6055103 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

パルプ・紙

2020/10/06
XML
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙



昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.4%、3期前比が131.2%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が102.1%、3期前比が130.6%、5期前比が148.6%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が104.5%、3期前比が119.9%、5期前比が140.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 839
2014年(平成26年)3月期 1,019
2015年(平成27年)3月期 931
2016年(平成28年)3月期 1,180
2017年(平成29年)3月期 1,298
2018年(平成30年)3月期 1,521
2019年(平成31年)3月期 1,669
2020年(令和02年)3月期 1,505



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
2017年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
2018年3月期 34円・150百万円・14.7%・1.0%
2019年3月期 38円・168百万円・14.6%・1.1%
2020年3月期 38円・168百万円・16.3%・1.1%
2021年3月期 38円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%
・1,074名<18.3>・1.3%・54.5%
・988名<19.9>・2.5%・54.8%
・947名<20.3>・4.9%・55.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円
2018年06月発売号 87.3億円・57.3億円・21.4億円
2019年12月発売号 77.6億円・66.4億円・11.9億円
2020年09月発売号 78.4億円・67.7億円・11.7億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433
30年3月期 58.4%・3,440.08円・0円・1,997
31年3月期 59.5%・3,512.81円・0円・1,932
2020年3月期 64.1%・3,669.20円・0円・1,184



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886
28年3月期末 4,450,000・9,890 (併2→1)
29年3月期末 4,450,000・9,959
30年3月期末 4,450,000・9,959
31年3月期末 4,450,000・9,961
2020年3月期末 4,450,000・9,961



次に、株価と指標等を見てみる。

10月2日の終値は、1,802円
予想PERは、11.43倍
実績PBRは、0.49倍
予想利回りは、2.11%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,877円。(事業価値2,806円+財産価値2,474円-有利子負債402円)
・理論株価比は、36.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋63(9)、フィルム製品18(6)、コンテナー9(0)、不動産賃貸1(55)、他9(6)

【海外】13 <20・3>

【続 落】コンテナは販路拡大で増加。フィルムは前期伸びた産業用が苦戦だが、農業用はハウス向け中心に堅調。主力の重包装袋は荷動き鈍く合成樹脂や砂糖向けのクラフト紙袋が低迷。タイは下期以降勢い弱まる。原料高一服でも補えず、営業減益。

【環 境】脱プラスチックの流れで食品向けクラフト紙を強化。総菜・カップ麺容器用発泡トレーの貼り合わせ基材を拡販。









Last updated  2020/10/06 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/03/27
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙



昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.4%、3期前比が131.2%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が102.1%、3期前比が130.6%、5期前比が148.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 839
2014年(平成26年)3月期 1,019
2015年(平成27年)3月期 931
2016年(平成28年)3月期 1,180
2017年(平成29年)3月期 1,298
2018年(平成30年)3月期 1,521
2019年(平成31年)3月期 1,669



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
2017年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
2018年3月期 34円・150百万円・14.7%・1.0%
2019年3月期 38円・168百万円・14.6%・1.1%
2020年3月期 38円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%
・1,074名<18.3>・1.3%・54.5%
・968名<18.9>・3.0%・54.7%
・988名<19.9>・2.5%・54.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円
2018年06月発売号 87.3億円・57.3億円・21.4億円
2019年03月発売号 79.9億円・57.3億円・15.3億円
2019年12月発売号 77.6億円・66.4億円・11.9億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433
30年3月期 58.4%・3,440.08円・0円・1,997
31年3月期 59.5%・3,512.81円・0円・1,932



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886
28年3月期末 4,450,000・9,890 (併2→1)
29年3月期末 4,450,000・9,959
30年3月期末 4,450,000・9,959
31年3月期末 4,450,000・9,961



次に、株価と指標等を見てみる。

3月13日の終値は、1,650円
予想PERは、6.98倍
実績PBRは、0.45倍
予想利回りは、2.3%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,828円。(事業価値2,814円+財産価値2,504円-有利子負債490円)
・理論株価比は、34.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋63(10)、フィルム製品18(6)、コンテナー9(1)、不動産賃貸1(59)、他9(6)

