5053597 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全120件 (120件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

エネルギー革命

2009/07/05
XML
カテゴリ:エネルギー革命
 トヨタ自動車は2012年から、現行のハイブリッド車より環境性能に優れ、家庭用電源で充電できる新型ハイブリッド車を量産する。パナソニックと開発中の大容量電池を搭載、初年度に2万~3万台生産する。量産は世界初。車両価格は400万円台に抑える。トヨタはハイブリッド車が当面、環境車の主軸になると判断。新型車を投入し、世界規模で競争が激化する環境車市場の主導権を狙う。

 新型車「プラグインハイブリッド車」は「プリウス」など現行のハイブリッド車が採用しているニッケル水素電池より2倍以上の容量を持つリチウムイオン電池を搭載する。パナソニックと共同出資のパナソニックEVエナジー(PEVE、静岡県湖西市)が小型で高性能なリチウムイオン電池の量産技術にめどを付けた。外部電源につなぎフルに充電すれば、電気モーターだけで現行のプリウスの10倍強の20~30キロメートルを走行できる。(日経新聞 10:03)


【上記の感想】

2年前の記事を見てみた。
プラグインハイブリッド車というものを、2年前は実現化を疑問視していた。
というか、ピンとこなかった。
が、それが現実化することに、新鮮な驚きがある。

トヨタがすごいと言ってしまえば、それまでではあるが。






Last updated  2009/07/05 03:26:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
2009/07/04
カテゴリ:エネルギー革命
 ダイキン工業は、家庭用エアコンの主力工場である滋賀製作所(滋賀県草津市)の2009年度上半期の生産計画を当初比15%引き上げる。最需要期の7月を中心に増産する。前年度並みの136万台前後としていた09年度通期の出荷計画を引き上げるかは未定だが、足元の需要増に対応する。

 エアコン大手では、日立アプライアンスも栃木事業所(栃木県下都賀郡)の7月の生産計画を、中・上位機種を中心に前年同月の実績から2%引き上げる計画。いずれも省エネ家電の買い替えを促す「エコポイント」制度の効果とみており、薄型テレビに比べて低調だったエアコンでも販売が伸びる可能性が出てきた。(日経新聞より 07:00)


【上記の感想】

持株のダイキン工業関連。

エコポイントの詳細は知らずだが、すべり出しは順調?








Last updated  2009/07/04 10:14:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/07/02
カテゴリ:エネルギー革命
 日立製作所は2015年をメドにハイブリッド車向けリチウムイオン電池の生産能力を現在の約70倍にあたる年70万台分に引き上げる。東海事業所(茨城県ひたちなか市)で出力を高めた新型電池を量産、米ゼネラル・モーターズ(GM)などに供給する。投資額は200億~300億円になる見通し。環境車向けリチウムイオン電池は自動車・電機各社が量産を計画しており、競争が激化しそうだ。

 日立が量産するのは自動車メーカーが次世代のハイブリッド車に採用する計画のリチウムイオン電池。現在主流のニッケル水素電池に比べ、サイズや重さを半分に抑えられ車の燃費など性能向上につながる。一般にハイブリッド車1台に30~50個のリチウムイオン電池が搭載される。(日経新聞より 10:11)


【上記の感想】

ハイブリッド車向けのリチウムイオン電池の勝者はどこか。
興味がもたれるが、現時点では定かではない。

関連日記は、こちら






Last updated  2009/07/02 10:38:34 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/29
カテゴリ:エネルギー革命
 カネカは住宅用断熱材の納入先である全国約300の有力工務店向けに、今年夏から太陽電池の供給を始める。自社生産した太陽電池の9割以上を欧州などに輸出し、残りを日本の大手住宅メーカーに直販してきた従来の戦略を転換。景気後退で欧州の需要が急減しており、当面は家庭用太陽電池への補助金が復活した日本市場の開拓に軸足を移す

 同社は住宅用の断熱材で約1500の工務店と取引がある。このうち約300店向けに合計で約50人の営業担当者を派遣。太陽電池の取り扱いや施工方法などを指導して受注拡大につなげる。 (日経新聞より)


【上記の感想】

意外感がある。
こちらの日記に引用した記事から欧州の需要は強いと思ったが、実際は上手くいってないのだろうか。
あるいは、国内需要が強い?というのだろうか。
経営とは難しいものである。






Last updated  2009/06/29 06:42:02 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/28
カテゴリ:エネルギー革命
デトロイト・エレクトリックは2012年までに米国、欧州、それに中国で27万台超の電気自動車の販売を計画している。価格は2万3000ドル(約225万円)から3万3000ドル(約323万円)を予定。リチウムポリマー電池を搭載し、1回の充電による走行距離は180キロから325キロメートルで、バッテリーの大きさに左右される。同社のアルバート・ラム最高経営責任者(CEO)は30日夜、「世界的な景気後退で車の販売が急減しているものの、このプロジェクトには自信がある」と語った。(ソース不明)


【上記の感想】

デトロイト・エレクトリックという米国の企業は、1907年に電気自動車の製造を開始したが、ガソリン車に敗北したためか、1939年に製造終了。
しかし、2008年になって再生したという。

世の中の流れは不思議なものだなと思う。








Last updated  2009/06/28 11:03:06 AM
コメント(2) | コメントを書く
2009/06/24
カテゴリ:エネルギー革命
 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は23日、横浜市内で開いた株主総会後の記者会見で、電気自動車について、国内に続き「2012年までに米国で生産を始める」と正式発表した。3種類の専用車を投入する。価格についても「政府の購入補助金や量産効果などで、従来の車と同等を目指したい」と述べ、世界で拡販を急ぐ考えを強調した。

