6074674 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全658件 (658件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 66 >

小売業

2020/12/04
XML
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業
Genky DrugStores(9267.ドラッグストア)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年6月期の1株当たり純資産は、前期比が120.6%、3期前比が161.3%、5期前比が191.1%。
・30年6月期の1株当たり純資産は、前期比が142.9%、3期前比が198.7%、5期前比が257.8%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が108.4%、3期前比が186.9%、5期前比が249.9%。
・2020年6月期の1株当たり純資産は、前期比が109.3%、3期前比が169.4%、5期前比が235.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)6月期 1,040
2014年(平成26年)6月期 2,007
2015年(平成27年)6月期 2,877
2016年(平成28年)6月期 2,883
2017年(平成29年)6月期 4,089
2018年(平成30年)6月期 4,377
2019年(令和01年)6月期 4,305
2020年(令和02年)6月期 4,566



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年6月期 11.25円・154百万円・17.1%・2.4%
24年6月期 12.5円・172百万円・15.0%・2.4%
25年6月期 12.5円・172百万円・27.6%・2.2%
26年6月期 12.5円・173百万円・14.8%・1.9%
27年6月期 15円・210百万円・11.9%・2.1%
28年6月期 15円・211百万円・11.1%・1.8%
29年6月期 22.5円・317百万円・16.1%・2.3%
2018年6月期 25.0円
2019年6月期 25.0円・383百万円・14.3%・1.6%   
2020年6月期 25.0円・379百万円・13.8%・1.4%   
2021年6月期 25.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・4,148名<16.12>・15.9%・67.9%
・11,324名<17.12>・9.8%・62.0%
・10,855名<18.12>・14.7%・65.6%
・13,748名<19.6>・13.3%・61.6%
・19,629名<20.6>・13.6%・61.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年03月発売号 454億円・16億円・203億円
2018年06月発売号 683億円・?億円・145億円
2019年03月発売号 401億円・22億円・180億円
2019年12月発売号 392億円・24億円・244億円
2020年09月発売号 533億円・66億円・300億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年6月期 31.9%・2,253.15円・0円・1,204
25年6月期 30.2%・2,386.47円・0円・542
26年6月期 30.8%・2,669.26円・0円・3,662
27年6月期 29.8%・1,547.75円・0円・4,758
28年6月期 28.2%・1,784.62円・0円・2,695
29年6月期 29.3%・1,076.31円・0円・5,238
30年6月期 39.7%・1,538.05円・0円・5,365
2019年6月期 37.3%・1,667.60円・0円・4,300
2020年6月期 33.3%・1,823.51円・0円・7,411



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年6月期末 3,445,300・67
25年6月期末 3,445,300・92
26年6月期末 3,467,300・167
27年6月期末 7,037,600・400(分1→2)
28年6月期末 7,051,600・493
29年6月期末 14,103,200・1,084 (分1→2)
30年6月期末 15,477,484・107
2019年6月期末 15,477,484・300,109
2020年6月期末 15,477,484・300,159



次に、株価と指標等を見てみる。

11月27日の終値は、4,195円
予想PERは、14.15倍
実績PBRは、2.3倍
予想利回りは、0.6%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,024円。(事業価値2,750円+財産価値276円-有利子負債2,003円)
・理論株価比は、409.7%(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】6.20
【設立】2017.12
【上場】2017.12

【特色】福井地盤のドラッグストア。岐阜や愛知、石川にも展開。低コスト、低価格に強み。食品比率高い

【連結事業】食品62、化粧品12、医薬品10、雑貨13、他3 <20・6>

【最高益】新店60、退店3計画(前期各49、3)。マスク等の医薬品で新型コロナ特需効果徐々に弱まる。ただ巣ごもり需要も生かし柱の食品が生鮮品中心に客数伸ばし成長牽引。坪当たり経費抑制効き最高純益。

