000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

機械

2020/10/18
XML
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



マキタ(6586.電動工具)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・31年3月期の1株当たり親会社所有者帰属持分は、前期比が103.4%、3期前比が119.4%、5期前比が131.4%。
・2020年3月期の1株当たり親会社所有者帰属持分は、前期比が99.7%、3期前比が113.7%、5期前比が117.5%。



次に、税前利益を見てみる。

2017年(平成29年)3月期 64,738
2018年(平成30年)3月期 79,678
2019年(平成31年)3月期 79,919
2020年(令和02年)3月期 66,008



次に、1株配・配当金総額・配当性向・親会社所有者帰属持分配当率を見てみる。

2018年3月期 61円・16,560百万円・30.1%・3.0%
2019年3月期 62円・16,831百万円・30.2%・3.0%
2020年3月期 53円・14,390百万円・30.1%・2.5%
2021年3月期 41円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・11,063名<19.9>・38.7%・32.3%
・10,082名<20.3>・37.9%・33.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年03月発売号 10,738億円・1,465億円・92億円
2020年09月発売号 13,720億円・1,434億円・60億円



次に、親会社所有者帰属持分比率・1株当たり親会社所有者帰属持分・のれん及び無形資産・営業CFを見てみる。

26年3月期 84.0%・3,211.59円・721・41,686
27年3月期 84.5%・3,580.66円・721・35,894
28年3月期 86.0%・1,767.26円・721・34,188
29年3月期 84.1%・1,849.88円・721・63,351
30年3月期 84.6%・2,040.93円・6,991・34,191
31年3月期 84.2%・2,109.83円・8,039・23,155
2020年3月期  84.7%・2,104.01円・8,749・57,310



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 140,008,760・4,271,134
27年3月期末 140,008,760・4,273,892
28年3月期末 280,017,520・8,550,998(分1→2)
29年3月期末 280,017,520・8,556,948
30年3月期末 280,017,520・8,549,592
31年3月期末 280,017,520・8,550,463
2020年3月期末 280,017,520・8,500,530



次に、株価と指標等を見てみる。

10月9日の終値は、4,960円
予想PERは、36.1倍
実績PBRは、2.36倍
予想利回りは、0.83%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,505円。(事業価値2,059円+財産価値492円-有利子負債45円)
・理論株価比は、198.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1938.12
【上場】1962.8

【特色】電動工具トップ。海外現地生産化で先行、販売拠点豊富。園芸機器も強化中。配当性向30%以上

【連結事業】製品82、部品・修理・アクセサリー18

【海外】80 <20・3>

【減益幅縮小】主力の電動工具は日欧で期初に弱含むが、米国と新興国で在庫拡充効果で品薄の他社からシェアを奪い補う。強化中の充電式園芸用機器は巣ごもり需要追い風で想定超。充電式製品の販促のための人件費増重いが、営業減益幅縮小。減配。

【物流網】自社倉庫拡張で過去最大の設備投資、物流寸断に備え。環境意識強い欧州で排ガスない充電式製品の長所訴え販促。









Last updated  2020/10/18 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/08/19
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



新晃工業(6458.空調)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.8%、3期前比が136.8%、5期前比が184.7%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.8%、3期前比が134.4%、5期前比が170.6%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.7%、3期前比が131.0%、5期前比が163.2%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.3%、3期前比が132.8%、5期前比が161.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 4,601
2014年(平成26年)3月期 3,884
2015年(平成27年)3月期 4,636
2016年(平成28年)3月期 6,411
2017年(平成29年)3月期 5,669
2018年(平成30年)3月期 5,714
2019年(平成31年)3月期 5,777
2020年(令和02年)3月期 9,526



