6162551 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全524件 (524件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 53 >

情報・通信

2021/01/08
XML
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信

大塚商会(4768.システム運用)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年12月期の1株当たり純資産は、前期比が112.9%、3期前比が136.6%、5期前比が158.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)12月期 40,780
2017年(平成29年)12月期 45,460
2018年(平成30年)12月期 49,285
2019年(令和01年)12月期 63,706



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年12月期 85円・16,116百万円・48.0%・7.3%
2019年12月期 110円・20,856百万円・47.9 %・8.5%
2020年12月期 115円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・5,267名<19.6>・29.3%・56.7%
・5,107名<20.6>・28.4%・56.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年12月発売号 8,455億円・1,515億円・65億円
2020年12月発売号 9,671億円・1,761億円・65億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年12月期 53.4%・1,722.31円・0円・34,130
27年12月期 53.3%・1,827.30円・0円・27,621
28年12月期 55.2%・2,002.64円・0円・23,932
29年12月期 56.0%・2,245.73円・0円・36,153
2018年12月期 56.5%・1,211.63円・0円・38,646
2019年12月期 56.2%・1,367.76円・0円・48,762



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年12月期末 95,001,060・199,910
27年12月期末 95,001,060・200,104
28年12月期末 95,001,060・200,227
29年12月期末 95,001,060・200,227
2018年12月期末 190,002,120・400,868(分1→2)
2019年12月期末 190,002,120・400,908



次に、株価と指標等を見てみる。

12月30日の終値は、5,450円
予想PERは、26.23倍
実績PBRは、4倍
予想利回りは、2.11%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,923円。(事業価値2,054円+財産価値923円-有利子負債54円)
・理論株価比は、186.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1961.12
【上場】2000.7

【特色】情報サービス大手でSIから保守まで一貫。中堅・中小に強み。オフィス通販『たのめーる』も

【連結事業】システムインテグレーション65(10)、サービス&サポート35(5) <19・12>

【回 復】前期のパソコン更新、消費税関連特需剥落。コロナ禍でコピー保守やサプライ関連の減少が想定以上に。一転営業減益。21年12月期はテレワーク関連のSIやIT支援化サービス『たよれーる』など拡大。コピー保守も回復傾向。営業益上向く。

【テレワーク】導入件数増えセキュリティ対策などソリューション提供に積極対応。紙からデジタル書類への移行支援も強化。






Last updated  2021/01/08 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く


2021/01/06
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[山野草] 青城カンアオイ
価格:880円(税込、送料別) (2020/12/31時点)

楽天で購入

東計電算(4746.システム運用)を見ておきます。

​​関連日記 ​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年12月期の1株当たり純資産は、前期比が108.0%、3期前比が129.0%、5期前比が162.6%。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が111.4%、3期前比が130.0%、5期前比が162.8%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が104.2%、3期前比が125.3%、5期前比が149.6%。
・2019年12月期の1株当たり純資産は、前期比が116.3%、3期前比が134.9%、5期前比が157.5%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)12月期 1,937
2013年(平成25年)12月期 2,314
2014年(平成26年)12月期 2,384
2015年(平成27年)12月期 2,648
2016年(平成28年)12月期 2,676
2017年(平成29年)12月期 2,945
2018年(平成30年)12月期 3,248
2019年(令和01年)12月期 3,661



