6070611 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

金属製品

2020/10/14
XML
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



イハラサイエンス(5999.継ぎ手)を見ておきます。

関連日記​​​



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が116.0%、3期前比が138.1%、5期前比が162.1%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が119.2%、3期前比が150.7%、5期前比が180.9%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.1%、3期前比が156.3%、5期前比が186.1%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が105.2%、3期前比が141.7%、5期前比が179.2%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 1,196
2014年(平成26年)3月期 1,709
2015年(平成27年)3月期 1,746
2016年(平成28年)3月期 1,976
2017年(平成29年)3月期 2,509
2018年(平成30年)3月期 3,354
2019年(平成31年)3月期 3,389
2020年(令和02年)3月期 2,698



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 24円・245百万円・25.8%・2.5%
29年3月期 35円・357百万円・20.6%・3.3%
2018年3月期 45円・461百万円・18.4%・3.5%
2019年3月期 45円・461百万円・18.6%・3.0%
2020年3月期 46円・485百万円・25.6%・2.9%
2021年3月期 47円   



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,587名<17.9>・17.0%・58.4%
・1,737名<18.3>・17.8%・57.0%
・1,729名<18.9>・19.7%・58.3%
・1,862名<19.3>・19.8%・56.8%
・1,863名<20.3>・22.1%・55.9%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年12月発売号 271億円・30億円・36億円
2018年06月発売号 373億円・52億円・30億円
2018年12月発売号 277億円・52億円・26億円
2019年06月発売号 193億円・61億円・24億円
2020年09月発売号 207億円・56億円・14億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 59.6%・718.73円・0円・342
25年3月期 65.5%・767.38円・0円・1,372
26年3月期 68.6%・843.36円・0円・97
27年3月期 72.1%・921.18円・0円・1,334
28年3月期 64.4%・1,004.21円・0円・939
29年3月期 68.9%・1,164.87円・0円・1,600
30年3月期 64.8%・1,388.08円・0円・1,345
31年3月期 72.4%・1,569.57円・0円・3,261
2020年3月期 76.9%・1,651.07円・0円・2,170



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 14,000,000・2,318,634
25年3月期末 14,000,000・2,318,681
26年3月期末 14,000,000・2,227,516
27年3月期末 14,000,000・2,227,635
28年3月期末 14,000,000・3,777,672
29年3月期末 14,000,000・3,777,874
30年3月期末 14,000,000・3,742,657
31年3月期末 14,000,000・3,741,685
2020年3月期末 14,000,000・3,441,801



次に、株価と指標等を見てみる。

10月9日の終値は、1,739円
予想PERは、9.32倍
実績PBRは、1.05倍
予想利回りは、2.7%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,800円。(事業価値2,347円+財産価値620円-有利子負債168円)
・理論株価比は、62.1%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1947.5
【上場】1963.6

【特色】産業用継ぎ手最大手、半導体業界向けのクリーンバルブと、一般産業用油圧バルブが2本柱

【連結事業】継手62、バルブ10、商品1、配管システム27

【海外】13 <20・3>

【一転減益】半導体、液晶市況回復受け、国内外ともにクリーンバルブは出足好調だが、中盤から伸び鈍化。工作機械向け継ぎ手、バルブは設備投資意欲の後退で苦戦。建設機械向けも低調。一転営業減益。会社計画楽観的。新工場補助金特益。連続増配。

【新製品】複雑な配管箇所での作業効率高い、大口径低トルクの継ぎ手を鉄道車両向けに拡販。中国南通工場は量産機導入開始。









Last updated  2020/10/14 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/10/13
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サルビア ネモローサ ‘カラドンナ’
価格:440円(税込、送料別) (2020/10/10時点)




フジマック(5965.厨房設備)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.7%、3期前比が125.5%、5期前比が160.1%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.3%、3期前比が133.8%、5期前比が158.1%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.3%、3期前比が135.7%、5期前比が152.5%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が101.8%、3期前比が123.7%、5期前比が146.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 1,921
2014年(平成26年)3月期 2,114
2015年(平成27年)3月期 1,439
2016年(平成28年)3月期 1,647
2017年(平成29年)3月期 2,270
2018年(平成30年)3月期 2,783
2019年(平成31年)3月期 2,180
2020年(令和02年)3月期 1,829



