1017869 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

せいやんせいやん

その27(10話)

261
【一文話5】

●コピー機に白紙を載せ、トレーに再生紙を365枚入れて、

 スタートボタンを押すと、1年分のぼくの人生が吐き出される。


●人に騙されっぱなしのピノキオの目は節穴だった。


●報道番組のインタビューにこたえる花見客はサクラだった。


●「わしゃ、たまらんよ」と嘆くハクション大魔王のご主人様は

 花粉症だった。


●「鼻で吸い込んだうどんをそのまま尻から出します」と言って

 手品師が排泄したものは回虫だった。


---------------------------------------------------


262
【来世~プレスリーの場合】


1977年8月16日、エルヴィス・プレスリーが、

過食症で急逝すると──



メタボ天使になっていた。

あたまの輪っかはドーナツだ。


---------------------------------------------------


263
【ニッポン人の定義42】


生餌に群がるピラニアみたいな人種。


---------------------------------------------------


264
【だ~まちでみかけたへんなひと6】


「だ」

「な」


「で?」

「ん」


「は?」

「な?」


「ふ」

「そ」


「あ」

「へ」


「お」

「が!」


「ね」

「う」


満員電車内のドア付近。

見つめあって会話している男女。

うなずいたり、ほほ笑んだり、まばたきしたり、だまりこんだり。

ふたりは宇宙人か、はたまたテレパスか。


「る?」

「ん」

次の駅で降りた。


乗ってくるものはいなかった。

ドアが閉まる。

「ば」「ぶ」「な」「け」「ぼ」「げ」「さ」「ほ」「ま」「な」「べ」「へ」「か」「ど」……

さっきの男女をけなしている人々。

ここは異次元か?

か?

か?

な。

か?

え?

お!

そ。


---------------------------------------------------


265
【カミナリ】


今年初めてのカミナリ。

あたまのなかで炸裂する100万ボルトの稲妻。

直後、からだの中心を下から上に突き抜けていく轟音と響震。

こどものころは、鬼が雲の上でボウリングをやっている

のかとおもっていた。

つかのまの静寂。

ふいの猛烈フラッシュ。

五臓六腑をひっかきまわす轟音。

感電したかのような全身痙攣。

たたきつける雨音。

集中豪雨だ。

周期的に何度もなんども襲ってくる。

歯を食いしばり、ひたすら耐え忍ぶ。

たのむ、はやくいってくれ。

徐々に勢いがおとろえる。

しずくが垂れる。

嵐は去った。

快感にも似た放心状態。

しばし余韻に浸る。

気を取り直し、ウォッシュレットにて洗浄、ペーパーでぬぐい、

左手をうしろにまわし、コックを押し上げて水を流す。


---------------------------------------------------


266
【つぎは何~宇宙の法則7】


「そろそろお笑いも下火だな」

調整室のモニターをにらみながら、ディレクターの隼瀬(はやせ)

はひとりごちた。

「さてと。つぎは何を仕掛けようか」

考え事をする際、ぶつぶつと独り言をいうのが彼の癖だ。

「とりあえず」

調整室を出て、通路に置かれたベンチにすわる。

くびからぶら下げたケータイを手にとり、住所録を開いて

娘の番号を呼び出す。

今日は娘の二十歳の誕生日だ。

誕生日パーティーに遅れて出席するむねを

連絡しなければならない。

こうみえても彼は家族おもいだ。

「あ、パパだよ。あのな、きょ、うっ、が、げがあごおごがああああ」

とつぜんくちから泡を吹いてくずおれるようにぶっ倒れた。

電話のむこうの娘もぶっ倒れた。

放送局の社員も出演者も観客もぶっ倒れた。

日本中の、いや、世界中の人間がぶっ倒れた。

天空の彼方から、ひょうきんな声が聞こえてきた。

「は~い、人間ブームおわり~」


---------------------------------------------------


267
【凸~宇宙の法則8】


地球だって肩がこる。

まだ大陸がくっついていて、ひとつだった、

とおいとおいむかしのこと。

トクホンもトクホンチールも

サロンパスもサロメチールもありゃしない。

ましてピップエレキバンなんて、あるわけない。

地球は両うでを大陸いっぱいに広げ、

もぐさをかき集めてきて、患部に山盛りにして置いた。

「太陽さん。おねがいです、もぐさに火をつけてください」

「よしきた地球さん。おやすいごよう」

大陸の隅に、のろしのような、ひょろ長い煙があがった。

はぁ~。気持ち~ん、よかよか~。

お灸だ。

その名残が、富士山ってわけ。灸火山っていうくらいだからね。

これホント。


---------------------------------------------------


268
【ニッポン人の定義43】


2人で荷物を運んでいて辛くなったら無言で手を放す人種。


---------------------------------------------------


269
【来世~スクーターの場合】


坊さん愛用のスクーターが壊れると──



お釈迦になった。

(単なるダジャレっす。許して如~来)。



---------------------------------------------------


270
【血の面接会場~ミニミニホラー1】


某会社の入社試験面接会場にて。

神経質そうなリクルートスーツの男子大学生が、

近くにいた学生3人を惨殺してペロリと食べた。

その後男は、駆けつけた警官隊に抵抗することなく

あっさり逮捕され、取調室に連行された。


取調官:「どうして3人も殺して食っちまったんだ?」

男:「面接前の緊張を解きほぐすためです」

取調官:「なんだって?」

男:「ほら、緊張したときは人を3回飲み込むといいって、

   よく言うでしょう」

取調官:「ばかあ! そりゃ、人という字をてのひらに書いて

      3回飲み込むんだろ」


人を食った話でした。





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.