5188116 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全196件 (196件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

不動産

2019/10/04
XML
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



サンセイランディック(3277.中古住宅販売)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が113.9%、3期前比が144.0%、5期前比が192.5%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が110.1%、3期前比が141.6%、5期前比が188.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)12月期 1,196
2016年(平成28年)12月期 1,328
2017年(平成29年)12月期 1,668
2018年(平成30年)12月期 1,642



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年12月期 12円・97百万円・11.4%・1.5%
29年12月期 18円・150百万円・13.4%・2.0%
30年12月期 21円・177百万円・17.6%・2.1%
31年12月期 23円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・10,131名<18.6>・4.9%・49.3%
・8,698名<18.12>・6.0%・48.4%
・13,534名<19.6>・4.7%・43.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 107億円・34億円・78億円
2019年03月発売号 63.8億円・34.6億円・60.4億円
2019年09月発売号 64.7億円・34.6億円・55.8億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

24年12月期 48.4%・497.51円・0円・△952
25年12月期 43.4%・560.55円・0円・△664
26年12月期 59.8%・664.77円・0円・1,761
27年12月期 52.9%・744.23円・0円・△1,450
28年12月期 63.3%・840.78円・0円・1,610
29年12月期 47.3%・957.50円・0円・△3,666
30年12月期 53.1%・1,053.94円・0円・1,616



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年12月期末 6,900,000・69
25年12月期末 6,900,000・148
26年12月期末 7,915,000・148
27年12月期末 8,108,500・148
28年12月期末 8,149,500・196
29年12月期末 8,357,300・196
30年12月期末 8,447,800・242



次に、株価と指標等を見てみる。

9月27日の終値は、832円
予想PERは、6.83倍
実績PBRは、0.76倍
予想利回りは、2.76%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,961円。(事業価値2,292円+財産価値385円-有利子負債715円)
・理論株価比は、42.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1976.2
【上場】2011.12

【特色】権利関係が複雑な不動産を買い取り、関係調整したうえで再販。戸建て建築、不動産仲介も併営

【連結事業】不動産販売95(18)、建築5(-20) <18・12>

【小反落】主柱の底地・居抜き再販が営業深耕など奏功し、終盤戦積み上がる。消費増税前の駆け込み需要追い風に建築底離れ。ただ仕入れ下期増大に伴う租税公課膨張。営業益小反落。株評価特損消滅。20年12月期は居抜き再販牽引。営業益伸び戻る。

【攻め口転換】建築は富裕層から設計事務所などに営業先転換。販売用不動産の上期末残高は3月末比約6%減の123億円。









Last updated  2019/10/04 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/27
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



日本社宅サービス(8945.寮)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2017年6月期の1株当たり純資産は、前期比が120.1%、3期前比が177.2%、5期前比が233.2%。
・2018年6月期の1株当たり純資産は、前期比が118.0%、3期前比が159.6%、5期前比が238.1%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が114.8%、3期前比が162.7%、5期前比が240.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 467
2014年(平成26年)6月期 605
2015年(平成27年)6月期 655
2016年(平成28年)6月期 648
2017年(平成29年)6月期 842
2018年(平成30年)6月期 870
2019年(令和01年)6月期 1,003



