5065186 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

化学

2019/06/18
XML
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



ソフト99コーポレーション(4464.自動車メンテ用品)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が104.0%、3期前比が107.4%、5期前比が113.3%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が103.7%、3期前比が110.5%、5期前比が113.8%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が102.1%、3期前比が110.1%、5期前比が113.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 2,098
2014年(平成26年)3月期 2,091
2015年(平成27年)3月期 1,943
2016年(平成28年)3月期 2,439
2017年(平成29年)3月期 2,597
2018年(平成30年)3月期 2,895
2019年(平成31年)3月期 2,685



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

21年3月期 17.0円・369百万円・--・1.0%
22年3月期 13.0円・280百万円・26.4%・0.8%
23年3月期 14.0円・302百万円・27.4%・0.8%
24年3月期 14.5円・313百万円・27.4%・0.8%
25年3月期 15.5円・338百万円・24.8%・0.8%
26年3月期 17.0円・370百万円・33.1%・0.9%
27年3月期 17.0円・370百万円・39.1%・0.9%
28年3月期 18.0円・395百万円・22.3%・0.9%
29年3月期 21.0円・458百万円・25.4%・1.0%
30年3月期 22.0円・478百万円・24.8%・1.0%
2019年3月期 23.0円・502百万円・26.8%・1.1%
2020年3月期 24.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・7,783名<15.3>・10.9%・54.5%
・7,294名<16.3>・12.4%・56.5%
・7,035名<17.3>・12.6%・54.2%
・6,541名<18.3>・12.4%・55.0%
・6,293名<18.9>・12.9%・55.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年09月発売号 142億円・83億円・0億円
2015年09月発売号 177億円・120億円・0億円
2016年09月発売号 154億円・140億円・1億円
2017年09月発売号 203億円・146億円・1億円
2018年06月発売号 262億円・156億円・0億円
2018年12月発売号 222億円・156億円・0億円
2019年03月発売号 222億円・156億円・2億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 88.3%・1,801.22円・14,901千円・2,107
25年3月期 88.6%・1,860.64円・14,000千円・2,058
26年3月期 88.5%・1,900.43円・21,000千円・2,562
27年3月期 86.6%・1,915.80円・14,000千円・2,097
28年3月期 86.1%・1,962.99円・7,000千円・2,330
29年3月期 87.4%・2,040.79円・0千円・2,030
30年3月期 86.0%・2,117.23円・28,750千円・2,415
31年3月期 87.3%・2,162.14円・23,000千円・2,377



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 22,274,688・606,186
27年3月期末 22,274,688・539,786
28年3月期末 22,274,688・590,925
29年3月期末 22,274,688・577,345
30年3月期末 22,274,688・625,592
31年3月期末 22,274,688・533,792



次に、株価と指標等を見てみる。

6月14日の終値は、928円
予想PERは、11.21倍
実績PBRは、0.43倍
予想利回りは、2.59%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,953円。(事業価値890円+財産価値1,071円-有利子負債9円)
・理論株価比は、47.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1954.10
【上場】2001.6

【特色】カーワックス、補修剤等カー用品大手。ブランド名『ソフト99』。半導体関連を第2の柱に育成

【連結事業】ファインケミカル49(12)、ポーラスマテリアル23(15)、サービス22(4)、不動産関連6(17)

【海外】17 <18・3>

【回 復】半導体関連の原材料高、減価償却増が響く。20年3月期もコーティング剤は中古車販売店向け続伸、自動車メーカー向けOEMも順調。半導体関連は洗浄、研磨用とも好伸、原材料高一巡。利益上向く。

【需要開拓】車内向け清掃に注目。消臭剤や内窓用クリーナーの新製品を育成。インフルエンザ検査キットや吸液ポットなど医療用スポンジを使った用途開発にも着手。









Last updated  2019/06/18 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/11
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



花王(4452.トイレタリー)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が103.3%、3期前比が124.4%、5期前比が137.7%。



次に、税前利益を見てみる。

2014年(平成26年)12月期 138,784
2015年(平成27年)12月期 166,038
2016年(平成28年)12月期 183,430
2017年(平成29年)12月期 204,290
2018年(平成30年)12月期 207,251



