038019 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

2020.09.23
XML
テーマ:薬の情報(353)

歳を重ねるにつれて病気が増えてくると、
服用する薬も増え、飲みにくくなってくるものです。

そこで、錠剤を砕いて飲みやすくしている方もすくなくないでしょう。

誤嚥(ごえん)して、むせたりすることを防ぐ意味では、
飲みやすくするのは結構なのですが、
その際に気を付けていただきたいことがあります。

数ある薬の中には、
「徐放剤(じょほうざい)」と呼ばれるものがあります。

「徐放」という言葉どおり、からだに入ってから、
ある程度の時間をかけて徐々に薬の成分が放たれるように、
薬の表面に特別な加工がしてある薬です。

この徐放剤を割ったり、砕いたりして服用すると、
薬の効果がいっきに出てしまい、
さまざまなトラブルを招くことになりがちです。

たとえば血圧が一気に下がってしまうとか……、です。

このタイプの薬は、
処方医が処方箋を患者に渡す際に、
また薬剤師や看護師も、「このまま飲むように」
注意を促してくれるはずです。

あるいは薬袋にその旨注意書きがあるはずですから、
くれぐれも自己判断で粉砕したりしないようにご注意を。

詳しくはこちらの記事でその見分け方を紹介していますので、
是非読んでみてください。
→ ​砕いてはいけない薬があるのをご存知ですか







最終更新日  2020.09.23 07:42:13
コメント(0) | コメントを書く
[病気になる前、病気が深刻化する前に手を打とう] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.