000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

老いも若きも健康長寿のススメ—がんに負けない

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

がんサバイバーとの暮らし

2020.10.17
XML

食事を飲み込む際にむせて咳き込むようなことが続くと、
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が心配になります。

あるいは歳を重ねるにつれて食が細くなってくると、
低栄養状態に陥りやすくなります。

このようなときかかりつけ医に相談すると、
チューブなどを介して流動性の食事を流し込むことや、
点滴を増やすことを提案されるものです。

しかし、あくまでも口から食べることにこだわりたい方もいるでしょう。

そのような方には「エンシュア・リキッド」などの、
経腸栄養剤をおすすめしてきました。

ところが、このタイプの総合栄養剤の多くは、
「牛乳アレルギーのある方は利用できない」
といった問題があります。

このような方には、
牛乳アレルギーの方にも安心して飲んでいただける
「エレンタール」を紹介したいと思います。

いずれにしても医療用医薬品ですから、
かかりつけ医に処方してもらえば保険が使えます。

詳しくはこちらを読んでみてください。
→ ​牛乳アレルギーで「エンシュア」を飲めない!?







最終更新日  2020.10.17 18:04:03
コメント(0) | コメントを書く


2020.10.07

このところのがん医療の急速な進歩により、
がんの多くは、きちんと治療すれば、
普通の生活に戻ることができるようになっています。

ただ、その治療中は、何かとつらいことも多く、
気持ちが落ち込んだりすることも少なからずあるでしょう。

一方で、たとえば5年生存率が9.8%という、
がんの告知と同時に自分の死について考えてしまう、
膵臓がんのような難しいがんもわずかながらあります。

このようながん患者の精神的ダメージに対し、
真摯に向き合い癒してくれる専門医がいることをご存知でしょうか。

これが「精神腫瘍医」です。

まだ数は少なく、どこの病院にもいるというわけではありませんが、
日本サイコオンコロジー学会の登録精神腫瘍医リストから、
最寄りの精神腫瘍医を探すことができます。

詳しくお尻になりたい方は、こちらの記事にアクセスしてみてください。
→ ​がんと向き合う人の心を支える精神腫瘍医



人生でほんとうに大切なこと がん専門の精神科医・清水研と患者たちの対話(1) [ 稲垣 麻由美 ]







最終更新日  2020.10.07 07:49:29
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.25

新型コロナウイルスの感染を受けたくないからと、
通院を控えているがん患者さんが少なくないと聞きます。

今のところ、薬はオンライン診療で受け取っているが、
何かと気になることも多く、
誰か専門家に相談してみたいと思ったら、まずは
「がん相談支援センター」
に電話してみるのはいかがでしょうか。

がん相談支援センターは、民間の相談所ではありません。
厚生労働省が一定の医療機関に設置を義務付けているものです。

その窓口では、
がん治療に関することに精通した医療スタッフが対応してくれます。

その医療機関に罹ったことがないという方でも、
誰でも無料で相談することができます。

電話でも、メールでも、面談でもOKです。

最寄りのがん相談支援センターの探し方など詳細は、
こちらの記事を参照してください。
→ ​がんのことで悩む前に「がん相談センター」を利用してみませんか







最終更新日  2020.09.25 07:33:21
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.23
2人に1人が「がん」という病気を経験する時代です。
がんの治療中という方はかなりの数にのぼることでしょう。

治療の副作用などもあって、
なかなか食欲がわかない方も少なくないでしょう。
でも何とか工夫して、たんぱく質を多く、
できればいつもの5割増し、
欲を言えば2倍は摂ってほしいという話を書いてみました。
詳しくは『​がん治療中は普段より5割増しのたんぱく質を​』
を参考にしてみてください。

そんなこと言われても、
食欲ないし……、という方が多いはず。
そうおっしゃる方は、たんぱく質の多い果物類、
たとえばバナナやアボカドはいかがでしょう。

あるいは大人向けの粉ミルクを活用してみるのも一法です。






最終更新日  2019.04.23 07:01:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.03
テーマ:薬の情報(353)

新しい元号が「令和」と決まりました。
すがすがしく、オンもきれいで、
この先いいことが起こりそうな気分になってきます。

ところが、とかくメディアは、
なんだかんだと難癖をつけようとしているようです。

決まるまでの経緯とか、ほかにどんな候補があったのかとか、
万葉集とはいっても、序文の部分は中国の……。
いずれも後ろ向きの話ばかりで、うんざり。
メディアのそういう姿勢、もういい加減にやめませんか。

そうそう、今日は「かかりつけ薬剤師」の話を書きたかったのでした。
高齢になってくると一度に何種類もの処方を受け、
多剤併用の弊害が起きていることが問題になっています。

かかりつけ薬剤師を決めて同意書を交わしておけば、
薬に関することでしたら、なんでも相談に乗ってもらえます。
詳しいことは『​薬で困ったら「かかりつけ薬剤師」に相談を​』
を参考にしてみてください。

