042487 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

2018.01.31
XML
高血圧の食事療法で減塩を勧められている方はもちろんですが、
そうでない方も、脳卒中や心臓病などの循環器病を予防するには、
家庭での血圧測定の励行​に加え、
毎日の食事で、できる限り塩分を減らす努力が必要です。

それと、何かとむくみがちな女性にも、減塩料理はおススメです。
何しろ日本人は、往々にして​​塩分を摂りすぎている​のですから。

とはいえ減塩料理は普通食以上に手が掛かります。
しかも「塩分の少ない食事は味気ない」というイメージが強いのですが、
塩気が無くてもしっかりした味の料理を楽しむことはできます。
それも、料理の手間もあまりかからずに。

そのカギをにぎるのが、減塩のだし(出汁)です。
まず、我が家で愛用しているものから紹介すると、
焼きあご、かつお節、真こんぶなど素材のうまみはそのままに、
53%減塩してある茅乃舎(かやのや)の減塩だし☟、です。

本格的なだしがとれるこの減塩だしに出合って以来、
みそ汁や煮物にはほとんどこれを使っていますが、
茅乃舎 減塩野菜だし も便利に使っています。
玉ねぎ、にんじん、セロリなどすべて国産野菜の粉末で、
しかも53%減塩ですから、
この野菜だしでスープを作り、粉チーズを振りかけたり、
ときには溶き卵を混ぜて卵スープにしたりしています。

もう1点は、減塩料理が無理なく続けられるからと、
高血圧で治療中の夫を持つ友人から勧められた、
こちらの発酵系アミノ酸うま味調味料「ナチュラルクック」☟です。


日本近海でとれる鰯(いわし)だけを使った魚醤(ぎょしょう)と、
穀物発酵液、焼酎をベースに自然発酵させてつくられた調味液です。

使い方はとても簡単。普段の料理で塩や砂糖を加える代わりに、
ナチュラルクックを少し混ぜ入れるだけでおいしい減塩料理の完成。
これで塩分を20%前後カットできるようです。
和食、洋食、中華のいずれにも使えて、「それはもう便利」とのことです。

なお、日本高血圧学会の減塩委員会が厳選した
「減塩食品リスト」についてはこちらの記事を参照してください。
→ ​安全・安心で美味しい減塩食品の選び方







最終更新日  2020.10.31 17:30:06
コメント(0) | コメントを書く
[病気になる前、病気が深刻化する前に手を打とう] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.