5128299 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全653件 (653件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 66 >

卸売業

2019/09/18
XML
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



東テク(9960.空調)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が117.2%、3期前比が144.0%、5期前比が180.6%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が114.7%、3期前比が145.5%、5期前比が182.3%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.7%、3期前比が151.5%、5期前比が186.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 2,233
2014年(平成26年)3月期 2,867
2015年(平成27年)3月期 3,178
2016年(平成28年)3月期 3,557
2017年(平成29年)3月期 4,116
2018年(平成30年)3月期 4,764
2019年(平成31年)3月期 5,851



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 34円・457百万円・20.0%・2.5%
2017年3月期 42円・570百万円・20.4%・2.8%
2018年3月期 52円・708百万円・22.7%・3.0%
2019年3月期 67円・912百万円・22.7%・3.4%
2020年3月期 67円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,286名<16.9>・8.9%・58.2%
・3,019名<17.9>・10.7%・54.7%
・2,742名<18.9>・10.4%・54.6%
・2,966名<19.3>・9.6%・54.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 246億円・53億円・185億円
2017年12月発売号 314億円・70億円・198億円
2019年03月発売号 320億円・72億円・251億円
2019年06月発売号 290億円・54億円・229億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

24年3月期 27.2%・903.02円・79百万円・△856
25年3月期 29.9%・1,026.01円・ 79百万円・2,113
26年3月期 30.4%・1,132.03円・39百万円・922
27年3月期 32.3%・1,285.81円・39百万円・1,191
28年3月期 32.8%・1,390.81円・0円・2,594
29年3月期 32.2%・1,630.63円・14百万円・△776
30年3月期 33.8%・1,870.28円・14百万円・3,769
31年3月期 34.8%・2,107.61円・14百万円・2,009



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 13,988,000・523,464
26年3月期末 13,988,000・523,564
27年3月期末 13,988,000・523,739
28年3月期末 13,988,000・554,966
29年3月期末 13,988,000・403,739
30年3月期末 13,988,000・370,809
31年3月期末 13,988,000・370,858



次に、株価と指標等を見てみる。

9月13日の終値は、2,045円
予想PERは、6.48倍
実績PBRは、0.97倍
予想利回りは、3.28%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,112円。(事業価値3,900円+財産価値936円-有利子負債1,724円)
・理論株価比は、65.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1955.7
【上場】1993.12

【特色】空調・同関連機器商社の草分け。専業で首位。計装など工事部門拡大。保守工事子会社が強み

【連結事業】商品販売69(18)、工事31(25)、太陽光発電0(29) <19・3>

【増益基調】同業買収で売上50億円上乗せ。ビル、ホテル向け空調など機器販売堅調。前期の大口案件剥落でも計装、メガソーラー工事は豊富な手持ちを順調消化。人件費増やのれん償却こなす。連続増配も。

【買 収】人員増強が懸案の計装工事は協力関係にある同業を4月買収し技術者約200人加わる。松山営業所を5月開設し四国でも計装工事展開。M&Aに依然意欲。









Last updated  2019/09/18 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/02
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



西川計測(7500.電子計測制御機器)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年6月期の1株当たり純資産は、前期比が118.1%、3期前比が141.6%、5期前比が180.9%。
・30年6月期の1株当たり純資産は、前期比が111.2%、3期前比が138.9%、5期前比が175.2%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が114.9%、3期前比が151.0%、5期前比が180.9%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 983
2014年(平成26年)6月期 1,120
2015年(平成27年)6月期 1,017
2016年(平成28年)6月期 1,382 
2017年(平成29年)6月期 1,503
2018年(平成30年)6月期 1,435
2019年(令和01年)6月期 2,423



