5125105 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

陸運

2019/09/13
XML
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運



ロジネット ジャパン(9027.陸運)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が117.6%、3期前比が164.8%、5期前比が170.2%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が117.1%、3期前比が168.6%、5期前比が187.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 1,560
2017年(平成29年)3月期 2,175
2018年(平成30年)3月期 2,641
2019年(平成31年)3月期 3,134



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 30.00円・183百万円・12.3%・2.3%
2018年3月期 36.00円・219百万円・12.3%・2.3%
2019年3月期 42.00円・256百万円・12.4%・2.3%
2020年3月期 47.00円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・777名<18.9>・0.0%・48.1%
・824名<19.3>・0.1%・48.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 115億円・5億円・74億円
2019年06月発売号 128億円・4億円・76億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

25年3月期 20.1%・490.29円・39,354千円・1,718
26年3月期 20.9%・521.53円・0円・394
27年3月期 20.0%・506.36円・0円・1,757
28年3月期 22.6%・579.56円・0円・2,120
29年3月期 31.0%・1,419.50円・0円・2,687
30年3月期 35.0%・1,668.95円・0円・3,113
31年3月期 37.6%・1,953.85円・0円・3,183



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 14,021,363・1,804,313
26年3月期末 14,021,363・1,807,413
27年3月期末 14,021,363・1,809,702
28年3月期末 14,021,363・1,812,593
29年3月期末 7,010,681・906,765(併2→1)
30年3月期末 7,010,681・910,219
31年3月期末 7,010,681・910,305



次に、株価と指標等を見てみる。

9月6日の終値は、1,991円1.02
予想PERは、5.59倍
実績PBRは、1.02倍
予想利回りは、2.36%



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2005.10
【上場】2005.10

【特色】陸運持株会社。傘下に北海道の札幌通運、東京地盤で鉄道に強い中央通運、西日本地盤子会社も

【連結事業】運送92、物品販売1、他7 <19・3>

【最高益】法人向けトラック輸送やJRコンテナ輸送は本州地域の営業機能集客効果で荷量拡大、値上げも進む。前期急伸したネット通販関連の個人向け宅配は引き続き高水準。ドライバー不足や燃料高騰に伴う外部委託費の増加こなし営業増益。増配。

【本州営業】札幌通運と中央通運の機能統合、管理・事務作業の省力化も狙う。荷物の集配や外部発注に関するIT投資強化。









Last updated  2019/09/13 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/04
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運



ロジネット ジャパン(9027.陸運)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が117.6%、3期前比が164.8%、5期前比が170.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 1,560
2017年(平成29年)3月期 2,175
2018年(平成30年)3月期 2,641



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 30.00円・183百万円・12.3%・2.3%
2018年3月期 36.00円・219百万円・12.3%・2.3%
2019年3月期 36.00円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・777名<18.9>・0.0%・48.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 115億円・5億円・74億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

25年3月期 20.1%・490.29円・39,354千円・1,718
26年3月期 20.9%・521.53円・0円・394
27年3月期 20.0%・506.36円・0円・1,757
28年3月期 22.6%・579.56円・0円・2,120
29年3月期 31.0%・1,419.50円・0円・2,687
30年3月期 35.0%・1,668.95円・0円・3,113



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 14,021,363・1,804,313
26年3月期末 14,021,363・1,807,413
27年3月期末 14,021,363・1,809,702
28年3月期末 14,021,363・1,812,593
29年3月期末 7,010,681・906,765(併2→1)
30年3月期末 7,010,681・910,219



次に、株価と指標等を見てみる。

4月26日の終値は、1,685円
予想PERは、5.53倍
実績PBRは、0.93倍
予想利回りは、2.14%



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2005.10
【上場】2005.10

【特色】陸運持株会社。傘下に北海道の札幌通運、東京地盤で鉄道に強い中央通運、西日本地盤子会社も

【連結事業】運送94、物品販売0、他6 <18・3>

【微増益】鉄道利用運送伸び悩み。ただ大手ネット通販事業者向け荷物の取り扱い拡大。既存荷主向けの値上げも進展。20年3月期は大手ネット通販事業者向け取扱高引き続き拡大。ドライバーの確保や外注等に伴うコスト増は値上げで一部吸収。微増益。

【EC向け】宅配に加え荷物の仕分けや幹線輸送まで展開。トラックとコンテナ組み合わせ顧客の長距離間輸送ニーズに対応。









Last updated  2019/05/04 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/01
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運