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年3月期 5.0円・65百万円・9.1%・0.8%
24年3月期 6.5円・85百万円・9.2%・1.0%
25年3月期 8.0円・104百万円・8.4%・1.0%
26年3月期 10.0円・131百万円・11.4%・1.2%
27年3月期 10.0円・131百万円・26.1%・1.1%
28年3月期 10.0円・131百万円・19.3%・1.0%
29年3月期 12.5円・163百万円・10.9%・1.2%
2018年3月期 20.0円・262百万円・13.3%・1.6%
2019年3月期 20.0円・262百万円・17.5%・1.5%
2020年3月期 20.0円・262百万円・23.6%・1.4%
2020年12月期 5.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・701名<15.3>・6.6%・69.9%
・742名<16.3>・6.5%・68.6%
・986名<17.9>・9.4%・71.4%
・1,020名<18.3>・9.6%・71.7%
・2,763名<19.3>・10.4%・71.5%
・4,069名<20.3>・10.4%・71.3%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年03月発売号 54.3億円・62.7億円・33.5億円
2015年06月発売号 57.4億円・68.6億円・33.6億円
2016年09月発売号 53.8億円・81.1億円・48.4億円
2017年12月発売号 177億円・78億円・47億円
2018年06月発売号 164億円・89億円・43億円
2019年06月発売号 104億円・94億円・37億円
2020年09月発売号 87.7億円・87.4億円・30.6億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 37.7%・1,432.43円・0円・2,123
25年3月期 39.7%・1,642.58円・0円・860
26年3月期 41.2%・1,826.94円・0円・1,147
27年3月期 42.5%・1,940.60円・0円・2,373
28年3月期 40.5%・2,052.80円・0円・1,231
29年3月期 46.1%・2,292.67円・0円・1,407
30年3月期 47.6%・2,596.55円・0円・2,295
31年3月期 51.2%・1,392.95円・0円・2,345
2020年3月期 51.8%・1,418.02円・0円・1,215



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 7,136,000・582,441
27年3月期末 7,136,000・582,464
28年3月期末 7,136,000・582,510
29年3月期末 7,136,000・582,644
30年3月期末 7,136,000・582,793
31年3月期末 14,272,000・1,165,710(分1→2)
2020年3月期末 14,272,000・1,165,710



次に、株価と指標等を見てみる。

10月9日の終値は、709円
予想PERは、54.54倍
実績PBRは、0.5倍
予想利回りは、0.71%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,051円。(事業価値1,553円+財産価値742円-有利子負債244円)
・理論株価比は、34.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.3
【上場】1996.8

【特色】総合厨房設備機器メーカー。熱機器と冷機器ともに自社製造、外食、ホテルなど大型設備に強み

【連結事業】業務用厨房機器の製造・販売及び保守修理100 <20・3>

【減益幅拡大】巣ごもりでコンビニ、外食では宅配や持ち帰り用途が需要増。だが、営業時間短縮や休業等で稼働率低下のホテルや店内飲食メインの外食向け不調長引く。人件費削減や開発費抑制も前半の受注数量減が響き、前号より営業益減額。減配も。

【配 信】コロナで休止の厨房・調理機器の実演紹介はネット配信準備。7月自社ビルへ本社移転。償却負担は賃料減と見合い。









Last updated  2020/10/13 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/07/10
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



特殊電極(3437.各種設備工事)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.0%、3期前比が127.5%、5期前比が118.9%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.1%、3期前比が130.4%、5期前比が129.3%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.7%、3期前比が136.5%、5期前比が155.4%。
・2020年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.8%、3期前比が136.2%、5期前比が161.4%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 150
2014年(平成26年)3月期 224
2015年(平成27年)3月期 302
2016年(平成28年)3月期 509
2017年(平成29年)3月期 599
2018年(平成30年)3月期 599
2019年(平成31年)3月期 750
2020年(令和02年)3月期 922



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 70円・56百万円・12.8%・1.6%
2017年3月期 70円・56百万円・11.7%・1.5%
2018年3月期 70円・56百万円・13.1%・1.3%
2019年3月期 75円・59百万円・11.4%・1.3%
2020年3月期 75円・59百万円・9.6%・1.2%
2021年3月期 70円  