薬が飲みにくいときはコチラが便利です







最終更新日  2019.04.03 07:29:04
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.01
テーマ:在宅介護(1039)
在宅療養を続けていると、医療負担だけでなく、
介護サービスにかかる費用も高く、
困っている方は多いように思います。

そんなときに利用できる制度として、
「高額介護サービス費制度」があります。

この制度はあまり知られていないようですが、
介護保険のサービスを利用して請求される自己負担分が、
一定の額を超えた場合、申請をすれば、
その超えた分の支払い補助を受けられるというありがたい制度です。

収入状況や年齢などにより、
支払われる額は決まってきます。

また、申請しないことには受けられないし、
その申請には2年以内という自公もります。

詳しく知りたいという方は、
『高い介護費には高額介護サービス費の申請を​』を
参考にしてみてください。

ところで先日、朝のテレビ番組が、
中国でかなり問題のあるマスクが製造され、
ネット上でも販売されていることを取り上げていました。
購入する際は、くれぐれも「日本製」の確認をお忘れなく!!






最終更新日  2020.09.14 10:48:24
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.28

私たちの国は、幸いと言いましょうか国民皆保険ですから、
病気になったりケガをしたりしても、
かかる医療費の支払いは自己負担分だけですみます。

とはいえ、ときにその負担分が高額になり、
家計を圧迫して困窮することもあるでしょう。

そんな時に助かるのが、
自己負担分を一定に抑えて残りは公費が支払ってくれるという、
高額療養費制度ですが、ご存知でしたでしょうか。

ただしこの制度を活用するには、
まず自分で申請する必要があります。
また申請書にかかった医療費を記載するのですが、
そこにはいくつか約束事があります。
また、知っているとお得なこともあります。

この制度の利用を検討している方は是非、
『​医療費が高くて困ったら高額療養費の申請を​』
を参考にしてみてください。

ところで、お花見にビールは必需品。
そしてビールは泡が命だという方も多いのでは?
そんな方には、この「神泡サーバー」を是非試していただきたい!!







最終更新日  2019.03.28 07:28:45
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.26

在宅療養や在宅介護を続けている人を対象にした調査で、
「心配なこと」として常に上位にランクインするのが、
「在宅療養にかかる費用」です。

医療や介護の費用は、
公的医療保険と公的介護保険がカバーしてくれます。

しかし全額ではなく、相応の自己負担額があります。
この負担も、療養生活が長引くにつれて重くなってくるのですが…。

この負担分をカバーしてくれる民間の医療保険について、
代表的なものを調べてみましたので、
詳しくは『​在宅医療費を民間の医療保険でカバーする​』
を参考にしてください。


ところで在宅療養中の高齢者の転倒、徘徊、
さらには女性や子どもの連れ去りなどで、
家族が行方不明になったときに威力を発揮してくれる、
キーホルダーのようなタグが人気を集めているようです。









最終更新日  2019.03.26 07:27:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.25
貴景勝の大関昇進がほぼ決定とのこと。
22歳とは思えない、潔い相撲っぷりに感服しているだけに、
私も気持ちが明るく、元気が出てきます。
まだ内定の段階とはいえ、誰も文句ないでしょう。
おめでとうございます。そして次は横綱を!!

話は変わって、
このところ友人や知人に、
入院中の家族や身内の在宅療養への移行で悩む方が増えています。

躊躇する原因の多くの部分を占めているのが、
在宅での療養生活にかかる費用のこと。
医療費と介護費はどのくらいになるのだろうか。
自己負担分は払っていけるのだろうか。

その辺の基本的な話をまとめてみました。
⇒​看取りまでの在宅療養にかかる費用を知りたい


お弁当をもって桜見物にでかけましょう!






最終更新日  2019.03.25 07:10:30
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.06

食が細くなってしまって食事を十分とれなくなったり、
食事中にむせたり咳き込んだりして誤嚥性肺炎のおそれがあるからと、
口から食べることを控えている方に、
エンシュア・リキッドという栄養ドリンクがあるという話を、
昨日書かせていただきました。
するとこれに、「飲みにくい」「飽きてしまう」の声が……。

そこで、一昨年の春に食事中誤嚥して救急搬送されて以来、
「ずっとエンシュア・リキッドが主食」という大先輩に、
おいしく飲み続けるコツをうかがいました。
コチラにまとめてありますので参考にしていただけたら嬉しいです。
⇒​「エンシュア」を美味しく&効果的に飲む

それと、このなかでも書いていますが、
「エンシュア・リキッドをプリンにして」
などとレシピとして紹介していますが、
これは栄養ロスになりますから、やめた方がいいです。
せめて湯煎でしょう。

これを混ぜてもいいようです







最終更新日  2019.03.06 08:04:49
コメント(0) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.