東日本旅客鉄道(9020.鉄道)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.8%、3期前比が127.7%、5期前比が144.6%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.3%、3期前比が129.1%、5期前比が145.5%。



次に、経常利益を見てみる。

2014年(平成26年)3月期 332,518
2015年(平成27年)3月期 361,977
2016年(平成28年)3月期 428,902
2017年(平成29年)3月期 412,311
2018年(平成30年)3月期 439,969
2019年(平成31年)3月期 443,267



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 130円・50,580百万円・18.2%・2.0%
2018年3月期 140円・53,946百万円・18.7%・2.0%
2019年3月期 150円・57,224百万円・19.4%・1.9%
2020年3月期 165円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・204,005名<18.9>・33.5%・28.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年12月発売号 39,404億円・3,149億円・31,805億円
2019年03月発売号 40,358億円・3,149億円・31,947億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 28.1%・5,135.76円・0円・588,529
26年3月期 29.4%・5,529.40円・0円・562,763
27年3月期 30.1%・5,818.19円・0円・622,762
28年3月期 31.4%・6,232.40円・0円・673,109
29年3月期 33.5%・6,825.51円・0円・652,906
30年3月期 35.1%・7,426.92円・0円・704,194
31年3月期 36.7%・8,046.93円・0円・663,801



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 396,000,000・602,387
26年3月期末 395,000,000・629,294
27年3月期末 393,500,000・652,972
28年3月期末 392,500,000・655,903
29年3月期末 389,407,900・657,657
30年3月期末 385,655,500・659,915
31年3月期末 381,822,200・661,645



次に、株価と指標等を見てみる。

4月26日の終値は、10,465円
予想PERは、13.76倍
実績PBRは、1.33倍
予想利回りは、1.58%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、7,700円。(事業価値13,897円+財産価値1,318円-有利子負債7,515円)
・理論株価比は、135.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1987.4
【上場】1993.10

【特色】鉄道最大手。首都圏・東日本が地盤。不動産賃貸や駅ナカ物販事業が成長。『Suica』を育成

【連結事業】運輸68(16)、流通・サービス17(7)、不動産・ホテル12(22)、他3(10) <18・3>

【最高益】東京駅『グランスタ』など前期開業の商業施設や賃貸物件、ホテルが通期貢献。増益。増配。20年3月期は観光客や首都圏通勤客の利用増え主柱の鉄道が堅調。ルミネ、アトレは海外でも稼ぐ。最高益更新。

【着 手】都心と羽田空港結ぶアクセス線3ルートのうち、東山手ルートが着工に向け環境アセス実施へ。順調なら10年後開業。再開発中の竹芝は高層棟が20年4月開業。









Last updated  2019/05/01 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/31
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運



東日本旅客鉄道(9020.鉄道)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.8%、3期前比が127.7%、5期前比が144.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2014年(平成26年)3月期 332,518
2015年(平成27年)3月期 361,977
2016年(平成28年)3月期 428,902
2017年(平成29年)3月期 412,311
2018年(平成30年)3月期 439,969



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

29年3月期 130円・50,580百万円・18.2%・2.0%
30年3月期 140円・53,946百万円・18.7%・2.0%
31年3月期 150円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・204,005名<18.9>・33.5%・28.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年12月発売号 39,404億円・3,149億円・31,805億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 28.1%・5,135.76円・0円・588,529
26年3月期 29.4%・5,529.40円・0円・562,763
27年3月期 30.1%・5,818.19円・0円・622,762
28年3月期 31.4%・6,232.40円・0円・673,109
29年3月期 33.5%・6,825.51円・0円・652,906
30年3月期 35.1%・7,426.92円・0円・704,194



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 396,000,000・602,387
26年3月期末 395,000,000・629,294
27年3月期末 393,500,000・652,972
28年3月期末 392,500,000・655,903
29年3月期末 389,407,900・657,657
30年3月期末 385,655,500・659,915



次に、株価と指標等を見てみる。

12月21日の終値は、9,480円
予想PERは、12.46倍
実績PBRは、1.21倍
予想利回りは、1.58%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、8,206円。(事業価値14,328円+財産価値1,425円-有利子負債7,547円)
・理論株価比は、115.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1987.4
【上場】1993.10