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

19年6月期 24円・82百万円・22.9%・2.2%
20年6月期 25円・85百万円・26.3%・2.3%
21年6月期 25円・85百万円・24.3%・2.3%
22年6月期 25円・85百万円・---・2.2%
23年6月期 27円・92百万円・27.7%・2.3%
24年6月期 34円・116百万円・23.7%・2.6%
25年6月期 34円・116百万円・22.2%・2.3%
26年6月期 40円・136百万円・22.6%・2.4%
27年6月期 45円・154百万円・24.1%・2.4%
28年6月期 60円・205百万円・23.4%・2.9%
29年6月期 70円・239百万円・23.3%・3.0%
2018年6月期 80円・269百万円・27.9%・3.0%
2019年6月期 150円・504百万円・28.4%・5.0%
2020年6月期 110円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・923名<14.12>・2.7%・51.1%
・1,036名<15.6>・4.9%・52.7%
・1,079名<16.6>・6.7%・52.9%
・917名<16.12>・6.5%・53.1%
・871名<17.12>・4.7%・52.2%
・773名<18.12>・2.9%・57.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年03月発売号 48.3億円・45.2億円・0億円
2015年09月発売号 52.3億円・67.2億円・0億円
2016年12月発売号 61.7億円・60.5億円・0億円
2018年03月発売号 101億円・77億円・0億円
2019年03月発売号 131億円・82億円・0億円
2019年09月発売号 157億円・82億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 32.2%・1,386.13円・47,500千円・439
25年6月期 34.3%・1,592.42円・37,500千円・2,015
26年6月期 39.5%・1,771.18円・27,500千円・△587
27年6月期 38.2%・2,008.32円・17,500千円・2,502
28年6月期 40.9%・2,122.67円・7,500千円・△441
29年6月期 43.8%・2,507.64円・7,500千円・1,893
30年6月期 44.3%・2,789.57円・0円・750
2019年6月期 46.9%・3,204.33円・0円・946



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 3,432,475・8,496
25年6月期末 3,432,475・8,601
26年6月期末 3,432,475・8,699
27年6月期末 3,432,475・8,818
28年6月期末 3,432,475・8,851
29年6月期末 3,432,475・8,876
30年6月期末 3,432,475・67,912
2019年6月期末 3,432,475・67,942



次に、株価と指標等を見てみる。

8月30日の終値は、3,900円
予想PERは、9.05倍
実績PBRは、1.22倍
予想利回りは、2.82%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、6,950円。(事業価値3,877円+財産価値3,083円-有利子負債9円)
・理論株価比は、56.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1951.11
【上場】1996.6

【特色】横河電機や米国アジレントの総合代理店。制御・分析機器等システム展開強い。技術系社員70%

【単独事業】制御・情報機器システム52、計測器15、分析機器25、産業機器他8 <18・6>

【小反落】半導体向け制御案件稼ぐ。自動車試験装置も上乗せに。工程管理プラス。会社増額まだ慎重。最高益。大幅増配。20年6月期は主力の水道・ガス底堅い。半導体も高水準続くが、好採算案件やや後退。小反落。

【超 過】19年6月期に中計目標超過達成へ。IoT関連の研究開発、業務システム改修推進。計測器は5G向け拡充。M&A前向き。配当性向30%、純資産配当率3%方針。









Last updated  2019/09/02 05:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/12
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



クリヤマHD(3355.合成樹脂加工)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年12月期の1株当たり純資産は、前期比が102.5%、3期前比が130.0%、5期前比が206.4%。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が113.4%、3期前比が123.2%、5期前比が190.3%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が100.0%、3期前比が116.3%、5期前比が147.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)12月期 2,026
2013年(平成25年)12月期 2,385
2014年(平成26年)12月期 2,724
2015年(平成27年)12月期 3,443
2016年(平成28年)12月期 2,286
2017年(平成29年)12月期 2,354
2018年(平成30年)12月期 2,749



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

25年12月期 10.5円・225百万円・14.4%・1.7%
26年12月期 15.0円・322百万円・18.4%・1.9%
27年12月期 16.5円・354百万円・14.5%・1.9%
28年12月期 16.5円・354百万円・22.6%・1.8%
29年12月期 18.0円・350百万円・14.2%・1.8%
30年12月期 19.0円・376百万円・21.5%・1.8%
31年12月期 20.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,244名<14.12>・6.8%・46.3%
・2,541名<15.12>・9.6%・42.4%
・2,255名<16.12>・11.1%・46.1%
・2,159名<17.12>・12.6%・44.6%
・3,184名<18.12>・7.6%・42.6%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年03月発売号 138億円・49億円・62億円
2016年06月発売号 127億円・53億円・104億円
2017年06月発売号 198億円・58億円・120億円
2018年06月発売号 248億円・56億円・115億円
2019年06月発売号 166億円・54億円・135億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年12月期 39.9%・904.36円・52,083千円・1,751
24年12月期 47.2%・1,112.60円・53,653千円・1,463
25年12月期 53.1%・1,435.77円・60,013千円・1,697
26年12月期 53.9%・1,719.52円・62,588千円・796
27年12月期 46.1%・1,820.98円・679,482千円・2,653
28年12月期 48.3%・1,866.74円・540,553千円・2,640
29年12月期 46.1%・2,117.69円・402,271千円・1,751
30年12月期 45.1%・1,059.35円・264,814千円・476



