6344322 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

2009/02/09
XML
テーマ:夏目漱石(53)
カテゴリ:夏目漱石
定職を持たないで遊んでいる者。
日露戦争後、国家体制が整備されるにつれて、「立身出世」の野心が実現する余地がなくなったので、高等教育を受けても職業に就かない「煩悶青年」が急増した。
明治44年には「高等遊民」問題として社会問題にもなっている。(岩波書店の『それから』より)


【上記の感想】

漱石の『それから』を読んでいるが、高等遊民について少々書いておきたくなった。

上記は、高等遊民の註釈である。
高等遊民について書いた過去日記は、こちら

高等遊民の場合は、生活費を稼がなくとも生活できるので、ある意味恵まれていると言える。
生活できるから遊んでいると言ってしまえば、身も蓋もない。
高等遊民が多数発生し問題化したのにも、理由がある。
それが上記である。

日露戦争後の不景気や国家体制の整備の進行により、国家の仕事に就くことが困難な時期に、高等遊民が発生したようである。
要するに、世の中の変化の時期であったわけだ。






Last updated  2009/02/09 08:37:02 PM
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

Favorite Blog

大谷4号HR含む3安打… New! 愚利公さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

暇だなー New! てがてがさん

7256河西工業(時価… New! わくわく303さん

☆白石麻衣♪ゴールデ… New! ruzeru125さん

2020~21主力株概況4… New! みきまるファンドさん

このロック金物は、… New! Home Madeさん

悩み。。。 New! yasuho consultingさん

2021/04/14の日経平… New! どらりん0206さん

ふんどし王子さんか… ミカオ建築館さん

Comments

MEANING@ Re:ラムリサーチ(LRCX)---米国の半導体関連の卸売企業。(01/21) エッチング装置で業績を急上昇させた企業…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


© Rakuten Group, Inc.