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・772名<17.3>・0.9%・30.6%
・670名<17.9>・1.2%・32.8%
・598名<18.3>・2.6%・35.9%
・515名<19.3>・4.1%・44.5%
・448名<20.3>・1.9%・49.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年06月発売号 23.9億円・17.2億円・0.9億円
2017年12月発売号 38.1億円・17.2億円・0.6億円
2018年09月発売号 36.8億円・18.5億円・0.6億円
2019年09月発売号 41.5億円・12.4億円・2.1億円
2020年06月発売号 37.2億円・17.4億円・0.6億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 50.7%・419.86円・0円・△2
25年3月期 52.2%・425.15円・0円・248
26年3月期 46.3%・391.73円・0円・102
27年3月期 48.6%・421.54円・0円・238
28年3月期 51.0%・4,459.34円・0円・△29
29年3月期 52.1%・4,993.61円・0円・1,016
30年3月期 53.9%・5,495.62円・0円・363
31年3月期 54.6%・6,086.18円・0円・265
2020年3月期 57.5%・6,801.63円・0円・681



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 8,010,000・2,093
25年3月期末 8,010,000・2,094
26年3月期末 8,010,000・2,094
27年3月期末 8,010,000・2,179
28年3月期末 801,000・352
29年3月期末 801,000・452
30年3月期末 801,000・10,452
31年3月期末 801,000・10,453
2020年3月期末 801,000・10,453



次に、株価と指標等を見てみる。

7月33日の終値は、4,610円
予想PERは、12.15倍
実績PBRは、0.68倍
予想利回りは、1.52%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、9,487円。(事業価値7,095円+財産価値2,502円-有利子負債110円)
・理論株価比は、48.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.1
【上場】2006.6

【特色】鉄鋼、自動車設備の耐摩耗、耐食など特殊工事が主。冷却・脱臭の環境装置も。光通信の持分会社

【連結事業】工事施工70(15)、溶接材料12(15)、環境関連装置12(15)、他7(6) <20・3>

【反 落】工事施工は鉄鋼、自動車の減産響き、トッププレート、保全工事等立ち上がり厳しい。溶接材料、環境装置も減退続く。工事が後半に挽回、施工効率アップなど採算改善の努力及ばず、営業利益半減。

【延 期】兵庫県内での本社工場新設は建設費高騰もあり、計画見直し。完成は23年以降に延期。環境装置は自動車中心から食品、脱臭技術生かし産廃処理等に照準。









Last updated  2020/07/10 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/05/01
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



イハラサイエンス(5999.継ぎ手)を見ておきます。

関連日記​​​



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が116.0%、3期前比が138.1%、5期前比が162.1%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が119.2%、3期前比が150.7%、5期前比が180.9%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.1%、3期前比が156.3%、5期前比が186.1%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 1,196
2014年(平成26年)3月期 1,709
2015年(平成27年)3月期 1,746
2016年(平成28年)3月期 1,976
2017年(平成29年)3月期 2,509
2018年(平成30年)3月期 3,354
2019年(平成31年)3月期 3,389



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

28年3月期 24円・245百万円・25.8%・2.5%
29年3月期 35円・357百万円・20.6%・3.3%
2018年3月期 45円・461百万円・18.4%・3.5%
2019年3月期 45円・461百万円・18.6%・3.0%
2020年3月期 46円   



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,587名<17.9>・17.0%・58.4%
・1,737名<18.3>・17.8%・57.0%
・1,729名<18.9>・19.7%・58.3%
・1,862名<19.3>・19.8%・56.8%
・1,991名<19.9>・20.4%・54.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年12月発売号 271億円・30億円・36億円
2018年06月発売号 373億円・52億円・30億円
2018年12月発売号 277億円・52億円・26億円
2019年06月発売号 193億円・61億円・24億円
2020年03月発売号 187億円・61億円・18億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 59.6%・718.73円・0円・342
25年3月期 65.5%・767.38円・0円・1,372
26年3月期 68.6%・843.36円・0円・97
27年3月期 72.1%・921.18円・0円・1,334
28年3月期 64.4%・1,004.21円・0円・939
29年3月期 68.9%・1,164.87円・0円・1,600
30年3月期 64.8%・1,388.08円・0円・1,345
31年3月期 72.4%・1,569.57円・0円・3,261