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年3月期 23円・625百万円・23.3%・2.3%
28年3月期 33円・883百万円・21.2%・3.0%
29年3月期 36円・943百万円・24.0%・2.9%
2018年3月期 40円・1,047百万円・26.8%・3.0%
2019年3月期 43円・1,125百万円・27.0%・2.9%
2020年3月期 58円・1,518百万円・25.2%・3.6%
2021年3月期 30円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・10,139名<16.9>・20.3%・46.2%
・18,173名<17.3>・20.4%・44.2%
・12,871名<18.3>・21.7%・48.1%
・13,631名<19.3>・18.9%・49.7%
・16,269名<20.3>・19.6%・46.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 400億円・112億円・33億円
2017年06月発売号 509億円・124億円・30億円
2018年06月発売号 582億円・136億円・24億円
2019年06月発売号 433億円・151億円・21億円
2020年06月発売号 418億円・172億円・19億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 46.1%・691.59円・0円・2,849
25年3月期 50.8%・829.79円・0円・2,397
26年3月期 51.8%・933.70円・1,424百万円・4,288
27年3月期 55.7%・1,053.24円・1,265百万円・4,394
28年3月期 57.3%・1,163.71円・1,107百万円・4,050
29年3月期 62.9%・1,277.28円・949百万円・5,160
30年3月期 62.1%・1,415.51円・791百万円・5,825
31年3月期 63.9%・1,524.19円・632百万円・3,572
2020年3月期 67.9%・1,696.25円・0円・7,244



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 27,212,263・1,270,954
25年3月期末 27,212,263・1,671,523
26年3月期末 27,212,263・1,671,736
27年3月期末 27,212,263・11,895
28年3月期末 27,212,263・434,933
29年3月期末 27,212,263・1,106,716
30年3月期末 27,212,263・1,174,563
31年3月期末 27,212,263・1,151,714
2020年3月期末 27,212,263・1,146,614



次に、株価と指標等を見てみる。

8月14日の終値は、1,379円
予想PERは、11.88倍
実績PBRは、0.81倍
予想利回りは、2.18%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,916円。(事業価値2,054円+財産価値1,014円-有利子負債151円)
・理論株価比は、47.3%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.6
【上場】1985.8

【特色】セントラル空調機器でシェア4割弱。業務用空調機の中堅。中国やタイ進出。ビル管理会社併営

【連結事業】空調機器製造販売89、ビル管理等11

【海外】14 <20・3>

【反 落】受注残が例年水準に逆戻り。五輪需要一巡し新設大型案件4割減、更新も先送り懸念。上海黒字化の一方、コロナ自粛でメンテ、ビル管理とも縮む。粗利益率反落へ。減損特損ない。配当性向25~30%メド。

【子会社】2社吸収し設計・生産の融合図る。寝屋川ショールーム開設へ。上海は高機能機種に特化。コロナ後に自己株買い再開も。当座貸越含め50億円超の借り入れ余力。









Last updated  2020/08/19 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/08/18
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



ヤマダコーポレーション(6392.ポンプメーカー)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.0%、3期前比が129.0%、5期前比が181.6%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が114.2%、3期前比が126.6%、5期前比が176.0%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.3%、3期前比が135.9%、5期前比が167.0%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.3%、3期前比が137.5%、5期前比が152.4%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 931
2014年(平成26年)3月期 1,280
2015年(平成27年)3月期 1,385
2016年(平成28年)3月期 969
2017年(平成29年)3月期 834
2018年(平成30年)3月期 1,568
2019年(平成31年)3月期 1,850
2020年(令和02年)3月期 1,374



