6055124 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

投資逍遥

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

重要文化財

2020/11/23
XML
カテゴリ:重要文化財
投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「​​制多伽童子像​​」です。

制多伽童子は、八大童子のうちの一つ。
八代童子は、不動明王に使える童子で、次の8つ。

・矜羯羅(こんがら)
・制多伽(せいたか)
・恵光(えこう)
・清浄比丘(しょうじょうびく)
・恵喜(えき)
・烏倶婆ガ(うぐばが)
・指徳(しとく)
・阿耨達(あのくた)








Last updated  2020/11/23 05:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く


2020/11/16
カテゴリ:重要文化財
投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「​紫式部日記絵巻」です。

現存する紫式部日記絵巻は、紫式部日記が書かれてから約250年後の鎌倉時代前期に絵巻にしたものです。
もともとは、10巻位あったと言われています。
現存するのは、そのうちの4巻。

所蔵者は、
・五島美術館
・大阪、藤田美術館
・東京国立博物館
・個人コレクター









Last updated  2020/11/16 05:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/09
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「雲中供養菩薩」です。

まず、雲中供養菩薩がどこにあるかですが、宇治の平等院鳳凰堂にあります。
で、その平等院鳳凰堂ですが、ご存知の方も多いと思いますが、私たちが普段使っている10円玉に描かれています。

ちなみに、10円玉の表と裏ですが、平等院鳳凰堂が描かれている方が表になります。
これは、以前にクイズが何かで知ったような気がします。

で、雲中供養菩薩ですが、これは、雲の上に乗っている菩薩様で、全部で52体あるようです。
で、それぞれの雲中供養菩薩がいろんな楽器を持っていたり、舞を舞ったりしています。
52体もあるので、1体1体は、それ程大きなものではないようです。






Last updated  2020/11/09 05:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/11/02
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「鳥獣人物戯画」です。

鳥獣人物戯画は、京都市の高山寺が所有し、「日本最古の漫画」とも評される国宝。
相撲や水浴びなどに興じるカエルなどの動物のほか、様々な人物をユーモラスに描いた墨絵の風刺画。
4巻(甲・乙・丙・丁)から成り、12世紀から13世紀に描かれたとされている。
ちなみに、甲巻の全長は、約11.5メートルにもなる。






Last updated  2020/11/02 05:00:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/26
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「平家納経」です。

平家納経は、平安時代後期の長寛2年(1164)9月、平清盛をはじめ、子息重盛、弟経盛・教盛・頼盛など平家一門の人々が一巻ずつ結縁(けちえん)書写して厳島神社に奉納した経典群。
その経典群に施された装飾は絢爛豪華で、平家の栄華を今に伝えている、とのこと。






Last updated  2020/10/26 05:00:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/19
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「唐招提寺金堂」です。

奈良時代の金堂建築として唯一現存する貴重な建物、とのことです。






Last updated  2020/10/19 05:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/12
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「執金剛神立像」です。

執金剛神立像はどこにあるのかというと、東大寺の法華堂。






Last updated  2020/10/12 05:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/10/05
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「薬師寺東塔」。

ここは、高校時代の修学旅行で訪ねたと思います。
屋根が6か所あるので六重塔かと思いきや、実は三重塔である。
そんな話を、住職さんが話されていたような気がします。

この東塔、2009年より史上初の全面解体修理に着手しており、今年の春に完了したようです。
10年以上をかけての大修理だったようです。
ただ、コロナ禍で、今年の4~5月に予定されていた落慶法要は延期されているようです。






Last updated  2020/10/05 05:00:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/28
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「姫路城」です。

国宝に指定されている城は、5城あるようです。
それは、「松本城」、「犬山城」、「彦根城」、「姫路城」、「松江城」。

で、姫路城はどこにあるのかというと、兵庫県姫路市。

それから、姫路城の別名ですが、白鷺城。
この読み方ですが、私は、「しらさぎじょう」と思っていましたが、「はくろじょう」という読み方もあるそうです。






Last updated  2020/09/28 05:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
2020/09/21
カテゴリ:重要文化財



投資とは無関係の記事になりますが、毎週月曜日に、重要文化財を見ています。

今回は、「秋冬山水図」。

秋冬山水図は、室町時代を代表する水墨画家・雪舟の代表作で、
東京国立博物館の館蔵品です。

秋冬山水図の構成は、「秋景山水図」と「冬景山水図」の二幅です。
理由はよくわかりませんが、秋冬山水図というと、「冬景山水図」の方を紹介されている記事が多いです。
また、元々は春夏秋冬の四幅があり、現在は秋冬が残っている、との説もあります。

良く見ると、どちらの山水図にも、人物が描かれています。
その数は、「秋景山水図」が2人、「冬景山水図」が1人。(多分)






Last updated  2020/09/21 05:00:08 AM
コメント(0) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.