047003 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

2018.09.23
XML
テーマ:不妊治療(25)

カップルが不妊と聞くと、「原因は女性にある」と考えがちでしょう。
でも、必ずしも女性側に問題があるわけではないことが、
最近になってやっと公けに語られるようになってきました。

つい先日も、NHKのクローズアップ現代で、
男性の精子の健康状態を大きく扱っていました。

精子の数が少なかったり、元気が無かったりする男性が、
このところ増えているというのです。

幸いなことに、その原因が大方わかってきていて、
毎日の食事を栄養バランスを考えて摂るようにしたり、
毎日適度な運動をしたりするだけでも、
精子が増えたり元気になったりすることが映像で示されていて、
ちょっとホッとしたところです。

そうそう、股間を締めつけるようなGパンや下着類もよくないとのこと。
自転車に乗って長時間股間を刺激し続けるのもよくないそうです。

仮に、パートナーの精子が最悪な状態であっても、
第三者から提供された精子を使った不妊治療という道があります。

ところが、長年この治療を実施してきた慶応大学病院が、
精子の提供者が減少したことを理由に、
治療の予約受付を停止したことが報じられています。

なぜなら、この治療で生まれてきた子どもには、
この先、遺伝上の親を知る権利があるからです。

このことを精子提供者に事前に説明するようになってから、
提供を思いとどまる男性が増えているのだそうです。

確かに、提供してから5年、10年、場合によっては20年後に、
突然、見知らぬ子、あるいは人から、
「あなたは私の父親ですね」などと言われたら……。

まだ完全に中止を決定したわけではないようですが、
なかなか難しい問題です。あなたはどうお考えでしょうか。

ちなみに男性不妊治療のトップランナーとして著名な、
石川智基医師(リプロダクションクリニック大阪)のこの本は、
不妊で悩む男性に人気と聞きます。

なお、不妊治療を受けるカップルの、
経済的負担を軽減するための助成制度については、
こちらの記事を参照してください。
→ ​不妊治療費助成制度 年齢と所得要件を緩和







最終更新日  2020.09.15 17:28:14
コメント(0) | コメントを書く
[美容と健康、若い女性に伝えたいこと] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.