用アンテナがついている「太陽の塔」。

・小顔メイクの「モナリザの微笑」。

・花粉防護用マスクをしているムンクの「叫び」。

・便座にすわっている「考える人」。

・スコップとビニール袋を手にしている「上野の西郷さん」。

・ソバージュの「奈良の大仏」。

・五十階建ての「五重塔」。

・尿石を出して苦悶している「小便小僧」。

・小便小僧ならぬ「小便むすめ」。

・顔が麻原彰晃の「如来像」。

・うなじで足を組んで、腕で立っている「仏像」。

・複数の手でガチョ~ンをしている「明王像」。

・サングラスをしている「能面」。

・ちんちんしている「こま犬」。


---------------------------------------------------


258
【ニッポン人の定義41】


滝口にむかうオール無しのボート上でじっとしている人種。


---------------------------------------------------


259
【あの世~おまえさまの場合】


おまえさまがとにかく逝くと──



「クイズ・ラーイフ・ショック!」

おそろしく高い位置にある椅子にすわっていた。

チッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッチッ……


「あなたが生きた日数は?」

「えっ、えっ……3万ちょっと」

ブゥー。


「人生でいちばん大切なものは?」

「カネ! あ、いや、時間、健康、おもいやり……」

ブゥー。


「あなたの死因は?」

「老衰」

ブゥー。


「あなたの呼吸回数は?」

「え、えーとー、1億3千2百万跳んで59回」

ブゥー。


「あなたの戒名は?」

「知りましぇーん」

ブゥー。


「まばたき何回やった?」

「100億ちょっと」

ブゥー。


「いま何問目?」

「6問目」

ブゥー。


「露とをち露と消へにしわが身かな

 浪速(なにわ)のことは夢のまた夢。

 これ、だれの辞世?」

「昭和天皇」

ブゥー。


「コーヒー何杯飲んだ?」

「3千7百杯」

ブゥー。


「死をテーマにしたダジャレを一言」

「あのよ~」

ブゥー。


「小説‘蜘蛛の糸’の作者は?」

「村上春樹」

ブゥー。


「天使を英語でいうと?」

「キューピット」

ブゥー。


「はい、全問不正解」

タンタ・タッタ、タンタ・タッタ、タンタ・タッタ……

「うひゃああ!」

椅子が激しく回転しながら降りていき、床をぶち破って

どこまでもどこまでも落ちていった。


---------------------------------------------------


260
【ヒゲ~さりげないはなし】


毎朝、電気髭剃りでヒゲを剃る。

洗面鏡に顔を近づけて、ジョリジョリやる。

あごの下からのどにかけての部分が剃りにくい。

よくみると、ひとつの毛穴から5,6本束になって

生えている箇所がある。

また、毛の先が別の毛穴に入り込んで、

ちいさな輪っかになっているのもある。

そうかとおもうと、5ミリくらいの長さのやつが1本、

にょろ~とあったりする。

これらはどれも剃りにくい。

悪戦苦闘していると、むなしくなってくる。

そして、自分がみじめになってくる。

どうせおれなんて、おれなんてつまらない人間さ、と。

すると彼らがささやく。

おい、じぶんを卑下しすぎるな。

ありがとう、ヒゲくん。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.