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 14,000,000・2,318,634
25年3月期末 14,000,000・2,318,681
26年3月期末 14,000,000・2,227,516
27年3月期末 14,000,000・2,227,635
28年3月期末 14,000,000・3,777,672
29年3月期末 14,000,000・3,777,874
30年3月期末 14,000,000・3,742,657
31年3月期末 14,000,000・3,741,685



次に、株価と指標等を見てみる。

4月24日の終値は、1,017円
予想PERは、7.31倍
実績PBRは、0.65倍
予想利回りは、4.52%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、3,066円。(事業価値2,626円+財産価値688円-有利子負債248円)
・理論株価比は、33.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1947.5
【上場】1963.6

【特色】産業用継ぎ手最大手、半導体業界向けのクリーンバルブと、一般産業用油圧バルブが2本柱

【連結事業】継手61、バルブ12、商品1、配管システム26

【海外】12 <19・3>

【連続減益】国内外ともに半導体・液晶業界向け不振。建機用も中盤から失速して営業益反落。増配は維持。21年3月期は建機用継ぎ手の不振本格化。半導体向けクリーンバルブの回復も途上段階。連続営業減益。

【全方位】産業用バルブ・継ぎ手は鉄道向けなど建機以外の全方位に攻勢。中国・南通のステンレス工場は当面試験設備の導入にとどめ、市況回復後に量産設備導入意向。









Last updated  2020/05/01 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/04/29
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コデマリ(小手毬) 1m 苗木
価格:4180円(税込、送料無料) (2020/4/25時点)




フジマック(5965.厨房設備)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が111.7%、3期前比が125.5%、5期前比が160.1%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が113.3%、3期前比が133.8%、5期前比が158.1%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が107.3%、3期前比が135.7%、5期前比が152.5%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 1,921
2014年(平成26年)3月期 2,114
2015年(平成27年)3月期 1,439
2016年(平成28年)3月期 1,647
2017年(平成29年)3月期 2,270
2018年(平成30年)3月期 2,783
2019年(平成31年)3月期 2,180



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

23年3月期 5.0円・65百万円・9.1%・0.8%
24年3月期 6.5円・85百万円・9.2%・1.0%
25年3月期 8.0円・104百万円・8.4%・1.0%
26年3月期 10.0円・131百万円・11.4%・1.2%
27年3月期 10.0円・131百万円・26.1%・1.1%
28年3月期 10.0円・131百万円・19.3%・1.0%
29年3月期 12.5円・163百万円・10.9%・1.2%
2018年3月期 20.0円・262百万円・13.3%・1.6%
2019年3月期 20.0円・262百万円・17.5%・1.5%
2020年3月期 20.0円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・728名<14.9>・5.7%・69.2%
・701名<15.3>・6.6%・69.9%
・742名<16.3>・6.5%・68.6%
・986名<17.9>・9.4%・71.4%
・1,020名<18.3>・9.6%・71.7%
・2,763名<19.3>・10.4%・71.5%
・3,333名<19.9>・10.4%・71.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2015年03月発売号 54.3億円・62.7億円・33.5億円
2015年06月発売号 57.4億円・68.6億円・33.6億円
2016年09月発売号 53.8億円・81.1億円・48.4億円
2017年12月発売号 177億円・78億円・47億円
2018年06月発売号 164億円・89億円・43億円
2019年06月発売号 104億円・94億円・37億円
2020年03月発売号 106億円・94億円・33億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 37.7%・1,432.43円・0円・2,123
25年3月期 39.7%・1,642.58円・0円・860
26年3月期 41.2%・1,826.94円・0円・1,147
27年3月期 42.5%・1,940.60円・0円・2,373
28年3月期 40.5%・2,052.80円・0円・1,231
29年3月期 46.1%・2,292.67円・0円・1,407
30年3月期 47.6%・2,596.55円・0円・2,295
31年3月期 51.2%・1,392.95円・0円・2,345



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

26年3月期末 7,136,000・582,441
27年3月期末 7,136,000・582,464
28年3月期末 7,136,000・582,510
29年3月期末 7,136,000・582,644
30年3月期末 7,136,000・582,793
31年3月期末 14,272,000・1,165,710(分1→2)



次に、株価と指標等を見てみる。

4月24日の終値は、586円
予想PERは、5.91倍
実績PBRは、0.42倍
予想利回りは、3.41%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,327円。(事業価値1,764円+財産価値846円-有利子負債283円)
・理論株価比は、25.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報3月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.3
【上場】1996.8