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年12月期 110.00円・54,293百万円・36.9%・7.3%
2018年12月期 120.00円・58,493百万円・38.2%・7.2%
2019年12月期 130.00円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・53,961名<18.12>・45.6%・32.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 41,730億円・2,659億円・1,208億円



次に、親会社所有者帰属持分比率・1株当たり親会社所有者帰属持分・営業CFを見てみる。

25年12月期 55.5%・1,227.54円・178,745
26年12月期 54.9%・1,313.63円・145,118
27年12月期 51.9%・1,358.03円・181,672
28年12月期 50.8%・1,379.37円・184,307
2017年12月期 56.5%・1,636.41円・185,845
2018年12月期 56.3%・1,689.82円・195,610



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年12月期末 516,000,000・3,829,950
26年12月期末 504,000,000・2,921,992
27年12月期末 504,000,000・2,541,816
28年12月期末 504,000,000・11,137,654
2017年12月期末 495,000,000・2,225,561
2018年12月期末 488,700,000・2,043,272



次に、株価と指標等を見てみる。

6月7日の終値は、8,422円
予想PERは、25.1倍
実績PBRは、4.98倍
予想利回りは、1.54%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,368円。(事業価値3,144円+財産価値499円-有利子負債274円)
・理論株価比は、250.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1940.5
【上場】1949.5

【特色】トイレタリー国内首位、化粧品でも大手。原料からの一貫生産。独自の物流・販社システム所有

【連結事業】化粧品19(10)、スキン・ヘアケア23(14)、ヒューマンヘルスケア18(10)、ファブリック&ホームケア23(21)、ケミカル18(10)

【海外】38 <18・12>

【好 調】訪日客需要鈍化で子供用紙おむつ『メリーズ』低調。ただ課題の化粧品は重点ブランドの見直しが効き、国内とアジアで堅調増。衣料用洗剤も大型ブランドの投入効果で伸びる。連続最高益。連続増配。

【主力品刷新】従来品『Neo』は生産停止し4月に『アタックZERO』投入。普及が進むドラム式洗濯機にも対応。子供用紙おむつは新技術搭載製品を中国で先行発売。









Last updated  2019/06/11 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/06/10
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



信越化学工業(4063.化学)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.2%、3期前比が119.8%、5期前比が148.6%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.3%、3期前比が124.2%、5期前比が142.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 220,005
2017年(平成29年)3月期 242,133
2018年(平成30年)3月期 340,308
2019年(平成31年)3月期 415,311



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 120円・51,141百万円・29.1%・2.5%
2018年3月期 140円・59,711百万円・22.4%・2.7%
2019年3月期 200円・84,343百万円・27.5%・3.5%



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・42,811名<18.3>・39.4%・40.6%
・47,239名<18.9>・38.2%・40.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 45,796億円・7,804億円・146億円
2018年12月発売号 41,734億円・7,804億円・147億円
2019年03月発売号 40,879億円・7,804億円・151億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 82.0%・3,709.19円・0円・235,622
26年3月期 80.6%・4,165.28円・0円・259,734
27年3月期 79.9%・4,602.80円・0円・243,459
28年3月期 80.8%・4,761.48円・0円・281,643
29年3月期 80.3%・5,002.16円・0円・290,872
30年3月期 80.8%・5,511.98円・0円・332,776
31年3月期 81.1%・5,915.47円・0円・400,687



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 432,106,693・7,190,226
26年3月期末 432,106,693・6,413,086
27年3月期末 432,106,693・6,207,027
28年3月期末 432,106,693・6,127,692
29年3月期末 432,106,693・5,724,030
30年3月期末 432,106,693・5,536,807
31年3月期末 427,606,693・10,801,943



次に、株価と指標等を見てみる。

6月5日の終値は、9,218円
予想PERは、12.16倍
実績PBRは、1.56倍
予想利回りは、2.17%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、8,539円。(事業価値5,971円+財産価値2,763円-有利子負債195円)
・理論株価比は、108.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1926.9
【上場】1949.5

【特色】塩化ビニル樹脂、半導体シリコンウエハで世界首位。ケイ素樹脂、フォトレジスト等も。好財務

【連結事業】塩ビ・化成品35(18)、シリコーン14(24)、機能性化学品8(19)、半導体シリコン22(30)、電子・機能材料14(29)、加工他7(6)