 日産は10年に日米で法人向けを中心に電気自動車を発売し、12年から世界各国で一般向けに販売する計画。来年秋には追浜工場(神奈川県横須賀市)で年5万台の規模で生産を始めることを決めている。

 ゴーン社長は海外生産について、米国ではスマーナ工場(テネシー州)で始めると表明した。米政府による低利融資制度を活用し、電池から車両組み立てまで一貫生産する。(日経新聞より)


【上記の感想】

電気自動車は新聞記事で目にする程度だが、日産の電気自動車は画像でもみたことはない。
三菱や富士重工に後れをとっているように思うが、海外への布石は着々と進めているようだ。
巻き返しと期待したい。

関連日記は、こちら







Last updated  2009/06/24 06:01:01 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/23
カテゴリ:エネルギー革命
 アルバックは太陽光を電気に変える変換効率で世界最高性能の薄膜型太陽電池を量産できる一貫製造システムを開発した。2層の薄膜シリコンを重ね合わせる高効率型の太陽電池を量産する装置。7月から販売を始め、中国や台湾、韓国、インドなどを中心に太陽電池メーカーを開拓する。2010年6月期に09年6月期実績に比べ約3倍の受注1000億円を目指す。

 開発したのは、ガラス基板上に2層の薄膜シリコンを重ね合わせた「タンデム型」と呼ぶ太陽電池を一貫製造するシステム。この太陽電池の一貫製造システムは世界初。鍵を回せばすぐに生産が始まる「フルターンキー」型だ。製造装置最大手の米アプライドマテリアルズはこの量産機開発で出遅れている。 (日経新聞より)


【上記の感想】

製造装置を各国に販売することで、コスト競争力に劣る日本の太陽電池は敗退する。
とならなければ良いのだが。

関連日記は、こちら






Last updated  2009/06/23 10:42:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/22
カテゴリ:エネルギー革命
 東レはナノテクノロジー(超微細技術)を使い植物を原料とする高性能断熱材を開発した。部屋の熱の出入りを抑える断熱性能が高く、冷暖房機器の電力消費を減らせる。試算では一般家庭の電気料金を20年間で約50万円節約でき、二酸化炭素(CO2)の排出量も15%減らせる。2012年の実用化を目指す。

 開発したのは植物系断熱材で、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の支援を受けた。構造は従来品と同じく樹脂に熱を伝えにくい物質の気泡を封入してある。東レは樹脂に植物を原料にしたポリ乳酸を採用し、製造工程でCO2が出ないよう配慮。封入する物質には、熱を伝えにくいCO2を使った。(日経新聞より)


【上記の感想】

断熱材で電気代の節約。
不思議な事ではないが、こういった記事を目にするのは久しぶり。






Last updated  2009/06/22 06:15:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/21
カテゴリ:エネルギー革命
 大日本印刷は実用サイズの有機薄膜太陽電池を試作した。印刷技術を使って作製する。現在主流のシリコン型太陽電池に比べ価格が数分の1になるという。光エネルギーを電気エネルギーに変える効率は4%と低いが、この変換効率を改善すれば、ノートパソコンや携帯電話などの電源として使える。2012年をメドに実用化する。

 有機薄膜太陽電池はシリコンに比べて安い有機材料を基板に印刷する要領で作製するため、製造コストを大幅に下げることが可能。樹脂基板を使えば、折り曲げることもでき、柱の曲面や衣服に張るなど太陽電池の新しい用途も広がる。ただ、大型化すると変換効率が下がるという課題があった。(日経新聞より)


【上記の感想】

関連日記は、こちら








Last updated  2009/06/21 08:16:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
2009/06/17
カテゴリ:エネルギー革命
 【ソウル=尾島島雄】液晶パネル世界2位の韓国LGディスプレーは16日、太陽電池事業に参入すると発表した。ソウル市郊外の坡州市にあるパネルの主力工場に今年末までに500億ウォン(約40億円)を投じて、太陽電池の試験生産ラインを設置。パネル技術を転用して原料のシリコンを節約できる「薄膜型」の開発に取り組む。2012年の量産開始を目指す。

 事業化に向けて年末までに太陽電池の研究開発人員を50人規模に増員する。親会社のLG電子は現在の主流方式である「結晶型」太陽電池の技術開発を続けており2010年1~3月期に量産を開始する予定。グループ内で結晶型と薄膜型の両方式を手掛けることで、先行する日本、中国、台湾や欧州勢を追撃する。[2009年6月17日/日本経済新聞 朝刊]


【上記の感想】

太陽電池の方式には主なもので3種類あったと思うが、どこかが抜きん出るかは、今しばらくの時間が必要か。






Last updated  2009/06/17 09:57:19 AM
コメント(2) | コメントを書く

全120件 (120件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

PR

Favorite Blog

前日比△761,153円(… New! かぶ1000さん

日頃の掃除は大切です New! Home Madeさん

☆=LOVE&≠ME♪初の合… New! ruzeru125さん

マーケットスケジュ… New! どらりん0206さん

株式投資本オールタ… New! みきまるファンドさん

残念西岡&大坂棄権… New! 愚利公さん

youtube用途地域とは? New! 原田ミカオさん

4355ロングライフHD… New! わくわく303さん

荒くれ煽りマンは増… New! staycoolKさん

7532パン・パシフィ… New! サザンサウザンドさん

Comments

mkd5569@ Re:征野ファンドの運用状況---今週も良い感じでした(06/22) こんばんは いつもありがとうございます。…
mkd5569@ Re:アクセス数490万、御来訪御礼申し上げます。(06/07) こんばんは いつもありがとうございます。…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


征野三朗

Category

Freepage List

Headline News

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.