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年12月期末 11,150,100・409,008
24年12月期末 11,150,100・409,008
25年12月期末 11,150,100・409,058
26年12月期末 11,150,100・409,227
27年12月期末 11,150,100・409,359
28年12月期末 11,150,100・409,431 
29年12月期末 11,150,100・1,401,978  
30年12月期末 22,300,200・2,804,030 (分1→2) 



次に、株価と指標等を見てみる。

8月9日の終値は、830円
予想PERは、7.03倍
実績PBRは、0.78倍
予想利回りは、2.41%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、941円。(事業価値1,080円+財産価値467円-有利子負債606円)
・理論株価比は、88.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1940.12
【上場】2004.12

【特色】ゴム、合成樹脂製品を主体に産業用、建設用、運動施設用資材。海外売上高は北米中心で収益源

【連結事業】北米45(7)、産業資材27(7)、スポーツ・建設資材19(6)、欧州8(-2)、他1(-22)

【海外】58 <18・12>

【好発進】好採算の尿素SCRタンク資材が好発進。スポーツ床材、点字タイルなど公共インフラ資材も堅調。北米の物流費増、人件費増こなす。営業益独自増額。会社計画慎重。為替差益見込まず。3期連続増配。

【南 米】アルゼンチンはシェールガス市場急成長で関連ホース需要拡大。大口径はスペイン工場製の輸入販売で対応し、標準サイズは年内の現地生産開始目指す。









Last updated  2019/08/12 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/09
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



マルカ(7594.産業機械・工具卸売り)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年11月期の1株当たり純資産は、前期比が101.0%、3期前比が123.7%、5期前比が155.6%。
・29年11月期の1株当たり純資産は、前期比が107.4%、3期前比が121.0%、5期前比が151.7%。
・30年11月期の1株当たり純資産は、前期比が107.7%、3期前比が116.8%、5期前比が143.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)11月期 2,549
2014年(平成26年)11月期 2,624
2015年(平成27年)11月期 2,643
2016年(平成28年)11月期 1,709
2017年(平成29年)11月期 2,095
2018年(平成30年)11月期 2,850



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年11月期 15円・135百万円・20.0%・1.1% 
24年11月期 20円・181百万円・13.3%・1.4%
25年11月期 23円・208百万円・14.3%・1.4%
26年11月期 26円・235百万円・14.6%・1.5%
27年11月期 35円・307百万円・17.9%・1.8%
28年11月期 37円・326百万円・34.9%・1.8% 
29年11月期 40円・346百万円・27.7%・1.8% 
30年11月期 45円・386百万円・19.8%・1.9% 
31年11月期 49円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・5,867名<15.11>・15.3%・45.3%
・8,771名<16.11>・12.5%・45.3%
・7,685名<17.11>・16.6%・45.4%
・8,437名<18.11>・19.5%・44.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2016年06月発売号 113億円・87億円・7億円
2017年06月発売号 176億円・93億円・10億円
2018年06月発売号 185億円・81億円・6億円
2018年12月発売号 210億円・81億円・4億円
2019年06月発売号 174億円・94億円・12億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年11月期 51.7%・1,349.75円・31,731千円・690
24年11月期 47.8%・1,486.38円・338,380千円・2,377
25年11月期 51.8%・1,697.81円・316,728千円・248
26年11月期 48.2%・1,863.90円・296,935千円・1,662
27年11月期 47.1%・2,079.31円・303,497千円・1,206
28年11月期 48.6%・2,099.67円・398,149千円・1,246
29年11月期 46.4%・2,254.59円・377,402千円・743
30年11月期 41.6%・2,428.89円・293,603千円・2,727



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年11月期末 9,327,700・262,222
24年11月期末 9,327,700・262,359
25年11月期末 9,327,700・262,390
26年11月期末 9,327,700・262,390
27年11月期末 9,327,700・529,090
28年11月期末 9,327,700・686,870
29年11月期末 9,327,700・786,925
30年11月期末 9,327,700・913,731