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

18年12月期 35円・327百万円・35.5%・3.3%
19年12月期 40円・368百万円・33.5%・3.5%
20年12月期 40円・367百万円・42.6%・3.4%
21年12月期 38円・348百万円・38.6%・3.2%
22年12月期 40円・367百万円・41.0%。3.1%
23年12月期 36円・330百万円・42.8%・2.8%
24年12月期 45円・413百万円・35.6%・3.1%
25年12月期 45円・408百万円・30.2%・2.9%
26年12月期 55円・498百万円・34.7%・3.2%
27年12月期 65円・593百万円・34.6%・3.5%
28年12月期 70円・641百万円・35.1%・3.4%
29年12月期 80円・735百万円・36.3%・3.6%
30年12月期 90円・828百万円・37.0%・3.7%
2019年12月期 110円・1,012百万円・39.4%・4.2%
2020年12月期 110円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・5,844名<14.12>・3.4%・71.9%
・5,325名<15.12>・3.7%・72.8%
・5,966名<16.12>・3.2%・72.9%
・5,644名<17.12>・3.1%・75.2%
・5,269名<18.12>・2.8%・76.6%
・4,066名<19.6>・3.5%・77.8%
・3,413名<20.6>・4.6%・79.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年12月発売号 138億円・15億円・0億円
2014年03月発売号 133億円・18億円・0億円
2015年03月発売号 162億円・15億円・0億円
2016年06月発売号 166億円・14億円・1億円
2017年06月発売号 225億円・11億円・0億円
2018年06月発売号 302億円・15億円・0億円
2019年06月発売号 279億円・20億円・0億円
2019年12月発売号 323億円・20億円・0億円
2020年12月発売号 402億円・15億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年12月期 84.2%・1,298.59円・3,399千円・1,531
24年12月期 83.6%・1,444.41円・3,399千円・1,958
25年12月期 82.6%・1,636.95円・3,399千円・1,890
26年12月期 80.0%・1,808.09円・283千円・2,102
27年12月期 82.7%・1,955.65円・0円・2,154
28年12月期 84.8%・2,111.19円・0円・1,872
29年12月期 82.6%・2,351.23円・7,999千円・2,315
30年12月期 81.7%・2,449.59円・5,999千円・2,842
2019年12月期 81.2%・2,848.54円・3,999千円・1,863



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年12月期末 9,350,000・167,351
24年12月期末 9,350,000・167,555
25年12月期末 9,350,000・277,633
26年12月期末 9,350,000・277,680
27年12月期末 9,350,000・221,327
28年12月期末 9,350,000・183,927
29年12月期末 9,350,000・156,557
30年12月期末 9,350,000・147,807
2019年12月期末 9,350,000・147,834



次に、株価と指標等を見てみる。

12月30日の終値は、4,345円
予想PERは、16.26倍
実績PBRは、1.61倍
予想利回りは、2.53%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,520円。(事業価値2,368円+財産価値2,155円-有利子負債3円)
・理論株価比は、96.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1970.4
【上場】2000.3

【特色】独立系情報処理会社。システムの設計開発、運用(受託)やデータ処理業務など手がける。好財務

【連結事業】情報処理・ソフトウェア開発89(22)、機器販売8(18)、リース他3(16) <19・12>

【好 転】コールセンター等システム運用や保守は順調。だがシステム開発の大型赤字案件響き、営業益減額。有証売却特益。21年12月期は赤字案件が若干残るもほぼ終息し開発も正常に復す。安定収益の課金型システム運用や保守を拡大、営業益好転。

【課金型】好調の通販向けには業務一元管理システム発売。車載機器メーカーと共同開発したスマホ用配送管理アプリも投入。






Last updated  2021/01/06 05:10:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/12/20
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◇ アロエ ◇ 綾みの ◇2寸鉢◇ 綾蓑
価格:648円(税込、送料別) (2020/12/12時点)

楽天で購入

情報企画(3712.パッケージソフト(その他))を見ておきます。

​​関連日記​ ​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年9月期の1株当たり純資産は、前期比が117.3%、3期前比が128.3%。
・29年9月期の1株当たり純資産は、前期比が118.7%、3期前比が140.5%、5期前比が160.9%。
・30年9月期の1株当たり純資産は、前期比が114.2%、3期前比が159.0%、5期前比が173.9%。
・2019年9月期の1株当たり純資産は、前期比が113.5%、3期前比が153.8%、5期前比が182.1%。
・2020年9月期の1株当たり純資産は、前期比が112.7%、3期前比が146.0%、5期前比が203.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)9月期 241
2013年(平成25年)9月期 345
2014年(平成26年)9月期 479
2015年(平成27年)9月期 627
2016年(平成28年)9月期 788
2017年(平成29年)9月期 837
2018年(平成30年)9月期 911
2019年(令和01年)9月期 1,022
2020年(令和02年)9月期 1,117