【差別化徹底】日替わり特売抑制、『毎日が特売』の低価格追求、生鮮食品品ぞろえ強化で来店頻度向上。店舗開発人員増強、物流拠点新設などで高速大量出店を加速。






Last updated  2020/12/04 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/12/01
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業
パン・パシフィック・インターナショナルHD(7532.ディスカウントストア)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2018年6月期の1株当たり純資産は、前期比が112.1%、3期前比が136.5%、5期前比が171.8%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が113.4%、3期前比が142.2%、5期前比が174.2%。
・2020年6月期の1株当たり純資産は、前期比が113.2%、3期前比が143.9%、5期前比が175.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)6月期 43,797
2017年(平成29年)6月期 45,523
2018年(平成30年)6月期 57,218
2019年(令和01年)6月期 68,240
2020年(令和02年)6月期 75,173



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年6月期 6.50円・4,113百万円・12.4%・1.7%
2018年6月期 8.00円・5,062百万円・13.9%・1.8%
2019年6月期 10.00円・6,333百万円・13.1%・2.0%
2020年6月期 15.00円・9,508百万円・18.9%・2.7%
2021年6月期 16.00円     



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・6,913名<18.6>・68.8%・48.0%
・5,720名<19.6>・64.6%・46.7%
・8,001名<19.12>・64.5%・50.0%
・7,217名<20.6>・59.8%・55.6%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年12月発売号 12,118億円・758億円・3,754億円
2019年09月発売号 10,430億円・1,851億円・5,378億円
2020年03月発売号 11,617億円・1,851億円・5,231億円
2020年09月発売号 15,791億円・1,836億円・5,278億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年6月期 43.0%・2,136.38円・4,640百万円・38,270
26年6月期 43.4%・2,389.82円・6,332百万円・39,684
27年6月期 42.0%・1,344.64円・7,409百万円・749
28年6月期 41.3%・1,464.31円・6,852百万円・396
29年6月期 40.3%・1,637.77円・5,363百万円・56,441
30年6月期 36.0%・1,835.55円・17,600百万円・46,081
2019年6月期 25.8%・2,081.55円・17,216百万円・101,978
2020年6月期 28.8%・589.29円・15,935百万円・65,135



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年6月期末 77,863,880・1,244
26年6月期末 78,393,980・1,244
27年6月期末 157,918,960・2,488(分1→2)
28年6月期末 158,118,160・4,633
29年6月期末 158,178,760・4,633
30年6月期末 158,193,160・4,633
2019年6月期末 158,321,760・4,680
2020年6月期末 633,929,040・18,924(分1→4)



次に、株価と指標等を見てみる。

11月27日の終値は、2,451円
予想PERは、29.78倍
実績PBRは、4.16倍
予想利回りは、0.65%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、339円。(事業価値941円+財産価値258円-有利子負債859円)
・理論株価比は、723.0%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1980.9
【上場】1996.12

【特色】総合ディスカウント店ドン・キホーテを展開。子会社に長崎屋、ユニー。ASEAN出店加速

【連結事業】ディスカウントストア66(4)、総合スーパー29(3)、テナント賃貸4(22)、他1(-11) <20・6>

【最高益】出店20超(前期26)。柱のドンキ既存店はコロナ禍での訪日観光客激減が前半直撃。ただ海外が順調増。ユニーとの共同仕入れ進み粗利率徐々に改善。ユニー改装投資増こなし最高純益続く。連続増配。

【AI値付け】AI活用した値付け手法を今年中に国内ドンキ全店に導入予定、適正な売価設定と現場作業効率化につなげる。21年にマレーシアでドンキ2店舗初出店。






Last updated  2020/12/01 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/23
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業
MrMaxHD(8203.ディスカウントストア)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・30年2月期の1株当たり純資産は、前期比が108.0%、3期前比が122.1%、5期前比が103.5%。
・2020年2月期の1株当たり純資産は、前期比が102.7%、3期前比が119.1%、5期前比が134.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 1,413
2017年(平成29年)2月期 2,360
2018年(平成30年)2月期 2,959
2019年(平成31年)2月期 2,705
2020年(令和02年)2月期 2,238



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

29年2月期 14円・464百万円
30年2月期 17円・564百万円・25.8%・2.6%
2019年2月期 19円・630百万円・28.0%・2.7%
2020年2月期 14円・464百万円・35.2%・1.9%
2021年2月期 15円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・8,228名<18.2>・24.1%・66.5%
・9,033名<20.2>・21.5%・65.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 236億円・12億円・300億円
2020年09月発売号 299億円・25億円・295億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年3月期 28.8%・651.64円・0円・463
26年3月期 27.1%・643.49円・0円・4,436
27年3月期 23.5%・552.38円・0円・1,488
28年3月期 24.8%・577.65円・0円・3,840
29年2月期 28.5%・624.83円・0円・3,514
30年2月期 30.6%・674.69円・0円・4,989
2019年2月期 30.0%・724.27円・0円・2,845
2020年2月期 29.5%・743.91円・0円・3,641