【特色】総合厨房設備機器メーカー。熱機器と冷機器ともに自社製造、外食、ホテルなど大型設備に強み

【連結事業】業務用厨房機器の製造・販売及び保守修理100 <19・3>

【挽 回】ホテル向け新築・改装案件が新型肺炎影響で進捗遅れる。開発費や人件費、資材費もかさみ、営業減益幅拡大。21年3月期は前半にかけ五輪需要続くホテルや宿泊施設向けが盛り返す。再開発案件も底堅い。開発費などこなし、営業益底打ちへ。

【納 入】洗浄済み食器の自動仕分けロボは21年3月期納入開始。展示会等に積極出展し、省力・省人化需要獲得へアピール。









Last updated  2020/04/29 05:10:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/03/02
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 brather センシア100SN CPV7201
価格:25800円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)




協立エアテック(5997.空調)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年12月期の1株当たり純資産は、前期比が105.6%、3期前比が134.7%、5期前比が147.5%。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が109.4%、3期前比が141.4%、5期前比が152.6%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が109.0%、3期前比が125.9%、5期前比が160.6%。
・2019年12月期の1株当たり純資産は、前期比が108.8%、3期前比が129.6%、5期前比が167.7%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)12月期 473
2013年(平成25年)12月期 345
2014年(平成26年)12月期 542
2015年(平成27年)12月期 739
2016年(平成28年)12月期 605
2017年(平成29年)12月期 713
2018年(平成30年)12月期 917
2019年(令和01年)12月期 985



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年12月期 20円・95百万円・15.4%・2.0%
28年12月期 20円・95百万円・21.7%・1.9%
29年12月期 20円・95百万円・20.3%・1.7%
30年12月期 30円・143百万円・22.4%・2.4%
2019年12月期 20円・95百万円・14.4%・1.5%
2020年12月期 10円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,902名<16.12>・0.7%・67.6%
・1,923名<17.12>・0.1%・67.0%
・1,821名<18.6>・0.3%・67.2%
・1,799名<18.12>・0.2%・67.0%
・1,692名<19.6>・0.3%・65.7%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年06月発売号 37.7億円・25.1億円・18.0億円
2018年06月発売号 50.1億円・22.7億円・18.0億円
2018年12月発売号 47.9億円・22.7億円・17.5億円
2019年06月発売号 43.2億円・28.0億円・17.5億円
2019年12月発売号 47.2億円・28.0億円・17.5億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年12月期 44.1%・712.89円・0円・109
24年12月期 44.6%・753.75円・0円・659
25年12月期 50.8%・780.39円・0円・489
26年12月期 46.3%・813.01円・0円・524
27年12月期 48.8%・995.77円・0円・597
28年12月期 49.8%・1,051.37円・0円・1,105
29年12月期 50.9%・1,149.99円・0円・364
30年12月期 50.2%・1,253.33円・0円・814
2019年12月期 52.5%・1,363.07円・0円・825



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年12月期末 6,000,000・704,287
24年12月期末 6,000,000・704,287
25年12月期末 6,000,000・704,287
26年12月期末 6,000,000・704,287
27年12月期末 6,000,000・1,239,573
28年12月期末 6,000,000・1,239,573
29年12月期末 6,000,000・1,239,680
30年12月期末 6,000,000・1,231,980
2019年12月期末 6,000,000・1,224,780



次に、株価と指標等を見てみる。

2月28日の終値は、552円
予想PERは、7.32倍
実績PBRは、0.4倍
予想利回りは、1.81%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,218円。(事業価値1,896円+財産価値688円-有利子負債366円)
・理論株価比は、24.9%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1971.2
【上場】1993.6

【特色】空調機器専業で中堅。ダンパーのシェア約3割で首位。24時間換気装置など住宅用途を深耕中

【連結事業】ダンパー33、吹出口24、ファスユニット1、24時間換気システム28、商品14 <18・12>

【微減益】ビル空調は都内案件堅調だが材料費高騰でやや減益。住宅設備はヒノキヤG協業『Z空調』が絶好調。利益続伸。20年12月期は住宅設備が協業の好調続くが伸び幅やや落ちる。ビル空調は五輪期間中の都内工事需要減少等影響し後退。営業微減益。