次に、株価と指標等を見てみる。

8月2日の終値は、1,814円
予想PERは、5.68倍
実績PBRは、0.7倍
予想利回りは、2.7%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,926円。(事業価値1,901円+財産価値1,183円-有利子負債158円)
・理論株価比は、62.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】11月
【設立】1946.12
【上場】1998.9

【特色】産機・建機併営の中堅商社。産機は自動車向け中心。日・米・中・東南アジアの4極体制で展開

【連結事業】産業機械86(6)、建設機械14(5)、他0(53)

【海外】44 <18・11>

【小幅増益】主力の産業機械は自動車向け工作機械、射出成形機が国内、米国、アジア向けとも堅実な伸び。メディカル向け産機やアジア向け食品機械の拡大も寄与。建機は基礎機械中心に伸びる。上期に東京支社ビルの売却特益計上。記念配剥落も増配。

【ガバナンス】取締役7人中、独立社外取締役を3人に増やしガバナンス体制拡充。中国向けは射出成形機テコに離陸本格化。









Last updated  2019/08/09 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/02
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



グリーンクロス(7533.建設関連製品・設備)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年4月期の1株当たり純資産は、前期比が110.6%、3期前比が134.6%、5期前比が164.4%。
・30年4月期の1株当たり純資産は、前期比が110.2%、3期前比が132.2%、5期前比が166.4%。
・31年4月期の1株当たり純資産は、前期比が108.7%、3期前比が132.5%、5期前比が161.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)4月期 665
2014年(平成26年)4月期 986
2015年(平成27年)4月期 1,007
2016年(平成28年)4月期 1,021
2017年(平成29年)4月期 1,175
2018年(平成30年)4月期 1,185
2019年(平成31年)4月期 1,244



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

19年4月期 8.0円・68百万円・52.5%・2.4%
20年4月期 9.5円・81百万円・40.0%・2.8%
21年4月期 9.5円・81百万円・63.4%・2.7%
22年4月期 10.5円・90百万円・40.6%・2.9%
23年4月期 10.5円・90百万円・36.8%・2.8%
24年4月期 12.5円・107百万円・33.8%・3.0%
25年4月期 11.0円・94百万円・25.9%・2.6%
26年4月期 18.0円・155百万円・29.1%・3.8%
27年4月期 21.0円・181百万円・28.3%・3.9%
28年4月期 22.5円・195百万円・28.7%・3.8%
29年4月期 23.0円・197百万円・27.0%・3.6%
2018年4月期 23.5円・201百万円・26.6%・3.1%
2019年4月期 25.0円・217百万円・27.5%・3.1%
2020年4月期 25.0円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,437名<14.4>・0.3%・50.6%
・1,963名<15.4>・1.6%・50.8%
・1,975名<16.4>・3.4%・48.9%
・1,840名<17.4>・5.9%・51.9%
・1,764名<18.4>・8.1%・53.2%
・1,788名<18.10>・8.9%・53.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2014年06月発売号 39.7億円・8.1億円・12.3億円
2014年09月発売号 42.5億円・11.1億円・9.6億円
2015年09月発売号 62.1億円・11.5億円・6.9億円
2016年09月発売号 60.0億円・15.5億円・12.5億円
2017年12月発売号 90.8億円・14.3億円・10.9億円
2018年12月発売号 101億円・14億円・9億円
2019年06月発売号 92.5億円・14.1億円・8.3億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年4月期 61.0%・824.74円・22,464千円・218
25年4月期 58.3%・897.54円・15,889千円・431
26年4月期 52.1%・1,007.00円・9,314千円・622
27年4月期 56.1%・1,130.05円・2,739千円・441
28年4月期 52.4%・1,225.46円・709,777千円・755
29年4月期 53.8%・1,355.73円・635,064千円・767
30年4月期 56.1%・1,493.93円・560,350千円・778
31年4月期 57.5%・811.87円・522,181千円・1,114



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年4月期末 4,512,640・205,040
25年4月期末 4,512,640・205,040
26年4月期末 4,512,640・205,040
27年4月期末 4,512,640・185,340
28年4月期末 4,512,640・174,940
29年4月期末 4,512,640・214,940
30年4月期末 4,512,640・214,940
31年4月期末 9,025,280・319,080(分1→2)



