5129526 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全449件 (449件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

情報・通信

2019/09/17
XML
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



ミロク情報サービス(9928.パッケージソフト(財務・会計系))を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.7%、3期前比が126.6%、5期前比が168.0%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.2%、3期前比が131.9%、5期前比が145.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 3,068
2017年(平成29年)3月期 4,010
2018年(平成30年)3月期 4,426
2019年(平成31年)3月期 5,056



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 25.00円・779百万円・30.0%・5.4%
2018年3月期 27.00円・843百万円・29.3%・5.4%
2019年3月期 34.00円・1,049百万円・28.4%・6.2%
2020年3月期 38.00円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,974名<18.9>・15.7%・62.7%
・3,453名<19.3>・16.3%・66.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 1,015億円・62億円・143億円
2019年06月発売号 1,131億円・160億円・136億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 59.9%・310.05円・0円・411
26年3月期 63.6%・402.29円・0円・3,179
27年3月期 67.8%・411.46円・0円・2,707
28年3月期 70.2%・443.22円・27,833千円・2,139
29年3月期 67.9%・474.72円・80,000千円・3,819
30年3月期 65.5%・520.87円・0円・3,392
31年3月期 47.2%・584.51円・25,931千円・4,105



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 34,806,286・4,135,835
26年3月期末 34,806,286・4,137,269
27年3月期末 34,806,286・2,410,403
28年3月期末 34,806,286・3,304,743
29年3月期末 34,806,286・3,613,741
30年3月期末 34,806,286・3,569,966
31年3月期末 34,806,286・3,933,510



次に、株価と指標等を見てみる。

9月13日の終値は、2,720円
予想PERは、20.78倍
実績PBRは、4.65倍
予想利回りは、1.4%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,411円。(事業価値1,249円+財産価値605円-有利子負債444円)
・理論株価比は、192.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1977.11
【上場】1992.8

【特色】会計事務所向け会計ソフト、中堅・中小企業向け統合業務ソフトの開発・販売、コンサルを展開

【連結事業】ハードウェア11、ソフトウェア40、ユースウェア12、サービス32、他6 <19・3>

【連続最高益】会計を中心とする主力のERP製品は既存顧客の買い替え、新規顧客向けの両面で増勢。会計事務所向け総合保守サービスや企業向けソフト保守サービスも上向き。最高純益を連続更新。増配継続。

【強 化】都市部は会計事務所と中小企業向けの販売・サポートを分離、各々の専門性をより高める。クラウド製品の機能強化、軽減税率対応の販売管理製品の拡販も。









Last updated  2019/09/17 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/16
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



アイドマMC(9466.広告)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が114.3%、3期前比が270.3%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.7%、3期前比が150.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)3月期 483
2016年(平成28年)3月期 735
2017年(平成29年)3月期 822
2018年(平成30年)3月期 921
2019年(平成31年)3月期 1,009



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 15円・202百万円・35.9%・7.3%
2018年3月期 17円・229百万円・36.6%・7.1%
2019年3月期 18円・243百万円・37.3%・6.3%
2020年3月期 18円  
 


次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,012名<17.9>・2.4%・81.0%
・3,261名<18.9>・8.1%・71.7%
・3,261名<19.3>・3.0%・70.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年03月発売号 100億円・20億円・0億円
2019年03月発売号 67.6億円・24.3億円・0.2億円
2019年06月発売号 85.5億円・21.3億円・4.6億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

27年3月期 44.6%・189.11円・0円・387
28年3月期 64.3%・379.37円・0円・616
29年3月期 68.7%・223.61円・0円・641
30年3月期 65.9%・255.62円・0円・883
31年3月期 62.9%・285.63円・712,201千円・544



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年3月期末 6,060,000・0
28年3月期末 6,760,000・0
29年3月期末 13,520,000・0(分1→2)
30年3月期末 13,520,000・0
31年3月期末 13,520,000・91



次に、株価と指標等を見てみる。

9月13日の終値は、555円
予想PERは、10.41倍
実績PBRは、1.94倍
予想利回りは、3.24%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、707円。(事業価値523円+財産価値220円-有利子負債36円)
・理論株価比は、78.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1979.4
【上場】2016.3

【特色】流通企業への販売支援。マーケティング分析からプロモーション提案、チラシ制作まで一貫受注

【連結事業】統合型販促支援100 <19・3>

【最高益】主顧客であるバローやライフ(首都圏)などの販促・催事の案件数は堅調。独自のノウハウで提案強化。買収した2社が通年で寄与。紙代の上昇や人件費、システム費の増加をこなし営業増益。最高純益。