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

26年9月期 25円・101百万円・35.6%・4.0%
27年9月期 38円・127百万円・35.6%・5.8%
28年9月期 50円・167百万円・31.5%・7.0%
29年9月期 55円・184百万円・28.3%・6.5%
30年9月期 65円・217百万円・34.2%・6.6%
2019年9月期 75円・251百万円・35.5%・6.7%
2020年9月期 80円・267百万円・34.7%・6.3%
2021年9月期 80円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,884名<15.9>・0.6%・67.4%
・3,373名<16.9>・0.2%・63.4%
・3,521名<17.9>・1.4%・63.8%
・3,084名<18.9>・3.3%・65.7%
・3,305名<19.9>・1.7%・65.5%
・3,247名<20.3>・1.7%・65.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2016年03月発売号 63.8億円・10.2億円・0億円
2016年12月発売号 55.3億円・13.9億円・0億円
2018年03月発売号 95.0億円・18.0億円・0億円
2019年03月発売号 80.7億円・19.4億円・0億円
2020年03月発売号 94.1億円・21.5億円・0億円
2020年09月発売号 117億円・21億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年9月期 75.9%・570.44円・0円・306
25年9月期 77.1%・602.71円・0円・183
26年9月期 75.0%・652.99円・0円・486
27年9月期 68.4%・659.24円・0円・473
28年9月期 72.0%・773.20円・0円・535
29年9月期 76.9%・917.61円・0円・588
30年9月期 76.8%・1,047.92円・0円・706
2019年9月期 77.0%・1,189.19円・0円・797
2020年9月期 76.6%・1,339.93円・0円・863



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年9月期末 4,090,000・40,000
25年9月期末 4,090,000・40,000
26年9月期末 4,090,000・40,074
27年9月期末 4,090,000・740,074
28年9月期末 4,090,000・740,074
29年9月期末 4,090,000・740,115
30年9月期末 4,090,000・740,146
2019年9月期末 4,090,000・740,146
2020年9月期末 4,090,000・740,343



次に、株価と指標等を見てみる。

12月11日の終値は、3,390円
予想PERは、13.85倍
実績PBRは、2.53倍
予想利回りは、2.36%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,862円。(事業価値2,274円+財産価値587円-有利子負債0円)
・理論株価比は、118.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】9月
【設立】1986.10
【上場】2003.5

【特色】信金など金融機関対象の業務支援パッケージを開発、販売。事業会社向けにも進出意欲が強い

【単独事業】システム95(36)、不動産賃貸5(37) <19・9>

【着実増】中核商品の担保不動産評価管理システムが大手金融機関や信用金庫向けに着実に稼ぐ。微増益。増配。21年9月期も担保不動産管理システムや財務分析、企業評価支援システム堅調。資金浄化対策システムも加わり増益基調。連続増配に期待。

【突破口】業界のシステムを統括する信組情報サービスへの資金浄化対策システム受注獲得を突破口に、信組との取引開拓狙う。






Last updated  2020/12/20 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/12/13
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウトレット◎【造花】《生花転写》FIAN/ヤツデリーフ バーガンディ/LS0060-BUR
価格:495円(税込、送料別) (2020/12/6時点)

楽天で購入

USEN-NEXT HD(9418.通信回線販売)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年8月期の1株当たり純資産は、前期比が141.2%、3期前比が155.1%、5期前比が134.3%。
・2020年8月期の1株当たり純資産は、前期比が121.8%、3期前比が213.8%、5期前比が147.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2017年(平成29年)12月期 3,303
2018年(平成30年)8月期 5,012
2019年(令和01年)8月期 6,702
2020年(令和02年)8月期 10,093



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年8月期 0円
2019年8月期 5.0円・300百万円・4.9%・1.7%
2020年8月期 8.0円・480百万円・9.8%・2.1%
2021年8月期 8.5円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・4,855名<19.8>・1.0%・93.4%
・3,889名<20.2>・2.6%・93.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年03月発売号 926億円・205億円・731億円
2020年09月発売号 756億円・205億円・711億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

