6344347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

2009/02/17
XML
テーマ:夏目漱石(53)
カテゴリ:夏目漱石
彼は胃弱で皮膚の色が淡黄色を帯びて弾力のない不活発な徴候をあらわしている。
その癖に大飯を食う。
大飯を食った後でタカジヤスターゼを飲む。
飲んだ後で書物をひろげる。(『吾輩は猫である』より)


【上記の感想】

漱石の『吾輩は猫である』を読み始めた。
高校生時代に読もうとしたが、数ページ読んで中止にした記憶がある。

さて、上記の一節である。
「彼」は漱石と共通点の多い人物なので、漱石も「彼」と同様に、タカジヤスターゼを飲んでいたと想像する。
このタカジヤスターゼというのは胃薬だが、かつて、この胃薬を発明した高峰譲吉(1854~1922年)に関する本を読んだことがある。
その時の日記は、こちら
もう3年5ヶ月前の日記になる。

計算すると、高峰譲吉は漱石よりも13歳年長になる。

『吾輩は猫である』が発表されたのは1905年だが、当時は既にタカジヤスターゼが販売されていたようである。






Last updated  2009/02/17 02:03:36 PM
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


吾輩は猫である   きんくんkinkun さん
征野三朗さん、ご訪問ありがとうございました。

最近の私の「吾輩は猫である」の読み方は、本を手にとり、適当に開いたページからしばらく読むという方法です。どこから読み始めても面白い小説だと思います。
今後ともよろしくお願いします。 (2009/02/17 08:46:06 PM)

Re:吾輩は猫である(02/17)   征野三朗 さん
きんくんkinkunさん、おはようございます。
>征野三朗さん、ご訪問ありがとうございました。

>最近の私の「吾輩は猫である」の読み方は、本を手にとり、適当に開いたページからしばらく読むという方法です。どこから読み始めても面白い小説だと思います。
>今後ともよろしくお願いします。
-----
なじみやすいタイトルに惹かれて読み始めると、途中で挫折してしまう。
けっこうな大冊でもありますし。
気が向いた時に、好きなところを読むというのは、良いですね。
私も採用させてもらおうかなあ。
(2009/02/18 06:04:57 AM)

PR

X

Favorite Blog

大谷4号HR含む3安打… New! 愚利公さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

暇だなー New! てがてがさん

7256河西工業(時価… New! わくわく303さん

☆白石麻衣♪ゴールデ… New! ruzeru125さん

2020~21主力株概況4… New! みきまるファンドさん

このロック金物は、… New! Home Madeさん

悩み。。。 New! yasuho consultingさん

2021/04/14の日経平… New! どらりん0206さん

ふんどし王子さんか… ミカオ建築館さん

Comments

MEANING@ Re:ラムリサーチ(LRCX)---米国の半導体関連の卸売企業。(01/21) エッチング装置で業績を急上昇させた企業…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


© Rakuten Group, Inc.