【電子棚札】アリババのスーパーで実績ある中国企業と提携、価格をデジタル表示する電子棚札を導入。東京にショールーム設置。子会社でサイネージ広告の開発強化。









Last updated  2019/09/16 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/15
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



光通信(9435.法人向けOA機器・関連用品販売)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり親会社所有者帰属持分は、前期比が123.6%、3期前比が138.0%、5期前比が202.8%。
・31年3月期の1株当たり親会社所有者帰属持分は、前期比が116.5%、3期前比が156.2%、5期前比が197.3%。



次に、税前利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 47,957
2017年(平成29年)3月期 62,703
2018年(平成30年)3月期 52,187
2019年(平成31年)3月期 71,579



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 240円・11,145百万円・28.6%・6.6%
2018年3月期 300円・13,889百万円・33.2%・6.9%
2019年3月期 351円・16,151百万円・32.6%・6.7%
2020年3月期 384円   



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・5,737名<18.9>・23.0%・66.9%
・5,589名<19.3>・23.1%・67.9%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 9,347億円・1,858億円・2,958億円
2019年06月発売号 10,343億円・1,863億円・3,201億円



次に、親会社所有者帰属持分比率・1株当たり親会社所有者帰属持分・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 46.0%・2,374.66円・4,809百万円・21,014
26年3月期 38.4%・2,842.67円・8,748百万円・27,511
27年3月期 41.0%・3,488.34円・23,873百万円・15,790
28年3月期 40.6%・3,588.96円・30,617百万円・10,370
29年3月期 35.3%・3,896.35円・25,736百万円・17,100
30年3月期 32.6%・4,815.08円・25,045百万円・27,839
31年3月期 32.0%・5,607.32円・26,118百万円・63,280



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 53,349,642・4,632,131
26年3月期末 47,749,642・1,996,105
27年3月期末 47,749,642・1,537,575
28年3月期末 47,749,642・1,281,917
29年3月期末 47,749,642・1,434,729
30年3月期末 47,749,642・1,566,475
31年3月期末 46,549,642・664,656



次に、株価と指標等を見てみる。

9月6日の終値は、24,630円
予想PERは、22.6倍
実績PBRは、4.39倍
予想利回りは、1.56%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、8,243円。(事業価値10,291円+財産価値5,280円-有利子負債7,329円)
・理論株価比は、298.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1988.2
【上場】1996.2

【特色】法人向けに継続課金商品を販売。事務機・携帯からSIM等自社製品に軸足シフト。四半期配当

【連結事業】法人76(14)、SHOP18(12)、保険6(18)、他0(1) <19・3>

【営業増益続く】柱の中小法人向けが光回線堅調。併売の水サーバー順調、電力改善。新規獲得費用膨らむが、継続課金収入増でこなし営業増益続く。持分法適用再測定益などない前提で最終減益。連続増配。

【I T】16年ぶり社長交代で玉村前社長は薬局予約アプリなどITに注力、多角化推進。継続課金収入から原価等引いた『ストック利益』は今期1000億円突破へ。









Last updated  2019/09/15 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/06
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



アルテリア・ネットワークス(4423.インターネット接続サービス)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年3月期の1株当たり親会社所有者帰属持分は、前期比が140.2%。



次に、税引前利益を見てみる。

2017年(平成29年)3月期 5,503
2018年(平成30年)3月期 7,146
2019年(令和01年)3月期 6,987



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年3月期 0円
2019年3月期 26.22円・1,310百万円・28.2%・9.2%
2020年3月期 51.20円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2名<18.9>・50.0%・100%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 640億円・72億円・423億円
2019年06月発売号 581億円・92億円・416億円



次に、親会社所有者帰属持分比率・1株当たり親会社所有者帰属持分・のれん・営業CFを見てみる。

2018年3月期 15.1%・237.45円・12,646百万円・11,900
2019年3月期 20.3%・332.96円・12,646百万円・10,655



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

2018年3月期末 50,000,000・0
2019年3月期末 50,000,000・61



次に、株価と指標等を見てみる。

8月30日の終値は、1,436円
予想PERは、14.65倍
実績PBRは、4.31倍
予想利回りは、3.57%



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2016.2
【上場】2018.12

【特色】丸紅系。光ファイバー網保有し企業向け通信サービス等展開。マンション向け一括提供型は首位

【連結事業】インターネットサービス42、ネットワークサービス28、マンションインターネットサービス22、他7 <19・3>

【営業増益】企業向けインターネットサービスは高速回線投入。ネットワークはセキュリティ強化、マンションインターネットもオール光化や高速回線投入で増勢。ただ独禁法問題の余波で業績への影響懸念も。