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年3月期末 39,611,134・6,406,400
26年3月期末 39,611,134・6,408,623
27年3月期末 39,611,134・6,410,228
28年3月期末 39,611,134・6,411,292
29年2月期末 39,611,134・6,412,663
30年2月期末 39,611,134・6,414,596
2019年2月期末 39,611,134・6,415,247
2020年2月期末 39,611,134・6,416,278



次に、株価と指標等を見てみる。

11月17日の終値は、801円
予想PERは、9.49倍
実績PBRは、1.01倍
予想利回りは、1.87%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、▲2円。(事業価値984円+財産価値11円-有利子負債998円)
・理論株価比は、割高。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】2月
【設立】1950.12
【上場】1986.4

【特色】九州地盤の家電、日用品ディスカウントストア。17年9月持株会社体制に。配当性向30%目安

【連結事業】食品35、HBC21、家電14、ライフスタイル13、ホームリビング10、アパレル7、他0 <20・2>

【増 額】店舗純増ゼロ(前期同ゼロ)。期初の外出自粛による加工食品、日配品に加え、巣ごもり消費で家電や収納品販売増。既存店売上想定以上。採算よい定番商品も伸び貢献。下期鈍化でも営業増益幅拡大。

【EC拠点】中国でEC展開狙い、上海に合弁子会社を8月設立、キッチン回りPB品主体に始動し3年後売上10億円目指す。国内は居抜き活用し、毎期新店1~2計画。






Last updated  2020/11/23 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/09
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業



ナフコ(2790.ホームセンター)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が102.7%、3期前比が110.6%、5期前比が117.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2018年(平成30年)3月期 8,093
2019年(平成31年)3月期 7,525
2020年(令和02年)3月期 8,964



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2019年3月期 38円・1,085百万円・24.1%・0.8%
2020年3月期 39円・1,113百万円・22.5%・0.8%
2021年3月期 40円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・4,146名<20.3>・19.5%・64.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年09月発売号 614億円・212億円・236億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

27年3月期 59.7%・4,260.16円・0円・5,000
28年3月期 57.8%・4,396.57円・0円・15,404
29年3月期 59.8%・4,505.85円・0円・15,249
2018年3月期 61.2%・4,616.67円・0円・12,696
2019年3月期 62.3%・4,850.37円・0円・7,115
2020年3月期 64.4%・4,982.87円・0円・11,885



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年3月期末 29,784,400・294
28年3月期末 29,784,400・294
29年3月期末 29,784,400・294
2018年3月期末 29,784,400・294
2019年3月期末 29,784,400・1,221,594
2020年3月期末 29,784,400・1,221,670



次に、株価と指標等を見てみる。

10月30日の終値は、2,297円
予想PERは、8.63倍
実績PBRは、0.46倍
予想利回りは、1.74%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,356円。(事業価値2,596円+財産価値703円-有利子負債943円)
・理論株価比は、97.5%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1970.8
【上場】2003.12

【特色】家具販売からスタート。家具専門店とHC併設店が主。九州、中国地盤だが関西、関東等にも展開

【単独事業】資材・DIY・園芸用品43(35)、生活用品27(27)、家具・ホームファッション用品21(38)、他9(29) <20・3>

【上振れ】出店3、退店なし(前期各3、9)。既存店は前半客数好調で想定大幅に上回る。資材やDIY、衣料などPB比率増で粗利率向上。チラシ削減も奏功。後半息切れしても営業増益幅拡大。連続増配。

【融 合】ECでの注文商品を店頭で受け取れるサービス対応店拡大へ。来店客が取り寄せ注文できる店内端末も拡充。ネットと店舗の融合で利便性向上図り集客促進。









Last updated  2020/11/09 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/04
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業