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

21年3月期 25円・59百万円・---・1.5%
22年3月期 0円
23年3月期 25円・59百万円・12.9%・1.7%
24年3月期 25円・59百万円・11.8%・1.6%
25年3月期 40円・95百万円・14.8%・2.3%
26年3月期 50円・119百万円・13.6%・2.3%
27年3月期 60円・143百万円・15.3%・2.3%
28年3月期 65円・155百万円・24.8%・2.3%
29年3月期 67.5円・161百万円・30.0%・2.3%
2018年3月期 75.0円・179百万円・15.5%・2.3%
2019年3月期 85.0円 ・203百万円・15.5%・2.3%
2020年3月期 90.0円・215百万円・22.9%・2.2%
2021年3月期 90.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,390名<15.3>・3.2%・40.3%
・1,536名<16.3>・2.0%・39.7%
・1,476名<17.3>・2.2%・40.6%
・1,421名<18.3>・15.3%・43.3%
・1,464名<19.3>・17.3%・45.4%
・1,238名<20.3>・23.1%・47.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年12月発売号 36.8億円・22.9億円・11.5億円
2015年06月発売号 50.1億円・28.2億円・10.4億円
2016年06月発売号 34.5億円・25.2億円・7.6億円
2017年06月発売号 43.5億円・28.2億円・6.0億円
2018年06月発売号 60.2億円・36.0億円・4.5億円
2019年06月発売号 58.4億円・44.5億円・5.1億円
2020年06月発売号 52.8億円・45.5億円・3.3億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 41.2%・336.78円・0円・685
25年3月期 52.5%・396.98円・0円・782
26年3月期 56.8%・474.12円・0円・924
27年3月期 60.7%・551.95円・0円・991
28年3月期 66.3%・582.36円・0円・487
29年3月期 68.4%・611.73円・0円・911
30年3月期 70.3%・3,493.84円・0円・1,195
31年3月期 72.8%・3,957.76円・0円・1,298
2020年3月期 77.4%・4,205.46円・0円・896



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 12,000,000・38,294
25年3月期末 12,000,000・41,068
26年3月期末 12,000,000・23,652
27年3月期末 12,000,000・24,320
28年3月期末 12,000,000・25,072
29年3月期末 12,000,000・28,015
30年3月期末 2,400,000・5,769 (併5→1)
31年3月期末 2,400,000・5,789
2020年3月期末 2,400,000・5,789



次に、株価と指標等を見てみる。

8月7日の終値は、2,183円
予想PERは、9.17倍
実績PBRは、0.52倍
予想利回りは、4.12%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、6,853円。(事業価値5,192円+財産価値1,929円-有利子負債268円)
・理論株価比は、31.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1939.12
【上場】1962.9

【特色】独立系の産業用機器メーカー。自動車整備機器・工具と給油・塗装用など産業用ポンプが2本柱

【連結事業】オートモティブ機器28、インダストリアル機器60、他12

【海外】50 <20・3>

【大幅続落】産業用ポンプは新型コロナ響き国内外ともに需要が減少。欧米、アジア向けともに輸出は低調。国内も主要顧客の設備投資減退や減産を受け減。自動車整備機器も減少。原材料高や人件費など固定費も重く営業益は大幅続落。連続増配含み。

【建て替え】神奈川・相模原工場は21年10月稼働に向け建て替え工事進む。稼働すれば2グループ交代制で24時間生産可能に。









Last updated  2020/08/18 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/08/12
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



東亜バルブエンジニアリング(6466.バルブ)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年9月期の1株当たり純資産は、前期比が106.3%、3期前比が116.4%、5期前比が129.5%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)9月期 808
2016年(平成28年)9月期 295
2017年(平成29年)9月期 287
2018年(平成30年)9月期 581
2019年(令和01年)9月期 576



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年9月期 35円・79百万円・16.6%・1.1% 
2019年9月期 40円・91百万円・12.8%・1.1% 
2020年9月期 40円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,384名<19.9>・16.4%・56.4%
・1,272名<20.3>・14.0%・57.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年12月発売号 42.2億円・33.3億円・2.8億円
2020年06月発売号 47.1億円・33.3億円・2.4億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年9月期 59.8%・2,804.37円・0円・△247
27年9月期 61.1%・3,023.58円・0円・1,366
28年9月期 65.6%・3,120.20円・0円・3
29年9月期 68.1%・3,222.01円・0円・1,355
2018年9月期 72.1%・3,415.83円・0円・△672
2019年9月期 70.9%・3,631.05円・0円・1,169