【特色】鉄道最大手。首都圏・東日本が地盤。不動産賃貸や駅ナカ物販事業が成長。『Suica』を育成

【連結事業】運輸68(16)、流通・サービス17(7)、不動産・ホテル12(22)、他3(10) <18・3>

【横ばい】東京駅『グランスタ』など前期開業の商業施設や賃貸物件が通期貢献。だが主柱の鉄道は動力費、修繕費など経費かさみ微増益止まり。増配。20年3月期は台風の影響消え鉄道が持ち直す。最高益更新。

【働き方】新宿、品川などの駅構内でシェアオフィスの実証実験を開始。利便性高く本格展開すれば新たな収益源に。『ルミネ』海外2号店を18年12月ジャカルタに開業。









Last updated  2018/12/31 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/08/02
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

毎月5000円で自動的にお金が増える方法 [ ミアン・サミ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/7/28時点)




ヒガシトゥエンティワン(9029.陸運)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.6%、3期前比が109.8%、5期前比が121.7%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.9%、3期前比が109.1%、5期前比が122.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 656
2014年(平成26年)3月期 696
2015年(平成27年)3月期 724
2016年(平成28年)3月期 730
2017年(平成29年)3月期 700
2018年(平成30年)3月期 813



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

26年3月期 8.5円・97百万円・25.2%・1.7%
27年3月期 8.5円・97百万円・27.2%・1.6%
28年3月期 8.5円・97百万円・51.7%・1.7%
29年3月期 8.5円・111百万円・20.7%・1.6%
30年3月期 12.0円・157百万円・31.3%・2.1%
31年3月期 12.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,395名<15.3>・3.5%・64.2%
・2,536名<16.3>・5.9%・57.0%
・2,554名<17.3>・6.2%・57.0%
・2,772名<18.3>・7.1%・57.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年09月発売号 47.7億円・11.8億円・20.2億円
2016年09月発売号 39.4億円・20.8億円・19.3億円
2017年06月発売号 48.4億円・22.8億円・17.1億円
2018年06月発売号 57.3億円・28.6億円・22.5億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 44.1%・897.74円・0円・668
25年3月期 49.2%・942.76円・0円・544
26年3月期 51.6%・497.31円・0円・516
27年3月期 55.7%・529.96円・0円・776
28年3月期 55.1%・512.27円・0円・730
29年3月期 58.2%・546.11円・0円・724
30年3月期 54.4%・578.34円・328,663千円・857



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 5,750,000・205
25年3月期末 5,750,000・205
26年3月期末 11,500,000・410(分1→2)
27年3月期末 11,500,000・506
28年3月期末 13,094,700・506(公募増資)
29年3月期末 13,094,700・506
30年3月期末 13,094,700・506



次に、株価と指標等を見てみる。

7月27日の終値は、505円
予想PERは、13.32倍
実績PBRは、0.87倍
予想利回りは、2.38%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、555円。(事業価値521円+財産価値211円-有利子負債177円)
・理論株価比は、91.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1944.12
【上場】2005.3

【特色】大阪市東区(現中央区)の運送13社統合で設立。株主の日生、関電等が大口客。福祉分野に進出

【連結事業】運送69(9)、倉庫21(16)、商品販売3(0)、ウエルフェア4(-3)、他3(8) <18・3>

【費用増】主力の事務所移転は営業力強化の首都圏、地盤の関西とも好調。倉庫事業は昨年夏買収の子会社が通期化。コンビニ向け堅調。外注費増は値上げで対応。だが、大型センター開設に伴う費用増、積極的な採用による人件費増が圧迫。営業益一服。

【付加価値】事務所移転は施工・電気工事への業務拡張で受注強化。コンビニ向けでは庫内作業に加え配送強化し一段増狙う。









Last updated  2018/08/02 05:10:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/04/05
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運

EP-810AW エプソン A4プリント対応 インクジェット複合機(ホワイト) EPSON Colorio(カラリオ) [EP810AW]【返品種別A】



第一交通産業(9035.タクシー)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.3%、3期前比が153.7%、5期前比が192.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 5,914
2014年(平成26年)3月期 6,289
2015年(平成27年)3月期 6,835
2016年(平成28年)3月期 8,437
2017年(平成29年)3月期 7,279
2018年(平成30年)3月期 7,300(予想)