サツドラHD(3544.ドラッグストア)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・2017年5月期の1株当たり純資産は、前期比が107.9%、3期前比が135.9%、5期前比が169.8%。
・2018年5月期の1株当たり純資産は、前期比が99.9%、3期前比が129.3%、5期前比が151.6%。
・2019年5月期の1株当たり純資産は、前期比が99.0%、3期前比が106.6%、5期前比が134.3%。
・2020年5月期の1株当たり純資産は、前期比が99.3%、3期前比が98.1%、5期前比が127.0%。



次に、経常利益を見てみる。

2017年(平成29年)5月期 1,333
2018年(平成30年)5月期 774
2019年(令和01年)5月期 448
2020年(令和02年)5月期 885



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

21年3月期 13.3円・53百万円・39.4%・1.7%
22年3月期 13.3円・51百万円・15.6%・1.6%
23年2月期 14.0円・53百万円・16.4%・1.6%
24年2月期 23.3円・89百万円・15.9%・2.3%
25年2月期 23.3円・89百万円・15.6%・2.1%
26年2月期 25.0円・96百万円・15.8%・2.0%
27年2月期 30.0円・115百万円・28.1%・2.2%
28年2月期 27.0円・124百万円・23.8%・1.9%
29年5月期 35.0円・165百万円・22.7%・2.0%
2018年5月期 28.0円・132百万円・85.9%・1.5%
2019年5月期 28.0円・128百万円・437.4%・1.5%
2020年5月期 28.0円・128百万円・111.1%・1.5%
2021年5月期 28.0円  
  


次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・4,486名<16.11>・10.1%・58.5%
・5,889名<17.5>・9.3%・57.3%
・6,174名<18.5>・8.8%・58.0%
・7,049名<19.5>・9.8%・57.0%
・7,324名<20.5>・8.3%・58.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年12月発売号 97.5億円・16.9億円・113.3億円
2018年06月発売号 108億円・16億円・133億円
2018年12月発売号 93.1億円・15.9億円・130.9億円
2019年12月発売号 85.5億円・18.3億円・137.5億円
2020年09月発売号 94.3億円・15.1億円・148.4億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年2月期 21.1%・3,219.07円・0円・759
25年2月期 23.1%・3,600.33円・0円・1,246
26年2月期 22.7%・1,340.70円・0円・2,192
27年2月期 20.3%・1,407.25円・0円・1,447
28年2月期 26.7%・1,688.46円・0円・4
29年5月期 27.6%・1,821.54円・0円・1,322
30年5月期 25.3%・1,819.02円・0円・1,493
2019年5月期 23.1%・1,799.97円・0円・911
2020年5月期 22.4%・1,787.69円・0円・1,651



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年2月期末 1,334,000・49,100
25年2月期末 1,334,000・49,100
26年2月期末 4,002,000・147,345
27年2月期末 4,002,000・147,378
28年2月期末 4,742,000・147,398
29年5月期末 4,742,000・147,398
30年5月期末 4,742,000・147,436
2019年5月期末 4,742,000・147,436
2020年5月期末 4,742,000・147,474



次に、株価と指標等を見てみる。

10月30日の終値は、1,997円
予想PERは、91.61倍
実績PBRは、1.12倍
予想利回りは、1.4%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、▲1,252円。(事業価値2,132円+財産価値▲42円-有利子負債3,342円)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】5.15
【設立】2016.8
【上場】2016.8

【特色】北海道地盤のドラッグストア。道内2位。食品、日用品強い。電力、AI関連や教育関係も

【連結事業】リテール100(1)、ITソリューション0(-45)、他0(-5) <20・5>

【反 落】国内は新店6、退店13の純減7(前期純減8)。新型コロナで訪日客店舗底ばい、ドラッグストア特需効果も薄れる。特売抑制など粗利率改善でも減収による採算悪化補えず。大幅減益。減損等減る。

【挑 む】新本社1階に445坪大型新店、120台のAIカメラ使った棚分析、調剤薬局や総菜店の併設など各種実験。各地域にエリア本部新設、意思決定迅速化。









Last updated  2020/11/04 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/12
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋明菊(シュウメイギク)白一重  6号苗(b6)
価格:2420円(税込、送料別) (2020/10/4時点)




ヤオコー(8279.食品スーパー・小売り)を見ておきます。



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.6%、3期前比が136.7%、5期前比が171.4%。