26年12月期 46.6%・261.96円・3,346千円・496
27年12月期 38.9%・289.77円・2,509千円・△864
28年12月期 20.9%・226.82円・2,501百万円・△214
29年12月期 9.6%・200.32円・50,187百万円・12,404
2018年8月期 11.9%・249.07円・47,905百万円・10,078
2019年8月期 14.9%・351.71円・54,217百万円・19,599
2020年8月期 18.6%・428.34円・50,620百万円・7,997



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年12月期末 16,425,600・0
27年12月期末 16,425,600・0
28年12月期末 16,425,600・0
29年12月期末 60,057,011・0(USENとの合併に伴う株式の交付)
2018年8月期末 60,060,011・0
2019年8月期末 60,063,011・0
2020年8月期末 60,072,611・0



次に、株価と指標等を見てみる。

12月4日の終値は、1,319円
予想PERは、15.85倍
実績PBRは、3.08倍
予想利回りは、0.64%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、708円。(事業価値1,644円+財産価値232円-有利子負債1,168円)
・理論株価比は、186.3%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】8月
【設立】2009.2
【上場】2014.12

【特色】旧母体USENが傘下の持株会社。店舗・施設向け音楽サービス、動画配信、格安スマホ等提供

【連結事業】店舗サービス27(16)、通信22(7)、業務用システム12(17)、コンテンツ配信19(1)、エネルギー17(-1)、メディア3(7) <19・8>

【横ばい】21年8月期は音楽配信が停滞。業務用システムもコロナ影響で新規減少、前期POSレジ特需も剥落。電力も解約増加で後退。ただ動画配信が大幅増加。通信もIoT商材軸に順調増。営業益横ばい圏。

【新事業】新生銀行と金融事業を開始、取引先の中小企業向けに融資やリース等を実施。7月に中小医療機関向けの新会社設立、業務用システムの廉価版導入も検討。






Last updated  2020/12/13 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/12/11
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信

日本BS放送(9414.放送局)を見ておきます。

​​関連日記​​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年8月期の1株当たり純資産は、前期比が108.5%、3期前比が128.1%。
・30年8月期の1株当たり純資産は、前期比が108.6%、3期前比が128.6%、5期前比が170.5%。
・2019年8月期の1株当たり純資産は、前期比が104.9%、3期前比が123.6%、5期前比が146.0%。
・2020年8月期の1株当たり純資産は、前期比が106.4%、3期前比が121.3%、5期前比が143.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2014年(平成26年)8月期 1,675
2015年(平成27年)8月期 1,912
2016年(平成28年)8月期 2,137
2017年(平成29年)8月期 2,231
2018年(平成30年)8月期 2,425
2019年(令和01年)8月期 1,698
2020年(令和02年)8月期 2,195



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

25年8月期 0円
26年8月期 12.5円・222百万円・16.1%・2.0%
27年8月期 15円・267百万円・21.9%・2.1%
28年8月期 17円・302百万円・20.7%・2.2%
29年8月期 18円・320百万円・21.1%・2.2%
30年8月期 19円・338百万円・20.4%・4.0%
2019年8月期 20円・356百万円・30.7%・2.1%
2020年8月期 20円・356百万円・23.9%・2.0%
2021年8月期 20円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・11,767名<15.8>・2.8%・75.1%
・17,518名<16.8>・3.6%・75.2%
・21,363名<17.8>・7.6%・72.2%
・24,481名<18.8>・4.8%・74.7%
・26,863名<19.8>・4.5%・74.2%
・28,237名<20.2>・5.3%・73.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年06月発売号 184億円・47億円・0億円
2016年03月発売号 186億円・61億円・0億円
2017年03月発売号 181億円・68億円・0億円
2018年03月発売号 243億円・80億円・0億円
2019年03月発売号 191億円・96億円・5億円
2020年03月発売号 206億円・103億円・5億円
2020年09月発売号 191億円・103億円・5億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年8月期 89.9%・554.69円・0円・1,266
26年8月期 91.6%・679.29円・0円・1,646
27年8月期 87.6%・735.13円・0円・1,788
28年8月期 89.4%・802.17円・0円・1,612
29年8月期 89.8%・870.44円・0円・1,542
30年8月期 87.6%・945.63円・0円・2,049
2019年8月期 88.3%・991.73円・0円・1,250
2020年8月期 87.7%・1,055.45円・0円・2,252