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

22年6月期 8.0円・81百万円・22.3%・5.5%
23年6月期 6.75円・67百万円・24.1%・4.0%
24年6月期 8.5円・75百万円・25.5%・4.3%
25年6月期 9.5円・75百万円・35.5%・4.1%
26年6月期 10.0円・80百万円・26.2%・3.8%
27年6月期 12.5円・105百万円・26.5%・3.9%
28年6月期 17.0円・145百万円・34.1%・4.3%
29年6月期 15.5円・136百万円・25.9%・3.4%
2018年6月期 18.0円・172百万円・30.2%・3.3%
2019年6月期 22.0円・210百万円・30.4%・3.5%
2020年6月期 26.0円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,551名<15.6>・4.9%・62.0%
・1,626名<16.6>・6.0%・61.1%
・2,325名<17.12>・8.1%・53.4%
・2,348名<18.12>・9.2%・53.3%
・2,137名<19.6>・8.8%・55.9%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年06月発売号 61.8億円・18.5億円・37.3億円
2015年12月発売号 52.9億円・15.9億円・9億円
2016年12月発売号 64.5億円・20.4億円・4.5億円
2018年03月発売号 87.9億円・25.6億円・2.6億円
2019年03月発売号 91.6億円・26.0億円・0億円
2019年09月発売号 102億円・31億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 43.9%・426.74円・90,038千円・604
25年6月期 41.0%・493.34円・1,401千円・179
26年6月期 44.7%・561.46円・0円・554
27年6月期 55.6%・735.73円・0円・749
28年6月期 59.1%・828.30円・0円・396
29年6月期 63.3%・497.57円・0円・651
30年6月期 64.6%・587.20円・306,229千円・672
2019年6月期 67.8%・673.97円・272,228千円・708



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 5,985,000・1,534,956
25年6月期末 6,112,800・2,137,348
26年6月期末 6,170,700・2,137,348
27年6月期末 6,242,500・2,012,148
28年6月期末 6,303,200・2,012,213
29年6月期末 10,423,700・1,625,826(分1→2)
30年6月期末 10,580,200・1,146,458
2019年6月期末 10,736,700・1,146,531



次に、株価と指標等を見てみる。

9月20日の終値は、1,063円
予想PERは、14.17倍
実績PBRは、1.58倍
予想利回りは、2.45%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,270円。(事業価値676円+財産価値605円-有利子負債12円)
・理論株価比は、83.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1998.10
【上場】2005.9

【特色】借り上げ社宅管理代行首位。企業から手数料収受。マンション管理に進出、20年7月持株会社化

【連結事業】社宅管理事務代行45(18)、施設総合管理49(3)、他6(22) <19・6>

【増 配】社宅管理代行は管理件数が着実に増加。ただ開発費等先行経費増え部門益横ばい。施設管理はリフォーム工事や不動産サービスが拡大。保険等が後押し。外注効率化もあり増益牽引。最高益続き増配。

【持株会社化】20年7月1日に持株会社に移行。同時に社名変更。21年6月期始動の新中計策定へ。19年7月保険代理店事業を譲受。既存の保険関連と合わせシナジー追求。









Last updated  2019/09/27 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/28
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



アグレ都市デザイン(3467.戸建て)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2018年3月期の1株当たり純資産は、前期比が115.9%、3期前比が146.2%。
・2019年3月期の1株当たり純資産は、前期比が103.5%、3期前比が141.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 423
2017年(平成29年)3月期 612
2018年(平成30年)3月期 686
2019年(令和01年)3月期 363



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 15.0円・84百万円・18.4%・4.8%
2017年(平成29年)3月期 22.5円・127百万円・29.9%・6.4%
2018年(平成30年)3月期 27.5円・156百万円・33.1%・6.7%
2019年(平成31年)3月期 20.0円・114百万円・46.3%・4.5%
2020年(令和01年)3月期 18.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・742名<16.9>・0.2%・64.8%
・2,698名<18.9>・2.7%・55.2%
・4,576名<19.3>・0.5%・55.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 30.2億円・17.8億円・52.2億円
2019年03月発売号 36.3億円・21.9億円・114.1億円
2019年06月発売号 26.1億円・24.5億円・96.0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

27年3月期 20.1%・1,807.78円・0円・△1,339
28年3月期 28.5%・646.25円・0円・4
29年3月期 22.0%・380.08円・0円・△2,125
30年3月期 21.2%・440.50円・0円・△1,183
2019年3月期 18.1%・455.92円・0円・△1,533



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年3月期末 580,000・0
28年3月期末 2,805,300・0(分1→3)
29年3月期末 5,683,200・270(分1→2)
30年3月期末 5,691,600・270
2019年3月期末 5,701,200・270