次に、経常利益を見てみる。

2018年(平成30年)3月期 16,528
2019年(平成31年)3月期 17,488
2020年(令和02年)3月期 19,629



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2019年3月期 60.00円・2,356百万円・19.7%・2.6%
2020年3月期 65.00円・2,552百万円・20.3%・2.5%
2021年3月期 65.00円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・7,792名<20.3>・11.4%・58.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年09月発売号 3,317億円・243億円・636億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

27年3月期 46.9%・1,563.13円・0円・17,750
28年3月期 47.7%・1,751.10円・0円・15,428
29年3月期 42.3%・1,959.66円・0円・15,805
30年3月期 39.6%・2,179.81円・4,063百万円・18,613
31年3月期 41.9%・2,422.24円・3,047百万円・22,970
2020年3月期 42.5%・2,679.23円・2,031百万円・29,218



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年3月期末 40,013,722・1,185,294
28年3月期末 40,013,722・1,185,891
29年3月期末 40,013,722・1,185,871
30年3月期末 40,013,722・1,185,027
31年3月期末 40,013,722・1,183,649
2020年3月期末 40,013,722・1,182,501



次に、株価と指標等を見てみる。

10月2日の終値は、7,610円
予想PERは、20.24倍
実績PBRは、2.84倍
予想利回りは、0.85%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,712円。(事業価値4,079円+財産価値396円-有利子負債1,762円)
・理論株価比は、280.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1974.3
【上場】1988.2

【特色】埼玉県中心に食品スーパーを展開。独立系。営業利益率は業界首位級。ライフとPB共同開発

【連結事業】スーパーマーケット100 <20・3>

【増 額】出店5、退店2(前期各6、ゼロ)。既存店は新型コロナで内食需要拡大、野菜など伸び、買い上げ点数が大幅増加。チラシ減り広告宣伝費減少も効く。人件費上昇こなし連続営業増益。最高純益。増配も。

【シェア】8月ネットスーパー対応店舗増やし、埼玉・川越周辺のシェア向上図る。対応地域は順次拡大。17年開店の都市型小型店は品ぞろえなど検証、今後の出店も検討。









Last updated  2020/10/12 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/23
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彼岸花 ヒガンバナ ヒガンバナ・二倍体
価格:550円(税込、送料別) (2020/9/19時点)




やまや(9994.酒類小売り)を見ておきます。

関連日記​​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.7%、3期前比が119.4%、5期前比が145.4%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.4%、3期前比が126.1%、5期前比が146.1%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が109.0%、3期前比が128.3%、5期前比が144.9%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が98.8%、3期前比が119.9%、5期前比が135.8%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 3,767
2014年(平成26年)3月期 4,285
2015年(平成27年)3月期 5,466
2016年(平成28年)3月期 6,580
2017年(平成29年)3月期 5,248
2018年(平成30年)3月期 7,500
2019年(平成31年)3月期 6,942
2020年(令和02年)3月期 4,227



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 32円・346百万円・14.7%・1.4%
2017年3月期 36円・390百万円・22.3%・1.5%
2018年3月期 42円・455百万円・13.4%・1.6%
2019年3月期 44円・477百万円・14.8%・1.5%
2020年3月期 46円・498百万円・242.3%・1.6%
2021年3月期 48円    



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・2,450名<17.3>・8.0%・75.0%
・1,754名<18.3>・10.6%・75.6%
・7,721名<19.3>・9.2%・72.4%
・10,232名<19.9>・7.3%・72.1%
・12,111名<20.3>・6.0%・72.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年09月発売号 182億円・71億円・143億円
2018年06月発売号 396億円・100億円・105億円
2018年12月発売号 274億円・100億円・113億円
2019年06月発売号 218億円・96億円・91億円
2019年12月発売号 240億円・96億円・83億円
2020年09月発売号 236億円・57億円・71億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 54.1%・1,689.51円・56百万円・2,441
25年3月期 56.8%・1,872.64円・20百万円・2,201
26年3月期 31.0%・2,057.65円・12,900百万円・1,674
27年3月期 33.8%・2,168.68円・12,062百万円・5,580
28年3月期 36.1%・2,324.20円・11,414百万円・6,377
29年3月期 39.2%・2,456.24円・10,767百万円・5,652
30年3月期 41.9%・2,735.77円・10,251百万円・11,323
31年3月期 45.2%・2,981.27円・10,128百万円・4,143
2020年3月期 50.4%・2,944.59円・9,296百万円・677



