5197651 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

2011/04/16
XML
 東京電力は15日、東日本大震災で落ち込んだ電力供給力を7月末までに最大5200万キロワットまで増やせるとの見通しを発表した。これで東電が見込む夏場の電力不足は、従来の850万キロワットから300万キロワットに減り、海江田万里経済産業相は同日、今夏に企業や家庭に求める節電目標幅の縮小を検討することを明らかにした。

 東電は、今夏の電力需要を最大5500万キロワットと見込み、供給力のアップを急いできた。大震災で被害を受けていた火力発電所などが110万キロワット分、新たに立ち上げ可能になった。また、設置が比較的簡単なガスタービン発電機などの導入も当初は40万キロワットにとどまるとみていたが、120万キロワットまで確保できる見通しになったという。

 夜間に余った電力で水をためて発電する揚水発電分も新たに追加。これまでは夜間に余る電力が少なく、供給力として織り込んでいなかったが、夏場に稼働できる火力発電所が増え、揚水発電も400万キロワット分を見込めるようになった。

 ただ、8月に入ると柏崎刈羽原発の一部が相次いで定期検査に入ることなどから、再び供給力は5070万キロワットに下がる予定。15日記者会見した東電の藤本孝副社長は「供給力のさらなる上乗せに努力したい」と述べた。

 これを受け、海江田氏は「来週末に東電が供給力のさらなる積み増しの精査をする。出てきた数字を見て、抑制幅の見直しを考えたい」と表明。政府は最大消費電力の削減目標を大口需要家は前年比25%減、小口需要家が20%減などとする方針を示してきたが、4月末にまとめる総合的な電力需給策では、より少ない削減目標を盛り込む可能性を示したものだ。

(朝日新聞より)

------------------------------------------------------------

【上記の感想】

東電の供給力が増加するようだ。
良かった、良かった。

上記は朝日新聞の記事だが、この記事と一緒に、「被災した東電の火力発電所の復旧状況」が載っていた。
確認しておく。

(復旧したもの)
大井 105万
横浜 332万
東扇島 200万
千葉 288万
五井 188万
鹿島 440万(一部のみ)

(復旧していないもの)
広野 380万
常陸那珂 100万






Last updated  2011/04/16 05:42:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
[投資休業、2011年3月11日の地震のこと] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Favorite Blog

即位礼正殿の儀 New! サザンサウザンドさん

☆坂道グループ合同研… New! ruzeru125さん

オススメ経済本第6位 New! MEANINGさん

ツーバイフォー構法… New! 原田ミカオさん

特殊工具がないと外… New! Home Madeさん

天皇陛下、即位礼を… New! どらりん0206さん

台風余波雨と風が少… New! 愚利公さん

2914日本たばこ産業… New! わくわく303さん

農業被害。。。 New! yasuho consultingさん

メモ New! 4畳半2間さん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.