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年8月期末 14,397,032・0
26年8月期末 17,802,832・94
27年8月期末 17,802,832・94
28年8月期末 17,802,832・94
29年8月期末 17,802,832・134
30年8月期末 17,802,832・134
2019年8月期末 17,804,032・137
2020年8月期末 17,804,032・137



次に、株価と指標等を見てみる。

12月4日の終値は、1,078円
予想PERは、18.46倍
実績PBRは、1.02倍
予想利回りは、1.86%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,509円。(事業価値904円+財産価値633円-有利子負債28円)
・理論株価比は、71.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】8月
【設立】1999.8
【上場】2014.3

【特色】ビックカメラ傘下の無料BS放送局。アニメや韓国ドラマ、競馬、通販に強み。傘下に出版社も

【連結事業】BSデジタル放送94、出版6 <19・8>

【横ばい】21年8月期も主力のテレビ広告はタイム、スポットともに通販広告鈍く低水準。ただ、番組制作費と広告費の効率化徹底で費用削減。放送設備更新に伴う償却費増の負担こなし、営業利益横ばい圏。

【拡 大】10月改編で台湾ドラマ枠を新設、人気のディスカバリー番組も枠拡大でファン深耕。コロナ影響で特番やイベント等が延期・中止に、アニメ枠でも制作遅延。






Last updated  2020/12/11 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/12/09
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スイセン マウントフット 3球入
価格:420円(税込、送料別) (2020/12/6時点)

楽天で購入

東名(4439.法人向けOA機器・関連用品販売)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年8月期の1株当たり純資産は、前期比が137.4%。
・2020年8月期の1株当たり純資産は、前期比が117.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2017年(平成29年)8月期 150
2018年(平成30年)8月期 416
2019年(令和01年)8月期 654
2020年(令和02年)8月期 923



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年8月期 0円
2019年8月期 0円
2020年8月期 10円・73百万円・11.8%・1.7%
2021年8月期 11円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・679名<19.8>・3.8%・88.5%
・830名<20.2>・2.9%・90.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年03月発売号 79.3億円・30.7億円・13.0億円
2020年09月発売号 98.0億円・30.7億円・12.0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

2018年8月期 45.2%・1,181.19円・0円・302
2019年8月期 54.7%・1,623.34円・0円・741
2020年8月期 61.1%・637.25円・0円・396



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

2018年8月期末 2,100,000・0
2019年8月期末 2,400,000・0
2020年8月期末 7,327,500・300(分1→3)



次に、株価と指標等を見てみる。

12月4日の終値は、1,232円
予想PERは、14.81倍
実績PBRは、1.93倍
予想利回りは、0.89%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,003円。(事業価値672円+財産価値494円-有利子負債163円)
・理論株価比は、122.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】8月
【設立】1997.12
【上場】2019.4

【特色】月額制の中小企業向け光回線サービスが主力。情報通信商品の販売や電力小売りも展開

【連結事業】オフィス光11982(8)、オフィスソリューション15(20)、ファイナンシャル・プランニング2(16)、他0(66) <19・8>

【連続増益】21年8月期は法人向け電力販売は取次・小売りともに伸び鈍い。だが、情報通信商材等クロスセル好調。収益柱の光回線サービスも契約5%増で利益牽引。連続営業増益。営業外の市場変更費用ない。

【保 険】FC本部の統合で愛知中心に8店舗運営する保険ショップ名称を『保険見直し本舗』に順次変更。7月東証・名証1部に市場変更。知名度向上で採用等有利に。






Last updated  2020/12/09 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/25
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
CIJ(4826.システム開発)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年6月期の1株当たり純資産は、前期比が106.1%、3期前比が120.8%、5期前比が142.6%。
・30年6月期の1株当たり純資産は、前期比が108.1%、3期前比が122.2%、5期前比が140.6%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が108.1%、3期前比が124.1%、5期前比が141.3%。
・2020年6月期の1株当たり純資産は、前期比が106.4%、3期前比が124.4%、5期前比が140.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 1,397
2014年(平成26年)6月期 1,510
2015年(平成27年)6月期 1,393
2016年(平成28年)6月期 1,454
2017年(平成29年)6月期 1,226
2018年(平成30年)6月期 1,456
2019年(令和01年)6月期 1,802
2020年(令和02年)6月期 1,534