【独禁法】独禁法違反の疑いで第三者委員会設置し調査。監査法人から会計監査報告を受領できない場合は資本準備金取り崩し配当。5G向け超高速回線サービス強化。









Last updated  2019/09/06 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/04
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



プロパティデータバンク(4389.パッケージソフト(その他))を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年3月期の1株当たり純資産は、前期比が123.5%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 172
2017年(平成29年)3月期 141
2018年(平成30年)3月期 235
2019年(令和01年)3月期 295



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年3月期 0円
2019年3月期 8.33円・49百万円・22.4%・3.1% 
2020年3月期 8.34円 



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,026名<18.9>・0.9%・76.3%
・953名<19.3>・0.8%・74.9%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 44.7億円・6.1億円・0億円
2019年06月発売号 55.1億円・10.5億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

2018年3月期 71.4%・241.79円・0円・329
2019年3月期 78.1%・298.62円・0円・207



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

2018年3月期末 4,494,000・0
2019年3月期末 5,884,200・0



次に、株価と指標等を見てみる。

8月30日の終値は、764円
予想PERは、20.43倍
実績PBRは、2.56倍
予想利回りは、1.09%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、461円。(事業価値290円+財産価値175円-有利子負債5円)
・理論株価比は、165.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2000.10
【上場】2018.6

【特色】不動産管理クラウドサービス『@プロパティ』を提供。J‐REIT向けで約6割のシェア

【単独事業】クラウドサービス63、ソリューションサービス37 <19・3>

【連続増益】大口開拓と既存利用拡大で、主力のクラウドサービスの課金収入順調増。品質重視で導入支援収入はやや成長鈍るが、期末中心に高水準で獲得。採用・人件費増こなし営業増益。会社計画は最低線。

【データ分析】商業店舗の収益予測やレンタカーの需要予測サービスで実績続々。不動産業界のデジタル化を追い風に次の事業柱に育成。クラウドは登録棟数5万突破。









Last updated  2019/09/04 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/01
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



データ・アプリケーション(3848.パッケージソフト(その他))を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2018年3月期の1株当たり純資産は、前期比が116.1%、3期前比が141.7%、5期前比が177.5%。
・2019年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.4%、3期前比が154.4%、5期前比が182.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 555
2017年(平成29年)3月期 624
2018年(平成30年)3月期 627
2019年(平成31年)3月期 665



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 22円・66百万円・15.2%・2.8%
2018年3月期 26円・78百万円・16.5%・2.8%
2019年3月期 38円・114百万円・22.6%・3.6%
2020年3月期 43円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・695名<19.3>・12.3%・69.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 66.9億円・27.5億円・0億円
2019年06月発売号 66.6億円・33.7億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 77.7%・559.23円・0円・450
26年3月期 82.3%・618.47円・0円・409
27年3月期 78.7%・700.79円・0円・394
28年3月期 80.7%・728.88円・0円・368
29年3月期 74.7%・854.97円・0円・766
30年3月期 79.4%・992.82円・0円・434
31年3月期 82.2%・1,125.69円・0円・268



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 3,525,800・344,000
26年3月期末 3,556,400・344,000
27年3月期末 3,601,200・344,000
28年3月期末 3,707,000・694,000
29年3月期末 3,707,000・694,000
30年3月期末 3,707,000・694,101
31年3月期末 3,707,000・694,101



次に、株価と指標等を見てみる。

8月23日の終値は、1,780円
予想PERは、12.47倍
実績PBRは、1.58倍
予想利回りは、2.42%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,717円。(事業価値1,581円+財産価値1,135円-有利子負債0円)
・理論株価比は、65.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1982.9
【上場】2007.4

【特色】企業間電子商取引などEDI(電子データ交換)ソフトが主力。SIなど代理店経由の受注中心

【連結事業】ソフトウェア41、メンテナンス58、サービス他1 <19・3>

【連続増配】EDIソフトは全銀EDI稼働の追い風で出荷好調。データ連携、データハンドリングソフトも企業のデジタルシフトで上向く。ただ人件費増に加え本社移転の調査費発生。営業減益でも連続増配。

【移 転】開発体制拡充で既存本社が手狭に、20年3月までに移転へ。サテライトオフィスやテレワーク導入も。ストック型売上を現状58%から21年度65%以上目指す。









Last updated  2019/09/01 05:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/26
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