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

26年3月期 8円・312百万円・9.9%・1.2%
27年3月期 8円・312百万円・8.5%・1.0%
28年3月期 13円・434百万円・11.4%・1.4%
29年3月期 12.5円・425百万円・9.6%・1.2%
30年3月期 15円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,156名<14.9>・0.0%・78.7%
・1,150名<15.3>・0.0%・78.7%
・3,774名<17.9>・0.0%・70.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年03月発売号 231億円・95億円・1,015億円
2015年06月発売号 231億円・118億円・954億円
2015年09月発売号 255億円・118億円・952億円
2018年03月発売号 387億円・106億円・1,070億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 16.2%・1,151.12円・941百万円・12,687
25年3月期 18.4%・1,297.78円・983百万円・8,365
26年3月期 19.5%・1,442.64円・1,319百万円・1,439
27年3月期 19.8%・1,645.81円・1,038百万円・320
28年3月期 20.3%・1,005.45円・1,526百万円・12,707
29年3月期 23.2%・1,108.79円・1,565百万円・△2,308



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 19,613,600・62,472
25年3月期末 19,613,600・62,472
26年3月期末 19,613,600・62,472
27年3月期末 19,613,600・62,502
28年3月期末 39,227,200・7,125,004
29年3月期末 39,227,200・5,173,348



次に、株価と指標等を見てみる。

4月2日の終値は、981円
予想PERは、9.2倍
実績PBRは、0.85倍
予想利回りは、1.53%



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1964.9
【上場】2000.4

【特色】タクシー事業を小倉で創業。同業界最大手。買収テコに全国展開。不動産、金融事業を拡大方針

【連結事業】タクシー54(4)、バス8(16)、不動産分譲21(5)、不動産賃貸4(53)、金融9(12)、他3(-2) <17・3>

【上向く】マンション分譲約650戸(前期596戸)。だがタクシーは減車400台程度でも燃料高想定超。営業減益に減額。19年3月期はマンション分譲ほぼ横ばい。タクシーは訪日客等集客伸長で車両稼働率も改善。燃料費安定前提に営業益上向く。

【訪日客】中国・滴滴出行との連携が4月始動、空港や観光地で訪日客へタクシーをアプリ配車。地方タクシー会社買収を継続。









Last updated  2018/04/05 05:10:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/02/01
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運

【ふるさと納税】C-17 大谷焼 湯呑み ペア



ヒガシトゥエンティワン(9029.陸運)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.6%、3期前比が109.8%、5期前比が121.7%。



次に、経常利益の期首計画・実績を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 740・656
2014年(平成26年)3月期 680・696
2015年(平成27年)3月期 539・724
2016年(平成28年)3月期 612・730
2017年(平成29年)3月期 742・700
2018年(平成30年)3月期 743



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

26年3月期 8.5円・97百万円・25.2%・1.7%
27年3月期 8.5円・97百万円・27.2%・1.6%
28年3月期 8.5円・97百万円・51.7%・1.7%
29年3月期 8.5円・111百万円・20.7%・1.6%
30年3月期 8.5円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,395名<15.3>・3.5%・64.2%
・2,536名<16.3>・5.9%・57.0%
・2,554名<17.3>・6.2%・57.0%
・2,668名<17.9>・6.6%・57.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年09月発売号 47.7億円・11.8億円・20.2億円
2016年09月発売号 39.4億円・20.8億円・19.3億円
2017年06月発売号 48.4億円・22.8億円・17.1億円
2017年12月発売号 51.3億円・22.8億円・24.4億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 44.1%・897.74円・0円・668
25年3月期 49.2%・942.76円・0円・544
26年3月期 51.6%・497.31円・0円・516
27年3月期 55.7%・529.96円・0円・776
28年3月期 55.1%・512.27円・0円・730
29年3月期 58.2%・546.11円・0円・724



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 5,750,000・205
25年3月期末 5,750,000・205
26年3月期末 11,500,000・410
27年3月期末 11,500,000・506
28年3月期末 13,094,700・506
29年3月期末 13,094,700・506



次に、株価と指標等を見てみる。

1月26日の終値は、416円
予想PERは、11.59倍
実績PBRは、0.75倍
予想利回りは、2.04%
配当月は、3月のみ 

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、525円。(事業価値488円+財産価値171円-有利子負債134円)
・理論株価比は、79.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1944.12
【上場】2005.3

【特色】大阪市東区(現中央区)の運送13社統合で設立。株主の日生、関電等が大口客。福祉分野に進出

【連結事業】運送68(8)、倉庫21(15)、商品販売5(2)、ウエルフェア4(1)、他3(11) <17・3>

【反転増】主力の事務所移転は名古屋圏で大型案件を獲得、首都圏も伸ばす。大型ビル内物流は都心で外資系企業からの受注増やす。コンビニの倉庫内仕分け業務も順調。下期の外注費値上げ吸収し営業増益。19年3月期は強みの事務所移転拡大で続伸。