次に、株価と指標等を見てみる。

7月726日の終値は、1,050円8
予想PERは、11.43倍
実績PBRは、1.29倍
予想利回りは、2.38%



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】4月
【設立】1971.7
【上場】1996.12

【特色】工事安全機材の販売、レンタル。西日本地盤だが関東にも進出。CG活用のサインメディア注力

【連結事業】安全機材用品45、グリーンレンタル21、サインメディア34 <18・4>

【小幅増益】20年4月期は安全機材やサインメディアが首都圏軸に順調。新子会社との連携拡大も寄与。レンタル回転率が改善。看板メンテは営業地域拡大で着実増。新商材投入、物流効率化進め営業益小幅増。

【連 携】2月に九州地盤のネオン、サイン工事会社北斗ネオンを子会社化、営業基盤を拡充。3月にユニットハウス大手のナガワの株式引き受け、業務面での連携模索。









Last updated  2019/08/02 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/31
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



日本電計(9908.電子計測制御機器)を見ておきます。

​​関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.5%、3期前比が140.9%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.9%、3期前比が133.0%、5期前比が185.2%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.5%、3期前比が134.2%、5期前比が174.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 2,350
2014年(平成26年)3月期 2,165
2015年(平成27年)3月期 3,079
2016年(平成28年)3月期 2,504
2017年(平成29年)3月期 2,389
2018年(平成30年)3月期 2,971
2019年(平成31年)3月期 3,445



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年3月期 22円・172百万円・21.7%・2.8%
24年3月期 27円・211百万円・15.2%・3.0%
25年3月期 35円・274百万円・19.2%・3.3%
26年3月期 35円・274百万円・22.2%・2.8%
27年3月期 38円・298百万円・15.3%・2.6%
28年3月期 38円・298百万円・18.4%・2.3%
29年3月期 40円・313百万円・19.5%・2.2%
2018年3月期 42円・329百万円・17.2%・2.1%
2019年3月期 50円・392百万円・16.8%・2.2%
2020年3月期 50円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,719名<14.3>・0.1%
・3,564名<17.3>・3.3%・51.2%
・3,117名<18.3>・8.0%・52.4%
・3,043名<19.3>・8.2%・53.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年12月発売号 70.5億円・38.1億円・125.0億円
2014年06月発売号 71.1億円・48.6億円・126.3億円
2017年09月発売号 120億円・56億円・152億円
2018年06月発売号 142億円・57億円・151億円
2019年06月発売号 106億円・48億円・134億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

25年3月期 25.6%・1,154.21円・8,837千円・2,182
26年3月期 26.8%・1,342.99円・0円・1,429
27年3月期 27.7%・1,606.47円・0円・△489
28年3月期 29.9%・1,743.40円・0円・2,137
29年3月期 32.3%・1,892.17円・0円・2,136
30年3月期 31.1%・2,137.06円・0円・△2,253
31年3月期 33.1%・2,340.51円・0円・2,930



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 7,879,005・29,909
26年3月期末 7,879,005・30,181
27年3月期末 7,879,005・30,752
28年3月期末 7,879,005・31,242
29年3月期末 7,879,005・31,364
30年3月期末 7,879,005・31,870
31年3月期末 7,879,005・31,977



次に、株価と指標等を見てみる。

7月26日の終値は、1,395円
予想PERは、5.47倍
実績PBRは、0.6倍
予想利回りは、3.58%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,590円。(事業価値4,803円+財産価値572円-有利子負債1,786円)
・理論株価比は、38.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.9
【上場】1991.10

【特色】電子計測器専門商社で首位。国内、東アジア圏で販売網拡大。太陽光、風力等の環境関連に展開

【連結事業】電子計測器41、製造・加工・検査装置15、電子・機構部品12、コンピューター・関連機器7、環境・評価・試験機器8、他17 <19・3>

【反 落】柱の計測機器は安全性や自動運転の試験・研究開発増を背景に自動車向け堅調。中国の受託試験や通信も着実。ただ、液晶関連の大口案件剥落が痛手。人件費増や新本社移転費用もかさんで営業減益。

【攻 め】岡山や秋田などに新拠点、顧客の近くできめ細かな営業強化。ベトナムの日系企業向けの計測機器校正サービスは順調。新本社完成は8月。配当性向20%メド。









Last updated  2019/07/31 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/30
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