【海外】13 <19・3>

【一 服】産業用・農業用フィルムは需要堅調。クラフト紙袋が食品向け伸長。合成樹脂袋は後半挽回。紙原料高も価格転嫁進む。が、タイが中国向け生産減り輸出急減速。生産性改善及ばず営業益一服。21年3月期はタイが東南アジア周辺国向け輸出で回復。

【販 促】産業用マスキングフィルムや農業用ハウスフィルムの需要深耕。微粉漏れを防ぐ軽量底貼袋も製粉向け軸に拡販へ。









Last updated  2020/03/27 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/14
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙



昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.4%、3期前比が131.2%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が102.1%、3期前比が130.6%、5期前比が148.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 839
2014年(平成26年)3月期 1,019
2015年(平成27年)3月期 931
2016年(平成28年)3月期 1,180
2017年(平成29年)3月期 1,298
2018年(平成30年)3月期 1,521
2019年(平成31年)3月期 1,669



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
2017年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
2018年3月期 34円・150百万円・14.7%・1.0%
2019年3月期 38円・168百万円・14.6%・1.1%
2020年3月期 38円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%
・1,074名<18.3>・1.3%・54.5%
・968名<18.9>・3.0%・54.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円
2018年06月発売号 87.3億円・57.3億円・21.4億円
2018年12月発売号 86.9億円・57.3億円・16.3億円
2019年03月発売号 79.9億円・57.3億円・15.3億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433
30年3月期 58.4%・3,440.08円・0円・1,997
31年3月期 59.5%・3,512.81円・0円・1,932



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886
28年3月期末 4,450,000・9,890 (併2→1)
29年3月期末 4,450,000・9,959
30年3月期末 4,450,000・9,959
31年3月期末 4,450,000・9,961



次に、株価と指標等を見てみる。

6月7日の終値は、1,539円
予想PERは、6.1倍
実績PBRは、0.44倍
予想利回りは、2.47%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,862円。(事業価値2,847円+財産価値2,504円-有利子負債490円)
・理論株価比は、31.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋65(9)、フィルム製品18(6)、コンテナー8(1)、不動産賃貸1(58)、他8(7)

【海外】13 <18・3>

【堅 調】化学薬品向けクラフト紙袋が好調。フィルム製品も伸長。紙原料高は生産性改善で吸収。20年3月期はクラフト紙袋が化学薬品や製粉向け順調。値上げも浸透。タイは現地、輸出ともに好調。フィルム製品は原料高一服で採算向上。営業益堅調。

【コンテナ】新規液体輸送用は化学品や食用油向け販促積極化。産業用マスキングフィルムや農業用ハウスフィルムも拡販へ。









Last updated  2019/06/14 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/19
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙



昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.4%、3期前比が131.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 839
2014年(平成26年)3月期 1,019
2015年(平成27年)3月期 931
2016年(平成28年)3月期 1,180
2017年(平成29年)3月期 1,298
2018年(平成30年)3月期 1,521



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
29年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
30年3月期 34円・150百万円・14.7%・1.0%
31年3月期 34円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%
・1,074名<18.3>・1.3%・54.5%
・968名<18.9>・3.0%・54.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円
2018年06月発売号 87.3億円・57.3億円・21.4億円
2018年12月発売号 86.9億円・57.3億円・16.3億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433
30年3月期 58.4%・3,440.08円・0円・1,997



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886
28年3月期末 4,450,000・9,890
29年3月期末 4,450,000・9,959
30年3月期末 4,450,000・9,959



次に、株価と指標等を見てみる。

12月14日の終値は、1,864円
予想PERは、7.96倍
実績PBRは、0.53倍
予想利回りは、1.82%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,415円。(事業価値2,554円+財産価値2,455円-有利子負債594円)
・理論株価比は、42.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋65(9)、フィルム製品18(6)、コンテナー8(1)、不動産賃貸1(58)、他8(7)

【海外】13 <18・3>

【着 実】クラフト紙袋は米麦袋低調だが、化学薬品や食品用が好調。産業・農業用フィルム製品も伸長。タイは現地向け、輸出ともに好伸。紙やポリエチレンなど原料高は価格転嫁で吸収。営業益着実。20年3月期は化学薬品紙袋が伸び、値上げも浸透。