【海外】74 <18・3>

【高水準】塩ビは原料エチレン安でも市況上昇のうえ数量高水準。半導体ウエハも数量・価格とも伸長。営業益続伸。増配。20年3月期も半導体ウエハ生産増。電子機能材料は希土類磁石が環境対応車向け堅調。後半セルロース増産寄与。営業益高水準。

【エチレン】20年3月期から米国工場で使用のエチレンの半分を自社生産。直径300mmの半導体ウエハは95%が長期契約に。









Last updated  2019/06/10 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/02/13
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



信越化学工業(4063.化学)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.2%、3期前比が119.8%、5期前比が148.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 220,005
2017年(平成29年)3月期 242,133
2018年(平成30年)3月期 340,308



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 120円・51,141百万円・29.1%・2.5%
2018年3月期 140円・59,711百万円・22.4%・2.7%
2019年3月期 200円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・42,811名<18.3>・39.4%・40.6%
・47,239名<18.9>・38.2%・40.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 45,796億円・7,804億円・146億円
2018年12月発売号 41,734億円・7,804億円・147億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 82.0%・3,709.19円・0円・235,622
26年3月期 80.6%・4,165.28円・0円・259,734
27年3月期 79.9%・4,602.80円・0円・243,459
28年3月期 80.8%・4,761.48円・0円・281,643
29年3月期 80.3%・5,002.16円・0円・290,872
30年3月期 80.8%・5,511.98円・0円・332,776



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 432,106,693・7,190,226
26年3月期末 432,106,693・6,413,086
27年3月期末 432,106,693・6,207,027
28年3月期末 432,106,693・6,127,692
29年3月期末 432,106,693・5,724,030
30年3月期末 432,106,693・5,536,807



次に、株価と指標等を見てみる。

2月8日の終値は、8,977円
予想PERは、13.21倍
実績PBRは、1.56倍
予想利回りは、2.23%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、7,301円。(事業価値4,716円+財産価値2,768円-有利子負債183円)
・理論株価比は、123.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1926.9
【上場】1949.5

【特色】塩化ビニル樹脂、半導体シリコンウエハで世界首位。ケイ素樹脂、フォトレジスト等も。好財務

【連結事業】塩ビ・化成品35(18)、シリコーン14(24)、機能性化学品8(19)、半導体シリコン22(30)、電子・機能材料14(29)、加工他7(6)

【海外】74 <18・3>

【増益幅拡大】塩ビは国内は定期修理あるが米国で出荷高水準。原料エチレン価格低下だが需要増で市況上昇。デバイス需要活発で半導体シリコンは数量・単価とも上昇。前号より営業益上振れ。増配幅も拡大。20年3月期も半導体シリコンの需要増継続。

【投 資】セルロースは国内170億円、ドイツ30億円投資で能力増強し19年半ば稼働。台湾フォトレジスト工場は18年末竣工。









Last updated  2019/02/13 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/01/03
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



ソフト99コーポレーション(4464.自動車メンテ用品)を見ておきます。

関連日記 ​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が104.0%、3期前比が107.4%、5期前比が113.3%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が103.7%、3期前比が110.5%、5期前比が113.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 2,098
2014年(平成26年)3月期 2,091
2015年(平成27年)3月期 1,943
2016年(平成28年)3月期 2,439
2017年(平成29年)3月期 2,597
2018年(平成30年)3月期 2,895