次に、株価と指標等を見てみる。

8月16日の終値は、403円
予想PERは、6.76倍
実績PBRは、0.88倍
予想利回りは、4.47%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,134円。(事業価値2,443円+財産価値376円-有利子負債1,685円)
・理論株価比は、35.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2009.4
【上場】2016.3

【特色】東京・神奈川地盤にデザイン性高めた中価格帯の戸建て分譲を展開。建築請負も。製販一貫体制

【単独事業】戸建販売94、他6 <19・3>

【底打ち】仕入れ準備高は5月現在で約205億円と順調に推移。リノベ事業も拡大基調続く。用地高騰に伴う粗利益率の低下傾向も下期には歯止め、消費増税マイナス影響も織り込む。2桁の増益基調に回復。

【新事業】ワンルーム・コンパクトマンションや投資用不動産など、戸建て販売以外の収益獲得目指しアセットソリューション事業部を新設。来期より売上寄与見込む。









Last updated  2019/08/28 05:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/08
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



サムティ(3244.不動産賃貸)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年11月期の1株当たり純資産は、前期比が112.9%、3期前比が125.4%、5期前比が141.0%。
・29年11月期の1株当たり純資産は、前期比が112.9%、3期前比が148.0%、5期前比が154.2%。
・30年11月期の1株当たり純資産は、前期比が104.3%、3期前比が133.0%、5期前比が147.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)11月期 185
2013年(平成25年)11月期 2,091
2014年(平成26年)11月期 2,304
2015年(平成27年)11月期 3,872
2016年(平成28年)11月期 6,788
2017年(平成29年)11月期 8,461
2018年(平成30年)11月期 11,635



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

22年11月期 10円・138百万円・12.5%・1.0%
23年11月期 12円・195百万円・15.8%・1.2%
24年11月期 12円・203百万円・17.9%・1.1%
25年11月期 17円・318百万円・18.2%・1.6%
26年11月期 22円・488百万円・20.3%・2.1%
27年11月期 33円・763百万円・16.2%・2.9%
28年11月期 33円・782百万円・16.8%・2.6%
29年11月期 47円・1,183百万円・20.1%・3.2%
30年11月期 68円・2,588百万円・24.0%・4.5%
31年11月期 77円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・14,662名<15.5>・10.0%・58.5%
・19,006名<15.11>・11.6%・53.5%
・20,475名<16.11>・8.3%・52.2%
・22,413名<17.11>・8.0%・48.0%
・25,019名<18.11>・13.3%・45.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年12月発売号 296億円・95億円・784億円
2016年06月発売号 272億円・181億円・908億円
2017年06月発売号 296億円・207億円・1,028億円
2018年06月発売号 553億円・248億円・1,017億円
2019年06月発売号 573億円・440億円・1,039億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年11月期 24.5%・97,355.42円・133百万円・6,615
24年11月期 25.3%・100,486.54円・166百万円・△4,473
25年11月期 27.9%・1,094.78円・110百万円・9,347
26年11月期 23.3%・1,047.15円・107百万円・△1,147
27年11月期 23.1%・1,215.40円・99百万円・△4,208
28年11月期 23.1%・1,372.75円・91百万円・4,697
29年11月期 23.4%・1,549.33円・82百万円・11,583
30年11月期 37.9%・1,616.59円・52百万円・31,828



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年11月期末 163,158・0
24年11月期末 169,319・0
25年11月期末 18,748,400・0
26年11月期末 23,790,861・1,600,000
27年11月期末 24,954,420・1,805,878
28年11月期末 25,518,127・1,805,878
29年11月期末 26,989,518・1,805,959
30年11月期末 39,800,000・1,736,212

☆26.4 分割1→100



次に、株価と指標等を見てみる。

8月2日の終値は、1,711円
予想PERは、6.37倍
実績PBRは、0.98倍
予想利回りは、4.5%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,644円。(事業価値3,764円+財産価値1,191円-有利子負債2,310円)
・理論株価比は、64.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】11月
【設立】1982.12
【上場】2007.7