JKHD(9896.住宅資材・設備卸売り)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.5%、3期前比が130.5%、5期前比が158.3%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.4%、3期前比が126.8%、5期前比が155.7%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が102.4%、3期前比が123.7%、5期前比が144.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 4,163
2014年(平成26年)3月期 5,776
2015年(平成27年)3月期 4,059
2016年(平成28年)3月期 3,887
2017年(平成29年)3月期 4,369
2018年(平成30年)3月期 4,839
2019年(平成31年)3月期 4,665



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

25年3月期 10円・288百万円・14.2%・1.3%
26年3月期 12円・364百万円・10.6%・1.4%
27年3月期 13円・409百万円・12.5%・1.4%
28年3月期 15円・471百万円・20.1%・1.5%
29年3月期 15円・461百万円・16.7%・1.4%
2018年3月期 17円・523百万円・18.2%・1.4%
2019年3月期 17円・523百万円・24.7%・1.3%
2020年3月期 19円  



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・8,842名<14.3>・3.2%・51.2%
・11,752名<15.3>・5.0%・51.5%
・18,992名<16.3>・2.7%・50.7%
・15,000名<17.3>・3.9%・51.6%
・11,212名<18.3>・4.3%・57.0%
・12,534名<19.3>・3.4%・55.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2014年09月発売号 178億円・202億円・455億円
2015年09月発売号 158億円・190億円・438億円
2016年09月発売号 153億円・179億円・437億円
2017年06月発売号 206億円・242億円・414億円
2018年06月発売号 278億円・322億円・407億円
2019年06月発売号 177億円・333億円・452億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 12.4%・730.48円・238百万円・9,688
25年3月期 12.8%・804.97円・168百万円・2,676
26年3月期 14.6%・886.09円・37百万円・△1,181
27年3月期 17.0%・988.42円・25百万円・2,157
28年3月期 17.8%・1,037.10円・125百万円・1,855
29年3月期 18.7%・1,156.38円・131百万円・9,166
30年3月期 18.8%・1,253.22円・141百万円・11,967
31年3月期 18.4%・1,282.76円・134百万円・5,307



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 29,540,016・349,398
25年3月期末 29,540,016・721,864
26年3月期末 31,840,016・378,122
27年3月期末 31,840,016・378,632
28年3月期末 31,840,016・379,146
29年3月期末 31,840,016・1,048,706
30年3月期末 31,840,016・1,049,345
31年3月期末 31,840,016・1,006,157

☆25年12月 公230万株。



次に、株価と指標等を見てみる。

7月26日の終値は、551円
予想PERは、6.54倍
実績PBRは、0.43倍
予想利回りは、3.45%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,300円。(事業価値2,747円+財産価値1,084円-有利子負債1,531円)
・理論株価比は、24.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1949.2
【上場】1990.11

【特色】合板・建材の専門商社。国内シェア1割強でトップ。M&Aで業容拡大推進。建材製造子会社も

【連結事業】総合建材卸売87(1)、合板製造・木材加工3(-2)、総合建材小売10(1)、他1(3) <19・3>

【横ばい圏】主力の総合建材卸売りは合板や住宅機器など堅調で粗利率も若干改善。ただ、人件費や物流費の上昇が重荷。営業利益は横ばい圏。前期計上した老朽設備などの除却損消え、純益は増加。2円増配。

【新中計】成長路線とともに中核会社の機構改革、小売り会社再編等で体質改善図る中計策定。公園管理の新事業も。21年度売上目標3750億円、経常利益率1・36%。









Last updated  2019/07/30 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/28
カテゴリ:卸売業



CBグループマネジメント(9852.トイレタリー卸)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.2%、3期前比が110.9%、5期前比が124.8%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.4%、3期前比が131.3%、5期前比が127.7%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が101.1%、3期前比が119.7%、5期前比が122.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 1,492
2014年(平成26年)3月期 1,266
2015年(平成27年)3月期 -413
2016年(平成28年)3月期 1,207
2017年(平成29年)3月期 1,775
2018年(平成30年)3月期 1,869
2019年(平成31年)3月期 1,013



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年3月期 60円・131百万円・----・0.8%
28年3月期 60円・124百万円・12.4%・0.8%
29年3月期 75円・155百万円・13.5%・0.9%
2018年3月期 80円・166百万円・13.3%・0.9%
2019年3月期 80円・166百万円・25.7%・0.9%
2020年3月期 80円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・409名<16.9>・0.2%・66.8%
・538名<17.3>・0.3%・66.6%
・569名<18.3>・0.4%・70.6%
・553名<18.9>・4.5%・65.9%
・597名<19.3>・4.6%・63.6%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2016年12月発売号 63.7億円・3.6億円・99.6億円
2017年06月発売号 88.6億円・2.8億円・88.3億円
2018年06月発売号 95.1億円・4.8億円・82.0億円
2018年12月発売号 71.5億円・4.8億円・84.9億円
2019年06月発売号 71.5億円・4.8億円・84.9億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