ビーグリー(3981.コンテンツ配信)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・28年12月期の1株当たり純資産は、前期比が109.8%。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が134.5%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が101.7%、3期前比が150.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)12月期 748
2017年(平成29年)12月期 1,086
2018年(平成30年)12月期 495



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2015年12月期 0円
2016年12月期 0円
2017年12月期 0円
2018年12月期 0円
2019年12月期 0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・4,867名<17.12>・9.1%・43.1%
・4,627名<18.12>・11.5%・50.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年09月発売号 110億円・6億円・12億円
2018年06月発売号 90.1億円・18.1億円・10.2億円
2019年03月発売号 55.1億円・8.7億円・8.4億円
2019年06月発売号 53.5億円・8.7億円・7.8億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

27年12月期 40.9%・553.41円・4,470,315千円・不明
28年12月期 47.9%・607.52円・4,227,556千円・464
29年12月期 64.7%・817.18円・3,983,658千円・1,335
30年12月期 68.7%・830.75円・3,739,761千円・302



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年12月期末 5,494,500・0
28年12月期末 5,494,500・0
29年12月期末 6,086,226・95
30年12月期末 6,127,348・250,180



次に、株価と指標等を見てみる。

8月16日の終値は、817円
予想PERは、10.21倍
実績PBRは、0.98倍
予想利回りは、0%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,177円。(事業価値1,168円+財産価値152円-有利子負債142円)
・理論株価比は、69.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】2013.11
【上場】2017.3

【特色】スマホ向け電子コミック配信サービス『まんが王国』運営。漫画家、出版社との直接契約に特徴

【単独事業】コンテンツプラットフォーム100 <18・12>

【上向く】電子コミックの無料登録者数順調増。従来主柱だった女性向けに加えて、男性向けタイトル拡充効き課金収入増勢。前期投入の大型テレビCMに替わるネット広告高水準こなし営業益上向く。無配継続。

【ゲーム】夏メドに部分出資したスマホ向けカードバトルゲーム配信。スマホ向けRPG『レンカ』も年内配信へ準備。コミックは顧客属性に応じレコメンド機能細分化。









Last updated  2019/08/26 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/23
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



CIJ(4826.システム開発)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年6月期の1株当たり純資産は、前期比が106.1%、3期前比が120.8%、5期前比が142.6%。
・30年6月期の1株当たり純資産は、前期比が108.1%、3期前比が122.2%、5期前比が140.6%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が108.1%、3期前比が124.1%、5期前比が141.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 1,397
2014年(平成26年)6月期 1,510
2015年(平成27年)6月期 1,393
2016年(平成28年)6月期 1,454
2017年(平成29年)6月期 1,226
2018年(平成30年)6月期 1,456
2019年(令和元年)6月期 1,802



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年6月期 9円・188百万円・70.8%・2.2%
24年6月期 9円・177百万円・35.7%・2.2%
25年6月期 12円・230百万円・27.4%・2.7%
26年6月期 12円・223百万円・27.2%・2.5%
27年6月期 12円・217百万円・25.9%・2.3%
28年6月期 14円・246百万円・28.0%・2.5%
29年6月期 13円・223百万円・27.7%・2.2%
2018年6月期 14円・234百万円・21.5%・2.2%
2019年6月期 20円・328百万円・27.7%・2.9%
2020年6月期 20円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・12,581名<15.6>・5.5%・31.7%
・13,879名<16.6>・4.1%・36.0%
・18,492名<17.12>・7.2%・37.0%
・14,292名<18.6>・8.0%・39.7%
・14,107名<18.12>・8.3%・42.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2014年12月発売号 101億円・53億円・4億円
2015年12月発売号 104億円・58億円・4億円
2016年12月発売号 105億円・57億円・3億円
2018年03月発売号 144億円・55億円・2億円
2018年12月発売号 151億円・72億円・2億円
2019年06月発売号 205億円・72億円・2億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 74.2%・428.57円・4,161千円・804
25年6月期 75.0%・470.15円・298千円・1,124
26年6月期 76.0%・505.90円・154千円・770
27年6月期 76.0%・540.69円・0円・1,406
28年6月期 78.3%・575.97円・0円・674
29年6月期 80.6%・611.26円・0円・696
30年6月期 79.6%・660.86円・0円・1,682
2019年6月期 80.7%・714.60円・82,345千円・419