【特色】ファンド、REIT、投資家向けに新築や再生マンション販売。賃貸案件多彩。ホテル事業拡大

【連結事業】不動産89(21)、不動産賃貸8(28)、他3(3) <18・11>

【連続最高益】自社開発はマンション軸に14棟(前期16棟)と微減も、中古再生の物件豊富。売却益も高水準。新規取得は地方都市の物件や開発用地が予算消化牽引。賃貸も高稼働続く。評価損消える。連続増配。

【好発進】21年までに総投資額3000億円計画、開発用地の仕入れ好調で前倒し達成の余地。収益多角化にらみ、アセットマネジメントによる手数料収入を強化。









Last updated  2019/08/08 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/04
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



毎日コムネット(8908.住宅賃貸・管理)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・30年5月期の1株当たり純資産は、前期比が111.3%、3期前比が134.9%、5期前比が165.7%。
・31年5月期の1株当たり純資産は、前期比が110.9%、3期前比が135.0%、5期前比が167.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)5月期 765
2014年(平成26年)5月期 990
2015年(平成27年)5月期 1,287
2016年(平成28年)5月期 1,419
2017年(平成29年)5月期 1,550
2018年(平成30年)5月期 1,679
2019年(平成31年)5月期 1,925



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年5月期 17円・305百万円・30.2%・4.5%
2018年5月期 22円・395百万円・36.4%・5.3%
2019年5月期 28円・503百万円・40.3%・6.1%
2020年5月期 28円 
  


次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・4,605名<17.11>・0.3%・79.6%
・7,839名<18.5>・1.1%・77.2%
・7,885名<18.11>・1.5%・68.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年06月発売号 177億円・42億円・101億円
2018年12月発売号 137億円・60億円・105億円
2019年06月発売号 131億円・60億円・118億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年5月期 43.0%・528.70円・0円・405
26年5月期 44.9%・579.18円・0円・25
27年5月期 36.6%・649.39円・0円・549
28年5月期 37.7%・719.47円・0円・1,053
29年5月期 37.9%・393.54円・0円・△6
30年5月期 34.2%・438.00円・0円・△911
31年5月期 34.0%・485.81円・0円・△376



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年5月期末 9,000,000・42
26年5月期末 9,000,000・42
27年5月期末 9,000,000・42
28年5月期末 9,000,000・42
29年5月期末 18,000,000・84(分1→2)
30年5月期末 18,000,000・84
31年5月期末 18,000,000・84



次に、株価と指標等を見てみる。

7月26日の終値は、750円
予想PERは、10倍
実績PBRは、1.54倍
予想利回りは、3.73%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、836円。(事業価値1,222円+財産価値345円-有利子負債730円)
・理論株価比は、89.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】5月
【設立】1979.4
【上場】2002.10

【特色】学生マンションを地主に提案、一括借り受けるサブリースが柱。新卒採用支援も。配当性向35%

【連結事業】不動産ソリューション74(16)、学生生活ソリューション26(11) <18・5>

【連続最高益】20年5月期は学生専用マンション・寮の管理戸数が、総合管理形式で低粗利額の東京大学国際宿舎(800戸)含み前期比1000戸超増(前期596戸増)。高粗利の食事付き寮の構成比向上。費用先行の新卒採用支援続伸。8期連続増配。

【平準化】通年採用拡大に伴い採用支援事業の平準化漸進。21年5月期からの次期中計で経常益30億円目標を掲げるかが焦点。









Last updated  2019/08/04 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/21
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



日本アセットマーケティング(8922.住宅販売受託・仲介)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・投資ファンドが株主還元強化など提案、会社は財務強化や物件取得を重視方針で対応は未定。(四季報2018年6月発売号より)
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が260.2%、3期前比が936.7%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.6%、3期前比が472.3%、5期前比が9,588.5%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.5%、3期前比が292.7%、5期前比が1,053.4%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)3月期 4,796
2016年(平成28年)3月期 6,224
2017年(平成29年)3月期 6,779
2018年(平成30年)3月期 7,220
2019年(平成31年)3月期 8,279