【フル操業】好調『Z空調』製造する名古屋工場のフル操業へ準備促進。空気汚さないふく射冷暖房システムを医療介護へ拡販。









Last updated  2020/03/02 05:10:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/01/13
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



信和(3447.建設仮設材)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2018年3月期の1株当たり純資産は、前期比が114.0%。
・2019年3月期の1株当たり純資産は、前期比が106.0%。



次に、税前利益を見てみる。

2016年(平成28年)3月期 2,134
2017年(平成29年)3月期 2,559
2018年(平成30年)3月期 2,238
2019年(平成31年)3月期 1,894



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年3月期 0円
2018年3月期 43円・592百万円・40.6%・5.3%
2019年3月期 44円・615百万円・45.6%・4.9%
2020年3月期 44円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・16,910名<18.3>・7.2%・24.5%
・12,634名<19.9>・21.0%・46.1%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2018年09月発売号 155億円・15億円・68億円
2019年12月発売号 150億円・17億円・59億円



次に、親会社所有者帰属持分比率・1株当たり親会社所有者帰属持分・のれん・営業CFを見てみる。

2017年3月期 51.9%・761.15円・9,221,769千円・1,757
2018年3月期 56.8%・868.04円・9,221,769千円・1,390
2019年3月期 60.7%・919.24円・9,221,769千円・1,766



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

2017年3月期末 13,788,400・0
2018年3月期末 13,788,400・0
2019年3月期末 13,988,800・0



次に、株価と指標等を見てみる。

12月30日の終値は、1,127円
予想PERは、11.26倍
実績PBRは、1.21倍
予想利回りは、3.9%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,122円。(事業価値1,464円+財産価値99円-有利子負債441円)
・理論株価比は、100.4%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報12月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】2014.8
【上場】2018.3

【特色】仮設資材、物流機器を製造販売、建設現場向けロック機能付き『次世代足場』が牽引、海外展開も

【連結事業】仮設資材82、物流機器18 <19・3>

【復 調】物流機器は大型倉庫向け減少。ただ、くさび緊結式足場中心に仮設資材増勢。利益率高い次世代足場も順調。鋼材など原材料高による価格改定進み営業益復調。21年3月期は改修工事向けなど足場堅調。

【合 弁】中国・広東省に仮設資材の輸入・製造・販売の合弁会社を19年末に設立。首都圏以外のインフラ整備案件に照準。eコマース企業向け倉庫用ラック拡販。









Last updated  2020/01/13 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/11/29
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



特殊電極(3437.各種設備工事)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・29年3月期の1株当たり純資産は、前期比が112.0%、3期前比が127.5%、5期前比が118.9%。
・30年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.1%、3期前比が130.4%、5期前比が129.3%。
・31年3月期の1株当たり純資産は、前期比が110.7%、3期前比が136.5%、5期前比が155.4%。



次に、経常利益を見てみる。

2013年(平成25年)3月期 150
2014年(平成26年)3月期 224
2015年(平成27年)3月期 302
2016年(平成28年)3月期 509
2017年(平成29年)3月期 599
2018年(平成30年)3月期 599
2019年(平成31年)3月期 750



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2016年3月期 70円・56百万円・12.8%・1.6%
2017年3月期 70円・56百万円・11.7%・1.5%
2018年3月期 70円・56百万円・13.1%・1.3%
2019年3月期 75円・59百万円・11.4%・1.3%
2020年3月期 70円  



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・772名<17.3>・0.9%・30.6%
・670名<17.9>・1.2%・32.8%
・598名<18.3>・2.6%・35.9%
・581名<18.9>・2.5%・37.0%
・515名<19.3>・4.1%・44.5%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年06月発売号 23.9億円・17.2億円・0.9億円
2017年12月発売号 38.1億円・17.2億円・0.6億円
2018年09月発売号 36.8億円・18.5億円・0.6億円
2019年03月発売号 40.1億円・18.5億円・5.1億円
2019年09月発売号 41.5億円・12.4億円・2.1億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

24年3月期 50.7%・419.86円・0円・△2
25年3月期 52.2%・425.15円・0円・248
26年3月期 46.3%・391.73円・0円・102
27年3月期 48.6%・421.54円・0円・238
28年3月期 51.0%・4,459.34円・0円・△29
29年3月期 52.1%・4,993.61円・0円・1,016
30年3月期 53.9%・5,495.62円・0円・363
31年3月期 54.6%・6,086.18円・0円・265