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

21年3月期 17.0円・369百万円・--・1.0%
22年3月期 13.0円・280百万円・26.4%・0.8%
23年3月期 14.0円・302百万円・27.4%・0.8%
24年3月期 14.5円・313百万円・27.4%・0.8%
25年3月期 15.5円・338百万円・24.8%・0.8%
26年3月期 17.0円・370百万円・33.1%・0.9%
27年3月期 17.0円・370百万円・39.1%・0.9%
28年3月期 18.0円・395百万円・22.3%・0.9%
29年3月期 21.0円・458百万円・25.4%・1.0%
30年3月期 22.0円・478百万円・24.8%・1.0%
31年3月期 22.5円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・7,783名<15.3>・10.9%・54.5%
・7,294名<16.3>・12.4%・56.5%
・7,035名<17.3>・12.6%・54.2%
・6,541名<18.3>・12.4%・55.0%
・6,293名<18.9>・12.9%・55.2%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年09月発売号 142億円・83億円・0億円
2015年09月発売号 177億円・120億円・0億円
2016年09月発売号 154億円・140億円・1億円
2017年09月発売号 203億円・146億円・1億円
2018年06月発売号 262億円・156億円・0億円
2018年12月発売号 222億円・156億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 88.3%・1,801.22円・14,901千円・2,107
25年3月期 88.6%・1,860.64円・14,000千円・2,058
26年3月期 88.5%・1,900.43円・21,000千円・2,562
27年3月期 86.6%・1,915.80円・14,000千円・2,097
28年3月期 86.1%・1,962.99円・7,000千円・2,330
29年3月期 87.4%・2,040.79円・0千円・2,030
30年3月期 86.0%・2,117.23円・28,750千円・2,415



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 22,274,688・606,186
27年3月期末 22,274,688・539,786
28年3月期末 22,274,688・590,925
29年3月期末 22,274,688・577,345
30年3月期末 22,274,688・625,592



次に、株価と指標等を見てみる。

12月28日の終値は、916円
予想PERは、12.55倍
実績PBRは、0.43倍
予想利回りは、2.46%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,884円。(事業価値855円+財産価値1,030円-有利子負債1円)
・理論株価比は、48.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1954.10
【上場】2001.6

【特色】カーワックス、補修剤等カー用品大手。ブランド名『ソフト99』。半導体関連を第2の柱に育成

【連結事業】ファインケミカル49(12)、ポーラスマテリアル23(15)、サービス22(4)、不動産関連6(17)

【海外】17 <18・3>

【増 配】業務用コーティング剤は自動車メーカー向けOEM販売などが好調。半導体関連も続伸。ただ下期に販促費等がずれ込むうえ、償却費負担も利益圧迫。20年3月期もコーティング剤、半導体が牽引。

【海外販売】中国は代理店の物流変更に伴う在庫調整で出荷低迷、回復に要時間も。半導体の次の柱で機能性多孔質体の吸液材・生物脱臭・廃水処理用途等の拡大注力。









Last updated  2019/01/03 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/12/20
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



カーリットHD(4275.特殊化学)を見ておきます。

​​関連日記​​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.6%、3期前比が109.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.4%、3期前比が106.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2014年(平成26年)3月期 1,677
2015年(平成27年)3月期 1,317
2016年(平成28年)3月期 1,330
2017年(平成29年)3月期 1,439
2018年(平成30年)3月期 2,176



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年3月期 9円・185百万円・14.4%・1.3%
24年3月期 9円・185百万円・18.0%・1.2%
25年3月期 9円・185百万円・11.6%・1.1%
26年3月期 10円・205百万円・16.5%・1.1%
27年3月期 10円・202百万円・19.3%・1.0%
28年3月期 10円・239百万円・30.2%・1.1%
29年3月期 10円・239百万円・30.9%・1.0%
30年3月期 12円・287百万円・18.9%・1.1%
31年3月期 12円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・21,127名<15.3>・2.4%・40.5%
・30,983名<16.3>・2.2%・37.7%
・34,524名<17.3>・3.2%・38.2%
・30,279名<18.3>・2.2%・35.4%
・25,860名<18.9>・3.9%・36.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年06月発売号 132億円・28億円・97億円
2016年06月発売号 115億円・47億円・95億円
2017年06月発売号 134億円・41億円・99億円
2018年06月発売号 271億円・42億円・92億円
2018年12月発売号 213億円・42億円・90億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 43.7%・922.98円・852,115千円・1,829
27年3月期 45.8%・1,020.60円・670,085千円・968
28年3月期 48.0%・948.40円・684,751千円・2,294
29年3月期 48.4%・1,010.55円・493,184千円・2,384
30年3月期 47.2%・1,085.11円・266百万円・2,880



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 20,600,000・9,038
27年3月期末 20,600,000・391,772
28年3月期末 24,050,000・391,926
29年3月期末 24,050,000・379,742
30年3月期末 24,050,000・375,873