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 0円
2017年3月期 0円
2018年3月期 0円
2019年3月期 0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・21,222名<17.3>・4.2%・77.0%
・22,329名<17.9>・3.7%・76.7%
・21,482名<18.3>・3.2%・85.6%
・18,606名<19.3>・5.1%・86.9%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年09月発売号 651億円・241億円・271億円
2017年12月発売号 960億円・241億円・259億円
2018年06月発売号 952億円・271億円・255億円
2018年12月発売号 921億円・271億円・242億円
2019年06月発売号 735億円・159億円・230億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

24年3月期 △46.8%・△191.75円・0円・△620
25年3月期 65.1%・1.39円・0円・△362
26年3月期 6.3%・13.48円・0円・3,933
27年3月期 8.4%・28.22円・0円・13,034
28年3月期 12.4%・48.52円・0円・13,919
29年3月期 44.5%・126.27円・2,297百万円・13,694
30年3月期 57.7%・133.28円・2,061百万円・10,828
31年3月期 60.5%・142.00円・1,826百万円・20,791



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 804,578・2
25年3月期末 146,432,400・200
26年3月期末 276,432,400・200
27年3月期末 276,432,400・700
28年3月期末 276,432,400・700
29年3月期末 512,851,318・700
30年3月期末 774,645,947・700(第三者割当増資)
31年3月期末 774,645,947・700

☆25.11 分1→100



次に、株価と指標等を見てみる。

7月12日の終値は、92円
予想PERは、10.45倍
実績PBRは、0.65倍
予想利回りは、0%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、69円。(事業価値92円+財産価値6円-有利子負債29円)
・理論株価比は、133.3%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1999.9
【上場】2004.3

【特色】ドン・キホーテ運営するPPIH傘下のビル賃貸、不動産管理。祖業の不動産データ販売は撤退

【連結事業】テナント賃貸83(47)、不動産管理15(15)、他1(60) <19・3>

【横ばい】不動産管理は受託物件数の増加などで堅調。ただ大黒柱のテナント賃貸はドン・キホーテ向け物件の新規取得を見込まず。前期取得5物件が通期寄与しても、収益押し上げ効果小さい。営業益横ばい。

【新規取得】期初保有物件125(純増1)。取得意欲旺盛だが、親会社の出店戦略次第で実現は流動的。当面はユニー業態転換店など不動産管理の案件獲得に注力。









Last updated  2019/07/21 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/07/19
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



京阪神ビルディング(8818.不動産賃貸)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.0%、3期前比が122.1%、5期前比が126.6%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.8%、3期前比が120.2%、5期前比が124.4%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.4%、3期前比が120.4%、5期前比が136.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 3,800
2014年(平成26年)3月期 3,699
2015年(平成27年)3月期 4,457
2016年(平成28年)3月期 4,782
2017年(平成29年)3月期 4,740
2018年(平成30年)3月期 5,044
2019年(平成31年)3月期 5,214



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

24年3月期 12円・539百万円・31.0%・1.4%
25年3月期 14円・629百万円・27.0%・1.5%
26年3月期 14円・755百万円・30.4%・1.6%
27年3月期 15円・809百万円・29.6%・1.6%
28年3月期 16円・863百万円・23.9%・1.6%
29年3月期 17円・916百万円・28.0%・1.6%
2018年3月期 18円・968百万円・27.0%・1.6%
2019年3月期 23円・1,222百万円・30.8%・1.9%
2020年3月期 23円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・6,067名<15.9>・16.9%・37.3%
・7,454名<16.3>・16.6%・36.3%
・8,839名<17.3>・16.0%・37.5%
・8,636名<18.3>・20.6%・39.8%
・8,517名<19.3>・19.8%・40.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年12月発売号 296億円・101億円・593億円
2014年06月発売号 286億円・122億円・563億円
2015年12月発売号 378億円・35億円・448億円
2016年06月発売号 317億円・165億円・451億円
2017年06月発売号 357億円・72億円・429億円
2018年06月発売号 488億円・70億円・482億円
2019年06月発売号 531億円・159億円・557億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 35.1%・862.51円・0円・3,676
25年3月期 36.4%・927.92円・0円・6,091
26年3月期 42.0%・893.93円・0円・4,607
27年3月期 45.0%・960.64円・0円・7,086
28年3月期 49.0%・1,010.79円・0円・4,919
29年3月期 52.0%・1,091.66円・0円・4,717
30年3月期 50.5%・1,154.75円・0円・6,884
31年3月期 48.3%・1,217.26円・0円・5,259