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 10,847,870・3,595
25年3月期末 10,847,870・4,155
26年3月期末 10,847,870・5,025
27年3月期末 10,847,870・5,245
28年3月期末 10,847,870・5,435
29年3月期末 10,847,870・5,485
30年3月期末 10,847,870・5,555
31年3月期末 10,847,870・5,765
2020年3月期末 10,847,870・5,914



次に、株価と指標等を見てみる。

9月18日の終値は、2,299円
予想PERは、16.61倍
実績PBRは、0.78倍
予想利回りは、2.09%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、4,950円。(事業価値5,647円+財産価値372円-有利子負債1,068円)
・理論株価比は、46.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1970.11
【上場】1994.9

【特色】イオン系。東北地盤の酒類専門店。関東、関西にも店舗多い。13年末に居酒屋チムニーを子会社化

【連結事業】酒販72(3)、外食28(0) <20・3>

【連続減益】家庭用酒販はコロナ禍で家飲み需要高くチューハイなど販売増。ただ外食が競争激化と期初の臨時休業による客数大幅減が痛打。後半回復でも大幅減益。営業外に雇調金。外食臨時休業による特損。

【駆け込み】10月の酒税改正前のまとめ買い取り込み。外食事業は居酒屋から家族向け業態への転換進める。チムニーは8月末まで約100人早期退職募集、9月末退職。









Last updated  2020/09/23 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/18
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業



ケーユーHD(9856.中古車小売り)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.4%、3期前比が122.1%、5期前比が139.8%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が108.0%、3期前比が123.5%、5期前比が141.2%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.4%、3期前比が123.5%、5期前比が140.5%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.5%、3期前比が121.3%、5期前比が138.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 3,259
2014年(平成26年)3月期 4,138
2015年(平成27年)3月期 3,960
2016年(平成28年)3月期 4,440
2017年(平成29年)3月期 5,011
2018年(平成30年)3月期 5,927
2019年(平成31年)3月期 5,923
2020年(令和02年)3月期 5,608



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

22年3月期 5円・170百万円・4.6%・0.8%
23年3月期 5.75円・182百万円・33.8%・0.8%
24年3月期 9円・279百万円・13.2%・1.1%
25年3月期 12.5円・385百万円・19.1%・1.4%
26年3月期 25円・770百万円・30.2%・2.7%
27年3月期 25円・771百万円・29.3%・2.5%
28年3月期 30円・928百万円・30.8%・2.8%
29年3月期 33円・1,022百万円・29.3%・2.9%
2018年3月期 40円・1,247百万円・30.2%・3.2%
2019年3月期 37円・1,162百万円・31.2%・2.6%
2020年3月期 21円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,807名<14.3>・6.9%・78.5%
・7,446名<15.3>・6.7%・80.3%
・8,978名<16.3>・6.9%・80.5%
・8,713名<17.3>・7.0%・80.4%
・5,086名<18.3>・6.9%・80.3%
・4,733名<19.3>・6.9%・80.3%
・4,147名<20.3>・7.0%・80.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2014年06月発売号 269億円・58億円・17億円
2015年06月発売号 329億円・67億円・28億円
2016年06月発売号 320億円・100億円・40億円
2017年06月発売号 443億円・107億円・83億円
2018年06月発売号 466億円・120億円・89億円
2019年06月発売号 370億円・120億円・105億円
2020年06月発売号 364億円・99億円・137億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 81.4%・1,695.34円・0円・3,176
25年3月期 81.4%・1,813.98円・0円・1,571
26年3月期 76.7%・970.63円・0円・3,332
27年3月期 76.1%・1,037.20円・0円・967
28年3月期 73.7%・1,103.82円・0円・4,486
29年3月期 68.0%・1,185.37円・0円・586
30年3月期 67.1%・1,280.77円・0円・3,343
31年3月期 66.2%・1,363.32円・0円・3,753
2020年3月期 63.5%・1,438.29円・0円・2,498