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年9月期末 2,678,600・344,097
27年9月期末 2,678,600・344,196
28年9月期末 2,678,600・410,856
29年9月期末 2,678,600・411,187
2018年9月期末 2,678,600・403,994
2019年9月期末 2,678,600・394,677



次に、株価と指標等を見てみる。

8月7日の終値は、1,713円
予想PERは、6.33倍
実績PBRは、0.46倍
予想利回りは、2.34%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,157円。(事業価値1,551円+財産価値1,794円-有利子負債188円)
・理論株価比は、54.3%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】9月
【設立】2000.3
【上場】2000.3

【特色】バルブ製販とメンテが主軸。PWR(加圧水型)原発向けバルブに強い。キッツと資本業務提携

【連結事業】バルブ81(23)、製鋼13(-20)、除染6(-10) <19・9>

【好 調】柱のバルブ事業は好採算の原発定期検査工事が5カ所で完了、2カ所で設備工事売上計上し、上期偏重で拡大。製鋼事業はバルブ生産量が増加し、赤字幅縮小。除染事業も伸びる。営業益伸長。21年9月期はバルブ事業が原発案件軸に順調。

【除 染】廃棄物中間貯蔵や減容化施設の放射線管理の受注拡大図る。IoT・センシング融合による状態監視サービス計画。









Last updated  2020/08/12 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/04/13
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



マキタ(6586.電動工具)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・31年3月期の1株当たり親会社所有者帰属持分は、前期比が103.4%、3期前比が119.4%、5期前比が131.4%。



次に、税前利益を見てみる。

2017年(平成29年)3月期 64,738
2018年(平成30年)3月期 79,678
2019年(平成31年)3月期 79,919



次に、1株配・配当金総額・配当性向・親会社所有者帰属持分配当率を見てみる。

2018年3月期 61円・16,560百万円・30.1%・3.0%
2019年3月期 62円・16,831百万円・30.2%・3.0%
2020年3月期 49円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・11,063名<19.9>・38.7%・32.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年03月発売号 10,738億円・1,465億円・92億円



次に、親会社所有者帰属持分比率・1株当たり親会社所有者帰属持分・のれん及び無形資産・営業CFを見てみる。

26年3月期 84.0%・3,211.59円・721・41,686
27年3月期 84.5%・3,580.66円・721・35,894
28年3月期 86.0%・1,767.26円・721・34,188
29年3月期 84.1%・1,849.88円・721・63,351
30年3月期 84.6%・2,040.93円・6,991・34,191
31年3月期 84.2%・2,109.83円・8,039・23,155



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 140,008,760・4,271,134
27年3月期末 140,008,760・4,273,892
28年3月期末 280,017,520・8,550,998(分1→2)
29年3月期末 280,017,520・8,556,948
30年3月期末 280,017,520・8,549,592
31年3月期末 280,017,520・8,550,463



次に、株価と指標等を見てみる。

4月3日の終値は、3,125円
予想PERは、18.86倍
実績PBRは、1.52倍
予想利回りは、1.57%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,505円。(事業価値2,061円+財産価値503円-有利子負債59円)
・理論株価比は、124.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1938.12
【上場】1962.8

【特色】電動工具トップ。海外現地生産化で先行、販売拠点豊富。園芸機器も強化中。配当性向30%以上

【連結事業】製品83、部品・修理17

【海外】81 <19・3>

【好 転】充電式園芸用機器は好調だが、電動工具は中近東向けが大幅減。販促費増も重く営業減益。21年3月期は新型肺炎で生産に不透明感も、充電式園芸用機器は着実増。国内電動工具も好調で、営業益回復。

【販路拡大】北米ホームセンターで充電式園芸用機器の販売品目拡大。新型肺炎影響で主力中国工場の大半休止、営業店在庫で対応も長期化なら日本等に一部生産移管。









Last updated  2020/04/13 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/01/12
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



東亜バルブエンジニアリング(6466.バルブ)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年9月期の1株当たり純資産は、前期比が106.3%、3期前比が116.4%、5期前比が129.5%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)9月期 808
2016年(平成28年)9月期 295
2017年(平成29年)9月期 287
2018年(平成30年)9月期 581
2019年(令和01年)9月期 576