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 22,555,080・2,811,933
25年6月期末 22,555,080・3,368,091
26年6月期末 20,555,080・1,967,818
27年6月期末 20,555,080・2,423,594
28年6月期末 20,555,080・2,923,724
29年6月期末 20,555,080・3,371,508
30年6月期末 20,555,080・3,821,874
2019年6月期末 19,555,080・3,108,758



次に、株価と指標等を見てみる。

8月16日の終値は、834円
予想PERは、12.73倍
実績PBRは、1.17倍
予想利回りは、2.4%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,202円。(事業価値680円+財産価値538円-有利子負債17円)
・理論株価比は、69.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1976.1
【上場】2001.1

【特色】独立系2次請けシステム開発。OS周辺で高い技術力。日立製作所とNTTデータ向けが4割弱

【連結事業】システム開発等100 <18・6>

【微増益】金融SI買収で売上3億円上乗せもSE不足し増収小幅。好採算の中央官庁特需が牽引。赤字開発消え増額利益なお上振れ。20年6月期は金融SIが通期3億円上乗せ。中央官庁案件一服だが、SE乗り入れ製造業など元請け開発深耕。微増益。

【株式報酬】グループ全社員に10年譲渡制限付き自己株(5・4億円相当)を付与。士気高揚と離職防止のほか、採用有利に展開へ。









Last updated  2019/08/23 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/22
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



アバント(3836.財務・会計系)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年6月期の1株当たり純資産は、前期比が117.0%、3期前比が157.4%、5期前比が252.8%。
・30年6月期の1株当たり純資産は、前期比が123.7%、3期前比が174.9%、5期前比が255.0%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が123.0%、3期前比が356.1%、5期前比が479.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 629
2014年(平成26年)6月期 1,079
2015年(平成27年)6月期 795
2016年(平成28年)6月期 1,112
2017年(平成29年)6月期 1,308
2018年(平成30年)6月期 1,632
2019年(令和元年)6月期 1,972



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年6月期 5.5円・103百万円・15.6%・3.4%
2017年6月期 8円・150百万円・22.6%・4.2%
2018年6月期 12円・225百万円・21.2%・5.2%
2019年6月期 15円・281百万円・21.4%・5.3%
2020年6月期 18円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,090名<17.12>・6.8%・69.9%
・3,168名<18.6>・12.1%・58.9%
・2,495名<18.12>・12.4%・60.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年03月発売号 180億円・39億円・0億円
2018年12月発売号 248億円・45億円・0億円
2019年06月発売号 353億円・45億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 43.7%・652.84円・1,276千円・693
25年6月期 39.3%・800.74円・480,675千円・516
26年6月期 44.4%・524.25円・367,575千円・994
27年6月期 48.2%・583.64円・254,475千円・471
28年6月期 49.4%・352.71円・141,375千円・1,135
29年6月期 52.9%・412.62円・28,275千円・1,070
30年6月期 54.4%・255.26円・28,275千円・1,159
2019年6月期 56.6%・314.00円・0円・1,320



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 2,347,000・79
25年6月期末 2,347,000・101
26年6月期末 4,694,000・202(分1→2)
27年6月期末 4,694,000・227
28年6月期末 9,388,000・514(分1→2)
29年6月期末 9,388,000・662
30年6月期末 18,776,000・1,349(分1→2)
2019年6月期末 18,785,094・1,421



次に、株価と指標等を見てみる。

8月16日の終値は、2,041円
予想PERは、28.35倍
実績PBRは、6.5倍
予想利回りは、0.88%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、933円。(事業価値652円+財産価値280円-有利子負債0円)
・理論株価比は、218.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1997.5
【上場】2007.2

【特色】連結経営・会計システムのパッケージソフト開発、ライセンス販売、導入サービスなど展開

【連結事業】連結会計関連60(14)、ビジネス・インテリジェンス32(8)、アウトソーシング8(16) <18・6>

【連続増益】ビジネスインテリジェンスの収益性向上。連結会計も大型案件の採算が想定以上。前号より営業増益幅拡大。20年6月期は働き方改革でアウトソーシング伸長。開発費や人件費増こなし連続営業増益。

【経団連入会】政策提言、社会貢献に参画へ。ゴルフダイジェスト・オンライン情報統合基盤刷新、不動産会社の営業支援システム短期間効率化など実績訴求し受注推進。









Last updated  2019/08/22 05:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/21
テーマ:情報・通信(491)
カテゴリ:情報・通信