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 45,898,798・923,145
26年3月期末 53,998,798・23,638
27年3月期末 53,998,798・23,797
28年3月期末 53,998,798・24,280
29年3月期末 53,998,798・103,609
30年3月期末 53,998,798・170,656
31年3月期末 53,998,798・1,312,174



次に、株価と指標等を見てみる。

7月12日の終値は、1,036円
予想PERは、15.6倍
実績PBRは、0.85倍
予想利回りは、2.22%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、775円。(事業価値1,261円+財産価値595円-有利子負債1,082円)
・理論株価比は、133.7%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1948.12
【上場】1949.5

【特色】住友系。場外馬券売り場やオフィスビルを賃貸。データセンターを近年拡大中。大半が大阪物件

【連結事業】土地建物賃貸100(41)、他0(-19) <19・3>

【安 定】既存ビルは需給逼迫受けフル稼働、オフィス軸に賃料上方改定も寄与。ただ新規稼働は20年秋竣工の虎ノ門ビルまでお預け。修繕費こなし営業益横ばい圏。特益消える。記念配落とすが23円配を維持。

【投 資】関西偏重のポートフォリオ分散へ首都圏軸に新規ビル物色。4月着工のOBPビルは投資額320億円に当初計画比40億円増も、高スペック対応の賃料で回収。









Last updated  2019/07/19 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/05/26
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



パラカ(4809.駐車場運営)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年9月期の1株当たり純資産は、前期比が111.1%、3期前比が137.2%、5期前比が171.6%。
・29年9月期の1株当たり純資産は、前期比が110.7%、3期前比が137.6%、5期前比が170.3%。
・30年9月期の1株当たり純資産は、前期比が112.3%、3期前比が138.2%、5期前比が170.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)9月期 1,302
2013年(平成25年)9月期 1,363
2014年(平成26年)9月期 1,477
2015年(平成27年)9月期 1,786
2016年(平成28年)9月期 2,152
2017年(平成29年)9月期 2,192
2018年(平成30年)9月期 1,952



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年9月期 6円・54百万円・10.0%・0.9%
24年9月期 8円・72百万円・10.0%・1.1%
25年9月期 10円・92百万円・11.0%・1.3%
26年9月期 12円・112百万円・12.6%・1.4%
27年9月期 29円・285百万円・24.3%・3.1%
28年9月期 40円・396百万円・27.5%・3.9%
29年9月期 45円・450百万円・29.6%・3.9% 
30年9月期 50円・504百万円・26.0%・3.9% 
31年9月期 50円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,077名<15.9>・3.9%・56.1%
・4,929名<16.9>・3.9%・54.4%
・4,637名<17.9>・4.1%・57.3%
・3,627名<18.3>・4.4%・58.7%
・5,429名<18.9>・4.0%・59.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年12月発売号 164億円・27億円・109億円
2017年03月発売号 199億円・32億円・122億円
2018年03月発売号 245億円・30億円・130億円
2018年09月発売号 231億円・30億円・137億円
2019年03月発売号 193億円・39億円・143億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年9月期 31.3%・630.75円・0円・650
24年9月期 33.7%・703.86円・0円・1,420
25年9月期 37.2%・788.87円・0円・1,182
26年9月期 39.5%・870.90円・0円・1,911
27年9月期 39.7%・973.71円・0円・1,703
28年9月期 40.6%・1,082.24円・0円・2,526
29年9月期 42.2%・1,198.55円・0円・2,136
30年9月期 43.0%・1,345.42円・0円・2,083