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年6月期 9円・188百万円・70.8%・2.2%
24年6月期 9円・177百万円・35.7%・2.2%
25年6月期 12円・230百万円・27.4%・2.7%
26年6月期 12円・223百万円・27.2%・2.5%
27年6月期 12円・217百万円・25.9%・2.3%
28年6月期 14円・246百万円・28.0%・2.5%
29年6月期 13円・223百万円・27.7%・2.2%
2018年6月期 14円・234百万円・21.5%・2.2%
2019年6月期 20円・328百万円・27.7%・2.9%
2020年6月期 20円・334百万円・31.6%・2.7%
2021年6月期 20円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・12,581名<15.6>・5.5%・31.7%
・13,879名<16.6>・4.1%・36.0%
・14,107名<18.12>・8.3%・42.1%
・12,947名<19.12>・8.1%・42.0%
・12,192名<20.6>・5.7%・44.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2014年12月発売号 101億円・53億円・4億円
2015年12月発売号 104億円・58億円・4億円
2016年12月発売号 105億円・57億円・3億円
2018年03月発売号 144億円・55億円・2億円
2018年12月発売号 151億円・72億円・2億円
2020年03月発売号 150億円・57億円・1億円
2020年09月発売号 168億円・64億円・1億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 74.2%・428.57円・4,161千円・804
25年6月期 75.0%・470.15円・298千円・1,124
26年6月期 76.0%・505.90円・154千円・770
27年6月期 76.0%・540.69円・0円・1,406
28年6月期 78.3%・575.97円・0円・674
29年6月期 80.6%・611.26円・0円・696
30年6月期 79.6%・660.86円・0円・1,682
2019年6月期 80.7%・714.60円・82,345千円・419
2020年6月期 81.9%・760.33円・64,046千円・1,710



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 22,555,080・2,811,933
25年6月期末 22,555,080・3,368,091
26年6月期末 20,555,080・1,967,818
27年6月期末 20,555,080・2,423,594
28年6月期末 20,555,080・2,923,724
29年6月期末 20,555,080・3,371,508
30年6月期末 20,555,080・3,821,874
2019年6月期末 19,555,080・3,108,758
2020年6月期末 19,555,080・2,842,711



次に、株価と指標等を見てみる。

11月20日の終値は、920円
予想PERは、13.79倍
実績PBRは、1.21倍
予想利回りは、2.17%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,285円。(事業価値717円+財産価値575円-有利子負債7円)
・理論株価比は、71.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1976.1
【上場】2001.1

【特色】独立系2次請けシステム開発。OS周辺で高い技術力。日立製作所とNTTデータ向けが4割弱

【連結事業】システム開発等100 <20・6>

【小幅増益】2次請け開発は金融・保険、官公需の大型案件続く。テレワーク開発の体制整い、新型コロナの影響軽微。汎用機のWeb移行など元請け開発も底堅い。SEの効率化効果発現、社員へ年0・5億円の自己株無償供与費用こなす。小幅営業増益。

【開 拓】営業顧問を大手SI等から招聘し顧客基盤拡大。情報漏洩の不安ないネット接続不要のペーパーレス会議装置投入。






Last updated  2020/11/25 05:10:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/24
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
アバント(3836.財務・会計系)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年6月期の1株当たり純資産は、前期比が117.0%、3期前比が157.4%、5期前比が252.8%。
・30年6月期の1株当たり純資産は、前期比が123.7%、3期前比が174.9%、5期前比が255.0%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が123.0%、3期前比が356.1%、5期前比が479.2%。
・2020年6月期の1株当たり純資産は、前期比が121.9%、3期前比が185.6%、5期前比が262.4%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 629
2014年(平成26年)6月期 1,079
2015年(平成27年)6月期 795
2016年(平成28年)6月期 1,112
2017年(平成29年)6月期 1,308
2018年(平成30年)6月期 1,632
2019年(令和01年)6月期 1,972
2020年(令和02年)6月期 2,282



