468305 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

感じてわかる!セラピスト・ヨガの解剖学セミナー

PR

Free Space

野見山文宏 公式HP出来ました!

プロフィール

コンタクト

Freepage List

Favorite Blog

のみ友通信88号「同… 野見山 文宏さん

運動会前夜のお手当… なまはげ侍さん

・・・・・・・・半… 塩見直紀(半農半X研究所)さん
根っこの今 ikirunekkoさん
山げんき研究所  … 志太郎(山げんき研究所)さん
March 5, 2020
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​3/17からスタートするWSデザイン講座では

本当に大切にしていることを「WSやクラスで伝えたい!」というボディワーカやセラピストに向け

① ファシリテーションスキルを身につけ
② 何をどんな風に伝えればいいのか?

などを、体験を通じて学んでいきます。

その最終的な目的を、一言でいうならば「ヘルメスの杖を手にすること」なんです。(えっ?)



ヘルメスとはギリシャ神話に登場する、ゼウスと人間との伝令役の神です。

〔 何かと何かをつなぐ仲介者  

そこからヘルメスは 交易や通信、コミュニケーションの神 と呼ばれるようになりました。​​​

ヘルメスはローマ神話ではMercurius → 英語ではMercury=水星
​西洋占星術で「水星がコミュニケーションを司る」とされるのはそういう理由からです。​


(ギリシャ神話「のら書店」の挿絵から)

西洋占星術で「水星逆行中は通信やコミュニケーションの行き違いが起こりやすい」「水星の司る、ふたご座はコミュニケーションが得意」というのも同じ由来なんです。

そのヘルメスのシンボルがこの杖。

二匹の蛇と・鷲の羽 = 相反するものの統合 がモチーフです。




みなさんが、ファシリテーターとしてWSやクラスに臨む時、傾聴やコミュニケーションなどのスキルと共に、欠かすことの出来ないものがプレゼンスです。

具体的には「仲介者として境界線に立つこと」がとても大切だと思っています。

参加者と主催者の・意識と無意識の・ズームインとズームアウトの狭間に立ち、両者を行き来しながら、仲介することがファシリテーターの大切な役割です。

例えばそれは、多数意見に押されて、排除されてしまった(=無意識下に押し込まれた)少数意見の存在を、もう一度場に戻して役立てたり(=全体性の回復)するような役割です。


そのような役割こそがHealerなのだと書きました → ​「癒す人」



そんな境界に立ち続けられる強さを培うこと。ファシリテーターとしてのあり方を養うこと。

それがこのWSデザイン講座の目的でもあり、ヘルメスの杖を手にすることなのです。


定員まであと1名になりました!ご興味のある方、ぜひご一緒しましょう♪

2020年3/17・4/21・5/19・6/16・7/7(火)10時~16時

3月17日~のスタートですが、初回は10時半~12時半、急遽オンラインで自己紹介や今後の流れを説明する時間とし、そこで減った分を8月以降リアル講座を行うことにしました。

詳細は → こちら



● 公式HP  Body curiosity

● セラピスト・ヨガ向け解剖学セミナー/WS スケジュール

● 無料メルマガ登録 のみ友通信

● 野見山文宏 プロフィール

● 著書 「感じてわかる!セラピストのための解剖生理」
↓ 楽天ブックスリンクです 













​​​






Last updated  March 5, 2020 09:30:46 PM



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.