24年3月期 33.8%・1,331.48円・45百万円・1,147
25年3月期 36.0%・1,424.00円・0円・1,214
26年3月期 36.4%・1,498.15円・0円・△518
27年3月期 35.9%・1,384.58円・0円・1,553
28年3月期 34.7%・1,536.04円・0円・590
29年3月期 35.7%・1,661.87円・0円・1,336
30年3月期 37.0%・9,092.76円・0円・1,071
31年3月期 38.5%・9,191.00円・0円・1,059



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 12,309,244・1,317,506
25年3月期末 12,309,244・1,321,094
26年3月期末 12,309,244・1,325,928
27年3月期末 12,309,244・1,326,787
28年3月期末 12,309,244・1,969,321
29年3月期末 12,309,244・1,972,381
30年3月期末 2,461,848・395,183(併5→1)
31年3月期末 2,461,848・395,223



次に、株価と指標等を見てみる。

7月19日の終値は、2,758円
予想PERは、8.77倍
実績PBRは、0.3倍
予想利回りは、2.9%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、6,694円。(事業価値9,739円+財産価値494円-有利子負債3,539円)
・理論株価比は、41.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.10
【上場】1989.11

【特色】首都圏地盤。日用雑貨、化粧品卸大手。百貨店向けや輸入品など専売品の開拓に定評。持株会社化

【連結事業】日用雑貨100(1)、不動産賃貸0(6) <19・3>

【小反発】日用品、化粧品はEC通じて売上数量が順調に拡大。好採算の欧米日用雑貨輸入品が利益を底上げ。が、人材の積極採用や受発注作業自動化など、卸売りの先行投資費用が重い。営業益回復緩やか。

【E C】成長ドライバーとして位置づけ、システム投資など経営資源を重点配分。訪日外国人の急速な消費動向変化に対応するマーケティングを、取引先に提案。









Last updated  2019/07/28 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/15
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



フォーバル(8275.他通信サービス)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.9%、3期前比が132.3%、5期前比が165.3%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が117.7%、3期前比が157.0%、5期前比が176.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 2,331
2017年(平成29年)3月期 2,615
2018年(平成30年)3月期 2,960
2019年(平成31年)3月期 3,308



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 19円・484百万円・30.5%・6.5%
2018年3月期 21円・526百万円・30.6%・6.2%
2019年3月期 25円・627百万円・30.4%・6.4%
2020年3月期 26円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,396名<18.3>・1.2%・77.4%
・3,270名<19.3>・0.6%・78.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 243億円・73億円・21億円
2019年06月発売号 264億円・88億円・47億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 34.5%・431.93円・380,693千円・1,309
26年3月期 35.5%・477.06円・404,363千円・1,105
27年3月期 36.2%・269.83円・308,089千円・1,585
28年3月期 33.2%・267.52円・184,376千円・1,713
29年3月期 37.5%・319.17円・151,620千円・1,408
30年3月期 35.8%・357.01円・437,755千円・2,365
31年3月期 32.6%・420.04円・593,535千円・726



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 13,866,311・603,147
26年3月期末 13,866,311・603,186
27年3月期末 27,732,622・1,743,738(分1→2)
28年3月期末 27,732,622・2,254,407
29年3月期末 27,732,622・2,237,448
30年3月期末 27,732,622・2,663,450
31年3月期末 27,732,622・2,634,451



次に、株価と指標等を見てみる。

7月12日の終値は、961円
予想PERは、10.96倍
実績PBRは、2.29倍
予想利回りは、2.71%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,167円。(事業価値1,010円+財産価値387円-有利子負債231円)
・理論株価比は、82.3%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1980.9
【上場】1988.11

【特色】中小向け通信機器販売、ネットワーク接続が主力。ITコンサルに注力し、OEMも積極拡大中

【連結事業】フォーバルBG37(10)、フォーバルテレコムBG31(5)、モバイルショップBG20(1)、総合環境コンサルティングBG他12(2) <19・3>

【増益続く】採算性低い携帯ショップ事業撤退で売上剥落。が、柱の通信関連コンサルがEC活用需要の高まりや働き方改革浸透背景に単価上昇、OEMも順調拡大。堅調なISPも上乗せ。営業増益。連続増配。