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 22,063,012・7,655,543
25年3月期末 22,063,012・6,655,741
26年3月期末 22,063,012・6,638,319
27年3月期末 44,126,024・13,276,758(分1→2)
28年3月期末 44,126,024・13,190,826
29年3月期末 44,126,024・13,139,879
30年3月期末 44,126,024・12,933,459
31年3月期末 44,126,024・12,819,439
2020年3月期末 44,126,024・12,719,439



次に、株価と指標等を見てみる。

9月11日の終値は、766円
予想PERは、11.23倍
実績PBRは、0.53倍
予想利回りは、2.74%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,736円。(事業価値1,906円+財産価値286円-有利子負債456円)
・理論株価比は、44.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1972.10
【上場】1989.12

【特色】中古車販売大手。ベンツ、BMWの正規ディーラーも。関東に加え、東北や北陸に店舗網拡大

【連結事業】国産車販売36(7)、輸入車ディーラー64(4) <20・3>

【連続減益】中古車新店2~3。前期子会社化のベンツ販売店上乗せ。が、新型コロナで海外メーカーの工場閉鎖など影響し販売台数大幅減。整備・保険獲得も低調。のれん償却費も重しで営業連続減益。減配も。

【対 策】新型コロナ対策で、展示車両の紹介やキャンペーンなどWeb活用の情報提供を強化。6月末の定時株主総会での承認条件に、監査等委員会設置会社へ移行。









Last updated  2020/09/18 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/07
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業



良品計画(7453.生活雑貨・家具小売り)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2020年2月期の1株当たり純資産は、前期比が106.9%、3期前比が133.9%、5期前比が164.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2015年(平成27年)2月期 26,602
2016年(平成28年)2月期 32,700
2017年(平成29年)2月期 38,582
2018年(平成30年)2月期 45,985
2019年(平成31年)2月期 45,861
2020年(令和02年)2月期 36,377



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2019年2月期 38.7円・10,201百万円・30.0%・5.6%
2020年2月期 36.4円・9,595百万円・41.1%・4.8%
2020年8月期 5円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・44,906名<20.2>・44.5%・45.8%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2020年06月発売号 4,489億円・340億円・50億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

27年2月期 67.0%・4,723.72円・7,413百万円・14,619
28年2月期 69.4%・5,247.93円・6,924百万円・26,133
29年2月期 71.3%・5,791.78円・5,907百万円・19,742
30年2月期 71.3%・6,476.77円・5,348百万円・46,982
2019年2月期 73.8%・725.83円・4,237百万円・23,680
2020年2月期 66.6%・775.77円・3,432百万円・24,452



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

27年2月期末 28,078,000・1,569,192
28年2月期末 28,078,000・1,518,572
29年2月期末 28,078,000・1,656,122
30年2月期末 28,078,000・1,838,866
2019年2月期末 280,780,000・18,087,860(分1→10)
2020年2月期末 280,780,000・17,762,540



8月28日の終値は、1,624円
予想PERは、--倍
実績PBRは、2.09倍
予想利回りは、0.31%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,258円。(事業価値1,288円+財産価値129円-有利子負債160円)
・理論株価比は、129.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】8月
【設立】1989.6
【上場】1995.8

【特色】西友の事業部が独立。『無印良品』ブランドで衣料、雑貨、食品など卸・小売り。中国ほか海外多数

【連結事業】衣服・雑貨43、生活雑貨47、食品7、他3

【海外】38 <20・2>

【打 撃】6カ月変則決算。店舗純増続く(前期純増53)。国内外ともEC伸びるが新型コロナでの一部休業や外出自粛響き既存店大幅減。過剰在庫処分で粗利率も低調。賃料減免あっても営業益厳しい。21年8月期は既存店復調。在庫効率化進み採算改善。

【対応策】収益性回復へ値下げプロモーション抑制や仕入れ調整での在庫圧縮徹底。EC需要増受けアマゾンで商品販売開始。









Last updated  2020/09/07 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/08/26
テーマ:小売業(735)
カテゴリ:小売業
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タキイ種苗 草花 種子 鶏頭・キャッスル 混合
価格:220円(税込、送料別) (2020/8/22時点)