次に、株価と指標等を見てみる。

12月14日の終値は、806円
予想PERは、11.92倍
実績PBRは、0.71倍
予想利回りは、1.49%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、750円。(事業価値644円+財産価値490円-有利子負債385円)
・理論株価比は、107.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2013.10
【上場】2013.10

【特色】化薬・化学品生産。発炎筒や塩素酸ソーダ高シェア。伊藤園等の飲料充填業務も。利益下期偏重

【連結事業】化学品43(5)、ボトリング37(3)、産業用部材16(3)、他4(20) <18・3>

【増 額】EV関連で電池受託試験が案件増。電解液等の電子材料分野も拡大し、柱の化学が業績を牽引。半導体用ウエハは市況高を謳歌。前号比で営業益増額。20年3月期も電池試験、電子材料関連の好調続く。

【訴 訟】合弁解散時の損失穴埋め費用を出資比率見合いで負担せよと、長野の企業が当社子会社を提訴。請求額は約16億円。電池試験は設備増やし、受け入れ体制強化。









Last updated  2018/12/20 05:10:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/10/07
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[ニューコン工業]電動強力多穴パンチ 26/30穴兼用【PN-1E(26/30)】
価格:149143円(税込、送料無料) (2018/9/30時点)




日本パルカー工業(7995.合成樹脂加工)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.9%、3期前比が120.0%、5期前比が133.9%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 3,058
2017年(平成29年)3月期 3,929
2018年(平成30年)3月期 5,466



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

29年3月期 75円・1,325百万円・56.4%・4.7%
30年3月期 85円・1,501百万円・39.2%・4.8%
31年3月期 95円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・7,062名<18.3>・13.4%・34.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 606億円・64億円・40億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 58.8%・279.38円・414百万円・2,259
26年3月期 61.9%・295.37円・304百万円・2,708
27年3月期 63.1%・311.86円・193百万円・3,374
28年3月期 62.8%・307.38円・83百万円・3,701
29年3月期 62.7%・1,657.08円・553百万円・3,674
30年3月期 65.1%・1,870.47円・463百万円・3,899



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 93,443,668・5,092,817
26年3月期末 93,443,668・5,111,524
27年3月期末 93,443,668・5,094,820
28年3月期末 93,443,668・5,109,137
29年3月期末 18,688,733・1,023,727(併5→1)
30年3月期末 18,688,733・1,025,866



次に、株価と指標等を見てみる。

9月28日の終値は、3,190円
予想PERは、13.35倍
実績PBRは、1.71倍
予想利回りは、2.98%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,272円。(事業価値1,918円+財産価値688円-有利子負債335円)
・理論株価比は、140.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1932.4
【上場】1961.10

【特色】配管つなぎ目の気体・液体漏れ防ぐシール材大手。プラント、半導体製造装置、産業機械が主用途

【連結事業】シール製品68(15)、機能樹脂製品26(4)、他6(5)

【海外】27 <18・3>

【超繁忙】柱のシール製品が業績を牽引。半導体業界の活況が追い風となり、同製造装置用のシール材が一段と繁忙。プラント用も今期は国内で石油・化学メーカーの設備定修が相次ぎ、修繕需要が増加。樹脂の原料コスト上昇を軽くこなし、連続最高益。

【半導体用シール材】既存の日本、韓国に続き、半導体工場の新設相次ぐ中国・上海にも工場建設。19年度中に商業出荷を開始へ。









Last updated  2018/10/07 05:10:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/10/01
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



信越化学工業(4063.化学)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.2%、3期前比が119.8%、5期前比が148.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 220,005
2017年(平成29年)3月期 242,133
2018年(平成30年)3月期 340,308



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 120円・51,141百万円・29.1%・2.5%
2018年3月期 140円・59,711百万円・22.4%・2.7%
2019年3月期 180円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・42,811名<18.3>・39.4%・40.6%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 45,796億円・7,804億円・146億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 82.0%・3,709.19円・0円・235,622
26年3月期 80.6%・4,165.28円・0円・259,734
27年3月期 79.9%・4,602.80円・0円・243,459
28年3月期 80.8%・4,761.48円・0円・281,643
29年3月期 80.3%・5,002.16円・0円・290,872
30年3月期 80.8%・5,511.98円・0円・332,776