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年6月期 2.75円・103百万円・15.6%・3.4%
2017年6月期 4.00円・150百万円・22.6%・4.2%
2018年6月期 6.00円・225百万円・21.2%・5.2%
2019年6月期 7.50円・281百万円・21.4%・5.3%
2020年6月期 9.00円・338百万円・22.0%・5.2%
2021年6月期 10.00円     



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,090名<17.12>・6.8%・69.9%
・3,168名<18.6>・12.1%・58.9%
・2,495名<18.12>・12.4%・60.4%
・2,175名<19.6>・12.6%・63.9%
・2,535名<20.6>・14.2%・65.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年03月発売号 180億円・39億円・0億円
2018年12月発売号 248億円・45億円・0億円
2019年06月発売号 353億円・45億円・0億円
2019年12月発売号 396億円・51億円・0億円
2020年09月発売号 389億円・63億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 43.7%・652.84円・1,276千円・693
25年6月期 39.3%・800.74円・480,675千円・516
26年6月期 44.4%・524.25円・367,575千円・994
27年6月期 48.2%・583.64円・254,475千円・471
28年6月期 49.4%・352.71円・141,375千円・1,135
29年6月期 52.9%・412.62円・28,275千円・1,070
30年6月期 54.4%・255.26円・28,275千円・1,159
2019年6月期 56.6%・314.00円・0円・1,320
2020年6月期 61.1%・191.42円・0円・1,890



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 2,347,000・79
25年6月期末 2,347,000・101
26年6月期末 4,694,000・202(分1→2)
27年6月期末 4,694,000・227
28年6月期末 9,388,000・514(分1→2)
29年6月期末 9,388,000・662
30年6月期末 18,776,000・1,349(分1→2)
2019年6月期末 18,785,094・1,421
2020年6月期末 37,586,982・2,911(分1→2)



次に、株価と指標等を見てみる。

11月20日の終値は、1,047円
予想PERは、24.93倍
実績PBRは、5.47倍
予想利回りは、0.96%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、561円。(事業価値391円+財産価値171円-有利子負債1円)
・理論株価比は、186.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1997.5
【上場】2007.2

【特色】連結経営・会計システムのパッケージソフト開発、ライセンス販売、導入サービスなど展開

【連結事業】連結会計関連54(19)、ビジネス・インテリジェンス37(12)、アウトソーシング9(18) <20・6>

【連続最高益】新型コロナ影響残り第1四半期は低調だが、その後は回復に向かう。連結会計の大型案件なくなるが、生産性向上や効率化の需要根強く顧客の投資意欲続く。最高純益を連続更新、増配も継続。

【パートナーシップ】顧客のDX支援目的に、データ仮想化でデータ総研とパートナーシップ合意。日本企業の新収益認証基準への対応支援のため、英国企業とも締結。






Last updated  2020/11/24 05:10:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/16
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
イーブックイニシアティブジャパン(3658.コンテンツ配信)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.6%、3期前比が124.9%、5期前比が144.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2018年(平成30年)3月期 261
2019年(平成31年)3月期 593
2020年(令和02年)3月期 795



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2019年3月期 0円
2020年3月期 0円
2021年3月期 0円  



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,787名<20.3>・12.3%・62.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年09月発売号 196億円・44億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

27年1月期 59.3%・463.27円・82,419千円・428
28年1月期 53.1%・476.14円・383,137千円・△149
29年3月期 60.2%・536.28円・150,771千円・400
30年3月期 58.4%・566.12円・103,159千円・511
2019年3月期 46.8%・600.07円・0円・1,814
2020年3月期 42.0%・669.90円・0円・1,252



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年1月期末 4,810,400・200,000
28年1月期末 5,354,800・400,200
29年3月期末 5,522,600・30
30年3月期末 5,549,600・55
2019年3月期末 5,612,600・151
2020年3月期末 5,704,600・80,470