【選択と集中】携帯ショップ事業に充ててきたリソースをコンサル軸の法人向けに集中、成長加速目指す。中小企業向けに特化し開発した勤怠管理システムの提供開始。









Last updated  2019/07/15 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/14
テーマ:卸売業(653)
カテゴリ:卸売業



稲畑産業(8098.化学品商社)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が117.2%、3期前比が130.8%、5期前比が198.0%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が97.3%、3期前比が113.7%、5期前比が149.5%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が116.4%、3期前比が132.7%、5期前比が148.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 10,034
2014年(平成26年)3月期 12,454
2015年(平成27年)3月期 13,217
2016年(平成28年)3月期 12,257
2017年(平成29年)3月期 13,672
2018年(平成30年)3月期 6,374
2019年(平成31年)3月期 14,309



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

24年3月期 21円
25年3月期 23円
26年3月期 30円
27年3月期 33円・2,075百万円・24.1%・1.7%
28年3月期 36円・2,252百万円・23.7%・1.8%
29年3月期 40円・2,478百万円・25.6%・1.8%
2018年3月期 40円・2,459百万円・36.4%・1.7%
2019年3月期 48円・2,929百万円・22.7%・1.9%
2020年3月期 48円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・6,720名<16.9>・24.0%・49.4%
・11,380名<17.9>・26.0%・48.4%
・5,649名<18.3>・27.6%・48.6%
・11,466名<18.9>・27.3%・47.5%
・6,296名<19.3>・26.5%・47.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2016年12月発売号 780億円・170億円・672億円
2017年12月発売号 1,075億円・229億円・774億円
2018年06月発売号 1,022億円・292億円・719億円
2018年12月発売号 998億円・292億円・721億円
2019年06月発売号 877億円・230億円・572億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 30.7%・1,201.43円・0円・△15,534
25年3月期 35.4%・1,547.70円・0円・19,799
26年3月期 37.7%・1,817.68円・0円・△764
27年3月期 39.1%・2,036.31円・0円・8,354
28年3月期 41.3%・2,029.70円・0円・11,866
29年3月期 43.0%・2,378.31円・0円・1,840
30年3月期 40.0%・2,314.42円・0円・5,960
31年3月期 44.5%・2,693.92円・0円・12,510



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年3月期末 63,499,227・801,996
28年3月期末 63,499,227・1,402,268
29年3月期末 63,499,227・2,002,305
30年3月期末 63,499,227・2,402,417
31年3月期末 63,499,227・3,002,502



次に、株価と指標等を見てみる。

7月5日の終値は、1,437円
予想PERは、7.98倍
実績PBRは、0.53倍
予想利回りは、3.34%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,650円。(事業価値1,962円+財産価値1,663円-有利子負債975円)
・理論株価比は、54.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1918.6
【上場】1961.10

【特色】化学専門商社。住友化学系だが稲畑オーナー色も。情報電子、合成樹脂が柱。アジア広域展開

【連結事業】情報電子34(2)、化学品8(3)、生活産業6(3)、合成樹脂47(2)、住環境4(0)、他0(79)

【海外】61 <19・3>

【小幅増益】主力の合成樹脂はアジアで自動車向けが増加。化学品も放熱部材など伸びる。生活産業の経費先行落ち着くが、情報電子で好採算品の比率低下。営業益は小幅増程度。投資有証売却特益見込まず。

【還 元】総還元性向30~35%。今期48円配なら再度自己株買いの公算。低迷続く住環境は今期から化学品に統合し、部門内で再編成。防曇フィルムなど農業分野開拓。









Last updated  2019/07/14 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く

全653件 (653件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 66 >

PR

Favorite Blog

☆AKB48♪新センター;… New! ruzeru125さん

メモ New! 4畳半2間さん

台風後には雨漏れチ… New! Home Madeさん

2018~19主力株概況… New! みきまるファンドさん

換気youtube New! 原田ミカオさん

DOW 26935.07 New! どらりん0206さん

7412アトム(時価総… New! わくわく303さん

基準地価と共に去りぬ New! staycoolKさん

7時15分から雨、My株… New! 愚利公さん

狩盤日記 2019 New! kimiaoさん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.