2020.11.09

牡蠣のシーズンですがノロウイルスが気になります

牡蠣(かき)のシーズンに入りました。
ご承知のように、牡蠣は「海のミルク」と言われるほど、
栄養価の高いことで知られます。

なによりも美味しさが魅力なのですが、
ちょうどノロウイルスの流行期と重なるだけに、
食中毒のことも気になります。

生食用ではない牡蠣を生で食べたり、
調理用牡蠣でも加熱が十分でなかったりすると、
ノロウイルスによる感染性胃腸炎で、
腹痛や下痢に悩まされることにもなってしまいます。

新型コロナウイルス感染症にインフルエンザ、
さらなノロウイルス感染症と、気が重くなります。

せっかくの牡蠣のシーズンを、
食べずにやり過ごすこともないと思い、
牡蠣とノロウイルスの関係を調べてみました。

詳しくはこちらを読んでいただくとして、
→ ​ノロウイルスの流行期で消費者庁が注意喚起

結論を言えば、生食用以外は生で食べない、
調理用はしっかり加熱してから食べる、ことに尽きるようです。






TWITTER

最終更新日  2020.11.10 18:13:29
コメント(0) | コメントを書く