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年9月期末 9,801,400・415,028
27年9月期末 9,997,000・415,028
28年9月期末 10,083,200・415,028
29年9月期末 10,144,000・385,250
30年9月期末 10,182,600・350,061



次に、株価と指標等を見てみる。

5月17日の終値は、1,960円
予想PERは、8.29倍
実績PBRは、1.44倍
予想利回りは、2.55%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,435円。(事業価値2,626円+財産価値371-有利子負債1,563円)
・理論株価比は、136.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】9月
【設立】1997.8
【上場】2004.12

【特色】時間貸し駐車場運営・管理。土地賃借型を中心に、土地自社保有型も展開。地方都市展開に重点

【単独事業】賃借駐車場82、保有駐車場14、他4 <18・9>

【小反発】新規開拓進み、保有・賃借とも積み上がる。既存駐車場も前期のような豪雪影響なく順調。ただ都心の高収益駐車場の解約痛く粗利率やや悪化。人件費や償却費も増。営業益は小反発程度。特益剥落。

【重 点】地銀や信金35行から不動産情報仕入れ、好採算の自社保有駐車場を開発。都心の解約影響緩和に躍起。おつり投資『トラノコ』のトラノテック社に追加出資。









Last updated  2019/05/26 05:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/30
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



ユニゾHD(3258.不動産賃貸)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が115.9%、3期前比が156.9%、5期前比が177.2%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が95.9%、3期前比が114.9%、5期前比が161.5%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.8%、3期前比が121.0%、5期前比が163.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 3,567
2014年(平成26年)3月期 5,727
2015年(平成27年)3月期 7,341
2016年(平成28年)3月期 8,500
2017年(平成29年)3月期 10,497
2018年(平成30年)3月期 11,500
2019年(平成31年)3月期 11,796



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2009年3月期 40円・339百万円・18.3%・3.5%
2010年3月期 50円・535百万円・38.7%・3.8%
2011年3月期 60円・642百万円・23.7%・3.9%
2012年3月期 60円・642百万円・41.6%・3.5%
2013年3月期 60円・892百万円・35.7%・3.3%
2014年3月期 60円・991百万円・32.2%・3.1%
2015年3月期 65円・1,190百万円・27.2%・2.8%
2016年3月期 70円・1,388百万円・21.1%・2.6%
2017年3月期 75円・1,782百万円・25.7%・2.5%
2018年3月期 80円・2,281百万円・25.5%・2.6%
2019年3月期 85円・2,908百万円・23.8%・2.7%
2020年3月期 85円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・18,261名<17.3>・15.9%・?%
・?名<17.9>・20.3%・?%
・32,846名<18.3>・15.6%・38.0%
・?名<18.9>・16.7%・?%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年06月発売号 674億円・404億円・5,305億円
2018年03月発売号 823億円・404億円・6,322億円
2018年09月発売号 731億円・461億円・6,311億円
2019年03月発売号 740億円・461億円・5,572億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 12.1%・1,788.09円・0円・4,775
25年3月期 14.0%・1,882.03円・0円・4,622
26年3月期 12.0%・2,018.69円・0円・14,124
27年3月期 13.4%・2,645.20円・0円・11,175
28年3月期 11.6%・2,733.08円・0円・15,724
29年3月期 11.9%・3,167.92円・0円・5,006
30年3月期 11.7%・3,039.54円・0円・27,238
31年3月期 16.3%・3,306.72円・0円・12,562



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 10,707,000・87
25年3月期末 16,533,000・167
26年3月期末 16,533,000・223
27年3月期末 19,833,000・223
28年3月期末 19,833,000・262
29年3月期末 23,770,700・301
30年3月期末 28,520,700・301
31年3月期末 34,220,700・405