G-7HD(7508.自動車用品小売り)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・農産物直売所「めぐみの郷」は第3の柱候補 。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.4%、3期前比が133.0%、5期前比が162.4%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.1%、3期前比が140.7%、5期前比が165.3%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.1%、3期前比が141.3%、5期前比が168.7%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.9%、3期前比が143.1%、5期前比が178.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 2,933
2014年(平成26年)3月期 3,139
2015年(平成27年)3月期 2,512
2016年(平成28年)3月期 3,220
2017年(平成29年)3月期 4,062
2018年(平成30年)3月期 4,568
2019年(平成31年)3月期 5,019
2020年(令和02年)3月期 5,995



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

19年3月期 8.5円・226百万円・29.0%・2.9%
20年3月期 5.0円・133百万円・34.0%・1.6%
21年3月期 5.0円・132百万円・51.1%・1.6%
22年3月期 11.0円・277百万円・33.1%・3.3%
23年3月期 6.5円・159百万円・22.8%・1.8%
24年3月期 10.0円・243百万円・33.7%・2.6%
25年3月期 17.0円・413百万円・30.8%・4.1%
26年3月期 19.5円・474百万円・30.8%・4.3%
27年3月期 15.0円・365百万円・28.7%・3.0%
28年3月期 23.5円・569百万円・30.5%・4.4%
29年3月期 26.5円・641百万円・30.9%・4.4%
2018年3月期 33.0円・799百万円・30.2%・4.9%
2019年3月期 39.0円・944百万円・31.1%・5.1%
2020年3月期 45.0円・1,089百万円・30.9%・5.3%
2021年3月期 50.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・3,989名<16.3>・12.2%・67.5%
・3,896名<17.3>・11.3%・65.7%
・3,421名<18.3>・11.3%・67.0%
・3,376名<19.3>・9.7%・68.1%
・4,002名<20.3>・11.9%・67.9%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2014年03月発売号 99.4億円・62.9億円・87.5億円
2014年06月発売号 103億円・71億円・87億円
2016年06月発売号 161億円・82億円・83億円
2017年06月発売号 306億円・93億円・84億円
2018年06月発売号 367億円・112億円・83億円
2019年06月発売号 391億円・145億円・88億円
2020年06月発売号 667億円・164億円・93億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 33.4%・780.73円・362百万円・1,914
25年3月期 34.7%・867.54円・291百万円・3,626
26年3月期 36.2%・953.05円・197百万円・3,546
27年3月期 38.4%・1,019.17円・114百万円・1,830
28年3月期 38.1%・1,137.86円・39百万円・3,885
29年3月期 40.8%・1,267.83円・11百万円・3,685
30年3月期 41.7%・1,433.92円・179百万円・5,204
31年3月期 43.6%・1,607.52円・150百万円・5,740
2020年3月期 45.9%・907.34円・67百万円・5,057



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 13,336,400・1,165,391
25年3月期末 13,336,400・1,165,438
26年3月期末 13,336,400・1,165,488
27年3月期末 13,336,400・1,165,488
28年3月期末 13,336,400・1,225,647
29年3月期末 13,336,400・1,225,710
30年3月期末 13,336,400・1,225,803
31年3月期末 13,336,400・1,225,818
2020年3月期末 26,672,800・2,451,726(分1→2)



次に、株価と指標等を見てみる。

8月21日の終値は、2,904円
想PERは、17.59倍
実績PBRは、3.2倍
予想利回りは、1.72%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,926円。(事業価値1,717円+財産価値595円-有利子負債387円)
・理論株価比は、150.8%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1976.6
【上場】1996.8

【特色】車用品『オートバックス』、食品『業務スーパー』をFC展開。野菜直売や外食、アジア進出も意欲

【連結事業】オートバックス・車関連28(5)、業務スーパー・こだわり食品68(4)、他4(3) <20・3>

【続 伸】ミニスーパー99イチバと和牛卸・小売りの買収で合計約200億円上乗せ。柱の業務スーパーは新型コロナの巣ごもり需要が追い風。精肉業テラバヤシとの複合店軸に12出店超へ。オートバックスの出店未定、外出自粛打撃補い営業益続伸。

【M&A】首都圏17店舗展開の和牛のアンデス食品3月買収。精肉職人不足のテラバヤシと連携へ。レジ周辺のコロナ対策全力。









Last updated  2020/08/26 05:10:04 AM
コメント(0) | コメントを書く

全658件 (658件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 66 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.