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年9月期 35円・79百万円・16.6%・1.1% 
2019年9月期 40円・91百万円・12.8%・1.1% 
2020年9月期 40円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,384名<19.9>・16.4%・56.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年12月発売号 42.2億円・33.3億円・2.8億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年9月期 59.8%・2,804.37円・0円・△247
27年9月期 61.1%・3,023.58円・0円・1,366
28年9月期 65.6%・3,120.20円・0円・3
29年9月期 68.1%・3,222.01円・0円・1,355
2018年9月期 72.1%・3,415.83円・0円・△672
2019年9月期 70.9%・3,631.05円・0円・1,169



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年9月期末 2,678,600・344,097
27年9月期末 2,678,600・344,196
28年9月期末 2,678,600・410,856
29年9月期末 2,678,600・411,187
2018年9月期末 2,678,600・403,994
2019年9月期末 2,678,600・394,677



次に、株価と指標等を見てみる。

12月30日の終値は、1,633円
予想PERは、6.11倍
実績PBRは、0.45倍
予想利回りは、2.45%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,555円。(事業価値1,186円+財産価値1,461円-有利子負債91円)
・理論株価比は、63.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】9月
【設立】2000.3
【上場】2000.3

【特色】バルブ製販とメンテが主軸。PWR(加圧水型)原発向けバルブに強い。キッツと資本業務提携

【連結事業】バルブ81(23)、製鋼13(-20)、除染6(-10) <19・9>

【営業増益】製鋼事業は主要客の国内生産回帰で需要増加するが低採算でまだ赤字。柱のバルブも火力発電向けが大口案件少なく低調。だが、好採算の原発定期検査工事が前期3基から8基に増加し大幅増。期初の受注残も高水準で好発進。営業増益。

【新会社】原発使用済み金属リサイクル子会社設立、廃炉事業参入へ基礎固め。Web等活用し待ちの営業から攻めの営業転換。









Last updated  2020/01/12 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/12/25
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3M ガラスクロステープ 6400 50mmx5.0m
価格:1210円(税込、送料別) (2019/12/21時点)




新晃工業(6458.空調)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.8%、3期前比が136.8%、5期前比が184.7%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.8%、3期前比が134.4%、5期前比が170.6%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.7%、3期前比が131.0%、5期前比が163.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 4,601
2014年(平成26年)3月期 3,884
2015年(平成27年)3月期 4,636
2016年(平成28年)3月期 6,411
2017年(平成29年)3月期 5,669
2018年(平成30年)3月期 5,714
2019年(平成31年)3月期 5,777



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年3月期 23円・625百万円・23.3%・2.3%
28年3月期 33円・883百万円・21.2%・3.0%
29年3月期 36円・943百万円・24.0%・2.9%
2018年3月期 40円・1,047百万円・26.8%・3.0%
2019年3月期 43円・1,125百万円・27.0%・2.9%
2020年3月期 58円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・10,139名<16.9>・20.3%・46.2%
・18,173名<17.3>・20.4%・44.2%
・12,871名<18.3>・21.7%・48.1%
・13,631名<19.3>・18.9%・49.7%
・12,227名<19.9>・18.5%・50.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 400億円・112億円・33億円
2017年06月発売号 509億円・124億円・30億円
2018年06月発売号 582億円・136億円・24億円
2019年06月発売号 433億円・151億円・21億円
2019年12月発売号 524億円・151億円・20億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 46.1%・691.59円・0円・2,849
25年3月期 50.8%・829.79円・0円・2,397
26年3月期 51.8%・933.70円・1,424百万円・4,288
27年3月期 55.7%・1,053.24円・1,265百万円・4,394
28年3月期 57.3%・1,163.71円・1,107百万円・4,050
29年3月期 62.9%・1,277.28円・949百万円・5,160
30年3月期 62.1%・1,415.51円・791百万円・5,825
31年3月期 63.9%・1,524.19円・632百万円・3,572