【コンビニ】仕分け業務は関西での新規案件獲得に営業力を強化。好採算の首都圏の事務所移転拡大のために経営資源を集中。










Last updated  2018/02/01 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/07/03
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運
ヒガシトゥエンティワン(9029.陸運)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.6%、3期前比が109.8%、5期前比が121.7%。



次に、経常利益の期首計画・実績を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 740・656
2014年(平成26年)3月期 680・696
2015年(平成27年)3月期 539・724
2016年(平成28年)3月期 612・730
2017年(平成29年)3月期 742・700
2018年(平成30年)3月期 743



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

26年3月期 8.5円・97百万円・25.2%・1.7%
27年3月期 8.5円・97百万円・27.2%・1.6%
28年3月期 8.5円・97百万円・51.7%・1.7%
29年3月期 8.5円・111百万円・20.7%・1.6%
30年3月期 8.5円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,395名<15.3>・3.5%・64.2%
・2,536名<16.3>・5.9%・57.0%
・2,554名<17.3>・6.2%・57.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年09月発売号 47.7億円・11.8億円・20.2億円
2016年09月発売号 39.4億円・20.8億円・19.3億円
2017年06月発売号 48.4億円・22.8億円・17.1億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 44.1%・897.74円・0円・668
25年3月期 49.2%・942.76円・0円・544
26年3月期 51.6%・497.31円・0円・516
27年3月期 55.7%・529.96円・0円・776
28年3月期 55.1%・512.27円・0円・730
29年3月期 58.2%・546.11円・0円・724



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 5,750,000・205
25年3月期末 5,750,000・205
26年3月期末 11,500,000・410
27年3月期末 11,500,000・506
28年3月期末 13,094,700・506
29年3月期末 13,094,700・506



次に、株価と指標等を見てみる。

6月30日の終値は、390円
予想PERは、10.86倍
実績PBRは、0.71倍
予想利回りは、2.18%
配当月は、3月のみ 

20枚保有時の予想利回りは、2.69~2.82%
(配当:17,000円、優待:4,000~5,000円)

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、531円。(事業価値494円+財産価値171円-有利子負債134円)
・理論株価比は、73.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1944.12
【上場】2005.3

【特色】大阪市東区(現中央区)の運送13社統合で設立。株主の日生、関電等が大口客。福祉分野に進出

【連結事業】運送68(8)、倉庫21(15)、商品販売5(2)、ウエルフェア4(1)、他3(11) <17・3>

【回 復】福祉用具レンタル横ばい。前上期の好収益の事業所移転が剥落。が、下期にかけ関東、関西で事業所移転の中型案件獲得。物流加工は電力会社の資材センター周辺業務や倉庫内仕分けの新規業務が寄与。営業益反発。土地売却益なく純益減少。

【新規受注】下期に関西でコンビニ庫内業務の新規獲得目指す。大型ビル内の配送業務で子会社設立、首都圏に続き関西強化。








Last updated  2017/07/03 09:46:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/05/22
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運
ゼロ(9028.陸運)を見ておきます。 



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・連続経常増益中。(3期以上)



次に、経常利益の期首計画・実績を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 2,850・1,660
2014年(平成26年)6月期 2,250・2,937
2015年(平成27年)6月期 2,950・3,772
2016年(平成28年)6月期 3,930・5,650
2017年(平成29年)6月期 5,600



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年6月期 27.5円・470百万円・20.1%・3.2%
28年6月期 50.4円・854百万円・24.3%・5.1%
29年6月期 52.7円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・不明。



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 245億円・79億円・29億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん及び無形資産・営業CFを見てみる。

27年6月期 46.3%・912.90円・2,095百万円・2,241
28年6月期 49.5%・1,069.23円・2,232百万円・5,050



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年6月期末 17,560,242・467,732
28年6月期末 17,560,242・967,732



次に、株価と指標等を見てみる。

5月15日の終値は、1,523円
予想PERは、7.75倍
実績PBRは、1.35倍
予想利回りは、3.46%
配当月は、6月、12月

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,664円。(事業価値1,756円+財産価値▲92円-有利子負債0円)
・理論株価比は、91.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1961.10
【上場】2005.8