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

24年3月期末 8,010,000・2,093
25年3月期末 8,010,000・2,094
26年3月期末 8,010,000・2,094
27年3月期末 8,010,000・2,179
28年3月期末 801,000・352
29年3月期末 801,000・452
30年3月期末 801,000・10,452
31年3月期末 801,000・10,453



次に、株価と指標等を見てみる。

11月22日の終値は、5,020円
予想PERは、8.76倍
実績PBRは、0.77倍
予想利回りは、1.39%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、7,940円。(事業価値6,136円+財産価値1,913円-有利子負債109円)
・理論株価比は、63.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報9月号の記事を見てみる。

【決算】3月
【設立】1950.1
【上場】2006.6

【特色】鉄鋼、自動車設備の耐摩耗、耐食など特殊工事が主、冷却・脱臭の環境装置も、光通信の持分会社

【連結事業】工事施工63(12)、溶接材料12(11)、環境関連装置17(16)、他8(6) <19・3>

【減益幅縮小】前期急伸した脱臭・冷却の工場環境装置が自動車向け反落だが、利幅薄くむしろ採算は改善。鉄鋼、自動車向け保全工事横ばいでも、好採算のアルミダイカスト関連工事、粉砕ミル工事受注が牽引。前号比営業減益幅縮小。配当維持も。

【販売強化】ダイカスト部品のタイ現法は中国市場狙う日系自動車向け販売強化。光通信G保有の当社株20%超、持分会社に。









Last updated  2019/11/29 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/09/22
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



アトムリビンテック(3426.住宅資材・設備)を見ておきます。

関連日記



まずは、メモ書きです。

・買付候補銘柄。
・2018年6月期の1株当たり純資産は、前期比が104.1%、3期前比が109.8%、5期前比が117.3%。
・2019年6月期の1株当たり純資産は、前期比が103.3%、3期前比が111.3%、5期前比が116.3%。



次に、経常利益を見てみる。

2016年(平成28年)6月期 369
2017年(平成29年)6月期 592
2018年(平成30年)6月期 656
2019年(令和01年)6月期 687



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

2017年6月期 30.0円・119百万円・31.3%・1.5%
2018年6月期 30.0円・119百万円・26.8%・1.4%
2019年6月期 35.0円・139百万円・32.1%・1.6%
2020年6月期 32.5円      



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・649名<18.12>・1.8%・73.4%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2019年03月発売号 53.5億円・43.5億円・0億円
2019年06月発売号 59.9億円・43.5億円・0億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

25年6月期 86.2%・1,841.72円・0円・379
26年6月期 85.9%・1,920.77円・0円・382
27年6月期 88.2%・1,968.44円・0円・290
28年6月期 85.8%・2,006.66円・0円・571
29年6月期 73.6%・2,076.12円・0円・2,261
30年6月期 74.2%・2,161.16円・0円・677
2019年6月期 74.4%・2,233.40円・0円・927



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

25年6月期末 4,105,000・115,117
26年6月期末 4,105,000・115,117
27年6月期末 4,105,000・115,117
28年6月期末 4,105,000・115,117
29年6月期末 4,105,000・115,117
30年6月期末 4,105,000・115,153
2019年6月期末 4,105,000・115,180



次に、株価と指標等を見てみる。

9月13日の終値は、1,277円
予想PERは、15.44倍
実績PBRは、0.57倍
予想利回りは、2.55%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、2,741円。(事業価値1,169円+財産価値1,571円-有利子負債0円)
・理論株価比は、46.6%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】6月
【設立】1954.10
【上場】2000.9

【特色】家具金具等の住宅用内装金具を企画・販売。ファブレス経営で開発力に強み。約8割が独自商品

【単独事業】折戸・引戸金物74、開戸金物8、引出・収納金物8、取手・引手4、附帯金物6 <18・6>

【回 復】主力の安全性高いソフトクローズ製品が老健関連施設などに普及進み、前号より営業減益幅縮小。20年6月期は幼保関連施設にも販路拡大。戸建て住宅ごとの製品導入数も増加傾向。前期減益要因のカタログ更新コストも解消。営業益回復。