GMOインターネット(9449.ネットインフラ構築)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年12月期の1株当たり純資産は、前期比が101.3%、3期前比が160.7%、5期前比が217.3%。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が111.4%、3期前比が153.0%、5期前比が212.3%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が120.0%、3期前比が135.4%、5期前比が214.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)12月期 9,175
2013年(平成25年)12月期 10,941 
2014年(平成26年)12月期 12,734
2015年(平成27年)12月期 14,857
2016年(平成28年)12月期 16,686
2017年(平成29年)12月期 17,315
2018年(平成30年)12月期 19,135



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

18年12月期 3円・186百万円・---・2.9%
19年12月期 0円
20年12月期 7円・703百万円・33.3%・12.1%
21年12月期 6円・600百万円・44.5%・8.7%
22年12月期 7円・700百万円・31.7%・9.0%
23年12月期 12円・1,413百万円・31.8%・9.9%
24年12月期 13円・1,531百万円・33.9%・7.7%
25年12月期 15円・1,767百万円・33.7%・7.7%
26年12月期 17円・2,002百万円・34.3%・7.4%
27年12月期 38円・4,476百万円・33.4%・13.0%
28年12月期 21円・2,434百万円・33.7%・6.2%
29年12月期 23円・2,656百万円・33.1%・6.4%
30年12月期 29.5円・3,395百万円・---・7.1%



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・34,673名<14.12>・29.7%・60.3%
・31,207名<15.12>・30.8%・57.1%
・31,572名<16.12>・29.0%・60.7%
・32,817名<17.6>・30.1%・61.1%
・32,632名<18.12>・31.8%・60.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年12月発売号 1,403億円・418億円・388億円
2014年03月発売号 1,346億円・528億円・243億円
2015年03月発売号 1,359億円・650億円・300億円
2016年06月発売号 1,473億円・749億円・819億円
2017年06月発売号 1,715億円・901億円・966億円
2018年09月発売号 2,141億円・1,178億円・1,394億円
2019年06月発売号 1,992億円・1,436億円・1,289億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年12月期 9.0%・156.87円・4,659百万円・12,379
24年12月期 7.6%・178.86円・3,551百万円・13,722
25年12月期 5.8%・212.12円・3,670百万円・14,156
26年12月期 6.1%・248.14円・3,946百万円・14,509
27年12月期 7.1%・336.50円・2,224百万円・△12,624
28年12月期 6.7%・340.92円・3,857百万円・3,118
29年12月期 6.1%・379.69円・2,310百万円・5,481
30年12月期 7.0%・455.48円・1,843百万円・13,127



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年12月期末 117,806,777・1,684
24年12月期末 117,806,777・1,684
25年12月期末 117,806,777・1,811
26年12月期末 117,806,777・1,811
27年12月期末 117,806,777・1,811
28年12月期末 115,944,677・1,811
29年12月期末 115,096,887・11,347
30年12月期末 115,096,887・4,004



次に、株価と指標等を見てみる。

8月16日の終値は、1,761円
予想PERは、16.9倍
実績PBRは、3.94倍
予想利回りは、1.7%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,834円。(事業価値1,918円+財産価値1,368円-有利子負債1,452円)
・理論株価比は、96.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1991.5
【上場】1999.8

【特色】レンタルサーバー等中小企業向けネットサービス展開、ネット証券再参入。仮想通貨事業育成

【連結事業】インターネットインフラ54(11)、インターネット広告・メディア23(2)、インターネット金融17(35)、他6(-10) <18・12>

【続 伸】ネットインフラはEC支援、決済などが貢献し増勢。前半苦戦の証券もビッグデータ活用の運用改善が徐々に効く。前期減損処理した仮想通貨採掘マシンの償却負担20億円強も消え利益拡大。特損ない。

【攻 守】EC支援でリピート販促やリアル店送客など機能拡充、顧客接点広げる。仮想通貨採掘はデータセンターの移転が年内完了へ、電気代60%減で収益底上げ狙う。









Last updated  2019/08/21 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

全449件 (449件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 45 >

PR

Favorite Blog

☆AKB48♪新センター;… New! ruzeru125さん

海鮮丼。。。 New! yasuho consultingさん

2018~19ポートフォ… New! みきまるファンドさん

宮崎も線状降水帯で… New! 愚利公さん

四季報秋号(2019年… New! サザンサウザンドさん

週間パフォーマンス… New! らすかる0555さん

メモ New! 4畳半2間さん

台風後には雨漏れチ… New! Home Madeさん

換気youtube New! 原田ミカオさん

DOW 26935.07 New! どらりん0206さん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.