【特色】日産の新車陸送業務主力。中古車輸送、一般貨物輸送や人材派遣も。香港上場TCILグループ

【連結事業】自動車関連77(10)、一般貨物6(14)、ヒューマンリソース17(4)

【海外】12 <16・6>

【小幅増益】人材派遣事業は倉庫内作業を増やし順調。一般貨物は港湾荷役が伸長。トラック、輸入車の新車輸送も好伸。ただ柱の日産新車輸送が下げ止まらず、小幅営業増益程度。18年6月期は日産新車輸送が回復。人材派遣は一段増、送迎は値上げ浸透。

【シナジー】昨年末に中古車出品サイト立ち上げ、車両輸送の需要創出し売上の拡大図る。人材派遣は事務職への参入を検討。








Last updated  2017/05/22 06:00:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/11/03
テーマ:陸運(41)
カテゴリ:陸運
ヒガシトゥエンティワン(9029.陸運)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・この銘柄は、配当優待利回りが良いので20枚保有中。
・経常利益は、連続増益中。(3期以上)



次に、経常利益の期首計画・実績を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 740・656
2014年(平成26年)3月期 680・696
2015年(平成27年)3月期 539・724
2016年(平成28年)3月期 612・730
2017年(平成29年)3月期 742


次に、1Q・2Q・3Q・4Qの経常利益を見てみる。

2014年(平成26年)3月期 195・317・487・696   
2015年(平成27年)3月期 173・362・510・724  
2016年(平成28年)3月期 332・451・563・730
2017年(平成29年)3月期 247・426


次に、1Q・2Q・3Qの経常利益÷通期経常利益(今期は予想)を見てみる。

2014年(平成26年)3月期 28.0%・45.5%・70.0%
2015年(平成27年)3月期 23.9%・50.0%・70.4%
2016年(平成28年)3月期 45.5%・61.8%・77.1%
2017年(平成29年)3月期 33.3%・57.4%



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

26年3月期 8.5円・97百万円・25.2%・1.7%
27年3月期 8.5円・97百万円・27.2%・1.6%
28年3月期 8.5円・97百万円・51.7%・1.7%
29年3月期 8.5円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,395名<15.3>・3.5%・64.2%
・2,536名<16.3>・5.9%・57.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年09月発売号 47.7億円・11.8億円・20.2億円
2016年09月発売号 39.4億円・20.8億円・19.3億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 51.6%・497.31円・0円・516
27年3月期 55.7%・529.96円・0円・776
28年3月期 55.1%・512.27円・0円・730



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 11,500,000・410
27年3月期末 11,500,000・506
28年3月期末 13,094,700・506



次に、株価と指標等を見てみる。

現在値は、317円
予想PERは、9.03倍
実績PBRは、0.62倍
予想利回りは、2.68%
配当月は、3月のみ 

20枚保有時の予想利回りは、3.31~3.47%
(配当:17,000円、優待:4,000~5,000円)

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、532円。(事業価値526円+財産価値154円-有利子負債147円)
・理論株価比は、59.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1944.12
【上場】2005.3

【特色】大阪市東区(現中央区)の運送13社統合で設立。株主の日生、関電等が大口客。福祉分野に進出

【連結事業】運送70(9)、倉庫18(16)、商品販売5(3)、ウエルフェア3(1)、他3(4) <16・3>

【横ばい】物流加工は前期末受注の関東でのコンビニから倉庫内仕分け業務、関西は大手電力の資材センター運営受託が通期貢献。事業所移転は大型案件がなくなるが、小口の積み上げでしのぐ。人件費増を吸収し、営業微増益。特損消失で純益平準化。

【コンビニ】関西でコンビニ物流加工の受注獲得目指す。16年買収のATM輸送・設置会社は3拠点を1拠点に集約、収益強化。







Last updated  2016/11/03 09:08:11 AM
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

Favorite Blog

8月の食品スーパー売… New! どらりん0206さん

「あなたの番です」… New! kimiaoさん

こんなことは、日常… New! Home Madeさん

Yacktman ファンドが… New! ossanpowerさん

☆欅坂46♪平手友梨奈… New! ruzeru125さん

オススメ経済本1位 New! MEANINGさん

SWBB‐33、My株+1.2%… New! 愚利公さん

N国立花vsホリエモン… New! 原田ミカオさん

2018~19主力株概況7… New! みきまるファンドさん

メモ2 New! 4畳半2間さん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.