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 27,212,263・1,270,954
25年3月期末 27,212,263・1,671,523
26年3月期末 27,212,263・1,671,736
27年3月期末 27,212,263・11,895
28年3月期末 27,212,263・434,933
29年3月期末 27,212,263・1,106,716
30年3月期末 27,212,263・1,174,563
31年3月期末 27,212,263・1,151,714



次に、株価と指標等を見てみる。

12月20日の終値は、1,999円
予想PERは、9.83倍
実績PBRは、1.24倍
予想利回りは、2.9%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,365円。(事業価値1,670円+財産価値877円-有利子負債182円)
・理論株価比は、84.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.6
【上場】1985.8

【特色】セントラル空調機器でシェア4割弱。業務用空調機の中堅。中国やタイ進出。ビル管理会社買収

【連結事業】空調機器製造販売88、ビル管理等12

【海外】13 <19・3>

【再増額】足元、大型空調の受注は例年水準に逆戻り。が、通常裏期の上期稼ぎが想定以上。メンテ含め粗利益率上昇へ。上海も収支ゼロに浮上。最高益。70周年記念配。21年3月期は新ビル着工が4割減、収益反落。

【一体化】新晃空調を合併、製販一体化へ。20年春、寝屋川ショールーム開設。上海はスペックイン営業進める。ダイキンと新ヒートポンプ開発中。配当性向25~30%意識。









Last updated  2019/12/25 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/12/22
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



ヤマダコーポレーション(6392.ポンプメーカー)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.0%、3期前比が129.0%、5期前比が181.6%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が114.2%、3期前比が126.6%、5期前比が176.0%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.3%、3期前比が135.9%、5期前比が167.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 931
2014年(平成26年)3月期 1,280
2015年(平成27年)3月期 1,385
2016年(平成28年)3月期 969
2017年(平成29年)3月期 834
2018年(平成30年)3月期 1,568
2019年(平成31年)3月期 1,850



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

21年3月期 25円・59百万円・---・1.5%
22年3月期 0円
23年3月期 25円・59百万円・12.9%・1.7%
24年3月期 25円・59百万円・11.8%・1.6%
25年3月期 40円・95百万円・14.8%・2.3%
26年3月期 50円・119百万円・13.6%・2.3%
27年3月期 60円・143百万円・15.3%・2.3%
28年3月期 65円・155百万円・24.8%・2.3%
29年3月期 67.5円・161百万円・30.0%・2.3%
2018年3月期 75.0円・179百万円・15.5%・2.3%
2019年3月期 85.0円 ・203百万円・15.5%・2.3%
2020年3月期 87.0円



次に、部門別売上高(オートモティブ・インダストリアル・その他)を見てみる。

26年3月期 2,404・5,509・1,160
27年3月期 2,572・5,879・1,241
28年3月期 2,621・5,358・1,297
29年3月期 2,616・5,362・1,240
30年3月期 2,934・6,046・1,327
31年3月期 3,217・6,514・1,332



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,390名<15.3>・3.2%・40.3%
・1,536名<16.3>・2.0%・39.7%
・1,476名<17.3>・2.2%・40.6%
・1,421名<18.3>・15.3%・43.3%
・1,464名<19.3>・17.3%・45.4%
・1,354名<19.9>・18.7%・45.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年12月発売号 36.8億円・22.9億円・11.5億円
2015年06月発売号 50.1億円・28.2億円・10.4億円
2016年06月発売号 34.5億円・25.2億円・7.6億円
2017年06月発売号 43.5億円・28.2億円・6.0億円
2018年06月発売号 60.2億円・36.0億円・4.5億円
2019年06月発売号 58.4億円・44.5億円・5.1億円
2019年12月発売号 59.4億円・44.5億円・4.3億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 41.2%・336.78円・0円・685
25年3月期 52.5%・396.98円・0円・782
26年3月期 56.8%・474.12円・0円・924
27年3月期 60.7%・551.95円・0円・991
28年3月期 66.3%・582.36円・0円・487
29年3月期 68.4%・611.73円・0円・911
30年3月期 70.3%・3,493.84円・0円・1,195
31年3月期 72.8%・3,957.76円・0円・1,298