次に、株価と指標等を見てみる。

11月6日の終値は、2,957円
予想PERは、25.6倍
実績PBRは、3.95倍
予想利回りは、0%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,420円。(事業価値727円+財産価値710円-有利子負債16円)
・理論株価比は、208.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2000.5
【上場】2011.10

【特色】小学館出身の鈴木雄介氏が創業。電子書籍配信が柱、漫画作品を充実化。ヤフーの子会社

【単独事業】電子書籍76(4)、クロスメディア24(2) <20・3>

【上振れ】柱の電子書籍は巣ごもり需要が追い風。加えてペイペイとの連携キャンペーンなども奏功し想定超に好調。紙書籍のオンライン販売も資格取得や教育関連が堅調増。広告宣伝など先行的に積極投入の負担膨らむが、営業益は前号比でやや上振れ。

【AI活用】AIによる漫画のタグ付け、レコメンド機能など強化。GWに続きペイペイ内で夏休み販促キャンペーン実施。






Last updated  2020/11/16 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/15
テーマ:情報・通信(570)
カテゴリ:情報・通信
フリービット(3843.インターネット接続サービス)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2019年4月期の1株当たり純資産は、前期比が101.4%、3期前比が90.3%、5期前比が131.2%。
・2020年4月期の1株当たり純資産は、前期比が90.8%、3期前比が84.7%、5期前比が84.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)4月期 982
2016年(平成28年)4月期 1,322
2017年(平成29年)4月期 807
2018年(平成30年)4月期 1,426
2019年(平成31年)4月期 2,569
2020年(令和02年)4月期 2,481



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2018年4月期 7円・155百万円・---・1.7%
2019年4月期 7円・155百万円・55.6%・1.7%
2020年4月期 7円・153百万円・---・1.8%
2021年4月期 7円  



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・5,485名<19.4>・4.6%・63.3%
・6,415名<19.10>・4.1%・61.4%
・7,340名<20.4>・2.0%・61.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年09月発売号 232億円・154億円・133億円
2020年03月発売号 169億円・154億円・133億円
2020年09月発売号 200億円・157億円・148億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年4月期 36.1%・309.15円・2,900,441千円・1,689
27年4月期 50.9%・436.56円・2,242,343千円・2,207
28年4月期 45.5%・449.30円・1,708,263千円・1,751
29年4月期 37.7%・434.70円・2,786,516千円・3,811
2018年4月期 28.8%・399.88円・2,142,535千円・1,030
2019年4月期 23.0%・405.57円・2,534,715千円・3,182
2020年4月期 19.0%・368.19円・1,539,662千円・1,480



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年4月期末 20,414,000・868,800
27年4月期末 23,414,000・868,800
28年4月期末 23,414,000・1,218,800
29年4月期末 23,414,000・1,218,800
30年4月期末 23,414,000・1,218,800
2019年4月期末 23,414,000・1,218,875
2020年4月期末 23,414,000・1,470,123



次に、株価と指標等を見てみる。

11月6日の終値は、874円
予想PERは、--倍
実績PBRは、2.37倍
予想利回りは、0.8%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,182円。(事業価値1,435円+財産価値734円-有利子負債987円)
・理論株価比は、73.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】4月
【設立】2000.5
【上場】2007.3

【特色】ネット接続業者向けインフラ提供サービス展開。独自スマホはCCCと提携解消し単独事業に

【連結事業】インフラテック28(5)、不動産テック24(10)、アドテク30(5)、ヘルステック6(-4)、エドテック11(-6) <20・4>
【営業益続落】ネット接続は工事不要の新機器活用の既築軸に伸長。MVNEは帯域拡大費用を顧客増でこなす。が、語学教育や介護施設向けシステムがコロナで激減し後退。減損特損減る。非支配株主控除大。

【体質改善】データに精通するグループ会社役員を当社執行役員に登用しデジタルトランスフォーメーション加速。人材や技術の活用最適化目指し大規模構造改革検討。​​​​






Last updated  2020/11/15 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く

全524件 (524件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 53 >

PR


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.