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 432,106,693・7,190,226
26年3月期末 432,106,693・6,413,086
27年3月期末 432,106,693・6,207,027
28年3月期末 432,106,693・6,127,692
29年3月期末 432,106,693・5,724,030
30年3月期末 432,106,693・5,536,807



次に、株価と指標等を見てみる。

9月28日の終値は、10,065円
予想PERは、15.9倍
実績PBRは、1.83倍
予想利回りは、1.79%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、7,294円。(事業価値4,708円+財産価値2,768円-有利子負債183円)
・理論株価比は、138.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1926.9
【上場】1949.5

【特色】塩化ビニル樹脂、半導体シリコンウエハで世界首位。ケイ素樹脂、フォトレジスト等も。好財務

【連結事業】塩ビ・化成品35(18)、シリコーン14(24)、機能性化学品8(19)、半導体シリコン22(30)、電子・機能材料14(29)、加工他7(6)

【海外】74 <18・3>

【連続最高益】塩ビは国内は定期修理あるも米国は出荷高水準。苛性ソーダも堅調。原料エチレン価格の低下も寄与。デバイス需要旺盛受け半導体シリコンは数量増のうえ販価上昇。連続最高純益。40円増配。

【増 強】1600億円投じ米国に塩ビ工場新設。20年末に完工し生産能力1割増。19年に中国で光ファイバー設備増強完成。25年までにCO2を90年比45%削減目標。









Last updated  2018/10/01 05:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/25
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学



ソフト99コーポレーション(4464.自動車メンテ用品)を見ておきます。

関連日記 ​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が104.0%、3期前比が107.4%、5期前比が113.3%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が103.7%、3期前比が110.5%、5期前比が113.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 2,098
2014年(平成26年)3月期 2,091
2015年(平成27年)3月期 1,943
2016年(平成28年)3月期 2,439
2017年(平成29年)3月期 2,597
2018年(平成30年)3月期 2,895



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

21年3月期 17.0円・369百万円・--・1.0%
22年3月期 13.0円・280百万円・26.4%・0.8%
23年3月期 14.0円・302百万円・27.4%・0.8%
24年3月期 14.5円・313百万円・27.4%・0.8%
25年3月期 15.5円・338百万円・24.8%・0.8%
26年3月期 17.0円・370百万円・33.1%・0.9%
27年3月期 17.0円・370百万円・39.1%・0.9%
28年3月期 18.0円・395百万円・22.3%・0.9%
29年3月期 21.0円・458百万円・25.4%・1.0%
30年3月期 22.0円・478百万円・24.8%・1.0%
31年3月期 22.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・7,783名<15.3>・10.9%・54.5%
・7,294名<16.3>・12.4%・56.5%
・7,035名<17.3>・12.6%・54.2%
・6,541名<18.3>・12.4%・55.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2013年09月発売号 142億円・83億円・0億円
2015年09月発売号 177億円・120億円・0億円
2016年09月発売号 154億円・140億円・1億円
2017年09月発売号 203億円・146億円・1億円
2018年06月発売号 262億円・156億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 88.3%・1,801.22円・14,901千円・2,107
25年3月期 88.6%・1,860.64円・14,000千円・2,058
26年3月期 88.5%・1,900.43円・21,000千円・2,562
27年3月期 86.6%・1,915.80円・14,000千円・2,097
28年3月期 86.1%・1,962.99円・7,000千円・2,330
29年3月期 87.4%・2,040.79円・0千円・2,030
30年3月期 86.0%・2,117.23円・28,750千円・2,415



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 22,274,688・606,186
27年3月期末 22,274,688・539,786
28年3月期末 22,274,688・590,925
29年3月期末 22,274,688・577,345
30年3月期末 22,274,688・625,592



次に、株価と指標等を見てみる。

6月15日の終値は、1,149円
予想PERは、16倍
実績PBRは、0.54倍
予想利回りは、1.91%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,889円。(事業価値857円+財産価値1,033円-有利子負債1円)
・理論株価比は、60.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1954.10
【上場】2001.6

【特色】カーワックス、補修剤等カー用品大手。ブランド名『ソフト99』。半導体関連を第2の柱に育成

【連結事業】ファインケミカル49(12)、ポーラスマテリアル23(15)、サービス22(4)、不動産関連6(17) <18・3>

【反 落】半導体洗浄用部材は国内外で活況。ファインはコーティング剤が業務用、海外で伸びるが、一般向けは前期のタイヤ値上げ前の駆け込み需要の反動が尾を引く。設備増強で償却費増が打撃。営業減益。