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 12,000,000・38,294
25年3月期末 12,000,000・41,068
26年3月期末 12,000,000・23,652
27年3月期末 12,000,000・24,320
28年3月期末 12,000,000・25,072
29年3月期末 12,000,000・28,015
30年3月期末 2,400,000・5,769 (併5→1)
31年3月期末 2,400,000・5,789



次に、株価と指標等を見てみる。

12月13日の終値は、2,640円
予想PERは、5.96倍
実績PBRは、0.65倍
予想利回りは、3.3%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、6,339円。(事業価値4,717円+財産価値1,966円-有利子負債344円)
・理論株価比は、41.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1939.12
【上場】1962.9

【特色】独立系の産業用機器メーカー。自動車整備機器・工具と給油・塗装用など産業用ポンプが2本柱

【連結事業】オートモティブ機器29、インダストリアル機器59、他12

【海外】50 <19・3>

【連続増配】柱の産業用ポンプが中国や欧州景気の鈍化受け減速。国内の自動車整備工場向けは需要減。原材料高、円高による輸出採算悪化で営業益反落。連続増配。21年3月期は全自動フロンガス交換機など拡販。

【新製品】自動車生産工場向け局所集塵装置の新型モデルを19年10月発売。アームからホースを取り外し清掃可能に。相模原工場(神奈川)建て替え工事は19年10月着工。









Last updated  2019/12/22 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/10/18
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



フロイント産業(6312.医薬品製造設備)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・30年2月期の1株当たり純資産は、前期比が108.7%、3期前比が120.5%、5期前比が144.0%。
・31年2月期の1株当たり純資産は、前期比が103.1%、3期前比が118.4%、5期前比が133.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)2月期 1,249
2016年(平成28年)2月期 1,394
2017年(平成29年)2月期 2,097
2018年(平成30年)2月期 1,994
2019年(平成31年)2月期 1,326



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2015年2月期 15.0円・258百万円・37.2%・2.4%
2016年2月期 12.5円・215百万円・22.4%・1.9%
2017年2月期 20.0円・344百万円・32.4%・2.9%
2018年2月期 20.0円・344百万円・23.3%・2.7%
2019年2月期 20.0円・334百万円・39.9%・2.6%
2020年2月期 20.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,318名<16.2>・7.4%・58.3%
・10,034名<18.2>・4.2%・47.8%
・13,489名<18.8>・2.1%・47.5%
・12,806名<19.2>・5.5%・48.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2016年09月発売号 238億円・40億円・0億円
2018年09月発売号 175億円・65億円・0億円
2019年09月発売号 144億円・55億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年2月期 61.4%・1,066.73円・0円・740
26年2月期 65.8%・1,187.51円・0円・1,227
27年2月期 63.6%・637.19円・0円・822
28年2月期 67.0%・668.57円・77,159千円・290
29年2月期 63.8%・706.62円・0円・3,605
30年2月期 69.2%・767.91円・92,104千円・594
31年2月期 75.9%・791.34円・0円・435



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年2月期末 9,200,000・577,620
26年2月期末 9,200,000・577,685
27年2月期末 18,400,000・1,155,444(分1→2)
28年2月期末 18,400,000・1,155,444
29年2月期末 18,400,000・1,155,478
30年2月期末 18,400,000・1,155,478
31年2月期末 18,400,000・1,655,480



次に、株価と指標等を見てみる。

10月11日の終値は、734円
予想PERは、22.38倍
実績PBRは、0.96倍
予想利回りは、2.72%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,111円。(事業価値782円+財産価値329円-有利子負債0円)
・理論株価比は、66.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】2月
【設立】1964.4
【上場】1996.7