【増 強】国内、タイともに、19年度から設備増強による増産体制、環境整備を計画。微粉漏れ防止の底貼袋は製粉向け拡販継続。









Last updated  2018/12/19 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/21
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金は寝かせて増やしなさい [ 水瀬ケンイチ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)




昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.4%、3期前比が131.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 839
2014年(平成26年)3月期 1,019
2015年(平成27年)3月期 931
2016年(平成28年)3月期 1,180
2017年(平成29年)3月期 1,298
2018年(平成30年)3月期 1,521



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
29年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
30年3月期 34円・150百万円・14.7%・1.0%
31年3月期 34円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%
・1,074名<18.3>・1.3%・54.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円
2018年06月発売号 87.3億円・57.3億円・21.4億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433
30年3月期 58.4%・3,440.08円・0円・1,997



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886
28年3月期末 4,450,000・9,890
29年3月期末 4,450,000・9,959
30年3月期末 4,450,000・9,959



次に、株価と指標等を見てみる。

6月15日の終値は、2,260円
予想PERは、9.67倍
実績PBRは、0.66倍
予想利回りは、1.5%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,336円。(事業価値2,475円+財産価値2,455円-有利子負債594円)
・理論株価比は、52.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋65(9)、フィルム製品18(6)、コンテナー8(1)、不動産賃貸1(58)、他8(7)

【海外】13 <18・3>

【最高益】クラフト紙袋が米麦用は軟調だが、化学薬品、合成樹脂向け伸長。フィルム製品は産業用が堅調、農業用も需要上向く。タイは稼働率上がり周辺国向け輸出拡大。紙やポリエチレン樹脂など原料高響くが、工場合理化進み吸収。営業益着実増。

【増 産】タイ工場は人員増強で増産体制整い、日系石化企業向け拡販に弾み。フィルム製品は農業用の製品改良進め、需要深耕。









Last updated  2018/06/21 05:10:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/03/29
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙

CITIZEN 手首式血圧計 CH-650F



ハビックス(3895.紙・パルプ製品)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が116.7%、3期前比が129.2%、5期前比が146.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 612
2014年(平成26年)3月期 534
2015年(平成27年)3月期 515
2016年(平成28年)3月期 620
2017年(平成29年)3月期 1,457
2018年(平成30年)3月期 1,172(予想)



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 10円・78百万円・17.1%・1.4%
29年3月期 18円・140百万円・13.5%・2.2%
30年3月期 15円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,562名<17.9>・1.5%・48.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年03月発売号 83.5億円・14.8億円・24.8億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

24年3月期 56.3%・601.07円・16,359千円・883
25年3月期 47.7%・639.40円・16,359千円・856
26年3月期 55.2%・680.74円・8,179千円・126
27年3月期 44.9%・710.20円・0円・864
28年3月期 49.2%・753.60円・0円・576
29年3月期 51.4%・879.42円・0円・1,759



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 8,175,280・368,555
25年3月期末 8,175,280・368,912
26年3月期末 8,175,280・370,542
27年3月期末 8,175,280・370,562
28年3月期末 8,175,280・370,562
29年3月期末 8,175,280・370,599



次に、株価と指標等を見てみる。

3月23日の終値は、1,000円
予想PERは、9.74倍
実績PBRは、1.08倍
予想利回りは、1.5%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,623円。(事業価値2,252円+財産価値2,056円-有利子負債686円)
・理論株価比は、47.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.12
【上場】2005.2

【特色】不織布と衛生向け原紙が2本柱。不織布は紙おむつ表面材や調理ペーパー用中心。産業向け開拓

【連結事業】不織布関連61(17)、紙関連39(19) <17・3>

【転嫁進める】紙おむつ用や調理ペーパー用不織布が堅調。が、パルプなど原燃料価格上昇が利益圧迫。19年3月期は紙おむつ用不織布が続伸。低採算品の販売削減や後半にかけての販価転嫁が貢献。営業益反発。

【医療・介護用】除菌ワイパー、体拭きなどの不織布を育成。不織布のうち低採算のおしぼり用削減、お茶パック用撤退。タイ販社はまだ規模小、拡販で黒字定着急ぐ。









Last updated  2018/03/29 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/12/08
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙

【ふるさと納税】29-1-23.愛知県西尾市でとれたお米10kg



昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・2期連続、経常増益中。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・優待は、5枚保有で、新潟県産コシヒカリ新米5キロ。



次に、経常利益の期首計画・実績を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 920・839
2014年(平成26年)3月期 870・1,019
2015年(平成27年)3月期 1,030・931
2016年(平成28年)3月期 1,070・1,180
2017年(平成29年)3月期 1,220・1,298
2018年(平成30年)3月期 1,332



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
29年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
30年3月期 30円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円
2017年09月発売号 69.5億円・48.4億円・21.5億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886 
28年3月期末 4,450,000・9,890  
29年3月期末 4,450,000・9,959  



次に、株価と指標等を見てみる。

12月1日の終値は、1,701円
予想PERは、8.41倍
実績PBRは、0.51倍
予想利回りは、1.76%
配当月は、3月、9月

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,623円。(事業価値2,252円+財産価値2,056円-有利子負債686円)
・理論株価比は、47.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋65(8)、フィルム製品17(6)、コンテナー9(1)、不動産賃貸1(57)、他8(8)

【海外】12 <17・3>

【着 実】クラフト紙袋は後半コメ麦用が減退でも製粉、化学薬品向けは順調。農業用などフィルム製品が上向く。コンテナも減価償却費減り黒字化。タイは周辺国向け輸出が堅調。紙やポリエチレン樹脂など原料高あるが生産改善進み吸収。営業益着実。

【コンテナ】トラックで運べる液体輸送用コンテナは乳製品向け実装試験が進む。微粉漏れを防ぐ軽量底貼袋は製粉向け拡販。








Last updated  2017/12/08 05:10:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2017/06/20
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙
昭和パックス(3954.包装資材)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.8%、3期前比が129.5%。
・優待は、5枚保有で、新潟県産コシヒカリ新米5キロ。



次に、経常利益の期首計画・実績を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 920・839
2014年(平成26年)3月期 870・1,019
2015年(平成27年)3月期 1,030・931
2016年(平成28年)3月期 1,070・1,180
2017年(平成29年)3月期 1,220・1,298
2018年(平成30年)3月期 1,332



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 28円・124百万円・15.1%・1.1%
29年3月期 30円・133百万円・15.3%・1.0%
30年3月期 30円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・950名<16.9>・0.1%・54.7%
・1,008名<17.3>・0.8%・54.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 62.3億円・42.9億円・25.4億円
2017年06月発売号 62.3億円・48.4億円・26.0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 48.3%・1,181.92円・0円・1,092
27年3月期 52.2%・1,310.77円・0円・1,359
28年3月期 53.4%・2,689.16 円・0円・1,678
29年3月期 57.1%・3,060.41円・0円・1,433



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 8,900,000・16,620
27年3月期末 8,900,000・17,886 
28年3月期末 4,450,000・9,890  
29年3月期末 4,450,000・9,959  



次に、株価と指標等を見てみる。

6月16日の終値は、1,399円
予想PERは、6.92倍
実績PBRは、0.46倍
予想利回りは、2.14%
配当月は、3月、9月

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,720円。(事業価値2,350円+財産価値2,056円-有利子負債686円)
・理論株価比は、37.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1935.12
【上場】1999.4

【特色】クラフト紙袋首位。石化業界の輸出用途に強み。タイでも生産。ビニールハウスなどフィルムも

【連結事業】重包装袋65(8)、フィルム製品17(6)、コンテナー9(1)、不動産賃貸1(57)、他8(8)

【海外】12 <17・3>

【小幅増益】クラフト紙袋は化学薬品向け堅調、精米用の中型袋も伸びる。フィルム製品は農業用が上向く。減価償却負担減りコンテナも黒字化。タイは周辺国への輸出が好調。生産性改善進捗で紙やポリエチレン樹脂など原料高を吸収。小幅営業増益。

【工 場】タイ工場は人員増強で2交代制を拡充、需要増に備える。国内工場も設備更新を継続し、生産品目の再配置で効率化。








Last updated  2017/06/21 04:10:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/11/12
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙
【決算】3月
【設立】2001.3
【上場】2001.3