次に、株価と指標等を見てみる。

4月26日の終値は、1,966円
予想PERは、5.65倍
実績PBRは、0.58倍
予想利回りは、4.32%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、-901円。(事業価値11,428円+財産価値3,865円-有利子負債16,196円)
・理論株価比は、?%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1977.5
【上場】2009.6

【特色】東京地盤でオフィスビル賃貸が主力の不動産会社。04年に持株会社化。ビジネスホテルに注力

【連結事業】不動産81(39)、ホテル19(18)

【海外】42 <18・3>

【増益基調】新規ビル取得は減速。既存賃貸ビルの高稼働と賃料増が牽引。営業益小幅増。物件売却特益。20年3月期も物件取得は控えめ。ただ、既存ビルの高稼働続き、ホテルの新規開業も下支え。営業増益基調。

【ホテル】今後も新規開業相次ぐものの、競争激化で稼働率や客単価は下降気味。出口戦略としてのREITやファンド組成の予定なく、固定資産での物件売却を継続。









Last updated  2019/04/30 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/04/11
テーマ:不動産(458)
カテゴリ:不動産



アグレ都市デザイン(3467.戸建て)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が115.9%、3期前比が146.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 423
2017年(平成29年)3月期 612
2018年(平成30年)3月期 686



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 15.0円・84百万円・18.4%・4.8%
2017年(平成29年)3月期 22.5円・127百万円・29.9%・6.4%
2018年(平成30年)3月期 27.5円・156百万円・33.1%・6.7%
2019年(平成31年)3月期 20.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・742名<16.9>・0.2%・64.8%
・2,698名<18.9>・2.7%・55.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 30.2億円・17.8億円・52.2億円
2019年03月発売号 36.3億円・21.9億円・114.1億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん償却額・営業CFを見てみる。

27年3月期 20.1%・1,807.78円・0円・△1,339
28年3月期 28.5%・646.25円・0円・4
29年3月期 22.0%・380.08円・0円・△2,125
30年3月期 21.2%・440.50円・0円・△1,183



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年3月期末 580,000・0
28年3月期末 2,805,300・0(分1→3)
29年3月期末 5,683,200・270(分1→2)
30年3月期末 5,691,600・270



次に、株価と指標等を見てみる。

4月5日の終値は、521円
予想PERは、12.38倍
実績PBRは、1.2倍
予想利回りは、3.84%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,039円。(事業価値2,044円+財産価値337円-有利子負債1,342円)
・理論株価比は、50.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2009.4
【上場】2016.3

【特色】東京・神奈川地盤にデザイン性高めた中価格帯の戸建て分譲を展開。建築請負も。製販一貫体制

【単独事業】戸建販売95、他5 <18・3>

【小幅増益】戸建て分譲の引き渡し棟数拡大。ただ事業用地の価格上昇、値引き販売などで利益率悪化。増益幅縮小。20年3月期も利益率急回復微妙だが、仕入れ準備高が19年2月初約169億円と順調、小幅増益。

【体制整備】拠点ごとにばらばらだった営業管理を4月から一元化、販売や広告の効率化進める。過去最大規模、武蔵小金井での全44棟『ラ・メグリエ』の契約順調。









Last updated  2019/04/11 05:10:09 AM
コメント(0) | コメントを書く

全196件 (196件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

PR

Favorite Blog

☆日向坂46♪小坂菜緒… New! ruzeru125さん

DOW 27025.88 +23.90… New! どらりん0206さん

コシダカHDのスピン… New! staycoolKさん

本日、飲み疲れ、気… New! 愚利公さん

窓周りの塗装や防水 New! Home Madeさん

2019主力株概況8位、… New! みきまるファンドさん

メモ2 4畳半2間さん

木造べた基礎の配管… 原田ミカオさん

オススメ経済本第5位 MEANINGさん

3908コラボス(時価… わくわく303さん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.