【記念配】19年6月期計5円、20年6月期も中間で2・5円。6月末にQUOカード等の株主優待導入。新総合カタログ配布開始。









Last updated  2019/09/22 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2019/08/15
テーマ:金属製品(82)
カテゴリ:金属製品



協立エアテック(5997.空調)を見ておきます。

関連日記​



まずは、メモ書きです。

・保有銘柄。
・28年12月期の1株当たり純資産は、前期比が105.6%、3期前比が134.7%、5期前比が147.5%。
・29年12月期の1株当たり純資産は、前期比が109.4%、3期前比が141.4%、5期前比が152.6%。
・30年12月期の1株当たり純資産は、前期比が109.0%、3期前比が125.9%、5期前比が160.6%。



次に、経常利益を見てみる。

2012年(平成24年)12月期 473
2013年(平成25年)12月期 345
2014年(平成26年)12月期 542
2015年(平成27年)12月期 739
2016年(平成28年)12月期 605
2017年(平成29年)12月期 713
2018年(平成30年)12月期 917



次に、1株配・配当金総額・配当性向・純資産配当率を見てみる。

27年12月期 20円・95百万円・15.4%・2.0%
28年12月期 20円・95百万円・21.7%・1.9%
29年12月期 20円・95百万円・20.3%・1.7%
30年12月期 30円・143百万円・22.4%・2.4%
31年12月期 20円



次に、四季報で株主数・外人比率・特定株比率を見てみる。

・1,902名<16.12>・0.7%・67.6%
・1,923名<17.12>・0.1%・67.0%
・1,821名<18.6>・0.3%・67.2%
・1,799名<18.12>・0.2%・67.0%



次に、四季報で時価総額・現金等・有利子負債を見てみる。

2017年06月発売号 37.7億円・25.1億円・18.0億円
2017年09月発売号 39.6億円・25.1億円・18.0億円
2018年06月発売号 50.1億円・22.7億円・18.0億円
2018年12月発売号 47.9億円・22.7億円・17.5億円
2019年06月発売号 43.2億円・28.0億円・17.5億円



次に、自己資本比率・1株当たり純資産・のれん・営業CFを見てみる。

23年12月期 44.1%・712.89円・0円・109
24年12月期 44.6%・753.75円・0円・659
25年12月期 50.8%・780.39円・0円・489
26年12月期 46.3%・813.01円・0円・524
27年12月期 48.8%・995.77円・0円・597
28年12月期 49.8%・1,051.37円・0円・1,105
29年12月期 50.9%・1,149.99円・0円・364
30年12月期 50.2%・1,253.33円・0円・814



次に、期末発行済株式数(自己株式を含む)・期末自己株式数を見てみる。

23年12月期末 6,000,000・704,287
24年12月期末 6,000,000・704,287
25年12月期末 6,000,000・704,287
26年12月期末 6,000,000・704,287
27年12月期末 6,000,000・1,239,573
28年12月期末 6,000,000・1,239,573
29年12月期末 6,000,000・1,239,680
30年12月期末 6,000,000・1,231,980



次に、株価と指標等を見てみる。

8月9日の終値は、749円
予想PERは、5.42倍
実績PBRは、0.6倍
予想利回りは、2.67%

GMOクリック証券によると、
・理論株価は、1,735円。(事業価値1,493円+財産価値608円-有利子負債367円)
・理論株価比は、43.2%。(現在値÷理論株価)



最後に、四季報6月号の記事を見てみる。

【決算】12月
【設立】1971.2
【上場】1993.6

【特色】空調機器専業で中堅。ダンパーのシェア約3割で首位。24時間換気装置など住宅用途を深耕中

【連結事業】ダンパー33、吹出口24、ファスユニット1、24時間換気システム28、商品14 <18・12>

【続 伸】ビル関連空調は都内再開発案件が堅調。材料費の高騰は数量増と作業工数削減の効果出てカバー。住宅設備はヒノキヤGと協業の全館空調システムが出足から好調、1割超伸びる。設備投資増加の償却負担吸収し、営業増益。記念配は剥落。

【改良製品】湿度管理向上した『Z空調』改良版発売、全館空調拡販後押し。配送立地よい名古屋工場操業し住宅設備増産体勢。









Last updated  2019/08/15 05:10:06 AM
コメント(0) | コメントを書く

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.