【特色】業界双璧、大昭和製紙01年統合、洋紙首位。主力石巻工場被災。13年3月27日上場廃止、再上場へ

【連結事業】紙パルプ78(3)、紙関連9(7)、木材・建材・土木建設関連6(2)、他7(3)

【増 益】一般洋紙は工場復旧も、値上げした価格の維持を優先し数量回復やや鈍調。板紙も値上げで数量低調。ただ円高で原燃料費が想定より軽減。営業増益。減損等一巡、株評価損29億円なら表記純益。増配

【グループ】事業構造転換へ再編、3月27日上場廃止、日本製紙が当社1株へ1株割り当て4月1日東証上場。タイで55%出資の産業用紙合弁7月設立、14年度稼働へ。


(会社四季報2012年9月発売号より)



------------------------------------------------------------



【上記の感想】

上記は、日本製紙グループ本社(3893)について書かれたもの。
持株ではなく、ブログめぐりで見かけた銘柄である。
ちょっと、見ておきましょう。



まず、売上高の推移を見てみる。

2011年3月期 1,099,817
2012年3月期 1,042,436



次に、今期の業績予想を見てみる。

売上 1,030,000(△1.2%)
営益  27,000(△26.1%)
経益  20,000(+230.2%)
純益  6,000
1株益 51.82円

2Q売上の前年比は△0.8%。
通期予想は2Q発表と同時に修正済みである。



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年3月期 60円・6970百万円・--・1.6%
24年3月期 30円・3484百万円・--・0.9%
25年3月期 40円・-----・77.2%・--



最後に、株価と指標を見てみる。

現在値は、922円
予想PERは、17.8倍
実績PBRは、0.29倍
予想利回りは、4.34%



追記

今期の40円配の内訳は、中間10円、期末30円。
優待は、2,000円相当の自社グループ会社製品詰合せ。(3月権利確定)



人気ブログランキングへ






Last updated  2012/11/13 05:20:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/05/06
テーマ:パルプ・紙(14)
カテゴリ:パルプ・紙
【特色】ショッピングバッグ大手。首都圏の百貨店向けなど深耕。ポリ袋、紙器等商業包装でも有力

【連結事業】紙加工品57、化成品21、他22

【小幅拡大】食品包装が拡大、高級紙袋は消費回復鈍いが新規客獲得がオン。段ボールは自動車部品などに回復感あり値上げ浸透図る。東京新工場稼働に伴い償却負担増加。が、東京‐大阪間の物流費、賃借物件返却など経費減も。量産効果で小幅増益。

【新工場】埼玉県日高市に7月本格稼働、全社で袋18%、箱30%の能力増に。揚げ物用耐油袋の生産も強化、シェア5割狙う。

(会社四季報2011年3月発売号より)


------------------------------------------------------------

【上記の感想】

上記は、ザ・パック(3950)について書かれたもの。


まず、9日(月)に1Qの発表をする予定なので、その数字を見てみたい。
震災により、茨城の工場で生産停止になった時期があったため。


2009年9月に公募増資等を行ない、資金調達をしている。
資金の使途は新工場建設のためであり、前向きである。
規模は、株式数2.8%増。

当時のリリースを引用しておく。

---引用開始---

全額を新東京工場(仮称)の新設に係る設備資金に充当する予定であります。新東京工場(仮称)は紙袋・紙器等の生産能力を増強することを目的として新たに建設するものであり、平成23年7 月の稼動を予定しております。

---引用終了---


では、当時の株価はどう動いたかを、見ておく。

2009年9月 1373円(公募価格)
2010年2月 1132円(その後の安値)
2010年8月 1697円(その後の高値)
2011年5月 1313円(現在値)

公募増資発表後は当然のように売り込まれたが、現在は、公募価格をやや下回る水準である。

比較のために、トピックス連動型投信(1306)のチャートを見ると、

2010年9月 970円くらい
2011年5月 889円



それでは、株価と指標を見ておく。

現在値は、1313円
予想PERは、8.04倍
実績PBRは、0.81倍
予想利回りは、3.05%
優待を含めた1単元保有時の利回りは、3.81%







Last updated  2011/05/06 06:28:21 AM
コメント(2) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.