【能力増強】ファインは兵庫県三田で設備増強、半導体洗浄関連は茨城県古河の敷地内で工場増設。TPMS(タイヤ空気圧監視装置)は法人以外に一般車向けも営業開始。









Last updated  2018/06/25 05:10:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/22
テーマ:化学(129)
カテゴリ:化学
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめての人のための3000円投資生活 [ 横山光昭 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/6/17時点)




カーリットHD(4275.特殊化学)を見ておきます。

​​関連日記​​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.6%、3期前比が109.5%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.4%、3期前比が106.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2014年(平成26年)3月期 1,677
2015年(平成27年)3月期 1,317
2016年(平成28年)3月期 1,330
2017年(平成29年)3月期 1,439
2018年(平成30年)3月期 2,176



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年3月期 9円・185百万円・14.4%・1.3%
24年3月期 9円・185百万円・18.0%・1.2%
25年3月期 9円・185百万円・11.6%・1.1%
26年3月期 10円・205百万円・16.5%・1.1%
27年3月期 10円・202百万円・19.3%・1.0%
28年3月期 10円・239百万円・30.2%・1.1%
29年3月期 10円・239百万円・30.9%・1.0%
30年3月期 12円・287百万円・18.9%・1.1%
31年3月期 12円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・21,127名<15.3>・2.4%・40.5%
・30,983名<16.3>・2.2%・37.7%
・34,524名<17.3>・3.2%・38.2%
・30,279名<18.3>・2.2%・35.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年06月発売号 132億円・28億円・97億円
2016年06月発売号 115億円・47億円・95億円
2017年06月発売号 134億円・41億円・99億円
2018年06月発売号 271億円・42億円・92億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

26年3月期 43.7%・922.98円・852,115千円・1,829
27年3月期 45.8%・1,020.60円・670,085千円・968
28年3月期 48.0%・948.40円・684,751千円・2,294
29年3月期 48.4%・1,010.55円・493,184千円・2,384
30年3月期 47.2%・1,085.11円・266百万円・2,880



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 20,600,000・9,038
27年3月期末 20,600,000・391,772
28年3月期末 24,050,000・391,926
29年3月期末 24,050,000・379,742
30年3月期末 24,050,000・375,873



次に、株価と指標等を見てみる。

6月15日の終値は、1,025円
予想PERは、16.43倍
実績PBRは、0.94倍
予想利回りは、1.17%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、728円。(事業価値621円+財産価値496円-有利子負債390円)
・理論株価比は、140.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2013.10
【上場】2013.10

【特色】化薬・化学品生産。発炎筒や塩素酸ソーダ高シェア。伊藤園等の飲料充填業務も。利益下期偏重

【連結事業】化学品43(5)、ボトリング37(3)、産業用部材16(3)、他4(20) <18・3>

【営業益続伸】柱の化学は電池受託試験の案件増。電解液やイオン導電材料など電子材料も繁忙。設備改修終えた水力自家発電の再稼働で群馬工場の電力代軽減。産業部材も建機向け復調続く。税費用は平常化。

【金属加工品】傘下の東洋発條工業がばねや座金など展開、大型プレス機導入し自動車用途強化。危険性や性能テストする受託試験はエコカー用リチウム電池で需要増。









Last updated  2018/06/22 05:10:16 AM
コメント(2) | コメントを書く

全129件 (129件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 13 >

PR

Favorite Blog

7256河西工業(時価… New! わくわく303さん

☆西野七瀬♪『ROUGE D… New! ruzeru125さん

一家に一単位・・BTC New! staycoolKさん

SWBB19ゴーヤ棚補強… New! 愚利公さん

相続後のローン返済… New! 原田ミカオさん

3205 ダイドーリミテ… New! kimiaoさん

楽天モバイル定期メ… New! モバタロウさん

2019/08/23の日経平… New! どらりん0206さん

メモ2 New! 4畳半2間さん

ウェインダルトンの… New! Home Madeさん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…
mkd5569@ Re:アクセス数490万、御来訪御礼申し上げます。(06/07) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.