【特色】製薬向け造粒・コーティング装置が柱。医薬添加剤・栄養補助食品も。産業用粉体装置を育成中

【連結事業】機械67(6)、化成品33(17)

【海外】29 <19・2>

【後 退】造粒・コーティング装置は中国大型案件獲得だが国内製薬企業の投資停滞長引く。高薬理活性製剤用も苦戦。錠剤印刷機は多品種処理対応進み、徐々に戦力化。リチウム電池用も開発一巡だが補えず。医薬添加剤支えても会社計画線の営業減益に。

【HACCP】食品衛生管理国際基準浸透で水分活性測定器増勢、品質保持剤も営業強化。製剤開発受託準備で化成品事業拡充。









Last updated  2019/10/18 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/02
テーマ:機械(149)
カテゴリ:機械



新晃工業(6458.空調)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.8%、3期前比が136.8%、5期前比が184.7%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.8%、3期前比が134.4%、5期前比が170.6%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.7%、3期前比が131.0%、5期前比が163.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 4,601
2014年(平成26年)3月期 3,884
2015年(平成27年)3月期 4,636
2016年(平成28年)3月期 6,411
2017年(平成29年)3月期 5,669
2018年(平成30年)3月期 5,714
2019年(平成31年)3月期 5,777



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年3月期 23円・625百万円・23.3%・2.3%
28年3月期 33円・883百万円・21.2%・3.0%
29年3月期 36円・943百万円・24.0%・2.9%
2018年3月期 40円・1,047百万円・26.8%・3.0%
2019年3月期 43円・1,125百万円・27.0%・2.9%
2020年3月期 48円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・10,139名<16.9>・20.3%・46.2%
・18,173名<17.3>・20.4%・44.2%
・12,871名<18.3>・21.7%・48.1%
・11,602名<18.9>・20.4%・49.5%
・13,631名<19.3>・18.9%・49.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 400億円・112億円・33億円
2017年06月発売号 509億円・124億円・30億円
2018年06月発売号 582億円・136億円・24億円
2018年12月発売号 427億円・136億円・24億円
2019年06月発売号 433億円・151億円・21億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 46.1%・691.59円・0円・2,849
25年3月期 50.8%・829.79円・0円・2,397
26年3月期 51.8%・933.70円・1,424百万円・4,288
27年3月期 55.7%・1,053.24円・1,265百万円・4,394
28年3月期 57.3%・1,163.71円・1,107百万円・4,050
29年3月期 62.9%・1,277.28円・949百万円・5,160
30年3月期 62.1%・1,415.51円・791百万円・5,825
31年3月期 63.9%・1,524.19円・632百万円・3,572



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 27,212,263・1,270,954
25年3月期末 27,212,263・1,671,523
26年3月期末 27,212,263・1,671,736
27年3月期末 27,212,263・11,895
28年3月期末 27,212,263・434,933
29年3月期末 27,212,263・1,106,716
30年3月期末 27,212,263・1,174,563
31年3月期末 27,212,263・1,151,714



次に、株価と指標等を見てみる。

6月28日の終値は、1,566円08
予想PERは、9.28倍
実績PBRは、1.03倍
予想利回りは、3.07%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,406円。(事業価値1,708円+財産価値882円-有利子負債183円)
・理論株価比は、65.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.6
【上場】1985.8

【特色】セントラル空調機器でシェア4割弱。業務用空調機の中堅。中国やタイ進出。ビル管理会社買収

【連結事業】空調機器製造販売88、ビル管理等12

【海外】13 <19・3>

【最高益】国内空調の受注残3割増。高操業に加え、受注時の採算管理効く。ビル管理が底ばいでも、前期の退職給付引当金(5億円弱)なくなる。上海の赤字(前期9億円)やや縮小。最高益更新。70周年記念配。

【上 海】トップ交代し、日本流の営業開発・受注生産に戻す。3年かけ黒字化計画。4月、ダイキンと共同開発のヒートポンプ初号機納入。子会社・新晃空調工業合併へ。









Last updated  2019/07/02 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

全143件 (143件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.